Powered By 画RSS


貴音「想いは、生死を越えて」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:26:19.38 ID:uBU2RbreO
――貴音の部屋
――22:40

あの方は、やはり覚えてはおられなかった。

ですが、それは仕方無き事。幾百、幾千の時間の流れ。それを、覚えている事の方が、特異なのですから。

貴音「…あなた様。今度こそ、わたくしは…」チラッ、

窓から見える月だけは、あの頃と、変わらぬ姿・耀きを放っています。

貴音「ふふっ。生とは、人の想いとは、まこと深いものですね」クスッ

あなた様。今度こそ…わたくしは、あなた様と…。




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:32:35.00 ID:uBU2RbreO
――765プロ事務所
――10:00

――ガチャッ、

P「おはようございまーす」

貴音「おはようございます。あなた様」チラッ、

P「おっ?貴音だけか?小鳥さんは?」

貴音「小鳥嬢でしたら、社長と共に先ほど出ていかれましたよ?」

P「…あ~、契約がどうこう言ってたなぁ…。小鳥さんも一緒だったのか」

貴音「ふふっ。あなた様?そのようなところで立っておられず、座られたらどうです?」

P「そうだな。…よいしょっ」ストン

貴音「…ふふっ」クスクス

P「貴音?」

貴音「…ふふっ。あなた様は、まこと変わられませんね」クスクス


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:37:07.35 ID:uBU2RbreO
P「うん?」

貴音「いえ、何でもございませんよ?何でも」

P「そうか?」

貴音「はい」トテトテトテ、ストン

P「あぁ、そうだ。貴音、これ」ゴソゴソ、ゴソゴソ、スッ、

貴音「何でしょうか」チラッ、

貴音「…」

貴音「…京都…?」

P「そうだ。今度、写真集出すだろ?それの場所が決まってな。場所は、京都だ」

貴音「京都、ですか」

P「嫌か?」

貴音「…ふふっ。あなた様から頂いたお仕事、わたくしが断る筈ありません」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:40:16.62 ID:uBU2RbreO
P「それでな?素のお前を撮りたいから、撮影スタッフは俺だけだ」

貴音「…はっ?」

P「大丈夫。昔、少しカメラをいじってた時期があるから」

貴音「…そういう問題なのでしょうか…」

P「大丈夫だって。俺が、一番お前を近くで見てるんだ。綺麗に撮ってやるさ」

貴音「…ふふっ。期待、しておりますよ?」クスクス

―――
――


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:45:08.35 ID:uBU2RbreO
――京都駅
――11:30

P「ん~、京都だ!いやぁ、この時期の京都は暑いって聞いていたけど、そうでもないな。なぁ、貴音?」

貴音「そうですね。ここは、今も昔も変わりません」

P「ん?」

貴音「さぁ、あなた様?まずは、ホテルでチェックインを済ますのでしょう?早く、行きませんか?」

P「そうだな。さすがにこの荷物の量で歩き回るのは無理だし」

貴音「…ふふっ。無理をなさらずとも、わたくしの分はわたくしで持ちますよ?」クスクス

P「いいって。いいって。じゃあ、行こうか」

貴音「ふふっ。はい」クスッ

―――
――


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:49:20.57 ID:uBU2RbreO
――ホテル
――12:15

P「あ~、チェックインだなんだしてたら、もう昼過ぎかぁ…」グター

貴音「ふふっ。テーブルにへたったあなた様は、可愛いものがありますね」クスクス

P「ははっ。貴音にそう言われると、何だか恥ずかしいな」

貴音「…ところであなた様」スッ、

P「ん~?」グター

貴音「…おなか…空いてしまいました」グゥゥゥ

P「…ぷっ!あははっ!」

貴音「…むっ。そこまで笑わずとも…」プイッ

P「いや、悪い。悪い。じゃあ、昼メシにしようか」

貴音「…ぜひ」

―――
――


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:53:42.99 ID:uBU2RbreO
――京都市内
――14:00

P「やっぱり、旅先で食うメシは美味いな!」スタスタスタ

貴音「えぇ。まこと、美味でございました」トテトテトテ

P「じゃあ、貴音?」チラッ、

貴音「なんでございましょう?」チラッ、

P「そろそろ撮ろうと思うんだけど、どうかな?」

貴音「…ふふっ。よろしくお願いしますね?あなた様」ニコッ

P「っ!(やっぱり、貴音は綺麗だよな…)」パシャッ

貴音「…」

―――
――


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/30(月) 23:57:57.41 ID:uBU2RbreO
――寺社
――16:30

貴音「…ふぅ」フゥ...

P「あっ、ちょっとハイペース過ぎたか?」

貴音「いえ、大丈夫です」

P「うん。じゃあ少し休憩しようか。ちょうど、茶屋がそこにあるし」チラッ、

貴音「だから、大丈夫です…と」

P「ははっ。俺が疲れたんだよ。悪い、貴音。少し休憩な?」

貴音「…もぅっ。ふふっ」

少々強引なところも、あの頃とちっとも変わっておりませんね?あなた様。

―――
――


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:04:12.17 ID:NnZJaL/4O
――茶屋

P「うん。こういう軒先で飲むお茶も風情があっていいな」

貴音「えぇ。彼女の淹れるお茶も美味ですが、それとはまた違った美味です」コクッ

P「彼女…雪歩か?」ズズズ

貴音「えぇ。彼女の淹れるお茶は、飽きません」

P「アイツのお茶、美味いもんな」ニッ

貴音「…」ポー

貴音「…」ズズッ

貴音「…あつっ」ビクン

P「大丈夫か?」スッ、

貴音「ふふっ。笑ったあなた様に、見とれてしまいました」クスクス

P「おいおい…。で、大丈夫か?火傷とかしてないか?」

貴音「…ふふっ。ありがとうございます。大丈夫ですよ?あなた様」

時折見せるあなた様の心配そうな顔。わたくしは、そこも…。ふふっ。


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:07:56.34 ID:NnZJaL/4O
――寺社
――18:00

P「少し暗くなってきたな。貴音、今日はここまでにしようか」

貴音「…」ジッ

P「ん?何を見てるんだ?」チラッ、

P「…凄いな。都会で見るのとは、また違った凄さだ」

貴音「…あなた様は」ボソッ

P「うん?」

貴音「…あなた様は、月はお好きですか?」

P「月?」

貴音「…はい」

P「そうだなぁ。どっちかっていうと、好き…かな?」

貴音「…ふふっ。そうですか」クスッ

P「…貴音?」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:09:49.02 ID:NnZJaL/4O
貴音「…昔話を、しましょうか」

―――
――


むかしむかし、あるところに、ひとりのおんなのひとがいました。


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:14:58.60 ID:NnZJaL/4O
おんなのひとは、それはそれはうつくしく、みやこでしらないひとはいないほどでした。

ですが、おんなのひとはからだがよわく、おやしきから、いちどもそとにでることがゆるされませんでした。

そんなあるよるのこと。
おんなのひとは、ものおとでめをさましました。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:18:37.97 ID:NnZJaL/4O
そこにいたのは、おんなのひとのおせわがかりのおとこのひとでした。

はなしをきくと、おとこのひとは、おんなのひとのことがすきで、まいばんねがおをみていたそうです。

そこから、ふたりはまいばんつきがみえるころ、ふたりでないしょのおはなしをするようになったのです。

ふたりは、あっというまになかよくなり、あいしあうようになりました。

…ですが。


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:21:42.00 ID:NnZJaL/4O
おんなのひとは、びょうきでしんでしまいました。ひとつの、やくそくをのこして。

―――
――


貴音「…おしまい」

P「で、その約束って?」

貴音「…ふふっ。知りたいですか?」

P「…いや、後味悪いだろ。中途半端で終わられたら…」

貴音「…ふふっ。あなた様?」スッ、

P「ん?」

貴音「…今夜も、月が綺麗ですね」クスクス


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:26:45.19 ID:NnZJaL/4O
貴音「おんなのひとと、おとこのひとがかわしたやくそく」

貴音「それは」

貴音「うまれかわっても、また、つきをみながらおはなしをしよう」

貴音「…だったそうです」

P「ははっ。昔話にありきたりなラストだな」

貴音「…ふふっ。そうですか?」クスクス

P「貴音はどう思う?」

貴音「…わたくし、ですか?」

P「そう。自分がその女の人だったとして、生まれ変わっても会えるって信じられるか?」

貴音「…ふふっ。そうですねぇ…信じたい、です」

P「なんで?」

貴音「…だって」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:31:40.68 ID:NnZJaL/4O
貴音「素敵なことではありませんか。生死を越えての約束」

P「…ははっ。貴音は見かけによらず、乙女チックだからな」

貴音「…ふふっ。あなた様?」

P「…うん?」

貴音「月を見ながら、帰りましょうか」

P「…そうだな。こんな綺麗なんだし」

貴音「…くすっ。おしゃべりも、ですよ?」

P「ははっ。分かった。分かった」

貴音「まこと…人の想いは、生は、深いものです。いくら越えても、変わりません」ボソッ

P「たかねー?おいてくぞー?」スタスタスタ

貴音「あっ!お待ちになってください、あなた様!」トテトテトテ

おわり


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:33:28.60 ID:NnZJaL/4O
はい。ここまでありがとうございました


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:33:48.34 ID:O3bmS3XV0
おつん


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:34:12.85 ID:Nct7KBCk0
トテトテ貴音可愛い


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:34:35.92 ID:l0jQkwFeP
乙乙


THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 06 四条貴音
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 2 -FIRST SEASON- 06 四条貴音




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ