Powered By 画RSS


胡桃「姫松高校から練習試合の申し込み……?!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:02:10.68 ID:KSDl/IAZ0
塞「姫松って…大阪だよね?!なんでまた岩手に?」

シロ「インハイ終わったばっかりなのに…だる…」

豊音「二回戦の大阪の人達とまた打てるの?やったーちょーたのしみだよー」

エイスリン「シアイシタイ!コンドはカツ!!」

塞「約2名既にやる気になってるし…まあ、受けるってことでいいよね?」

シロ「だるい…」

塞「はいはい…胡桃は?」

胡桃「……あ、うん、いんじゃない」ポヤー

塞「?オッケーじゃあ返信しとくね」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:07:15.44 ID:mA+EVEil0
胡桃×洋榎期待


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:09:12.26 ID:XjBHoSaH0
おお立った。初めてなんでお手柔らかに頼みます


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:11:25.94 ID:XjBHoSaH0
数日後 岩手の空港

飛行機「ブオォォォ チャクリクー」


洋榎「いやーやーっとついた!愛宕姉妹東北初上陸や!!」

絹恵「そやなー東京より北にくるんは初めてやで」

漫「まさに、北にキターですね!!」
       



末原「…今日は油性ペン忘れとらんで(かわいい…)」

ゆーこ「一声目から盛大なスベリっぷりなのよー」

洋榎「…これはちょっと擁護できんなぁ」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:12:14.84 ID:XjBHoSaH0
漫「あう…初めての土地でちょっとテンション上げすぎました…」

絹恵「ほ、ほら涼しくなったしええやないですか。北に来たことですし!!」

漫 グサグサッ「あうぅぅ」

ゆーこ「全然フォローになってないのよー」

絹恵 グササッ「あうぅぅ」

末原「ほらそろそろ宮守にいくでー(かわいいなぁ…)」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:12:31.91 ID:hbGl0oQ/O
支援


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:15:19.68 ID:XjBHoSaH0

宮守女子麻雀部


ガチャリ


洋榎「ちょーっと邪魔するで!姫松高校麻雀部参上!!」

宮守一同「わっ!」

洋榎「うちが主将の愛宕洋榎や!今日はよろしく頼むで!!」

シロ「!!……ビビった…」

宮守一同 「コクコク…!」


末原「主将、何驚かせてんですか…失礼しました。私は末原恭子いいます。」

末原「急な依頼を受けてもらって感謝しとります。それから、インハイはお互いお疲れ様でした」

末原「今日はよろしくお願いします」ペコリ

塞「いえいえこちらこそ。インハイすっごくおもしろかったよ。」

塞「一度は戦った仲だけど…一応もう一回自己紹介しとこうか。私は臼沢塞」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:16:44.30 ID:XjBHoSaH0
シロ「小瀬川白望…」

胡桃「鹿倉胡桃」ソワソワ

エイスリン「エイスリン・ウィッシュアートデス」

豊音「姉帯豊音だよー。ところで姫松さんはどうしてわざわざ岩手に?」

豊音「また打てるのはすっごくうれしいんだけどー」

絹恵「インハイも終わったことですし、慰労会をかねた旅行でもと思いまして…」

絹恵「あ、私は愛宕絹恵いいます」

ゆーこ「どうせなら遠くにいきたいし、ついでに麻雀も打ちたいってことになったのよー」

ゆーこ「そして私は真瀬由子いうのよー」

エイスリン「ナノヨー?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:17:54.47 ID:XjBHoSaH0
洋榎「岩手のあんたらいろんな打ち方しとってめっちゃおもろかったしな!」

胡桃「…!(ドキッ)」

姉帯「そっかー選んでもらえてちょー光栄だよー」

シロ(…うん?)

塞「(ほう…これは…)ご期待に添えるよう頑張らないとね!」

漫「あ、私はうえs」

洋榎「よっしゃ自己紹介も済んだことやし早速打つでー!」

漫「」

末原(喋るタイミングつかめないかわいい…)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:20:13.73 ID:XjBHoSaH0
数時間後



洋榎「は~打った打った。もうクッタクッタや~」

末原「もうこんな時間ですか」

豊音「楽しいと時間があっというまだよー」

ゆーこ「なのよー」

シロ「…お腹空いた…もうムリ…だる…」

塞「そろそろ夕ご飯の時間だね。どうしよっか」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:23:59.72 ID:XjBHoSaH0
支援ありがとう。ここから唐突に地元ネタ入ります。
最後はちゃんと胡桃×洋榎ちゃんのはず


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:24:42.53 ID:sPgj6guz0
そういうのいいから続き書く!


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:25:12.54 ID:XjBHoSaH0
エイスリン「マルカン!!マルカン イコウ!!」

胡桃「あーマルカンかー」

漫「マルカン?」

塞「マルカンっていうのはここからちょっと離れたトコにあるデパートの名前でね」

塞「そこにある食堂が結構有名なんだ。なんだろ、昭和風?っていうのかな」

豊音「私もこの前初めてみんなに連れて行ってもらったんだけど、おもしろかったよー」

絹恵「へー、おもしろそうですね」

エイスリン「オモロイデ!」

洋榎「そこまで言うならそのマルカン?ちゅーとこに行ってみたいわ」

塞「それじゃあ、決定ということで!…シロ!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:26:02.55 ID:XjBHoSaH0
シロ「んー?(だるい…)」

塞「みんなのこと連れて先に行っててちょうだい。私は胡桃といっしょにちょっと買い物してからいくからさ」

シロ「……ん、わかった(なるほどね…)」

胡桃「??」

シロ「んじゃ、行きますか」

一同「おーーーー!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:26:54.88 ID:XjBHoSaH0
塞「よし、みんな行ったかな。……さて」

塞「胡桃、単刀直入に言うけど…アンタ姫松に好きなヒトいるでしょ」

胡桃「ハ、ハァ!!!!す、す、好きとか、何言ってんの??」

塞「だって姫松が来るって聞いてから、胡桃の様子おかしいもん」

塞「口数少なくなってるし、ツッコミのキレも悪くなってる」

胡桃「う……」

塞「ズバリ相手は主将さんとみた」

胡桃「!!!!あ、ありえないし!あんなうるさくてちょっと麻雀強いだけみたいな人……バカみたい!!!」

塞「図星かあ。胡桃さんもついに好きなヒトができちゃったかー」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:28:00.85 ID:XjBHoSaH0
胡桃「好きじゃないし!ちょっと気になるだけだから!!」

塞「それを恋っていうんじゃないの?」

胡桃「違うもん!!」

塞「……まあ気になってるだけってことにしといてあげるけど……」

塞「気になってるなら、何かしらアタック仕掛けないと。こっちは岩手、あっちは大阪なんだから」

塞「今動かなきゃ、次いつ会えるかわからないよ?もしかしたらもう会えないことだって」

胡桃「!!!!……それは、やだ……」

塞「なら、がんばりなよ。応援してるからさ」

胡桃「むう……わかった……」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:29:18.22 ID:XjBHoSaH0


マルカンデパート6階 展望大食堂



ゆーこ「この食堂のホームページなのよー http://www.marukan-group.jp/live/department/6f.html

ゆーこ「ここを見ながら読めば、ここからの流れがわかりやすいと思うのよー」

漫「誰に話してはるんですか……」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:30:24.21 ID:XjBHoSaH0
エイスリン「マルカンツイタ!」

漫「わーー食品サンプルがいっぱいやー」

末原「天井の低さもまた昭和っぽさを醸し出しとるなぁ」

絹恵「なんや昔お母ちゃんに連れてきてもろたデパートの食堂思いだすわ」

洋榎「せやな。確かあんときの絹はおもちゃ買ってもらえんで愚図ってたんや」

洋榎「それが食堂でラーメン食べたらコロッと機嫌直してなぁ」ケラケラ

絹恵「もー!お姉ちゃん余計なことは思い出さんでええから~」

漫「こんだけメニューの数があると迷うなあ」

豊音「ここのオススメはソフトクリームだよー」

シロ「結構みんな頼むね。安いし」

豊音「背が高いんだよー」

末原「アンタが言うと説得力あるなぁ…」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:31:27.93 ID:XjBHoSaH0
ゆーこ「レジの横に並べてあるデザートみたいなんは何かしらー」

エイスリン「アレハ ワッフル!」

シロ「ワッフルを食べたいときは、食券を買うときいっしょにレジに持っていく」

豊音「クリームいっぱいでおいしいよー」

エイスリン「ワッフル ワッフル!!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:31:52.51 ID:F5Lk5gKRO
マルカンの社員か


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:32:59.03 ID:XjBHoSaH0



塞「おまたせ~」

豊音「あ、おかえり~」

シロ「おつかれ」

洋榎「ようやく揃ったな。ほな、ちゃっちゃと席つこうや!」

胡桃「ソワソワ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:34:06.17 ID:XjBHoSaH0


シロ「ふぅ……席を決めたら近くのウェイトレスに食券を渡す」

洋榎「まさか岩手に来てウェイトレスに会うとは思わんかったで」

末原「ほな漫ちゃん、食券渡してきてや」

漫「え、なんで私が」

末原「あ~なんか無性に落書きしたくなってきたわー」

漫「うう……行ってきます~」

末原(ウェイトレスと並んだ姿をしっかり目に焼き付けるんや。あの服きた漫ちゃんもそりゃかわいいやろなあ…)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:34:58.77 ID:XjBHoSaH0
洋榎「絹ここでバイトしたらどや?あの服めっちゃ似合うと思うで」

絹恵「私よりお姉ちゃんの方が絶対似合うわ!お姉ちゃん着い」

洋榎「いやいや絹や!」

絹恵「お姉ちゃん!」

洋榎「キヌー」

絹恵「オネエチャー」



胡桃「ムスッ」

塞(怒ってる怒ってる)アラアラ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:36:23.60 ID:XjBHoSaH0



ゆーこ「料理が運ばれてきたのよー」

みんな「いただきまーす」


末原「パクッ 派手さはないけど…なんというか懐かしい味やな」

末原「このナポリタンのいっそくどいまでのケチャップ味…たまらんわあ」

ゆーこ「ワカメラーメンもおいしいのよー」

エイスリン「ビクッ!!」

シロ「エイスリン大丈夫……?」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:38:09.98 ID:XjBHoSaH0
洋榎「ウチはトンカツラーメンや。トンカツで勝つ!それをラーメンにドン乗せ!最強や!!!」

胡桃「……う、うるさいそこっ!」

洋榎「お!やーっとツッコミ入ったな。試合んときはキレキレやったのに、今日はダンマリやったからなあ」

洋榎「人が変わったんちゃうかって心配したでー」

胡桃「べ、別にあんたに心配されてもうれしくないし!!//////」

洋榎「!それやそれ。なんかウチが話しかける度に顔赤ーくさせてるし。恋する乙女か!!!」

洋榎「なーんてn……!!」

胡桃「…………ジワッ」ダダダダダ!

洋榎「……あれっ?!な、なんで泣きながら逃げるんや!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:39:03.66 ID:XjBHoSaH0



絹恵「……おねーちゃーん……何女の子泣かせとんねん!!!」

姫松s「主将……」

豊音エイ「アワワワワ……」

洋榎(なんなんやこの状況……)

シロ「追いかけて……」

洋榎「お、追えって言われても……」

シロ「いーから追いかけて」

洋榎「!わ、わかった……」ダダッ

塞「胡桃……」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:46:27.08 ID:XjBHoSaH0




胡桃(逃げてきちゃった……)

胡桃(なんでだろ、グサッときたなー)

胡桃(別にあの人のこと、好きってわけじゃないのに)

胡桃(ただちょっと他の人より気になるってだけ)

胡桃(………)


洋榎「ハァ、ハァ……見つけた!」

胡桃「ビクッ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:50:28.57 ID:XjBHoSaH0
洋榎「ホンマにスマン!!!ウチが調子に乗りすぎた!」

洋榎「まさかアンタがそこまで恥ずかしがりやさんだとは思わんかったんや…堪忍な…」

胡桃「……いいよ別に。私がおおげさにしちゃっただけだし」

洋榎「――っこんな事言うん恥ずかしいけど、さっきアンタがツッコミ入れてくれてな」

洋榎「ウチめっちゃうれしかったんや」

洋榎「インハイん時のアンタのツッコミが心地よかったというか……」

洋榎「結構本気でへこむんやけどな、でもなんか嬉しいねん」

洋榎「せやからやっとツッコンでもろたーってテンション爆上げしてもーて」

洋榎「もっとアホなこと言えば、またツッコンでくれるかな思って……」

胡桃「……」

洋榎「やっぱ許してもらえんかなあ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 00:53:59.53 ID:XjBHoSaH0
桃「っ私も……アンタとまた話せてうれしかったよ。……ちょっと気になってたし」

洋榎「気になるって、なんで?」

胡桃「何でって、麻雀すっごく楽しそうに打ってるところとか……」

胡桃「自身満々なくせにバカみたいだったり……いろいろ!」

洋榎「そ、そうか……(バカ……?)」

洋榎「……とにかく!うちらは気になってるもん同士だったっちゅーことやな!!」

胡桃「気になってないし!ちょっとだけだもん!!!」

洋榎「照れるな照れるな。……そや!今度みんなで大阪来いや。」

洋榎「めっちゃ歓迎するでーウチがとっておきのたこ焼きごちそうしたるわ!!」

胡桃「へ、へ~まあヒマだったら行ってあげてもいいよ」

洋榎「よっしゃ約束やで、胡桃!!」

胡桃「――っわかった……ひ、洋榎」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 01:11:22.35 ID:XjBHoSaH0
マルカンに戻ってきたー



絹恵「なんやお姉ちゃんが宮守のちっこい人とめっちゃ仲良うなって戻ってきた……」

末原「とにかく一件落着みたいで何よりですわ」

ゆーこ「なのよー」

エイスリン「クルミワラッテル ウレシイ」

姉帯「うんうん!あ、ソフトクリームきたよー」

漫「でかっ!」


塞「いやー、全く世話が焼けますなぁ」

シロ「だる……」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 01:12:43.34 ID:XjBHoSaH0



洋榎「おーでっかいソフトやなあ!いっただっきmあ ベシッ」

胡桃「めっ」

洋榎「なんやねん!」

胡桃「ここのソフトクリームは箸で食べるのが常識!口開けて!!」

洋榎「は、はい…」ポカーン

胡桃 箸でソフトつかむ。箸、そのまま洋榎ちゃんの口へGO


洋榎「パクッ」

洋榎「/////」

胡桃「どう?」

洋榎「……めっちゃ甘い……」


おわり


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 01:18:19.03 ID:XjBHoSaH0
見てくれたひとありがとうございました。

岩手のキャラが活躍するとか奇跡じゃね?という気持ちと
姫松ちょーがんばってーという気持ちと
マルカン行きたいという気持ちで書いた。社員じゃないし!


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 01:19:25.96 ID:VA01BWZg0
短いぞ!もっとやれ
ひろえちゃんとくるみちゃんとか俺得だった乙


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 01:19:28.64 ID:F5Lk5gKRO
社員じゃない・・・だと・・・・


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 01:27:59.94 ID:XjBHoSaH0
メモ帳書いてるときは永杉思ったけど…短い!
ssの文章量って結構あるんだな。精進します。

宮守にくることでもあったらマルカン行くといいよ!
オススメは上にもあったソフトと、焼肉ラーメン、みそラーメン

では長々とすんませんした。寝る!あと中堅戦メンバーのss増えろ!


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/14(土) 01:43:22.79 ID:EBbMfVrV0

このソフトめっちゃ食いたいわぁ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ