Powered By 画RSS


QB「僕と契約して下痢便少女になってよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 04:13:52.54 ID:hAVkA8TN0

まどか「え?あ、はい」

QB「契約成立だね」

まどか「どういうこt・・・ふぉああああああああああああああああ」ブギュウウウウドゥジュルルルルルドゥルウルルルルルン

QB「ω」



5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 04:18:05.62 ID:hAVkA8TN0

ほむら「そこまでよ」ドゥクシ

QB「ぎゃあ死んだ」

まどか「助けああばばばばば」ブジュブジュルウウドゥビュウウウウゴップォン

ほむら「・・・」

まどか「ひぎゃええああああああ」ブジュビュウウウボッブドゥルュルルッルアアアア

ほむら「いただきます!」

まどか「!?」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 06:33:10.09 ID:h63YpQKlO

QB「僕と契約して下痢便少女になってよ」

まどか「えっ……一体どういう……こと?」

QB「下痢便少女が生み出す下痢便はこの宇宙を救うたった一つの方法なのさ」

さやか「下痢便で……宇宙を救う?」

QB「君たち人類にはまだわからないかも知れないけど、この宇宙は今危機的なまでにエネルギー不足に陥っている」

QB「それを救えるのが君たちのような少女達が恥じらいながら生み出す下痢便なんだよ!」

QB「可愛い少女が生み出す下痢便を僕らがクンクン!クンカクンカ!する事によってエントロピーを凌駕することが出来るんだ!」

まどか「そう……なんだ……」

さやか「こいつ……可愛い顔してマジキチじゃねぇか……」

QB「だから僕と契約して下痢便少女になってよ」ニコッ


8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 06:36:38.07 ID:h63YpQKlO

さやか「ちょっと待てよ、下痢便少女って大体なんなんだよ」

まどか「そうだね……わけがわからないよね」

QB「まぁ説明するのも簡単なのだけれど」

QB「見てもらうのが一番かな?」

QB「こっちに来るんだ、巴マミ」

キュルルグルルル……


まどか「えっ?」

さやか「なんだこの音?」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 06:41:05.91 ID:h63YpQKlO

マミ「うぅ……」

ギュルルグルル……

さやか「なんだ、この人……顔色真っ青だぞ……」

まどか「だ、大丈夫ですか!?」

マミ「ち、近寄らないでっ!!」

ギュルル!グルルンンン!!

マミ「はぁうあっ!!」

さやか「おい!大丈夫なのかよこの人!」

QB「大丈夫だよ」

QB「だってこれが下痢便少女なのだもの」ニコッ


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 06:49:43.30 ID:h63YpQKlO

さやか「えっ……?」

まどか「これが……下痢便少女?」

ギュルル!!


マミ「やめ……見ないで……」

ピュルッ!!!

マミ「はぁっ!!……うぅ……ぐす……」

まどか「!!」

さやか「んっ!!く、臭っ!!」

QB「この臭い、また漏らしたようだね巴マミ」

マミ「ひっ……ぐす……もう……嫌ぁ……」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 06:59:49.95 ID:h63YpQKlO

QB「では早速クンカクンカさせてもらうとするよ」

トテテ

マミ「やだ……こないで……」

QB「クンクン、この臭いは……」

マミ「やめて……臭い嗅がないで……ぐす」

QB「巴マミ、君は昨日ニンニクを食べたんだね。まったく僕に嗅がれるのをわかっててそんなものを食べるなんて君は本当に変態だね」

マミ「違う……わ……ぐす」

QB「漏らしたての下痢便をこんなに間近で嗅がれて興奮してるんだろ?君は早く自分がそういう性癖だと認めたほうがいいね」

マミ「違う……そんなんじゃ……」

QB「クンクン……、おや?下痢便に混ざって違う臭いが……僕に臭いを嗅がれて濡らしてしまったのかい?巴マミ」

マミ「ち、違う!そんなのウソよ///!!」


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 07:06:37.05 ID:h63YpQKlO

QB「それじゃあ脱がして確かめさせてもらうとするよ」

マミ「いやあっ!それだけはやめてぇっ!あの子達が見てるっ///!!」

まどか「……」

さやか「……」

QB「まったく……君って人はギャラリーがいると余計に興奮するなんてとんだドM女だね」

マミ「違うっ!そんな……はぁうっ!!」

ギュルル!ピュルッピュルッ!!

マミ「あっ、あぁ……」

QB「そんなに騒ぐからまた大量に漏らしたじゃないか。ワザとやってるとしか思えないね」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 08:26:01.77 ID:h63YpQKlO

QB「さて本格的にクンカクンカペロペロさせてもらうとしようか」

マミ「やぁ……んっ」

QB「スンスン……豊潤なニンニクの香りに時折青臭いこの臭いは……」

ズルッ

マミ「やあっ///!!」

QB「やはり……コーンにモヤシだったね。こんなにそのまま固形物で出るような物を食べるなんて期待していたんだね、巴マミ」

マミ「ち、違う……違うの……」

まどか「……」

さやか「……」

QB「じゃあペロペロさせてもらうとするよ」


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 08:30:37.29 ID:h63YpQKlO

レロレロレロレロ……

マミ「ああああ!!ダメっ!ダメええっ!!」

QB「あまり動かないでほしいな、巴マミ」

QB「ビチビチ下痢便がこぼれたらもったいないじゃないか」

レロレロレルレル

マミ「ひゃあああ!!」

まどか「……」

さやか「な、なぁ……まどか……」

まどか「な、なに?さやかちゃん?」

さやか「今のうちに逃げたほうが……」

まどか「そ、そうだね……」

QB「はふっ!はむはむはむっ!!」

マミ「んああぁっ!らめえええ!!」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 08:47:43.44 ID:h63YpQKlO

まどか「はぁ……はぁ……」

タタタっ

さやか「まどかっ!早く逃げないとっ!あの変態食便猫が追ってくる!」

シュンッ

QB「まったく……」

まどか「はっ!」

さやか「くそっ!」

QB「変態食便猫とは酷い言い草だね」

さやか「私達はあんな変態下痢便少女になんか絶対になりたくないっ!」

まどか「そ、そうよ!」

QB「願い事を一つ叶えてあげるとしてもかい?」

さやか「当たり前だ!下痢便を垂れ流すなんて人間として終わってるじゃないか!!」


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 08:51:52.10 ID:h63YpQKlO

QB「せっかくメリットデメリット説明してあげたと言うのに……」

さやか「デメリットしかねぇよ!あんなもん!」

QB「仕方ないね、契約とか面倒だから強制的に下痢便少女にするとしよう」

まどか「えっ!」

さやか「なんだとっ!」

QB「さぁ君たちを下痢便少女へと変えて……」

グギュルル……

ほむら「うぅ……ま、待ちなさい!!」

まどか「!」

さやか「!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 08:54:54.02 ID:h63YpQKlO

さやか「転校生!?」

まどか「ほむらちゃん!?」

ほむら「に、逃げなさい……はぅっ!!」

グギュルル!!

ほむら「は、早く……」

さやか「まさか……あんたも下痢便少女……?」

まどか「そ、そんな……ほむらちゃんが!?」

QB「邪魔をするつもりかい?暁美ほむら」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 08:56:16.31 ID:upBhRi0r0

下痢便少女って魔女と戦ったりするわけもなくただ排便するだけなのか


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 08:58:59.80 ID:h63YpQKlO

下痢便少女→排泄→QBが補食→エントロピー凌駕

という設定です











意味がわからないと思いますがご理解ください


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 09:06:47.98 ID:h63YpQKlO

キュルグルルル!!

ほむら「ふはああっ!」ガクガク

まどか「ほむらちゃん!!」

カチッ!

ピュルッジュワわッドルゥルルプシャアアア!!

ほむら「あああああ!!!」

ほむら「はぁっ……はぁっ……」

シュル……ゴシゴシ……

ほむら「……ふぅ」

カチッ!

QB「この臭い……」

ほむら「なんのことかしら?」

QB「大体わかったよ……君の能力は時を止めてる間に漏らした物を処理する能力だね」

ほむら「……」

まどか「うそ……ほむらちゃん……うそ……だよね?」


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 09:45:55.90 ID:K9TKawHl0

まどか「下痢便少女かぁ……」

マミ「どんなものかわからないと思うから、私の手伝いをしてみない?」

さやか「いいんですか!?」

マミ「ええ」

---------

マミ「じゃあ、さっそく始めるわよ」

さやか「こんな公園でやるんですか!? まだ何人か人がいるのに……」

マミ「できるだけ色んな人に見られて、恥ずかしい思いをしたほうが見返りが大きいの」

マミ「と言っても昼間の公園は恥ずかしいから毎晩この公園でやってるんだけどね」

マミ「今ここにいる人たちのほとんどはもう顔見知り」

マミ「言うなればリピーター、私のファンってとこかしら」

まどか(かっこいい……)

ギュルルルル

マミ「じゃあ始めるわよ」


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 09:51:15.26 ID:8bP9RR0gO

>まどか(かっこいい……)

えっ


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 09:54:18.90 ID:K9TKawHl0

マミ「ん……ああ……っ!! もうダメ……っ!! 我慢の限界……っ!!」

マミ「うんちでりゅううう!!!!!」

ブシュアッ ブッ ブリュッ ブリュryルyルルryルr

マミ「ああぁぁっぁああん!!!!!」

QB「では、さっそくクンカクンカさせてもらうよ」

クンカクンカクンカクンカ

まどか(す、すごい量……)

QB「じゃあペロペロさせてもらうね」

レロレロレロレロ……

マミ「は……はうぅぅん……」

レロルルルル ピチュアピチュアピチュアピチュア

さやか「マミさん……」

まどか(これが下痢便少女……)


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:03:36.04 ID:K9TKawHl0

マミ「あ……あぁ……っ! ……はぅんっ!」

プリッ

さやか「な、なんか出た!」

マミ「……終わったわね……」

さやか「なんですか? これ」

マミ「これはグリーフシード。 ちょっと私のお尻の穴をよく見て」

まどか「?」

さやか「……あっ!」

マミ「そう。 昨日よりちょっと黒くなってるのがわかるでしょ。 これにグリーフシードを使うと……」

さやか「綺麗になっていく!」

マミ「これがこの前言ってた見返り」

マミ「このグリーフシードのために、下痢便少女同士でギャラリーを奪い合うことがあるの」

さやか「それがあの転校生みたいなやつですね……!!」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:05:01.19 ID:upBhRi0r0

お尻から出てきたグリーフシードでお尻を綺麗にするだと…


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:06:56.05 ID:oLbSS7eKO

拭けよwww


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:16:29.30 ID:K9TKawHl0

まどか「願いとかよくわからないですけど……」

まどか「私もマミさんみたいに、いっぱいファンを作って、その人たちに下痢便を見せてあげられたら、QBに下痢便をクンカクンカペロペロさせてあげられたら」

まどか「こんな私でも人の役に立てるんだ……って……」

マミ「ふふっ」

まどか「それに、ちょっと興味あるって言うか」

まどか「マミさんの下痢便見てたら興奮しちゃって、私も見られたい、クンカクンカされたい、ペロペロされたい……って……」

まどか「自信はないですけど、もし人気が出てきたら、QB以外にも下痢便を食べてもらえたりして」

まどか「下痢便から未消化のコーンが出てきて、それを食べてもらえるところとか」

まどか「もしも、もしもですけど、下痢便したばかりのお尻の穴を色んな人に舐めてもらえたりなんかしたら」

まどか「凄く興奮するっていうか……」


まどか「……だから、下痢便少女になれたらそれだけで願いが叶ったことになるんです!」


51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:20:05.54 ID:8bP9RR0gO

まどっちはもうだめだ…


53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:26:50.67 ID:K9TKawHl0

マミ「けど願いは願いよ、せっかくだから何かお願いしましょう」

マミ「私がこの下痢便を終わるまでに願いが決まらなかったら」

マミ「そのときはコーンとさくらんぼの種をプレゼントしてもらいましょっ」

マミ「そして初下痢便からは、たっくさんコーンとさくらんぼの種を出すの」

マミ「漏れた下痢便から、さくらんぼの芽が出てきちゃったりして……ねっ!」

まどか「そんなぁ……」

まどか(私の下痢便から育ったさくらんぼ……それを色んな人に食べてもらえたりしたら……)

マミ「じゃあ今回は即効で終わらせるわよ!」

タッタッタッタッ

さやか「マミさん! もう凄い数の患者さんが……ギャラリーがマミさんの下痢便を心待ちにしています!」

マミ「どうやら間に合ったみたいね」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:27:15.77 ID:3jjRE4tq0

もうわけがわからないよ・・・


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:38:38.65 ID:K9TKawHl0

マミ「んっ……はぅ……ぐ……」

ブリュリュ グジュ ブッ ブシュ ……

マミ「あっ……ああぁあぁ……んっ……ぁああっ……」

ブビッ ブビビビビビビイビ ボブ ボッ ベリュリュ

マミ「くぅ……! んぁ……もう……あぁ……! 出ちゃう……!」

ブリッ ブリリリリリッ ブリュリュ

マミ「うんち……嫌……! あああぁぁぁぁああ! うんち……いっぱい出りゅ! 出りゅの!」

ブリュryルyルユ! ブリュン! ブビビ ビュル デュリュデュリュデュリュ シャアアアアアアア

マミ「見て! みんな私のうんち見て! お尻の穴かりゃ出りゅビチビチうんち! もっと! ぁあああ!」

モリュリュryルリリリリリリ ブリュリリリイリ モリュモリュモリュモリュrモユ!

マミ「ティロ・フィナーレ!」

ブモリュア!! ……ブス ……スッ

さやか「やった!」


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:46:31.31 ID:K9TKawHl0

まどか「マミさん……」

まどか「!!」

マミ「ふぅ……ぐっ!!」

マミ「うぐっ……! 痛いっ……! お腹が痛いの……!! ダメ……そんな……」

さやか「マ、マミさんん!」

マミ「ふぐぅぅああっ!!!! ううぅっ!!!! ぁあああああ!!!!!!!」

ブヂュドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥァアアアアアアア!!!!!!

まどか「!!!!」

さやか「!!!!」

マミ「 」

ブ ブビ ……ブス

さやか「そ……そんなぁ……」

まどか「……」

QB「……」


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:48:10.74 ID:upBhRi0r0

え?もしかしてマミった?


58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 10:48:54.05 ID:K9TKawHl0

他のやつも続きやら補足やら別ルートやら書け 私はもう出かける用意する


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 11:00:47.26 ID:CQ7XWNOX0

下痢便少女は、成長すると、便秘女になるのだろうか?


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 11:04:20.84 ID:K9TKawHl0

下痢便ネタいいね オナニーしたくなってきた お風呂入ってメイクしなくちゃいけないのに
下痢便の心理描写とか上手い人いないかな

さやかの下痢便がみたい あんこに見られながら屈辱の中で下痢便するところ もちろんお尻の穴舐められてるところも


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 11:45:49.33 ID:Hql4oh/MO

なにここ


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/04/12(火) 11:55:24.50 ID:htuwzK0Z0

どうしてこうなった?





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「まどかマギカ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/02/23(木) 01:47:14

    なんですかこのバレンタインは・・・マカロンが尻から出そうだ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ