Powered By 画RSS


梓「はぁ…はぁ…ゆ、唯せんぱぁい…あ、だ、だめ…んっ…!!」

9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 02:04:44.48 ID:H7Arq8zYO
梓「……っ!」ビクビクッ

梓「はあ、はあぁ……」プルプル

梓「……」

梓「ふぅ……」

梓「う~ん、唯先輩が抱き着いてきてそのまま襲われちゃうシチュは興奮するんだけど、さすがに飽きてきたかなあ」

梓「というか妄想唯先輩+自分の指というやり方に限界が来てるのかも」

梓「ちょっと考え直す必要があるね」




15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 02:16:15.20 ID:H7Arq8zYO
梓「……というわけでして。私のオナニーライフを充実させるアイディアを下さい」

和「……」

梓「ほら、黙ってないで何か言ってくださいよ」

和「えと……何で私にそれを?」

梓「博識な和先輩なら何かいい方法を知ってるんじゃないかと思って。それに頼りになりそうですし」

和「そう……」

和(どうしよう、誰かに頼られてこんなに複雑な気持ちになったのは初めてだわ)


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 02:32:57.11 ID:H7Arq8zYO
梓「和先輩?」

和「……うん、大丈夫。悩んでる子の相談に乗ってあげるのも生徒会の仕事……」ブツブツ

梓「和せんぱ~い?」

和「……よしっ!梓ちゃん、唯を使ったお、オナニーはどれくらいやったの?」

梓「回数ですか?う~ん、唯先輩に出会ってからほぼ毎日ですからね……かなりの回数をこなしてると思いますが」

和「そ、そう……それは飽きるかもしれないわね」

梓「ええ、さすがに唯先輩でもずっとやってるとマンネリ感が出るんですよね」

和「……その、唯をネタにしてるのよね?」

梓「はい」

和「具体的にはどんな感じでやってるの?」

梓「具体的に、ですか。そうですね……」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 02:46:17.43 ID:H7Arq8zYO
唯「あずにゃ~ん♪」ギュウッ

梓「にゃっ!?や、やめて下さい唯先輩!」ジタバタ

唯「良いではないか、良いではないか」スリスリ

梓「も、もぅ……」

唯「……」

梓「……///」ホワーン

唯「あずにゃんさあ、口では嫌がってるけど本当はすっごく喜んでるよね?」

梓「えっ!?」ドキッ

唯「抱き着いたら嬉しそうに笑うし、イヤイヤ言ってる割に全然抵抗しないし」

梓「そ、そんなことっ」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 02:52:16.45 ID:H7Arq8zYO
唯「最近はあずにゃんから甘えてくることもあるし……まったく可愛いなああずにゃんは」ナデナデ

梓「うぅ……///」

唯「私ね、あずにゃんが喜んでるのを見るの大好きだよ。……でもさ」ピタッ

梓「……唯先輩?」

唯「あずにゃんの本気で嫌がる顔も見たいなあ、なんて思うんだ」ニヤリ

梓「え……きゃあっ!?」ドサッ

唯「えへへ、マウントポジションってやつだね」

梓「は、離れて下さい!何をする気ですかっ!」ジタバタ

唯「くふっ、分かってるくせに……♪暴れても無駄だよ、あずにゃん……」シュルッ

梓「ひっ……いやあ、脱がさないでぇ……」ビクビク

唯「いいよ、その怯えた顔……たっぷり可愛がってあげるね……♪」ペロッ

梓「あ、ああ……」ブルブル


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 02:57:15.77 ID:H7Arq8zYO
梓「……という感じのシチュエーションを頭に浮かべつつ、ベッドに寝転んでやるのが基本ですかね」

和「……」

梓「唯先輩は本当にテクニシャンで、私は嫌がりつつもすぐに高められてしまうんです。でも意地悪な唯先輩は焦らしてきて……」

和「……」

梓「なかなかイケない私はついには懇願しちゃうんですよ、イカせて下さいって。でも唯先輩はまだイカせてくれないんです。ギリギリの部分で絶頂を押し止めつつ、私に言い直しを要求してきて……」

和「……」

梓「私は最後の一線を守ろうと必死にこらえようとするんですけど、私の感じるポイントを全て把握しているかのように的確に捉える唯先輩の指に理性を溶かされていくんです」

梓「まあ実際に弄ってるのは私ですから把握してるんですけどね」ハハッ

和「……」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 03:06:10.29 ID:H7Arq8zYO
梓「そして何が何だか分からなくなっちゃった私は叫ぶように誓ってしまうんです。……自分が淫乱な雌猫であると認め、唯先輩の……ご主人様のものになることを」ゾクゾク

和「……」

梓「ふぅ……やっぱりこのシチュは興奮しますね。ちょっとムラムラしてきましたよ」

和「妄想乙」

梓「えっ」

和「ごめんなさい、何でもないわ」

梓「そうですか。私のオナニーのやり方は理解して頂けましたか?」

和「ええ……逞しい子ね、梓ちゃんって」

梓「いやあ」テレテレ


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 03:13:36.88 ID:H7Arq8zYO
和「というかその妄想でムラムラ出来るんなら大丈夫なんじゃないの?」

梓「いえ、以前ならもっと興奮していたはずなんです。それこそこの場で今すぐやり始めちゃうくらいに」

和「……お願いだからしないでね?」

梓「大丈夫ですよ。節操は弁えてるつもりです」

和「弁えてる子がこんな相談を……いや、いいわ。それより梓ちゃん」

梓「どうしました?何かいい案が浮かびましたか!?」ズイッ

和「梓ちゃんは今までずっとさっきみたいなシチュエーションを妄想してやってたのよね?」

梓「はい、細部は変えたりしてますが基本は先ほど話したストーリーですね」

和「じゃあシチュエーションを変えちゃえばいいじゃない。梓ちゃんほどの妄想力なら簡単じゃない?」

梓「シチュを変える、ですか……」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 03:20:38.17 ID:H7Arq8zYO
和「例えばそうね……いつも唯から襲われる展開なら、逆に梓ちゃんが襲ってみるとか」

梓「あ、それは無理です」

和「えっ、どうして?」

梓「だって私ドMですもん。唯先輩には一方的にいじめてもらいたいです」ニッコリ

和「そ、それは残念ね……」

梓「いやでも、私がヘタレ攻めをした後に唯先輩から逆襲を受けるというのも悪くはないかも……?」ブツブツ

和「あ、あはは……」

梓「他の案はないんですか?」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 13:01:11.35 ID:H7Arq8zYO
和「他の案ね……いっそ唯以外の人で妄想してみたらどう?澪とかムギとか」

梓「そ、そんな!先輩たちをそんなことに使うなんて出来ませんよおっ」

和「え?でも唯は……」

梓「唯先輩は特別です。他の先輩たちを使うなんて……は、恥ずかしいです///」

和「……」

和(この子の中で唯はどういう位置付けなのかしら……というか今さら恥ずかしがられても)

梓「和先輩?」

和「あっ、ごめんね。ちょっとボーッとしちゃってたわ……それで梓ちゃんは唯以外を妄想ネタに使いたくないのね?」

梓「はい、そういうことになりますね」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 13:13:57.09 ID:H7Arq8zYO
和「じゃあ妄想の材料を強化するか、指じゃなくて道具で弄るか……私が思いつくのはそれくらいね」

梓「材料を強化……?どういうことですか?」

和「簡単に言えば唯を連想させるようなものを使ってお……ナニーするってことよ」

梓「なるほど……たしかに唯先輩のタイツの匂いを嗅ぎながら、とかすごく良さそうですね……」ウットリ

和(写真とか声を録音、とかのつもりだったのにいきなりタイツに行くのねこの子は……いや、もう慣れてきたけど)

梓「しかし手に入りますかね?唯先輩のパンツやタイツなんて滅多なことじゃゲット出来ないような……」

和「う~ん、それもそうね……」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 13:26:14.32 ID:H7Arq8zYO
梓「さすがの唯先輩でも頼んだらくれるってわけでもないでしょうし、かと言って盗むわけにもいきませんし……」

和「あ、その辺は意外とまともなのね」

梓「当然ですよ!唯先輩に嫌われたくないですし、その……憂が怖いし」ボソッ

和「……」

和(今聞こえた本音っぽい呟きは無視しましょう、うん)

梓「道具については私も考えていたんですが……」

和「何か問題でもあるの?あ、もしかして金銭的なこと?」


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 17:47:20.16 ID:H7Arq8zYO
梓「そういうわけじゃないんですけど、何か気が乗らないというか……」

和「道具に高められたりするのが嫌なの?」

梓「う~ん、嫌っていうかせっかく唯先輩がいじめてくれるわけですから、やっぱりギターで鍛えた唯先輩の指先で私を感じさせて欲しいんです」

和「……唯が道具を使っていじめてくる、なんて妄想でもダメなのかしら?」

梓「ダメってことはないんですけど、あったかい人肌が好きなんですよね」

和「意外と難しい子ね……」

梓「はい、私もそう思います」


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 17:56:27.31 ID:H7Arq8zYO
和「それ以外だと……う~ん……」

梓「もうありませんかね……?」

和「そうね……ちょっと思いつかないわね」

梓「そうですか……すみません、困らせちゃって」

和「それは気にしないでいいわよ。困ってる子と一緒に悩めるなんて生徒会長として、先輩として幸せ者だもの」

和(相談の内容はともかくとして、ね)

和「それより……」

梓「はい?」


84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 18:08:56.47 ID:H7Arq8zYO
和「梓ちゃん、あなたオナニーをやめる気はないの?」

梓「えっ!?」

和「マンネリを感じてしまうくらいなら、いっそやめてしまうのもありだと思うんだけど……」

梓「そ、そんなの無理です!オナニーは高校に入って以来のライフワークになってるんですよ!?」

和「……」

梓「オナ禁自体はやったことがあるんです、オナ禁明けは最高に気持ちいいって聞きましたから。でも、3日も耐えられませんでした」

和「……」

梓「私には唯先輩オナニーなしの生活なんて考えられません!」


87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 18:26:08.26 ID:H7Arq8zYO
和「……梓ちゃん、あなた唯のことが好きなんでしょ?」

梓「ええっ!?そ、そんなことないですっ」

和「隠さなくてもいいわ。他の人なら気付かないかもしれないけど、私にはしっかりと伝わってきたの……梓ちゃんの想いが」

梓「そんな、こと……」

和「あなたがオナニーに耽りだしたのも高校入学後、つまり唯に出会ってからよね?」

梓「はい……」

和「……唯が好きなんでしょう?」

梓「……」


90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 18:39:56.71 ID:H7Arq8zYO
和「……」

梓「ふふ……和先輩は凄いですね。これでも隠してるつもりだったんですが」

和「このメガネは伊達じゃないのよ?」フフン

梓「でも、どうしてオナ禁しないといけないんですか?オナニーは私の唯先輩への想いそのものなんです、止められるわけないじゃないですか」

和「……それは違うわ、梓ちゃん」

梓「え……」


93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 18:55:02.79 ID:H7Arq8zYO
和「……あなたのオナニーは唯への歪んだ想いのはけ口に過ぎない」

梓「そ、そんな……」

和「唯への気持ちを素直に表せないから、拒絶されるのが怖いから逃げているのよ」

梓「違います……」

和「違わない、あなたは逃げているの。唯から……あなた自身の想いから」

梓「……っ!」

和「気づいて、梓ちゃん。自分の想いから逃げないで」

梓「……」


98:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 19:24:18.06 ID:H7Arq8zYO
梓「私は……どうすればいいんでしょうか?」

和「簡単よ。自分の気持ちと向き合って……唯に直接想いを伝えなさい」

梓「そ、そんなの無理ですよ……断られちゃいます」

和「大丈夫」ギュッ

梓「あ……」

和「自信を持って。あなたは自分が思っているよりずっと魅力的な女の子だから」

梓「和先輩……」

和「それにね」


101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 19:35:04.40 ID:H7Arq8zYO
和「……唯もあなたに好意を持ってるわよ?」ボソッ

梓「……え?ほ、本当ですかっ!?」パアアッ

和「ふふ、本当かどうかは自分で確かめてみなさい」

梓「ゆ、唯先輩が……私を……///」

和「あ、でも油断はしちゃダメよ?想いを伝えるのは、しっかり準備をしてからね?」

梓「はいっ!私、もっともっと頑張って唯先輩に相応しくなってみせますっ!」

和「その意気よ、梓ちゃん!」


103:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 19:57:02.37 ID:H7Arq8zYO
梓「唯先輩オナニーも告白するまで止めます。唯先輩に申し訳ないですから」

和「ふふ、そうね。でも告白するまで、なんてことにはならないわよ?」

梓「え、どうしてです?」

和「唯とそういう仲になっちゃえば必要なくなるでしょ?」ニコッ

梓「あ……も、もうっ!からかわないで下さいっ///」

和「あはは、ゴメンゴメン」

梓「あの、和先輩」

和「何かしら?」


106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:02:25.69 ID:H7Arq8zYO
梓「相談に乗って頂いて、本当にありがとうございました」ペコッ

和「私でもお役に立てたのかしら?」

梓「もちろんです!私、何だかスッキリした気分なんです。和先輩に相談して、本当によかったと思ってます」

和「……そう言ってもらえると私も嬉しいわ。梓ちゃん、応援してるからね?」

梓「はいっ!見ててください!」ニコッ

和「いい笑顔ね」ニコッ

……


108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:10:13.35 ID:H7Arq8zYO
和(梓ちゃんは相談に乗る前よりずっと可愛くなった。最近は唯に素直に甘えているところをよく見かける)

和(あの子はもともと純粋で真っすぐな子だったから、唯への気持ちを素直に受け入れた以上もう逃避のためのオナニーに耽ったりはしないでしょうね)

和「私がその変化に一役買えたというなら……うん、喜ばしいことよね」

和「私自身も梓ちゃんの相談で変われたのかな……」

和(少なくともオナニーとかその辺の言葉に対しては強い耐性は出来たわね、うん)

和「さて……でも問題がまだ残ってたりするのよね……」


109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:12:59.09 ID:H7Arq8zYO
ガチャッ

唯「和ちゃ~ん♪」

和「あら唯、どうしたの?」

唯「聞いて聞いて!また新しいやり方を編み出したんだよ!」フンス!

和「……一応聞くけど、何のやり方を?」

唯「やだなあ、新しいオナニーのやり方に決まってるじゃんっ」

和「……」


110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:16:29.05 ID:H7Arq8zYO
唯「今回使うアイテムはこれ!」ジャーン

和「それって……ブレスケア?」

唯「うん!これをね、アソコに入れておくんだ。最初は何ともないんだけど、何かの弾みで外殻が割れてブレスケアの成分が染み出してくると……」

和「……くると?」

唯「新時代の!幕開けを感じるんだよ!」

和「……」

唯「凄い幕開け感だよこれは!」

和「……」


111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:17:42.69 ID:3Js5rhc30
唯wwwwwww


112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:20:16.30 ID:H7Arq8zYO
唯「これの凄いとこはね、以前使ってたフリスクと違っていつ爆発するか分からないとこなの」

和「……」

唯「10分後なのか5秒後なのか……はたまた1時間は持ってくれるのか!爆弾を抱えてるようなものだから、もうドキドキ感がたまらないの!」

和「……」

唯「衝撃を加えると爆発しやすいんだよね~。そう、例えばあずにゃんに抱き着く時とか危険だね」

和「……」


114:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:25:15.76 ID:EvYZezde0
なんか急展開してるしw


115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:25:16.54 ID:H7Arq8zYO
唯「爆発すると立っていられないくらいの衝撃が来るから……あずにゃんに縋り付いて動けなくなっちゃうかも」

和「……」

唯「純真無垢なあずにゃんの前でそんなことになっちゃったら私、私……///」

和「……」

唯「んん……///」モジモジ

和「……唯?」

唯「ふう、想像しただけで興奮してきちゃったよ……」

和「……」

唯「実は今も入れてるんだけどさ……あ、和ちゃんもどう?」

和「……遠慮しておくわ」


117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:30:15.76 ID:H7Arq8zYO
唯「そう?残念だなあ」

和「ええ、凄く残念ね」

唯「よーし、さっそくあずにゃんに抱き着いてこようっと!じゃあ和ちゃん、またね!」タタタッ

和「……」

唯「あ、このブレスケアは置いてくからよかったら試してみてね!じゃっ!」タタッ

和「……」

和「……梓ちゃんは何とか更正してもらえたけど」

和「あの子はどうやったらまともになってくれるのかしらね……うふふふふ……」ホロリ

おしまい!


118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:33:45.01 ID:8B5RbAI3O



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/09(月) 20:37:00.67 ID:ZHmmKSbt0
乙乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ