Powered By 画RSS


P「千早の胸が大きくなってる」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 06:47:25.36 ID:dsTYV7Khi
P「ふむふむ…こうして見ると」

千早「どうしました?」

P「少し胸が大きくなってる?」

千早「ええ、実はそうなんですよ」

P「やっぱり、揉んだら大きくなるのな」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 06:50:26.85 ID:dsTYV7Khi
千早「他にも努力はしてましたし」

P「してたのか」

千早「はい」

千早「やっぱり、胸の大きい人の方が好きなんじゃないかって」

P「馬鹿だなぁ」

千早「ひゃ!?」

千早「急に抱きしめないで下さいっ」

P「可愛いから、つい」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 06:54:44.27 ID:dsTYV7Khi
P「そういえば」

千早「はい?」

P「ストレスの少ない環境というのも、胸の成長に大きく関わっている」

P「って話を聞いた事があるな」

千早「……なるほど」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 06:59:11.81 ID:dsTYV7Khi
P「腑に落ちたか」

千早「ええ」

千早「お付き合いする前は、その、荒んでましたから」

P「自暴自棄になってたからな」

千早「私には歌しかない!なんて言ってましたし」

P「そんな千早を放っておけなくて」

P「側で支えてやりたくなったんだよな」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:04:40.51 ID:dsTYV7Khi
千早「この胸の成長を鑑みるに」

千早「精神的にだいぶ安定していると言っていいのでは」

P「そう思うぞ」

P「それに、歌だってそうだ」

千早「変わりましたか?」

P「変わったよ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:11:05.05 ID:dsTYV7Khi
P「最近の千早の歌は、聴いてて心に響くものがあるというか」

千早「以前は、それが無かったと」

P「上手いんだけど、何も伝わってこない」

P「という印象だったな」

千早「歌う事だけに執着した結果ですね」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:15:05.46 ID:dsTYV7Khi
千早「公私ともに支えになってくれる人がいる」

千早「これほど嬉しい事はありません」

P「胸が大きくなった事よりも?」

千早「……」

P「痛い痛い!」

千早「真面目な話をしてるのに…」

P「すまんすまん」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:19:24.76 ID:dsTYV7Khi
P「で、今日はどうする?」

千早「うーん、買い物にでも行きませんか?」

P「そうするか」

千早「はい」

P「じゃあ、シャワー浴びておいで」

千早「一緒に浴びます?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:27:44.84 ID:dsTYV7Khi
P「じゃあ、ご一緒しようかな」

千早「はい、どうぞ」



P「やはり、ちと狭かったか」

千早「それもまた良し、では?」

P「それもそうだな」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:35:55.24 ID:dsTYV7Khi
P「……ふむ」

千早「…ふふっ、くすぐったいです」

P「やっぱり成長してるな」

千早「手つきが…厭らしいですよ…っ」

P「気のせいだよ」

千早「んっ…そうですか……」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:42:02.32 ID:dsTYV7Khi
千早「んんっ」

P「感度も上がってないか?」

P「淫らになっちゃって……」

千早「誰の、せいだと思ってるんですか?」

P「はい、すいません」

千早「っ………全く…」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:49:13.69 ID:dsTYV7Khi
P「どうする?」

千早「ここまで、しておいて」

千早「あんっ……どうする?は酷いですね」


P「悪かった」

P「じゃあ、行くぞ?」

千早「はい、優しくお願いします」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:52:50.19 ID:dsTYV7Khi
………

……




千早「はあっ、はぁ」

P「ふぅ、大丈夫だったか?」

千早「…腰が抜けてしまいました」

千早「激しかった、ですね」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 07:58:49.26 ID:dsTYV7Khi
P「とりあえず、ベッドまで運ぶよ」

千早「すいません……きゃ!?」

P「お姫さま抱っこ、嫌だったか?」

千早「……やってもらうの、夢でした」

P「それは何より」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 08:02:28.49 ID:dsTYV7Khi
P「……ほい、到着」

P「なんか浴びる前より疲れてないか?」

千早「ええ、気だるさが」

P「……」

千早「……今日は、このままのんびりしましょうか」

P「そうだな」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 08:05:39.22 ID:dsTYV7Khi
千早「ふぁ……あ」

P「もう一眠りするか」

千早「そうしましょう」



千早「あ、お休みのキス…」

千早「んっ…ふふ、お休みなさい」

P「お休み」



fin


32 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 2012/07/10(火) 08:25:47.53 ID:LvuJ2Tk+0
イイハナシダッタナー


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/10(火) 08:37:07.76 ID:cF0mksmzP
おいおい最高じゃないか


THE IDOLM@STER 如月 千早 (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
THE IDOLM@STER 如月 千早 (1/10スケール PVC塗装済み完成品)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/07/29(日) 02:05:55

    ここが桃源郷か…


  2. 2012/07/29(日) 03:07:20

    内容が無いよう


  3. 2012/07/29(日) 15:55:42

    小鳥「というお話だったのサ9


  4. 2012/11/05(月) 12:20:06

    宇宙の 法則が 乱れる !


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ