Powered By 画RSS


杏「プロデューサーはアイドルの心がわからない」P「わかるさ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:57:57.72 ID:Q+FQpZjHO

P「そう……杏は『もっと仕事したい』んだろ?みなまで言うなみなまで言うな」

杏「ちっがーう!私は休みたいの!働きたくないんだっ!」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/03(金) 23:59:34.21 ID:NvS3a0ZK0
続けたまえ


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:10:51.40 ID:H5XD2YID0
>>1まで働くことを放棄したというのか


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:19:27.13 ID:NBwd8fSB0
P「そうは言ってもお前の仕事の輝きっぷりからは嘘はつけないぜ?」

杏「一発で決めてさっさと帰りたいだけだよ…」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:26:59.78 ID:NBwd8fSB0
P「そう謙遜するなって、謙遜もすぎると嫌味だぞ?」

杏「(もうやだ…帰りたい…)」

P「今や事務所でもトップ人気で俺も本当に嬉しい」

杏「(てきとーに売れて適度に印税稼ぐはずだったのに)」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:29:17.16 ID:NBwd8fSB0
P「お前の言ってた印税だってたっぷりじゃないか!」

杏「(使う暇ないんだけどね)」

P「お、その顔は…『そんなお金よりも皆が私の活躍で笑顔になってくれるのが何より嬉しい』だな?」

杏「プロデューサーの事が心配になってきたよ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:39:51.74 ID:NBwd8fSB0
P「俺の心配などするな、お前や皆をまとめてトップアイドルにするまでは無敵だからな」

杏「私が倒してあげようか」

P「さて、それじゃ今日も頑張ろう!!!」

杏「ウボアー」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:45:34.86 ID:NBwd8fSB0
ライブ終わり

P「お疲れ!今日も最高だったぞ!!」

杏「………………」

P「感極まって声も出ないのか…グスッ」

杏「(うん、辞めよう)」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 00:57:02.70 ID:H5XD2YID0
しかしここまで空気の読めないPも珍しい


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:01:15.30 ID:NBwd8fSB0
P「しかし何度見てもお前のライブは最高だ」

杏「アリガトウ」

P「ところでこの後打ち上げに誘われてるんだが」

杏「…もう好きにして」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:02:53.34 ID:2tBojMqX0
行きたくない打ち上げとか苦痛じゃん・・・


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:03:09.66 ID:NBwd8fSB0
P「じゃあ帰るか」

杏「…え?」

P「ライブ終わった後で疲れてるんだから体を休めないと!」

杏「打ち上げ断っちゃって大丈夫なの?」

P「大丈夫じゃないな!」

杏「オイ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:07:28.61 ID:NBwd8fSB0
P「まあ些細な問題だ、俺の一番はお前だからな!」

杏「…ちょっとだけ見直したよ」

P「お?」

杏「それと後半の台詞はあんま大声で言わないほうがいいよ」

P「何でだ?」

杏「何でも。」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:19:06.29 ID:NBwd8fSB0
P「それじゃちょっと断ってくる、大人しく待ってろよ」

ガチャ ドタタタタ

相変わらず騒がしい、アレで仕事はとってこれるんだから社会って不思議だ
このやる気の無い私がこうして謎としか言えない人気が出てるのもそうだけどね

杏「空気は読めなくても悪気がある訳でもない、それにアイドルの事を誰よりも大切に思ってる…」

杏「はあしょうがないあと少しだけ付き合ってやろう、隠居生活には印税もまだ足りないしね」

ガチャ
P「ただいま!」

杏「早っ」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:33:08.51 ID:NBwd8fSB0
P「じゃ早速帰るか、忘れ物はないな」

杏「一つあるよ」

P「ん?何だ…ってその伸ばした手は」

杏「スタミナがなくなりました。」

P「」

>>30
つア
   しょうがないにゃあ
   スタドリ飲め
   たかいたかーい


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:36:06.48 ID:/ZKmOEVR0
たかいたかーい


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:37:15.15 ID:OfAXsY8e0
(股間の)スタドリ飲め


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:42:31.35 ID:NBwd8fSB0
P「お、俺の股間のスタ………言えるかァ!」

杏「(どうしよう、予想以上にテンパってる)」

杏「(私もこの体勢続けるの何か恥ずかしくなってきたし…)」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 01:51:52.24 ID:NBwd8fSB0
P「あーそのアレだ、流石にアイドルとプロデューサーだしそういうのは」

杏「あーもういいや」ガバッ

P「おわっ!ちょ、ちょっと!」

杏「いいからいいから、減るもんじゃないし」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 02:01:23.41 ID:NBwd8fSB0
P「帰りの途中誰かに見られたら…」

杏「まあ何とかなるんじゃない?それより快適だねプロデューサーの上」

P「そうか、俺は今お前が軽すぎる事に少し不安なんだけど」

杏「ああ楽だ…楽だ…これからは毎回コレでヨロシク」

P「いやだから人に見られたら」

杏「…杏の事が一番大切なんでしょ?」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 02:11:58.82 ID:NBwd8fSB0
P「勿論」

杏「そこで即答できるのがプロデューサーいい所だ」

杏「それじゃ帰ろ帰ろ、オフの時間は今も減り続けてるからね」

P「…っよし!わかった!覚悟は決めた!何かあったら責任は全部とるからな!」

杏「え、いや責任って」

P「頭は伏せてろよー全力で飛ばすから!」

杏「だから責任って何うわああああああ!!!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 02:14:51.08 ID:NBwd8fSB0
おしまい


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 02:25:12.88 ID:zVqorScpO


寝ようとしてたときちょうどいい長さだった
面白かった


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/04(土) 02:29:35.81 ID:H5XD2YID0


このPは責任持って杏ちゃんを働かせるべきそうすべき


アイドルマスター シンデレラガールズ 双葉杏iPhoneカバー
アイドルマスター シンデレラガールズ 双葉杏iPhoneカバー




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/08/07(火) 06:19:31

    選択肢決まってんなら安価なんかすんなよ


  2. 2012/08/07(火) 21:54:04

    まとめサイトで何言ってんだこいつ


  3.   2014/11/17(月) 23:08:52

    普段無茶振りばっかりしている読者様なんだろ


  4. 2015/02/25(水) 18:07:39

    勘違いしてつけあがっちゃってるのね、仕方ないね


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ