Powered By 画RSS


亜美「そりゃ律っちゃんが寝てたらヤるっしょ」真美「だよね」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:04:20.51 ID:1nfGNMUZ0
律子「………」コックリ コックリ


ガンッ


律子「むにゃっ……!?」



律子「ヤバッ……気づかない内にヘビみたいな字書いてる」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:07:02.67 ID:1nfGNMUZ0
律子「ふあぁ~……んんっ」


コキコキ


律子「……目もシパシパしてるし、こりゃちょっとアブないか……?」

律子「このままじゃ仕事に支障が出そうだし……かと言って、クーラー止める訳にも……」



律子「………」ウツラ ウツラ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:10:04.16 ID:1nfGNMUZ0
律子「……今は誰もいないし……」

律子「……ちょっとだけ、仮眠取る位なら」

律子「そうよ、ちょっとだけ……ちょっと、横になるだけ……」


ゴロン


律子「ん~……ソファー、ヒンヤリして気持ちいい……」





律子「Zzz」スヤスヤ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:13:17.49 ID:1nfGNMUZ0
亜美「さてさて、今週のザ・ベストな光景は……こちらです!ヅァン!」

真美「……まずは亜美を落ち着かせることが第一だと、真美は考えました」

亜美「でも、これはちょっと許せないんじゃないかなあ」

真美「こんのクソ暑い中、レッスンから帰ってきたらこれだもんね」





律子「Zzzz……」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:16:44.53 ID:1nfGNMUZ0
亜美「まずは、このメガネを外して~っと……」チャッ

律子「……ん……」

真美「!」





律子「Zzzz……」

亜美「んっふっふ~……完っ全に爆睡してますな~」ニヤニヤ

真美「その様ですな~」ニヤニヤ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:19:56.16 ID:1nfGNMUZ0
亜美「さて、分からなかった方の為に、もう一度この光景を見ていただきたい」

真美「汗だくで事務所に帰ってきた真美達の眼前に広がった光景、それは!」

亜美「クーラーを効かせ、ソファーで仰向けに惰眠を貪る、ターゲットのあられもない姿であったのだ……!」

律子「Zzzz……」

真美「それにしてもこのターゲット、キリギリスである」

亜美「アリのように勤勉実直な亜美達に対して、この仕打ち……あなたは許せる?許せない?」





真美「……許せな~い」キュポッ

亜美「ですよね~」キュポッ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:23:11.09 ID:1nfGNMUZ0
真美「キリギリスな律っちゃんには、猫のおヒゲを書いちゃうんだかんね~」キュッキュッ

亜美「ウェンディーズの看板娘みたくあばたも付け足して~」チョンチョン

真美「……亜美~、赤はない?」キュッキュッ

亜美「ほいきた!」



真美「口元に赤い血をタラ~リっと……」キュッキュッ

亜美「ちょ、ちょっと真美」

真美「どしたの亜美?」

亜美「この律っちゃんを、遠くからよーくご覧いただきたい」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:26:34.06 ID:1nfGNMUZ0
真美「うわぁ……」

亜美「調子に乗ってたら律っちゃん、顔殴られたみたいになっちゃったよ……」

真美「……右目に青タンはちょっとやりすぎじゃないかな、亜美」

亜美「ってか、これで起きない律っちゃんの方がおかしいっしょ……」

律子「Zzzz……」





亜美「なんか一気に冷めたね……」

真美「……どうする?」

亜美「どうするって……これ、消さないとヤバいっしょ」

真美「そ、そうだよね……じゃあ亜美、濡らした布巾持ってきて」

亜美「あいあいさー!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:29:36.73 ID:1nfGNMUZ0
真美「……ひ、人肌の温度で……」フキフキ

亜美「……お、起こさないように、優しく……」フキフキ

律子「……んにゃっ……」

亜美「!」





律子「Zzzz……」

真美「ヒューッ!大丈夫、イケるイケる……!」

亜美「真美……全然大丈夫じゃない、かも」

真美「えっ?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:33:18.24 ID:1nfGNMUZ0
真美「
お、落ちてない、だと……!?」

亜美「だってこれ、油性ペンだし……」

真美「…」

亜美「…」



亜美「と、ここで律っちゃんにネタばらし」

亜美「消えない油性ペンでのいたずら。律っちゃんなら許せる?許せない?」

真美「死ぬ」

亜美「えっ?」

真美「いや、二人とも死ぬよ」

亜美「………」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:36:49.48 ID:1nfGNMUZ0
ブロロロロ……

P「いやぁ、今日も暑かったなー」

美希「こんな暑い中で水着の撮影会とかやりたくなかったの」

P「仕事なんだから仕方ないだろ。そう思ってジュースもちゃんと奢ってやったじゃないか」

春香「……そう言えば、プロデューサーさんは欲しがったりしないんですか?ああいう写真」

P「んー?んー……写真は無くても、大体覚えてるからなぁ」

貴音「……覚えてはいるのですね」

P「そりゃ何度も拝めるようなもんじゃねーし……」

美希「ハニーのエッチ~」ガシッ

P「おい美希、後ろから抱きつくんじゃない」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:39:50.31 ID:1nfGNMUZ0
P「でも、結構忘れるもんなんだよなぁ……」

P「そういう時に写真があれば『あー』ってなって思いだせるんだが」

春香「写真は思い出の付箋……ですね?」





美希「………」

貴音「………」

P「………」

春香「あれ?聞こえませんでした?今私、良い事言いましたよ?」

春香「写真は思い出の」

P「聞こえたから。二回言わなくていいから」

春香「」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:42:51.86 ID:1nfGNMUZ0
美希「……春香はほんとうにばかなの」

春香「なっ!?」

P「……あー」

春香「私はバカじゃありません!美希なんかよりずっと賢いんですから!」

美希「ミキの方が春香なんかよりチョー賢いと思うな」

春香「なっ、なにをぉ~!」


ギャーギャー ワーワー


prrrr prrrr

P「……今運転中だ、誰か出てくれないか」

貴音「わたくしが出ましょう」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:46:03.56 ID:1nfGNMUZ0
貴音「もしもし、こちら765プロ……」

亜美『あ、あれ?お姫ちん?』

貴音「おや、その声は……?」

亜美『あ、亜美だYO!お姫ちんでもいいや、ちょっと聞きたい事が……』





春香「油性ペンで書いたものを消す方法?」

貴音「ええ」

P「修正液かなんかを使えばいいんじゃないのか」

貴音「修正液を使えばよろしいかと」

亜美『そ、そんな事したらもっとひどいことになっちゃうYO!』


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:49:03.70 ID:1nfGNMUZ0
美希「肌に書いたものを落とす……?」

亜美『そ、そうだよ、間違えて書いちゃってさ……』

春香「ちょっと待って。落とし方は私、聞いたことあるかも」

貴音「春香が、落とし方を聞いたことがある、と」

亜美『ほ、ホントに!?』

春香「えっと……なんか、白い、クリームっぽいので落とせるんだけど……」

P「肌に塗る系の奴か」

貴音「白い、くりぃむのようなものを肌に塗ればいいそうです」

亜美『そっか、ありがとお姫ちん!はるるん!』ガチャッ



美希「………」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:52:32.38 ID:1nfGNMUZ0
亜美「白いクリームだって、真美!」

真美「そんなのうちの事務所にあったかな~」

亜美「んー……冷蔵庫とか漁ってみる?」

真美「やらないよりマシだと思う。真美は別の方探してみるね」





真美「亜美~、あった~?」ゴソゴソ

亜美「……あっ!何か似たようなのならあったよ!」ゴソゴソ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:56:19.91 ID:1nfGNMUZ0
真美「……何それ?ヨーグルト?」

亜美「いいえケフィアです」

真美「ケフィア?」

亜美「ピヨちゃんが自前で作った奴らしいんだけどさ……」

亜美「何かクリームっぽいし、多分これの事かなーって」

真美「でもそれ食べる奴っしょ?塗ったくって、落とせるのかな」

亜美「男は度胸!何でも試してみるもんさ~」

真美「真美達は女だけどね」



律子「Zzzzz」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 00:59:26.06 ID:1nfGNMUZ0
真美「………」ヌリヌリ

亜美「………」ビチャベチャ

真美「あ、亜美?もうちょっと静かにやろうよ……」ヌリヌリ

亜美「大丈夫大丈夫、これ位じゃ起きないって~、律っちゃんは」ベチャブチャ






亜美「……あんまり、落ちないね」

真美「ってか、さっきより酷くなってない……?」

律子「……んん……」

「「!!」」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:00:03.42 ID:mXnTcwax0
ピヨちゃんの白い液が……ゴクリ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:03:19.49 ID:1nfGNMUZ0
律子「んっ……あれ……?」ムクリ

律子「なんか、視界がボヤけて……眼鏡は……?」



ガチャッ

貴音「ただ今戻りました」

美希「クーラーが良い感じに効いてるの~」

春香「ふゃあぁ……暑かったぁ~……」

P「まさに梅雨明けって感じだよなぁ」

律子「……あっ、プロデューサー。お疲れ様です」

P「おう、律……」


49 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/07/24(火) 01:06:40.13 ID:ZskomZac0
(アカン)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:07:11.76 ID:1nfGNMUZ0
P「」

春香「」

貴音「」

美希「………」

律子「?……どうしました?」





P「……り、律子ォォォォォッ!!」ガバッ

律子「ひっ!?」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:10:55.83 ID:1nfGNMUZ0
P「だ、誰にっ!誰にこんなっ……こんなっ!!」ガクガク

春香「ぷ、プロデューサーさん!そんな事より病院ですよ、病院っ!!」

律子「え?……えっ?」

P「律子っ……俺が、俺がいれば……お前をこんな目にはっ……!!」ギュッ

律子「ちょっ……ぷ、プロデューサー……?」

貴音「あなた様、うろたえてはなりませんっ!」

P「し、しかし貴音……これはっ!」

貴音「律子嬢におヒゲがありますか?ありません!」

P「!?」

貴音「つまりこの方が律子嬢ではない可能性が、微粒子れべるで存在……」

美希「貴音はちょっと落ち着いた方がいいと思うな」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:13:10.62 ID:Ni3vZGwNP
美希は冷静だなあ


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:13:39.60 ID:XFCk5WUX0
ムーンレイスのお姫様がいる


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:14:24.86 ID:1nfGNMUZ0
律子「ちょ、ちょっと……みんなして一体どうしたの?」

美希「律子、さんの顔が酷いことになってるの」

律子「私の顔……?」ピト


ヌルリ


律子「な、何これ……!?」

P「ま、まさか律子、お前……気絶させられて……!?」

律子「い、いえ、その……急に眠気が、ですね……」

P「ぐぅぅぅっ……な、なんて姑息なぁぁぁ!」ギリッ

春香「プロデューサーさん……?」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:17:51.89 ID:1nfGNMUZ0
律子「ちょ、ちょっと、顔洗ってきますね……」

P「あ、ああ……その白いのは、落としてきた方がいい……」

スタスタスタ……






……ドタドタドタ

律子「何じゃこりゃああああああああああああっ!!?」

美希「……春香、クレンジングクリームか何か、持ってない?」

春香「えっ?メイク落とし用のならあるけど……あぁっ!」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:21:19.22 ID:1nfGNMUZ0
ガチャッ

亜美「たっだいま~……ってう、うわあー!」

真美「り、律っちゃん、その顔どうしたのー!?」

律子「どうしたもこうしたも、起きたらこうなってたのよ!!」

P「クソッ……何て奴なんだ。起きないのを良い事に、こんな乱暴を……!」

貴音「あなた様……この染み、どうやら怪我によるものではないようです」



P「……えっ?マジで?」

律子「え、えぇ……最初見た時はギョッとしましたけど、全然痛くないですし」

P「……チッ」

春香「えっ?」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:25:05.54 ID:1nfGNMUZ0
美希「律子、さん。春香のクリーム使えばその落書き、落とせるよ」

律子「えっ?」

美希「多分、それじゃないと落とせないと思う」

律子「って事は……油性!?誰よ、こんな真似したのは……!」

亜美「あ、亜美達じゃないよ?今さっき来たばかりだしね」

真美「そうそう、真美達にケフィアぶっかけるなんて真似出来る訳ないし」



P「……ケフィア?あれ、ケフィアだったのか?」

貴音「あなた様……?」

P「そうか……何だ、そういう事だったのか。あぁ、良かった……」

春香「プロデューサーさん……」

P「……睡眠顔射レイプされた律子はいなかったんだな。本当に良かった……」ホッ

春香「………プロデューサーさん………」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:29:22.96 ID:1nfGNMUZ0
貴音「しかし、律子嬢にこのような真似をした犯人とは、一体……」

美希「そのオマヌケさんは、もう見つかったようなの」

亜美「な、なんだってー!?」

真美「ちょっとミキミキ~、犯人なんて……」

美希「何で真美はぶっかけられてたのがケフィアだって知ってたの?」





真美「え……っと、それは、その……」

亜美「そ、そっか~、真美が犯人だったのか~……流石の亜美も、これには苦笑い」

真美「あ、亜美!?」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:30:30.00 ID:GOTal5Ws0
亜美汚いww


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:33:02.13 ID:1nfGNMUZ0
律子「……そうなの、亜美?」ヌリヌリ

亜美「うん、亜美は知らなかったんだけどね……」

真美「ちょっ……な、何で真美だけ!?亜美もやったよねっ!?」

亜美「でもね、亜美、思うんだ……止められなかった亜美もさ、きっと悪いんだYO、って……」

亜美「だからね、亜美も謝る!それでこの不肖の姉も許してやってよ!律っちゃん!」

真美「あ、亜美ェ……!」





貴音「なんと美しい姉妹愛なのでしょう……」

春香「えっ」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:36:24.38 ID:1nfGNMUZ0
美希「……だってさ。どうするの、律子?」

律子「律子さん、でしょ?ったく……っと、誰か、眼鏡を」フキフキ

P「あいよ」スッ





律子「よっし……完っ全っふっかぁーつ!」テカテカ

春香「良かったぁ、跡も残ってないみたいですね」

真美「う……り、律っちゃん……」ビクビク

律子「………」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:40:02.07 ID:1nfGNMUZ0
律子「……まぁ、私が一辺倒にガミガミ言えるような立場じゃあない、のかなぁ。これは」

真美「……えっ?」

律子「だって、ソファーで居眠りした私も悪いんだし?」

律子「あんた達に落書きされても、文句言えないんじゃないかなーって」



亜美「だけどこっのっそーらがー、いつもわったっしーのこと見守ってるー」



律子「最近忙しかったものね……あんた達もストレス、溜まってたんでしょう?」ニコッ



亜美「もっともーっとー、強くー、励ましてるー」








真美「……り、律っちゃあん……!」グスッ


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:43:22.73 ID:1nfGNMUZ0
亜美「だからこっわっくーないー、どこでもー行っきーたいところに行けるー」



真美「……ごめんね、ごめんね律っちゃあああああんっ!」ブワッ



亜美「輝いた未来ー、まーっすーぐーにー」

律子「なるかボケェェェェェェェェッ!!!」スパパパーン





亜美「ぐはっ……は、ハリセン、だと……」

真美「……これ、絶対……亜美のせい、だかんね……」ガクッ

亜美「……サビまで、歌った……のに……」ガクッ

P「こんなやる気のねぇまっすぐは初めて聞いた、ウン」


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:47:11.15 ID:1nfGNMUZ0
春香「でも美希、よく気が付いたね。亜美達が犯人だって」

美希「……前に一度やられたから、手口は分かってたの」

貴音「そうだったのですか……」

美希「寝てる間に落書きされるんじゃ、オチオチ寝てもいられないの……あふぅ」

P「……あのな美希、事務所は寝る所じゃないんだぞ?」

美希「えぇー?仮眠取る位いいでしょ、ハニー……ねっ、律子さん」

律子「クスッ……そうね、仮眠位ならいいんじゃないですか?」

P「律子、お前なぁ……」


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:50:32.14 ID:1nfGNMUZ0
律子「ところで……プロデューサー?」

P「ん?」

律子「私がレイプされてた~、とか何とか騒いでましたよね?」

P「あ、あぁ。結局、俺の勘違いだったけどな」

律子「……私のこと、心配してくれてたんですね」

P「そりゃそうだろ、当たり前じゃないか」

律子「ふふっ……そうですか」



春香「え?……何これ?えっ?何で?」

春香「プロデューサーさんはそのシチュエーションでただ興奮してただけですよ?」

春香「……ねぇ、ちょっと律子さん?聞いてます?律子さぁーん?」


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:54:48.96 ID:1nfGNMUZ0
貴音「……そう言えば、誰か忘れている気がするのですが」

美希「?……誰かって?」

P「つーか何で律子一人だったんだ?小鳥さんは?」

律子「そう言えば……いつの間にか、いなくなってましたね」

P「まーたフラッといなくなるんだから、あの人は……」





ギュルルルルル……

小鳥「うぅぅぅぅ……か、紙ィィィ……」ガクガク

小鳥「……紙ィィィっ!だ、誰かっ紙をっ!!誰かァァァァァっ!!!」



おわり


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:55:53.64 ID:tGfyqzCB0


ピヨェ……


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:56:31.96 ID:HLkxPi940


ピヨちゃんどうしたwww


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:56:57.29 ID:7JYfx5Eg0
自家製ケフィア恐ろしい


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 01:57:31.04 ID:ju4SWRup0
気温差激しいからやられたか乙


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/24(火) 02:02:45.49 ID:NEsxNfcW0
乙っした

この時期の乳製品はヤベーからなー…


スーパーケフィアヨーグルトたね菌 20本
スーパーケフィアヨーグルトたね菌 20本




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ