Powered By 画RSS


P「あなたを、光の翼で抱き締めていたい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:10:27.46 ID:WnL31QcIO
――Pの部屋
――PM23:00

いつからだっただろうか。彼女に対して、『担当アイドル』以上の感情を持ったのは。

P「はぁ…」ハァ...

プロデューサーとして、担当アイドルに恋をするなど、許されない事だ。

P「でも、なぁ…」

好きで、仕方がない。
今が、現実じゃなければ。そんな、くだらない事を思ってる。




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:13:16.41 ID:ouYhm+6a0
エルハザードとは懐かしいネタを・・・


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:14:50.73 ID:WnL31QcIO
――
――PM23:00

?「…」チラッ

窓を見てみる。今夜は、月が出ているのね。ふふっ。綺麗。

?「…はぁ…どうしたらいいのかしら」

いつからだったんでしょうか。『担当プロデューサー』から、それ以上の気持ちを抱いてしまったのは。

?「でも…ふふっ。これで、良かったのかも」クスクス

?「…もう、寝ましょう」

考えていても仕方がない。だって、好きなんですから。

?「…」チラッ、

もう一度、外を見る。けれどそこには、SFみたいな月明かりが、あるだけ。


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:17:50.01 ID:WnL31QcIO
――765プロ事務所
――AM10:00

P「おはようございます」ガチャッ、

小鳥「ふふっ。おはようございます。プロデューサーさん」

P「おはようございます。あれ?今日はまだ、誰も来てないんですか?」

小鳥「ふふっ。だって、今日は平日ですよ?あの娘たちだって、普段は学生ですからね」クスクス

P「ははっ。確かにそうでした」

――ガチャッ、

あずさ「おはようございます~」ウトウト

P「あずささん?」

小鳥「あら、おはようございます」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:20:30.62 ID:WnL31QcIO
あずさ「うふふ。おはようございます~」トテトテトテ、ストン

あずさ「ふぁ~」

P「ははっ。あずささん?大きなあくびですね」クスッ

あずさ「あらやだ。恥ずかしいです…」

P「いや、可愛かったですよ?」

あずさ「うふふ。お世辞でも嬉しいです~」クスクス

P(お世辞じゃないんだけどなぁ…)ハァ...

あずさ(お世辞…よね?)ハァ...

小鳥「…」チラッ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:23:44.65 ID:WnL31QcIO
小鳥「じゃあ私は、お茶の準備でもしてきますね?」スタスタスタ、ガチャッ、

――バタン

P「…」チラッ

あずさ「…」チラッ

P・あずさ「「あのっ!」」

P「///」

あずさ「///」

P「あ、あずささんから…どうぞ」

あずさ「あらあら、うふふ。プロデューサーさん?そこはビシッと、プロデューサーさんからお話してくれたらカッコ良かったのに~」クスクス

P「かっこ!…///」

あずさ「うふふ」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:26:22.15 ID:WnL31QcIO
P「じゃ、じゃあ俺から…」

あずさ「はい。何ですか?」ニコニコ

P(いきなりデートとか誘ったら、怪しまれるよなぁ…)

あずさ(何かしら…マジメな顔したプロデューサーさんも素敵ね…)

P「…よし」

あずさ「?」キョトン

P「あの…あずささん?」

あずさ「はい?なんです?」

P「その…ですよ?夕焼けとか…好きですか?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:29:44.46 ID:WnL31QcIO
あずさ「夕焼け、ですか?」

P「はい。俺、夕焼けが凄く綺麗な場所を知ってるんです!一緒に…行きませんか?」

あずさ「うふふ。いいですねぇ。誰と行くんですか~?って、えっ?」ドキドキ

あずさ(え、私?私、誘われたの?プロデューサーさんに?)ドキドキ

P「どう…ですか?」ドキドキ

あずさ「…あの…その…はい…ぜひ」

P「っ!」

P(よしっ!引かれたかと思ったけど、誘って良かった!)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:33:04.13 ID:WnL31QcIO
P「それで、ですね?」

あずさ「は、はい…」ドキドキ

P「今日の夕方…とか、どうですか?幸い、午後からお互いオフですし」

あずさ「はい!大丈夫です!うふふ。プロデューサーさん?」チラッ

P「はい?」

あずさ「これって…」モジモジ

P「?」

あずさ「デート…ですか?」ボソッ

P(上目遣いに見つめてくるあずささんマジお姫様)

あずさ「…///」ドキドキ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:37:53.07 ID:WnL31QcIO
―――
――


――Pの車内
――PM15:00

P「~♪」ブーブー、ブーブー

あずさ「うふふ。プロデューサーさんの運転は、何だか安心しちゃいます」クスクス

P「ははっ。そう言ってもらえると、ドライバー冥利に尽きますね」

あずさ「ふふっ。それに♪」クスクス

P「なんです?」チラッ、

あずさ「プロデューサーさん、凄く機嫌がいいみたいで、こっちも嬉しくなってきます」クスクス

P「そんな風に見えます?」

あずさ「えぇ。とっても♪」クスッ

P「ははっ。なんだか恥ずかしいですね」

P(ここで、『あなたと一緒だからですよ』なんて言えたらカッコいいんだろうけど…)

あずさ「~♪」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:40:56.34 ID:WnL31QcIO
P「言えねぇよなぁ…」ボソッ、

あずさ「プロデューサーさん?何か、言いました~?」

P「いえ、何も言ってませんよ?」

この気持ちは、知られちゃいけないんだ。

あずさ「そうですか?」

…プロデューサーさんの、いくじなし…。


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:46:14.39 ID:WnL31QcIO
――港の見える某・公園
――PM16:30

あずさ「わぁ♪」キラキラ、

P(あずささんは、ほんと夕陽に映えるよな…青空も似合うけど…)

あずさ「プロデューサーさん!船が見えますよ!」キャッキャッ

P「子どもみたいにはしゃいでるあずささんは、やっぱり可愛い。奇麗というより、可愛い…」

あずさ「…えっ?///」ドキッ

P「えっ?」ドキッ

あずさ「プロデューサー…さん?それって…///」ドキドキ

P「~っ!あずささん!ほら、アレ!アレ見てください!マリンタワーです」

あずさ「…ばか」ボソッ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:49:58.56 ID:WnL31QcIO
――サァァァァ

あずさ「きゃっ」バッ

P「…」

あずさ「…風、強くなってきましたね」

P「…」ハァ...

風になびく青い髪が、奇麗だった。まるで、今が現実でなく、伝説の中にいるようで…。

幻想的で。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:54:45.47 ID:WnL31QcIO
――近くの、某・公園
――PM18:00

あずさ「~♪」ギュッ

P「あずささん?」ドキドキ、

あずさ「はい~?」ギュッ

P「手なんか繋いで…いいんですか?」

あずさ「…」ギュッ

P「あずささんはアイドルなんです。いつ、ファンに見られてしまうか…」

あずさ「…ねぇ、プロデューサーさん?」

P「はい?」

あずさ「アイドルである前に…女の子、なんです…私だって」

P「…」ドキドキ、

あずささんの瞳が、俺を見つめる。

あずさ「少し、疲れちゃいました。そこのベンチに、座りませんか?」

あずささんの手は、座るまで離れなかった。


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 00:59:05.64 ID:WnL31QcIO
あずさ「…」キョロキョロ

P「あずささん?キョロキョロして、どうしたんです?」

あずさ「ふふっ。周り、カップルばっかりですね」クスクス

P「そうですね。まぁ、ここは有名なデートスポットですからね」

ロマンスに、揺れる街。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:03:55.51 ID:WnL31QcIO
あずさ「ひとつ、聞いてもいいですか?」

俯いた顔からは、どんな表情をしているかは見えなかった。

P「…」

P「…なんです?」

あずさ「…なんで、ですか?」

P「えっ?」

あずさ「なんで、私を誘ってくれたんですか?」

この人の、俯いた顔は…見たくなかった。

P「っ!」グイッ

あずさ「プロデューサーさん!?」カァァァァ

俺に手を引かれ、抱き着くあずささん。その顔は、少し赤くなっていた。


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:07:15.97 ID:WnL31QcIO
P「きっかけは…忘れました」

ぽつ、ぽつと、気持ちを伝えていく。言わないと決めた事なんて、とっくに忘れていた。

P「気付いたら、」

あずささんの顔を見つめる。

――サァァァァ

潮風が、あずささんの髪をなびかせる。

P「好きになってたんです」

あずさ「っ!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:12:06.96 ID:WnL31QcIO
あずさ「難しいですね。運命って」クスッ

P「えっ?」

あずさ「さらさらと、砂時計みたいに流れていくのに。逆さまに戻せば、何度でもやり直せる」

P「あずささん?」

あずさ「私はですね?プロデューサーさん」

あずさ「ずっと、ずーっと…やり直してきたのかもしれません」

P「何を…ですか?」

あずさ「ふふっ。意地悪ですね。知ってるくせに」クスッ

あずさ「運命ですよ。私の運命の人に出逢えるまで、何度も。何度も」

あずさ「…」ポロ...

あずさ「いいんですか?私で」ポロ...ポロ...


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:16:48.96 ID:WnL31QcIO
――ボーッ

遠くで、汽笛の音が鳴る。

あずさ「…答えてください。プロデューサーさん」ギュッ

P「…」ギュッ

P「答えなんか、必要ありませんよ」スッ、

あずさ「えっ?」

P「んっ…」

あずさ「あっ…」チュッ、

あずさ「プロデューサーさん…」

プロデューサーさんの吐息が、鼻にかかる。少し、くすぐったい。

P「…答えが…必要ですか?」ドキドキ

あずさ「…」フルフル


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:21:45.86 ID:WnL31QcIO
あずささんの顔は、もう俯いていなかった。代わりに、俺の顔をじっと見つめている。

空には、月が輝いていた。まるで、どこか違う次元に浮かんでいるかのような、まるい月。

あずさ「もういっかい」ギュッ

P「あずささん?」

あずさ「もういっかい、してください」チラッ

P「んっ…」

あずさ「んむっ…」チュッ、

あずさ「はふ…凄く、ドキドキします…」ドキドキ

――ピカッ

あずさ「あっ…」ドキッ

P「あずささん?」

あずさ「灯台?ううん、船の光かしら…」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:26:19.79 ID:WnL31QcIO
あずさ「それが、プロデューサーさんと重なって…光の翼みたい…」

P「ははっ。あずささん?」ギュッ

あずさ「…はい?///」

P「あずささんがそれを望むなら、」スッ、

P「あなたを、光の翼で抱き締めていたい」

P「ずっと、ずっと。砂時計が、逆さまにならないように。抱き締めて」

あずさ「…ぐすっ」グスッ、

プロデューサーさんの、その言葉が嬉しかった。たった少しの言葉なのに。


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:33:33.79 ID:WnL31QcIO
あずさ「…もう、探さなくていいんですね。運命の人を」

P「えぇ。俺が、そうなんですから」

あずさ「うふふ。こんな素敵な人に出逢えて、私は幸せですね」クスクス

P「幸せに、しますから」

あずさ「ふふっ。それは違います」クスクス

P「えっ?」

あずさ「『私たち』で、幸せにしていくんです」

あずさ「…ねっ?」チュッ、

P「あずささん…」

あずさ「プロデューサーさん…」

――ボー

遠くで、汽笛が鳴る。これから、その船は旅に出るのだろうか。

俺たちの愛は出逢い、交じり、そして…俺たちの旅立ちを誓い合った。

おわり


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:34:51.93 ID:WnL31QcIO
はい。ここまでありがとうございました


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:35:36.99 ID:933XiHVG0
えらくあっさりだな乙


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 01:59:16.18 ID:Ha587DEo0
すっきりしてて良かった乙


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 02:03:11.08 ID:7YcLvDmF0
STAND UP TO THE VICTORYな話かと思ったら全然違った


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/15(日) 02:06:24.06 ID:fimmA9fg0
V2だと思ったら全然違った

さっくり読めて良かった乙


ブシロード デッキホルダーコレクション Vol.100 アニメ アイドルマスター 『三浦 あずさ』
ブシロード デッキホルダーコレクション Vol.100 アニメ アイドルマスター 『三浦 あずさ』




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/07/15(日) 15:56:47

    オレも一瞬V2かと思った
    TV版エルハザードか……懐かしいな


  2. 2012/07/15(日) 16:20:32

    Pはアイドル相手に終わりのないDEFENCEを強いられているんだ!


  3. 2012/07/15(日) 18:01:15

    第4話の蛙がウッソ君として出てくるのかと思ったわ

    愛になるよ空を包むように抱き締めているのか


  4. 2012/07/17(火) 06:16:29

    Vガンだと思ったのは俺だけじゃ無かった…
    かけがえの無い君の優しい笑顔抱いているんだな!


  5. 2012/11/11(日) 23:52:47

    良かった、事故で頭部だけ飛んでくる弟とか居ないんだね


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ