Powered By 画RSS


憂「オリジナル・ラブ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:28:11.67 ID:7RXo+RnE0
憂「雨…」

朝、早起きした私は思わずつぶやきました。
久しぶりの大雨。この雨では、外にお出かけするのは、無理でしょう。

私が早起きしていた理由は、お姉ちゃんとでかけるための、お弁当作り。

でも、そのお弁当も無駄になってしまいそうです。




4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:30:45.81 ID:7RXo+RnE0
でも、作りかけてしまったお弁当を途中でやめるわけにはいきません。

キッチンに戻ろうと、振り返ると、私は突然、何者かに抱きつかれました。

何者か、なんて、サスペンスみたいな言い方をしましたけど、抱きついてくる人なんて、お姉ちゃんしかいないんです。

唯「うい~おはよう。」


6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:34:36.70 ID:7RXo+RnE0
憂「お姉ちゃん、早いね!」

唯「だって、今日はデートだよー!早起きしちゃうよ~」

お姉ちゃんが、早起きするなんて…だから、雨が降ったのかな…なんて、ひどいことを考えつつ、私は残念なお知らせを、お姉ちゃんへ伝えます。

憂「お姉ちゃん、外見て?」

唯「え?」

その後のお姉ちゃんのがっかりした声や行為に、可愛いと思ったのは言うまでもありません。


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:38:18.20 ID:7RXo+RnE0
唯「はぁ、がっかりだよ~」

お姉ちゃんは、リビングの脚付き椅子のあるテーブルに座ると、突っ伏して、言いました。

憂「しょうがないよ。お姉ちゃん。今日は一日お家で過そう?」

唯「うん…。」

拗ねたお姉ちゃんも、やっぱり可愛いです。


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:41:12.47 ID:7RXo+RnE0
お弁当を作り終え、リビングに戻ると、お姉ちゃんは、ソファで寝ていました。

愛らしいその顔に、私はまた可愛いと思いながら、毛布を探し、かけてあげました。

憂「起きない…よね?」

私は意を決する為に、あえて声に出しました。

キスしたい。
あの時以来、私はお姉ちゃんとキスをしていないのです。


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:46:13.63 ID:7RXo+RnE0
ドキドキする…一度したのはお姉ちゃんから。
まさか、されるとは思っていなかったので、実感が湧かなかったのです。

今度は、私から…起こさないように、そっと…。

あの時のキスは、お姉ちゃんにとって、興味本位だったのかもしれない。
でも、この私のキスは興味本位じゃないのです。

大好きの、愛してるの、キス、です。


14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:50:59.24 ID:7RXo+RnE0
熱く、甘い、口づけを交わそう。
きっかけをくれたのは、この歌詞でした。

甘い味がするのかな。
そう言ってお姉ちゃんは、私にキスをしてくれました。

私には、甘い味がしました。
お姉ちゃんは、う~んと、首を傾げていましたけれど。

優しいキスじゃ、甘い味はしないのかもしれません。
でも、私は、どうしても、唇に触れた温もりが、忘れられないのです。


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:54:00.48 ID:7RXo+RnE0
そっと、触れた唇。
お姉ちゃんを、より身近に感じられる温もり。

キスをして、パッと離れると、お姉ちゃんが、目を覚ましました。

唯「…あ、寝ちゃってた?」

憂「うん。寝るなら、ソファよりベッドの方がいいよ?お姉ちゃん。」

唯「ううん…もう、朝ごはん、食べようかなぁ」

憂「そうしよっか!」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/11(水) 23:57:36.66 ID:7RXo+RnE0
憂が、今、凄い近くに居たような…。
夢かなぁ…私はそう思いながら、食卓につき、憂の作る朝食を待つ。

今日は残念ながら、雨だ。
憂と二人きりで遊ぶなんて、本当に久しぶりだったのに…。

唯「てるてる坊主、作ればよかったなぁ…」

そういえば、二人きりなんて、珍しくもないのに、なんでこんなにも残念なんだろう?


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:00:35.97 ID:4DG2XkxF0
憂「はい!お姉ちゃんの好きなホットケーキ!」

唯「わぁ!今日は太っ腹ですなぁ。」

憂は、本当に出来た妹だ。
ルックスは同じで、この能力の差なら、きっと周りの皆は憂を選ぶのだろう。

可愛い可愛い、私の妹。
将来きっと、他の誰かの手に渡ってしまうのだろう。

そしたら…凄く寂しいな…。


20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:04:17.15 ID:4DG2XkxF0
憂「お姉ちゃん…?」

気付いたら、ホットケーキを食べる手が止まっていたらしい。
憂が、心配そうに、私を覗き込む。

唯「あ、ご、ごめ~ん。まだ、眠いみたい。」

私は努めて明るく振る舞い、ホットケーキを口に運ぶ。
ハチミツの甘い味が、口に広がり、ホットケーキの生地と混じる。

こんな甘さよりも、もっと魅力的な甘さを、私は、前に感じたような気がする。

唯「キスした時だ…」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:06:37.86 ID:4DG2XkxF0
憂「…っ?!」

お姉ちゃんが、突然キスの話を口に出したので、私はホットケーキを喉に詰まらせてしまいました。

唯「う、憂?!大丈夫?」

慌てて、私はミルクを飲んで、平静を取り戻します。

憂「だ、大丈夫!」

キスした時って…さっきの、ばれちゃったのかな?


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:09:09.41 ID:4DG2XkxF0
憂「そ、それよりも、お姉ちゃん、き、キスした時って、その…」

お姉ちゃんは、声に出していたとは、思っていなかったようで、焦っているようです。

唯「な、なんでもないよ~。ホットケーキ、美味しいよぉ。」

憂「あ、ありがとう…」

お姉ちゃんは、きっと、キスしたことに気付いてるんだ…。


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:14:37.39 ID:4DG2XkxF0
でも、もし気付いていたとして、追求して来ないのは、どうしてだろう。
私の中で、疑問が生まれました。

お姉ちゃんなりの、優しさなのかな…そんな風に自己解決していると、お姉ちゃんは、食べ終わったようで、席を立ちました。

唯「私、洗うね!」

その一言で我に帰った私は、自分が洗おうと言うのが、遅れてしまいました。

憂「あ、私があらー。」

ガチャン!


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:16:56.15 ID:4DG2XkxF0
唯「う、うい~」

お姉ちゃんは、涙目でこちらを見ています。
どうやら、お皿を割ってしまった様です。

憂「大丈夫。大丈夫だよ」

私が優しく微笑み、側へ駆け寄ると、お姉ちゃんの方から、ぎゅっと、抱きついてきました。

柔らかく、温かいお姉ちゃん。
涙目のお姉ちゃんも、すごく可愛いです。


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:19:42.97 ID:4DG2XkxF0
あれ?なんで、ドキドキするんだろう。

憂に抱きしめられると、いつも安心して、温かい気持ちになれるのに。

憂「お、お姉ちゃん?」

いつもより長い抱擁に、憂が不思議がっている。

私は無言で、身体を離すと、憂を見つめる。
私は憂が好きなのかな…?


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:23:07.56 ID:4DG2XkxF0
見つめあってる。
はたからみたら、姉妹で見つめ合うなんて、おかしな話なのかも。

でも、なぜか私は憂を見つめている。
愛おしいと、思っている。

よく考えたら、やっぱりおかしい。
だって、目の前にいるのは、私とほとんど同じ顔をした妹なのだから。

でも、私の衝動は止まらなかった。
熱く、甘い、口づけを交わそう。

キスしたきっかけ、思い出した。


30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:26:56.93 ID:4DG2XkxF0
憂「おねいちゃ…っ」

憂は、私がキスをしても拒まない。
口づけを交わす。何回も何回も。

途中、憂の力が抜けたのか、憂が倒れてしまう。
でも、愛おしいと言う口づけは止まらない。

唯「うい…んっ…ちゅっ…はぁ」

憂「んっ…はぁ…おねいちゃんっ」

憂は嫌がるどころか、求めてくる。
本能的に舌をからめる。


32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:29:53.49 ID:4DG2XkxF0
長い長いキスの後、私達は我に帰ったように笑い合った。

唯「憂も…キス、したかったの?」

憂「さっきお姉ちゃんが、寝てる時に…しちゃった。」

唯「あー!ずるいぞー!」フンス

憂「でも、それ以上にキス、出来ちゃったから。」

なぜかすごく、色っぽく聞こえて、私はまた、憂にキスをする。


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:32:24.46 ID:4DG2XkxF0
嬉しい!
その一言に尽きます。

まさかお姉ちゃんから、キスしてくれるなんて…。
雨には嫌な思い出が、ありません。
むしろ、雨でよかったような気がします。

お姉ちゃんと、お家で、ゆったり過ごせることが、何よりも幸せなのです。


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:35:27.62 ID:4DG2XkxF0
そんな二人のゆったりした時間は、あっという間に過ぎていきました。

明日は学校です。
早く寝なくてはいけません。

憂「お姉ちゃん。そろそろお風呂入ったら?」

唯「えー?もうそんな時間?」

膝枕の上に居たお姉ちゃんは、残念そうに、こちらを見つめます。

やっぱり、可愛い…って、もうしつこいですかね?


41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:38:52.95 ID:4DG2XkxF0
憂「ほら、明日は学校だし、朝礼があるから、早くお家出ないとだし、ね?」

唯「そっかぁ…」

お姉ちゃんは、膝枕から起き上がると、にやりとして言いました。

唯「お風呂、一緒に入ろぉ?」

私が目を輝かせて頷いたのは、言うまでもありません。
一緒にお風呂に入るのなんて、本当に久しぶりだったんですから。


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:42:58.80 ID:4DG2XkxF0
憂と一緒に入ろうと思ったのは、特になんの理由もない。
ただ、一緒に入りたいなー、と言う考えが、ふと頭に浮かんだだけだった。

でも、身体を洗い合うと、気づく。
憂の、私以上の発育ぶり。

意地悪して、発育のいい胸を触ってしまう。
鷲掴みにすると、憂が、敏感に反応する。

憂「はうっ!お、お姉ちゃん!」

唯「ん~?どうしたのかなぁ?」


46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:46:58.43 ID:4DG2XkxF0
憂「ちょ、ちょっと…わかってるくせに…っん」

色っぽい声を出す憂。
そんな憂も、やっぱり愛おしい。

私は、私自身もより敏感な場所に、指を這わせる。

憂「んっ…はぁ…ち、ちくびは、もっとだ、だめぇ…」ビクッ

弱々しく色っぽい声を出す憂に、ゾクゾクしたのは、私にSっぽいところが、あるからなのかも。


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:50:03.05 ID:4DG2XkxF0
憂「も、もうだめ!」

私は我慢できずに、お姉ちゃんの手から離れてしまいます。

唯「あ~。」

残念そうな顔は、朝見せたそれとは、違いどこか、色っぽい意地悪な顔でした。

憂「こ、今度はお姉ちゃんが、身体を洗う番だよ!」

私は少し語気を強めて言いました。
そうしないと、お姉ちゃんは、まだまだ攻撃して来そうだったのですから。


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:53:16.48 ID:4DG2XkxF0
渋々と、言った感じてお姉ちゃんは、椅子に座ります。

スポンジにボディソープを取り、お姉ちゃんの身体を、優しく丁寧に洗い始めました。

私はお姉ちゃんみたいに意地悪はしない…そんなことを洗い始めには思っていましたが、お姉ちゃんの身体を触っているうちに、我慢できなくなりました。

お姉ちゃんも、そんな感覚だったのかもしれません。

唯「う、うい?!」

憂「こっちも、よーく洗わなきゃ…」

傷つけないように、おててでね?


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 00:56:53.18 ID:4DG2XkxF0
唯「う、うぃ!だ、だめだよぉ」

私はお姉ちゃんの、静止を聞かず、手を進めていきます。
まだ、誰にも触られていない、大事な部分。

泡はいけないよな気がして、泡を洗い流すと、シャワーを上からかけながら、乳首よりも敏感な、お姉ちゃんの部分に触れます。

唯「っあ…んっ…う、うい~」

お姉ちゃんの初めて聞く色っぽい声に、私は身体が、ゾクゾクと震えるのを感じます。


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:01:37.03 ID:4DG2XkxF0
指はお姉ちゃんの、大事な部分だけじゃなく、乳首も優しく愛撫します。

唯「だ、だめっ…!ういっ…」

動かすこと数分。
お姉ちゃんの身体は、ビクンと跳ね上がり、ぐったりしてしまいました。

憂「えへへ…仕返し、だよ?」

私はわざと悪戯っぽく、お姉ちゃんに言いました。
そうしたら、きっとお姉ちゃんもムキになって、私にしてくれると、思ったからです。

思った通り、お姉ちゃんは優しく私を絶頂に導いてくれました。
何よりもお姉ちゃんの指でイケたことに、私は嬉しさを感じたのです。


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:04:36.34 ID:4DG2XkxF0
思ったより就寝時間が遅くなってしまいました。
お風呂で、二人して、あんなことをしていたのですから、当然です。

ベッドに入ろうとした時。
私は、いつだったか、私と一緒に寝る為に、お姉ちゃんか、私の部屋に来てくれたことを思い出しました。

今回は、私が行こう。
そう思って、私はまくらを手に持って、部屋を出ました。


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:08:09.85 ID:4DG2XkxF0
明日から、また学校かぁ。
私はため息をつきながら、思った。

憂との、ゆったりした時間も来週は、両親が帰って来て、できないかもしれない。
両親が帰ってくるのは、嬉しいことだけれど。

また、憂と寝ようかな。
そんな考えが頭に浮かんだ時、部屋のドアがノックされた。

憂「お姉ちゃん、寝ちゃった?」

唯「まだだよぉ?」

憂が、まくらを持って部屋へ入って来た。

一緒に寝ようと言う考えがシンクロするのは、さすが姉妹って、とこなのかな?


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:12:11.44 ID:4DG2XkxF0
ベッドに入って、手をつなぐ。
まだお風呂の温かさが、残っていて、心地よい。
憂の温かさは、いつも、心地よいのだけど。

憂「お姉ちゃん。」

憂に問いかけられ、憂の方へ向く。

唯「なぁに?」

憂「おやすみのちゅー、してほしいなぁ。


唯「うん。私もしたかった。」

そういって、私は優しくキスをした。
また熱く、甘いキスをしたら、止まらなくなってしまうから。

でも、明日の朝は、したいかな。

おわり。


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:26:13.47 ID:CY4bNytdI
乙、唯憂は暖かいわ


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/12(木) 01:38:04.12 ID:I5M8KMnhO
乙です
あまあまタイムっすな~





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ