Powered By 画RSS


紬・和「梓ちゃんvs唯」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:55:04.60 ID:37jRQ/wB0
和「ムギ、来たのね。まずはおめでとうと言わせてもらうわ」

和「この前のデートで梓ちゃんと新たな段階に踏み込んだそうじゃない」

紬「和ちゃんのおかげよ……いいデートスポットを教えてもらっちゃったし」

和「図書館デートでいい雰囲気になれたのは、ひとえにムギの努力の賜物だと思うわ…」

紬「そうかしら? 和ちゃんは何か進展あった?」

和「ええ。実は……///」

紬「むむむっ、その顔っ! すごくいいことがあったのね!!」

和「ええ。実は唯が……」

紬「…唯ちゃんが?」

和「お菓子を作ってくれたのよ」

紬「……」

和「……」

紬「……それだけ?」

和「ええ、それだけよ」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:56:10.69 ID:fMF4mfZC0
紬「…‥」

和「…何か変なこと言ったかしら?」

紬「……う、ううん。別に変ではないかな」

紬「だけど、お菓子を作ってくれたのを進展って呼べるのかな?」

和「あの唯が私にお菓子を持ってきてくれたのよ」

紬「…あー、うん。確かに唯ちゃんは食べる専門だもんね」

和「ええ。そうなのよ」

和「唯は本当に良い子で優しい子で明るい子で」

和「人に気遣いもできるし、楽器も上手いし、才能もあるし」

和「くっつくと暖かいし、可愛いものを見ると抱き付かずにはいられないし」

和「ときどきハッとさせられるほどカッコいい一面もあるし」

和「こんな私とも仲良くしてくれる天使みたいな子だけど……」

和「誰かにお菓子を作ってくるような子じゃないはずなの」

紬「……う、うん」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/21(土) 23:58:57.94 ID:fMF4mfZC0
和「その唯が私のためだけにお菓子を作ってきてくれて…」

和「私、感動してしばらく泣いちゃったのよ」

和「自分は唯にすっごく大切に想われてるんだなって」

和「これからもっと唯のこと大切にしていかなきゃって」

紬「…そうなんだ。じゃあ私、部室に行くね」

和「あっ。ちょっと待ちなさいよ、ムギ」

和「まだまだ話し足りないことが沢山あるんだから」

紬「……うん。それで?」

和「私が泣いてると唯が「和ちゃんどうしちゃったの」って」

紬「……まぁ、当然聞くよね」

和「私が返事できないでいると、唯も涙目になっちゃって…」

和「私は唯をやさしく抱きしめて、「嬉しくて泣いちゃった」って耳元で囁いたの」

紬「続けて」

和「そしたら唯は「もう…和ちゃんってば」って言って、強く抱きしめ返してくれたの」

紬「ふむふむ」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:00:29.60 ID:8QKBS91a0
和「それから二人で強く抱きしめあったわ」

紬「それからキスね!」

和「えっ…キス?」

紬「うんうん! もちろんやったよね!」

和「キスだなんて……私達にはまだ早いわ///」

紬「たまに唯ちゃんと一緒にお風呂に入って、一緒に寝てるのに?」

和「ええ、キスは特別よ」

紬「将来の約束までしてるのに?」

和「ええ」

紬(和ちゃんって変なところで奥手ね)

紬「まぁ、いいわ。ところで、その状況いつもみたいにお願いできる?」

和「唯が了承してくれたらね」

紬「それじゃあビデオカメラを持ってこなくっちゃ」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:02:49.73 ID:8QKBS91a0
和「私達のいちゃいちゃ再現が見たいだなんて……ムギは恋人ができても全然変わらなのね」

紬「それとこれとは別腹なの~」

和「梓ちゃんは嫉妬してない?」

紬「…してるかな?」

和「どうかしら?」

紬「梓ちゃんが悲しんでるなら、やめなきゃいけないよね…」

和「……きっと諦めてると思うわ。気になるなら直接聞いてみれば」

紬「そうね」

和「それで……唯に貢ぐお菓子なんだけど」

紬「再現ビデオを撮るだめの依頼料のことね!」

和「ええ。そのお菓子、私に作らせてくれないかしら」

紬「…あれは依頼料だから、私が持ってこないと意味ない気がするけど……」

和「私が唯のために作りたいの…」

紬「……わかってる。和ちゃん。よろしくお願いするね」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:04:26.60 ID:Bl+odoMN0
悲しんでなくても諦めててもやめるべきっしょwww


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:04:51.33 ID:8QKBS91a0
和「唯は何を作ったら喜んでくれるかしら」

紬「唯ちゃん、お菓子ならなんでも喜んでくれると思うけど」

和「でも、ムギの持ってきたお菓子をいつも食べてるから、舌が肥えてるわよ、あの子……」

紬「……たしかに」

和「感動させようと思ったら、生半可なお菓子じゃ駄目そうね…」

紬「じゃあ食べたことなさそうなお菓子ならどうかな」

和「何かある?」

紬「シャルロットとか」

和「シャルロット?」

紬「クッキー生地を使ったケーキよ」

和「へー、美味しそうね。私に作れるかしら」

紬「じゃあ、私の家で一緒に作る?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:08:31.85 ID:8QKBS91a0
和「……うーん」

紬「…? なにか問題がある?」

和「浮気にならないかしら…」

紬「……和ちゃんはいい旦那さんになりそうね」

和「そうじゃないの。唯は気にしないと思うわ。あの子、そういう事に対しておおらかだから」

紬「ということは……梓ちゃんのことね」

和「ええ、付き合ったばかりで一番大事な時期なのに……」

紬「…それじゃあ、やめておくべきかな……でも和ちゃんの応援もしたいし……」

紬「…! そうだ! 梓ちゃんも誘いましょ」

和(…………また二人のバカップルぶりを見せつけるつもりね)

紬「どうかした?」

和「なんでもないわ。それじゃあムギ、宜しくお願いするわ」

紬「ええ。梓ちゃんとお菓子作り……今から楽しみ~」

和(すでに目的と手段が入れ替わってるんじゃないかしら…)


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:09:25.81 ID:+qO0eAD00
さすがムギだ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:13:50.96 ID:8QKBS91a0
和「そういえばムギも一歩前進したって聞いたけど、何があったの?」

紬「ふっふっふっふっ…聞きたい?」

和「……聞きたいような聞きたくないような…」

和「でもムギと梓ちゃんって、大胆にも初デートでキスしちゃったのよね」

紬「うんうん。あの時の梓ちゃんかわいかったなぁ~」

紬「真っ赤になりながら「……ムギ先輩。私のファーストキス奪って下さい」って言ってくれて」

紬「だけど、私も初めてだったからおでこ同士のキスになっちゃって」

紬「その後、目を見開いたままキスして……」

紬「そのまま二人は目を閉じて……」

和「その話は聞き飽きたわ」

紬「そう?」

和「でもキスを済ましてるなら……行くところまで行ってしまったのかしら?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:15:45.13 ID:KPsTW4+Y0
意外と初々しかった


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:18:42.70 ID:8QKBS91a0
紬「あのね、和ちゃん///」

和「うん」

紬「実はね……私……」

和「うん」ゴクリ

紬「……梓ちゃんと手を繋いじゃったの!」

和「…えっ?」

紬「だからっ、手、繋いじゃったの!!」

和「……」

紬「……」

和「……」

紬「……なにか言って…」

和「アァ、ウン、ソウネ」

紬「ええ、そうなの。和ちゃんに言われた通り、あの日は図書館デートにしたんだけどね」

和(ムギってこうなったら止まらないのよね)


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:23:23.26 ID:8QKBS91a0
紬「和ちゃんに教えてもらった「月の裏側」って本を二人で読んでたんだけど…」

和「恩田陸ね。……二人で?」

紬「うん。二人でぴったりくっついて、私が右、梓ちゃんが左に座って」

和「すごく読み難かったんじゃない? 読むペースが違うだろうし…」

紬「1ページ読み終わる毎に、私の肩を梓ちゃんの肩にトンってそっと当てるの」

紬「それが読み終わった合図」

紬「梓ちゃんが読み終わっていれば、すぐにページを捲くってくれる」

紬「読み終わっていなければ、梓ちゃんが読み終わった時点でページを捲ってくれる」

和「……斬新な読書法ね」

紬「梓ちゃんの鼓動から息遣いまで全部伝わってくるの」

紬「すごくドキドキしたけど、とっても楽しいデートができたわ」

紬「和ちゃん。図書館をすすめてくれてありがとう」

和(ムギったら…公衆の面前でよくやるわ)

和「私もちょっとやってみたくなったけど……唯はあんまり本を読まないのよね」

紬「和ちゃんが読んであげれば?」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:24:14.43 ID:IM+ZlPrw0
両方ともバカップルなんだないいぞ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:24:25.91 ID:+qO0eAD00
恩田陸好きとはやるな


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:26:09.23 ID:8QKBS91a0
和「音読するってこと?」

紬「うん。唯ちゃんきっと喜んでくれると思うな」

和「でも、音読じゃくっつく理由にならないんじゃないかしら」

紬「唯ちゃんとくっつきたいの?」

和「///」

紬「…よく聞こえるように耳元で読みたい、って言えばいいんじゃないかな」

和「…勉強になるわ」

紬「そうだ! ロミオとジュリエットなんてどうかしら」

紬「耳元で愛のことばを囁くの。きっと唯ちゃんメロメロになっちゃうんだから!」

和「そうね。考えておくわ」

紬「ええ。私たちはロミオにもジュリエットにもなれるんだから」

和「そうね。恋のためには多少我儘にならないと」

紬「愛とは躊躇わないことだからね」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:29:41.53 ID:8QKBS91a0
紬「梓ちゃんとのデートの話に戻すね」

和「まだ続くんだ」

紬「ラストページに近づくにつれて、なんだか感慨深くなっちゃって…」

紬「最後には私、泣いちゃったんだ」

和(あの小説、泣くようなところあったかしら)

紬「そしてたら梓ちゃんは私の頭をなでなでしてくれて、それから手を差し伸べてくれたの」

紬「私はその手をとって、本を返してから、二人で図書館の外に出たわ」

紬「それから家に帰るまで、ずっと手は繋いだまま」

紬「一言もしゃべらなかったけど……幸せな時間を過ごせたわ」

和「……ムギ。良かったわね。本当に……」

紬「後は一緒に御飯を食べて、お風呂で洗い合いっこして、一緒のベッドで寝たわ」

紬「……人生最良の日かもしれない」

和「今さらっと「お風呂で洗い合いっこ」って言ったかしら」

紬「言ったけど」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:34:42.35 ID:8QKBS91a0
和「いつの間にそんなに進展してたの?」

紬「えっ…和ちゃんはやってないの?」

和「髪と背中は洗ってあげるけど…」

紬「和ちゃん! そんなんじゃ、もったいないお化けが出てきちゃうわ!」

和「そういうものかしら。……今度唯に頼んでみようかな」

紬「うん! 唯ちゃんのことだからきっと喜ぶと思うよ

和「そうかしら//」

紬「再現もお願いするね」

和「……はぁ…ムギはアダルトビデオでも撮るつもり?」

紬「そうね。記録に残しておくのはやりすぎよね」

和「わかってくれればいいのよ…」

紬「うん。撮影はやめておくね。この目にしっかり焼き付けるから」

和「………はぁ。もう好きにしていいわ」

紬「うんっ! 梓ちゃんと一緒に観賞させてもらうね」

和(いちゃつく口実が欲しいだけなんじゃ……)


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:36:05.00 ID:KPsTW4+Y0
公認の覗きww


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:42:04.05 ID:8QKBS91a0
和「……」

紬「どうかした?」

和「こんな幸せな日々がいつまで続くのかしら」

紬「ずっと続くよ」

和「そうかしら?」

紬「もし運命が二人を引き裂こうとしたら、運命の方を捻じ曲げちゃうんだから!」

和「ふふふっ。ムギならやりかねないわね」

紬「うん。世界一かわいい恋人を作ったんだから、世界一幸せな人生を送らなきゃ」

和「……世界一かわいい恋人?」

紬「あっ……しまった」

和「ムギ、あなたのことはいい友だちだと思ってるわ」

紬「うん私も」

和「でも世界一かわいいのは唯よ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:43:00.60 ID:IM+ZlPrw0
ああVSってそういうことか


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:45:57.44 ID:8QKBS91a0
紬「和ちゃん……やっぱり私達分かり合えないね」

和「そうね。もうこうなったら戦争するしかないわ」

紬「ごめんね。和ちゃん。愛とはためらわないことなの」

紬「私、財力にものを言わせて梓ちゃんの可愛さを証明しちゃうから!」


紬『斎藤、今すぐ私兵を200ほど連れてきて』


和「いい覚悟ね。それでこそムギだわ」

和「ならば私も生徒会長としての全権力を濫用して立ち向かうわ!」


和『生徒会、委員会メンバーは全員集合。各部活動の生徒も可能な限り集まること』

和『活躍した部活は、来季の予算にプラス査定よ』


紬「じゃあいくわよ」

和「ええ」

紬「けいどろで決着をつけましょ!」
和「どろけいで決着をつけるわ!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:46:51.72 ID:8QKBS91a0
___
紬「決着、つかなかったね」

和「同率一位ってことかしら」

紬「…! そうだね」

和「ねぇ、ムギ。今度ダブルデートでもしない」

紬「ダブルデート? 行く行く~」

和「どこに行こうかしら?」

紬「そうね……」

紬「梓ちゃんの行きたいところにしましょ」
和「唯の行きたいところがいいわ」

紬「……」

和「……」

紬「ダブルデート、楽しみだね」

和「そうね」

おしまいっ!


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:51:28.68 ID:tk3dZ9aXi
珍しく?地味にぶっ壊れてるムギを書いたなwww
おつさん


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 00:52:14.45 ID:KRE3cQxyP

思ったよりシュールだった


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:21:42.93 ID:QiTf/E5y0

幸せだった


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/22(日) 01:32:36.48 ID:NhWu03aGO
わりとよかった


ピュアニーモキャラクターシリーズ けいおん! 真鍋和
ピュアニーモキャラクターシリーズ けいおん! 真鍋和

ピュアニーモシリーズ けいおん 琴吹 紬
ピュアニーモシリーズ けいおん 琴吹 紬




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ