Powered By 画RSS


怜「今日は私が膝枕したるわ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 21:56:57.07 ID:aUfxA6110
多分短め
最後まで書き溜めてあるんで割りとすぐ終わります


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 21:59:07.28 ID:aUfxA6110
―ある日の部活帰り―


竜華「…」トボトボ

怜「…」

竜華「…」トボトボ

怜「…」

怜「…竜華?」

竜華「…」

怜「竜華?」ツンツン

竜華「!」

竜華「な、なに?」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:01:39.67 ID:aUfxA6110
怜「…どないしたん?なんや随分おつかれやね」

竜華「ん…」

竜華「今日ちょっと部員同士で揉め事があってな」

竜華「これは部長として何とかせなあかんと思って、仲裁に入ったんやけど」

竜華「なかなか収められなくて…」

竜華「情けないなー…参ったわ」

怜「ああ、なんかえらい大きな声聞こえたわ」

怜「うちの部で揉め事なんて珍しいなー」

怜「部長さんも大変やな…」

竜華「ん…」

竜華「これだけ部員がおれば、たまにはこういうこともあるんは仕方ないわ」

竜華「うちが望んで部長になったんやしな、弱音なんて言ってられへん」

竜華「なんや心配かけてしまったみたいでごめんなー」

竜華「気にせんでな」ニコッ

怜「…」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:03:04.39 ID:aUfxA6110
怜「(…竜華は)」

怜「(大所帯の千里山の部長で)」

怜「(勉強もいつもトップクラスやし)」

怜「(私の面倒まで見てくれとる)」

怜「(誰よりも頑張ってる子やのに、私には疲れてる素振りなんて全然見せたことなかったな)」

怜「(今日はよっぽど応えたんやろか…)」


怜「…竜華、ちょっとあのベンチで休んでいかへん?」

竜華「? ええけど…」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:04:28.18 ID:aUfxA6110
――――――

竜華「ほら、怜」ポンポン

怜「…」

竜華「?」

怜「竜華」

怜「今日は私が膝枕したるわ」

竜華「え」

竜華「…怜が?」

怜「せや」コクン

竜華「どないしたん?急に」

怜「たまにはええやん」

怜「な?」

竜華「…雪でも降るんちゃうやろか」

怜「…うっさいわ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:06:19.29 ID:aUfxA6110
―――――――――

怜「ほら、竜華」ポンポン

竜華「…なんか」

竜華「いつもと立場逆にするだけで、えらい照れくさいな…」

怜「…はよせーへんと日が暮れてしまうで?」

竜華「ほ、ほな」

竜華「失礼するわ…」


フワッ


怜「あ…」

怜「(竜華の髪、めっちゃサラサラや)」

怜「(太ももに当たって)」

怜「(こそばゆいような、気持ちええような…)」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:08:06.54 ID:aUfxA6110
怜「…どう?」

竜華「…不思議な気分やな」

竜華「なんや子供に戻ったみたいや」

怜「えらい大きなお子さんやな」

竜華「ふふっ」

竜華「でも…落ち着くわ」

竜華「怜の肌、あったかいなあ…」

怜「…なら良かったわ」

怜「竜華の膝枕には全然及ばんかもしれへんけど…」


竜華「そんなことあらへん」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:09:32.87 ID:aUfxA6110
竜華「怜の脚細くて綺麗やなあ、羨ましいわ」

竜華「うちはいらんお肉がついてしもーて…」

怜「何言うてんの、痩せられたらうちが困るわ」

怜「前に言うたやろ?」

竜華「くすっ…膝枕のソムリエさんやもんな」

竜華『ええか、細すぎず太すぎず筋肉質でもあかん』

竜華『適度な肉付きと程よい弾力!これらが絶妙にマッチングしてないのはただの足やー!(キリッ)』

竜華「…やったな?」

怜「せや!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:11:03.71 ID:aUfxA6110
怜「…でも」

怜「それに当てはめると、うちの脚は40点くらいやろか…」

竜華「あはは」

竜華「…でもな、怜」

竜華「怜から見てどうかは知らんけど」

竜華「うちにとっては怜の膝枕…」

竜華「100点満点やで?」


怜「…!」かあっ

怜「…」


怜「竜華…」

怜「あんまりこっ恥ずかしいこと、言わんといてくれる?」

竜華「うわ、冷たっ!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:13:32.13 ID:aUfxA6110
怜「…竜華」

竜華「何?」

怜「頭、撫でてもええ?」

竜華「!」

竜華「…ええよ」

怜「…」そーっ


ポンッ

ナデナデ


竜華「んっ…」

怜「(竜華の髪)」

怜「(長くて、サラサラで)」

怜「(ほんまに綺麗)」

怜「(それになんかええ匂いもするし…)」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:15:10.51 ID:aUfxA6110
竜華「……~~♪」

怜「(竜華、気持ち良さそう…)」

怜「(なんや私まで嬉しなってくるわ)」

竜華「人に頭撫でられるのなんて、何歳以来やろ」

竜華「撫でてもらうのって…ええもんやなあ…」

怜「せやろ?私はおかげさまで」

怜「いつもええ思いさせてもらってますわ」

竜華「ふふっ…」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:16:29.99 ID:aUfxA6110
怜「(…竜華は)」

怜「(私を撫でてる時、いつもどんな気分なんやろか)」

怜「(私は…)」

怜「(胸が高鳴って)」

怜「(愛おしくて)」

怜「(なんや逆に切なくなってくるくらいや…)」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:18:24.05 ID:aUfxA6110
怜「(…しかしあれやな)」

怜「(膝枕されてる時は気にならんかったけど)」

怜「(竜華のスカートって、短いな…)」

怜「(この体勢だとおしり見えてしまいそうやわ)」ムラムラ

怜「(ここは殆ど人通らんからええけど…)」

怜「…竜華は優等生やし真面目やのに、なんでスカートはそない短いの?」

竜華「え?」

竜華「だって、長かったら怜に膝枕する時邪魔やんか」

怜「…それだけ?」

竜華「?せやでー」

怜「男の人にモテるようにとかやないの?」

竜華「…うち女子校やん」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:19:32.41 ID:/EO4+z7U0
竜華ちゃんはほんと怜想いだな


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:19:43.88 ID:aUfxA6110
竜華「男の人、か…」

竜華「…怜は」

竜華「うちが男の人と付き合ったら、いややないの?」

怜「…!」

怜「(竜華に…彼氏…)」

怜「(竜華に…)」

怜「(かれ…)」

怜「…」

怜「りゅ、竜華が好きになった人なら…」

怜「それで…」

怜「ええんと…」

怜「ちゃう…」


ポタッ

 


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:21:12.43 ID:aUfxA6110
竜華「…怜?」

怜「な、なんや今日は夕方なのにあっついなあ」

怜「汗が止まらんわ…」

竜華「怜…」



竜華「…何も泣かんでも」

怜「あ、汗や言うとるやん!」

怜「…」

竜華「…」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:22:35.59 ID:aUfxA6110
竜華「…心配せんでも」

竜華「うちはどこにも行かへんよ」

怜「!」

竜華「うちはずっと」

竜華「ずーっと」

竜華「怜専用の、膝枕や」

怜「…」

怜「ぷっ」

怜「なんやの、それ…」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:24:41.69 ID:aUfxA6110
―――――――――

竜華「日も暮れてきたなー」

竜華「そろそろ帰ろか」

怜「…そうやな」

竜華「怜」

竜華「ありがとうな」

怜「…ええよ、いつも面倒かけてばっかりやしな」

竜華「おかげで元気出たわ」

怜「またたまに私が膝枕したる」

竜華「うん」

竜華「…でもな、怜」

怜「?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:26:24.46 ID:aUfxA6110
竜華「今日怜が膝枕してくれて」

竜華「うちほんまに、ほんまに嬉しかったけど…」

竜華「うちは怜に膝枕してる時も」

竜華「さっきと同じくらい…幸せなんやで?」

怜「!」


怜「…」

怜「…なんや今日は恥ずかしいセリフばっかりやな、竜華」

竜華「ちょ…からかわんといて!」

怜「ふふっ冗談やって」

竜華「まったく…怜はいじわるさんやなー」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:30:46.98 ID:aUfxA6110
怜「…竜華」

怜「さっき言ったこと、忘れへんでな?」

竜華「?」

怜「竜華はこれからもずっと」

怜「私専用の、膝枕や」

竜華「…ふふっ忘れへんよ」

竜華「むしろうちは怜のほうが心配やわ」

竜華「後でもっと良い膝枕が見つかった、なんて言わへんやろな?」

怜「…心配せーへんでも」

怜「竜華以上の膝枕なんて、宇宙のどこ探しても見つかる気せーへんわ」

竜華「ぷっ…えらい大げさやな」

怜「ほんまやって」

竜華「…ありがとう」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:35:41.73 ID:aUfxA6110
怜「竜華」

竜華「なに?」

怜「私、病弱やしいつまで一緒におられるかは分からんけど…」

竜華「…その病弱アピールやめ!」

怜「ごめん」

怜「…でも、私のできる限り精一杯長生きするから…」

竜華「…うん」

怜「ずっと」

怜「ずーっと…」

怜「一緒やで」ぎゅっ

竜華「…うん!」ぎゅっ



おしまい


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:38:55.59 ID:aUfxA6110
拙い文章だったかもしれませんが、読んでくれた方ありがとうございました


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:40:38.49 ID:WVp0ZTif0


怜竜にはこういう雰囲気が似合うな


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:41:28.39 ID:8LPuxhKD0
おつおつ~
怜竜は萌えるわ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/26(木) 22:57:54.37 ID:Bro6sCKb0
乙乙
すばらな怜竜でした
また書いてね!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ