Powered By 画RSS


怜「照~、膝貸して~」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 16:11:34.45 ID:CeHod+mk0
照「またか」

怜「照の読書の邪魔はせんから、な?」

照「はぁ・・・好きにすればいい」

怜「ではお言葉に甘えて~」ポフッ

照「まったく・・・」

怜「ふふ・・・」




9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 17:01:22.17 ID:DRAKeGi50
はよ


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 17:28:23.01 ID:ZSEu1xye0
怜「……」チラッ



菫「竜華は強いなぁ」

淡「竜華先輩! もう半荘打ちましょう」

竜華「休憩なしかいな。まあ、えぇけど」

セーラ「竜華またやんのか? それやったら、俺もやる! 泉、代わって!」

泉「私も、竜華先輩と打ちたいです!」

キャッキャキャッキャ



怜「……」グヌヌ

照「……」パラパラ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 17:39:41.09 ID:ZSEu1xye0
照「……そんなに打ちたいなら、混ざってくればどうだ?」

怜「えぇわ。うち病弱やから。休んどく」

照(まったく……。素直じゃないな……)ナデナデ

怜「……」


竜華「…………」ジーッ

淡「竜華先輩の番ですよ」

竜華「え、あ。うん」トンッ

竜華「……」チラッ


怜「何、読んでるん?」

照「会長はメイド様の15巻

怜「新巻? 後で貸して」

照「うん」


竜華「…………」グヌヌ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 17:42:42.68 ID:VYFVD7pt0
ええで


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 17:43:26.56 ID:quts5qTf0
支援やな


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 17:49:04.80 ID:ZSEu1xye0
照「紗奈ちゃん可愛いなぁ……」ニヤニヤ

怜「…………」

照「……ハァ……ハア」ニヤニヤ

怜「…………」



竜華「ロン!」

菫「また、竜華の勝ちかぁ」

竜華「ふふっ。今日は調子ええわぁ」チラッ

竜華「なっ……!」ガタッ

竜華(照が、怜を膝枕してハァハァしてる!!)



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:19:31.61 ID:vvVBJ8Wd0
>>22
紗奈ちゃんは竜華の中の人

ちなみに怜の中の人も幸村の妹役で出演


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:02:54.66 ID:ZSEu1xye0
セーラ「くっそー。もう半荘や!」

淡「今度は負けませんよ! ……竜華先輩?」

竜華「…………」ダッ



照「ハァハァ……ハァハァ……」

怜「……もー膝枕はええわ」

竜華「怜ぃいいいぃぃ!!」

怜「うわっ!? りゅ、竜華!? どないしたん?」

竜華「照に何もされんかった!?」

照「失礼な。何もしてないに決まってるだろ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:12:28.23 ID:ZSEu1xye0
竜華「ホンマに!?」

怜「う、うん」

竜華「良かったぁ…………」

怜「……ふふっ、竜華はホンマに過保護やな~」

照「そんなに怜が心配なら、お前が膝枕してやれ。私が代わりに卓に入ってはくる」

竜華「ありがとう、照! ほら、怜」ポンポン

怜「よっこいしょ。やっぱり、竜華の膝枕が一番気持ちえぇなぁ……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:21:00.91 ID:z0P8vAvq0
(その子が卓に入るのは)アカン


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:25:51.13 ID:ZSEu1xye0
照「竜華の代わりに私が入ることになった」

セーラ「……俺、さっき打ったしもうえぇわ」

淡「三連続はちょっと……」

菫「眠い……。ちょっと仮眠室へ行って来る」

照「…………」

照(これくらいでは泣かないぞ……)


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:26:44.67 ID:ZSEu1xye0
ドア「ガラガラ」

咲「遅れてすいません。あ、お姉ちゃん今から打つの?」

照「………………うん」

咲「私も入っていい?」

照「え?」

咲「だめ?」

照「いや! いいぞ! 打とう!」

咲「ありがとう、お姉ちゃん」

照(妹最高オオオオォォォ!!)

咲「えっと、他の面子は……」キョロキョロ

部員達(((((あの卓入りたくねぇえええぇぇ……)))))


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:29:17.50 ID:iAe3E8k/0
池田と玄ちゃんを放り込もう(提案)


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:31:42.99 ID:3HdXQFkfO
連続和了してくる姉と点数調整してくる妹の卓とか嫌すぎる。


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:32:45.02 ID:ZSEu1xye0
怜「うちらが入ろか?」

竜華「怜はまだ寝てなあかんよ」

怜「大丈夫や」

竜華「ホンマに? 起きれる?」

怜「……あかんわ。竜華の膝枕が気持ち良過ぎて起きられへん」

竜華「と、怜……///」

咲「」

照「」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:40:22.06 ID:ZSEu1xye0
池田「はぁ……。しょうがない。あたしが入ってやるし」

池田「宮永姉妹を一緒に倒すぞ、玄」

玄「お任せあれ!」

咲「私だって、来週原村さんとデートだし……」ブツブツ

照「あんなにいちゃつかれるなら、キューピット役なんかしなきゃ良かった……」ブツブツ

池田「ん? やんないのか?」

宮永「「やるよ!!」」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:52:08.83 ID:ZSEu1xye0
照「起きろ、菫」

菫「なんだよ、照……。私は別にお前と打つのを避けた訳じゃなくて、本当に眠くてだな……」

咲「すいません、菫さん。ベッドが足りなくて……」

菫「?」

池田「」

玄「」

菫「……えええぇえぇぇぇ!?」

照「まあ、菫がまだ寝てたいって言うなら、池田は床で寝かせとくが」

菫「眠気なんて、吹っ飛んだよ!」

照「なら、菫も打とうか」

菫「え?」

照「眠気はもう無いんだろ?」

菫「……あ、お腹痛い」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:53:00.59 ID:iAe3E8k/0
池田ァ!ェ……


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 18:59:15.54 ID:ZSEu1xye0
宥「遅れちゃったね……」

美穂子「そうね」

ドア「ガラガラ」

宥「あれ? 玄ちゃんは?」

怜「仮眠室やで」

美穂子「あれ? 上埜さんは?」

竜華「生徒会で送れるって」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:03:45.23 ID:CET3K0h+0
この麻雀部めっちゃ怖い


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:03:56.96 ID:KoXdRQXs0
にしても、この高校強すぎるだろ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:21:32.23 ID:ZSEu1xye0
久「学生議会、ね」

美穂子「上埜さん!」

竜華「ほんで、その学生議会では何の話してたん?」

久「照のことよ。彼女は咲と違って手加減をしないから、照が打つと保健室が一杯になっちゃうでしょ?」

怜「麻雀部には仮眠室があるのになぁ」

竜華「やっぱり、ベッド10個しかないと足りんなぁ」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:34:18.77 ID:ZSEu1xye0
怜「いや、実質9個やろ。久がうちとちごおて健康やのにいつも、つこおとるから」

竜華「病弱アピール止め」

久「でも、私は一つのベッドを二人で使っている。私を除いた10人がちゃんと眠れてるわよ」

美穂子「上埜さん……」

久「怜とも、良く寝てるじゃない」

竜華「怜……?」ジト

怜「」

美穂子「め、眩暈が……」フラフラ

久「大丈夫? ベッドまで送るわ」

竜華「送り狼に成りなや」

久「それは約束出来ないわね」

美穂子「上埜さん……///」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:43:52.14 ID:ZSEu1xye0
菫「残念ながら、仮眠室は既に一杯だ」

久「菫。それ、どういうこと?」

菫「それは……」チラッ

照「へへっ」

咲「あ、あはははは……」

久「大体分かったわ……」

菫「うむ……」

久「罰が必要ね……。二人には、買い出しに行ってもらうわ!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 19:49:36.72 ID:ZSEu1xye0
照「え……? い、嫌だ!!」

咲「わ、私もなんですか!?」

久「えぇ」

菫「そ、それは流石にやり過ぎなんじゃ……」

怜「鬼や……」

竜華「え? なんで? あれ楽しいやん」

久「智美!」

智美「ワハハ。運転手なら任せてくれ」

宮永「「いやああああぁぁぁぁっ!!」」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:03:33.43 ID:ZSEu1xye0
智美「竜華も来るかぁ?」

竜華「う~ん」

怜「行かんの?」

竜華「怜が心配やしなぁ……」

怜「大丈夫やって」

竜華「大丈夫やないよ!」チラッ

久「?」

竜華「うちは、ずっと怜の傍におる!」

怜「竜華……」

照「ずっと、膝枕ではお互い疲れるだろう。仮眠室で横になるといい」

咲「そうだね。私達、池田さん床に下ろしてくるよ」

照「いくぞ、咲!」

咲「うん。お姉ちゃん!」

久「待ちなさい」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:05:05.40 ID:Tfcb+OVb0
池田ァ・・・


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:11:10.57 ID:ZSEu1xye0
宮永「「うぅ……」」

久「華菜は私が退かしておくから、二人は買い出しに行きなさい!」

竜華「いや、うちらはここで膝枕でえぇよ」

怜「そうやで」

久「そう? じゃあ、今華菜が使っているベッドは私と美穂子で使うわね」

美穂子「上埜さん……///」

照「では、玄のベッドは私と咲が使おう」

菫「お前は、あっちだ」

智美「ワハハ。行くぞー、お二人さん」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:12:42.44 ID:Tfcb+OVb0
どちらせにせよ退かされるのか・・・


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:17:22.34 ID:qb2F5U8A0
おたのしみ か


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:23:19.63 ID:ZSEu1xye0
久「さ、行きましょうか」

美穂子「は、はい!」

竜華「久はホンマ、プレイボーイやな」

怜「ボーイて……」

竜華「怜も、久に付いてったら?」

怜「……そうやな。付いてこかな」

竜華「なっ……!」

怜「……あかんわ。竜華の膝枕が気持ち良過ぎて起きられへん」

竜華「……て、天丼かいな…………///」

怜「……ふふっ」



久(天丼か……。プロにお灸を据えてもらうってのもありね)

久「フフーフ」

美穂子(上埜さん楽しそう)ニコニコ


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:24:16.66 ID:a2+842Vq0
ココさん何してんすか


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:35:27.27 ID:ZSEu1xye0
池田「ん……。あれ? 何であたし床で寝てるんだ?」

池田「しかも、仮眠室だからベッドあるのに……」

池田「……あぁ。全部埋まってるのか…………」

「先輩ィ……」「モモォ……」

「玄ちゃん……」「お姉ちゃん……」

「い、挿れてもいいのか……?」「い、いいじぇ……」

「上埜さんっ……」「ふふ。緊張しなくても大丈夫よ……」

池田「元気なら譲れよ……」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:36:45.68 ID:Tfcb+OVb0
これは酷い仮眠室


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:38:32.99 ID:CET3K0h+0
爛れすぎだろ麻雀部


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:41:43.40 ID:ZSEu1xye0
池田(一番近いカーテンの向こうにも、二人分の影……)

池田「元気なら変われし!」シャー!

照「」ゲッソリ

咲「」ゲッソリ

池田「」

池田「あ、閉めるね…………」シャー……

池田「………………」

池田「床、冷たくて心地いいし……」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:51:56.36 ID:ZSEu1xye0
怜「部室より、仮眠室のほうが人数多いんて、どないやねんな」

竜華「しかも、寝るは寝るでも、違う意味で寝てるし」

怜「……まあ、うちの寝るはホンマの寝るやけどな」

竜華「うちもや」

怜「健全やなぁ……」

竜華「そーやなぁ……」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 20:53:59.84 ID:2VUHaml00
怜と竜華が健全…だと…⁉


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:10:01.40 ID:ZSEu1xye0
健夜「ここが清澄高校……。竹井さんのいる学校かぁ……」

健夜「あ、ちょうど人が」

健夜「あの~、竹井さん何処にいるか分かりますか?」

貴子「竹井なら、仮眠室にいますよ」

健夜「ありがとうございます」

貴子「いえいえ」

池田「コーチ、今から何処に行くんですか?」

貴子「ん? ちゃんと眠れる場所だ。床じゃなくてな」

池田「華菜ちゃんに優しいのはコーチだけだし!」

貴子「……あぁ。ベッドでも優しくしてやるからな」

池田「コーチ……///」

貴子「池田ァ……///」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:18:38.23 ID:ZSEu1xye0
健夜「ここが、仮眠室……。でも、眠る場所にしては騒がしいような…………」



竜華「あ、あかんって、怜……。そんなとこ舐めたら……」

怜「竜華…………。ごめんな……やめられへんわ」

竜華「あ。ひゃんっ!……と、怜ぃ……………」

怜「体が弱いんは、うちやのおて、竜華なんちゃうか?」

竜華「な何ゆうて、んっ……っ……っんん」



健夜(ええええぇえぇぇぇぇえっ!!!???)


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:19:56.22 ID:76Lc5Wo60
健全とは何だったのか


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:20:51.55 ID:QXAjtUhD0
健全じゃないじゃないですかーwww


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:21:55.96 ID:2VUHaml00
やはり健全ではなかったか


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:27:11.86 ID:ZSEu1xye0
健夜「………………」

ドア「ガラガラ」

久「あぁ。小鍛冶プロ。早かったですね」

健夜「はい……」

久「お灸を据えて欲しい子がいるんです」

健夜「はい……」

久「この子達です」

照「」ゲッソリ

咲「」ゲッソリ

健夜「ええええぇえぇぇぇぇえっ!!??」



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:27:28.15 ID:JjjBGKL/0
アラフォーには刺激が強すぎたか


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:32:39.63 ID:ZSEu1xye0
健夜「こ、この子達、お灸を据える必要あるかな……?」

久「はい。出来れば、池田状態にしてください」

健夜「池田状態ィイ!?」

健夜(竹井さん、鬼なの!?)

久「フフーフ。私も入りますから。さあ、部室へ行きましょう!」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:33:01.90 ID:CET3K0h+0
またココwww


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:34:24.88 ID:u2KYnOvT0
池田状態で伝わるのかよwww


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:37:43.77 ID:PBXwE/M6O
咲照アラフォーと何でもない様に卓を囲む部長恐ろしい子


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:38:36.40 ID:ZSEu1xye0
健夜「よ、よろしくお願いします」

照「よろしくお願いします…………」

咲「よ……く……いしま…………」

久「よろしくお願いします」



久「また、小鍛冶プロの勝ちね」

健夜「あ、あのー、そろそろ終わりませんか?」

久「まだまだっ」

照「」

咲「」


133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:47:12.65 ID:ZSEu1xye0
竜華「もお~。怜ぃっ! あんたやり過ぎやで~」

怜「ごめんごめん。竜華が可愛かったからつい」

竜華「そ、そんなん言われても誤魔化されへんで!///」

怜「そんなに照れて。可愛いなぁ……」ニコニコ

竜華「う~~~……もうっ///」ニコニコ

ドア「ガラガラ」

咲「」ア…

照「」ア…

怜「」マガオ

竜華「うわ……」ドンビキ


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 21:58:58.34 ID:ZSEu1xye0
こうして、清澄に平和な日々が訪れた!
ありがとう、すこやん!

終わり


すんません
展開思い付かなくて、眠いんでここで


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:01:23.97 ID:dOO9/Nn30
乙!


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:05:05.05 ID:pxnb1B5v0
乙乙


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/08(日) 22:06:17.38 ID:2xOuauDM0
乙すばらっ

このメンツなら全国なんて余裕だろうなww





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ