Powered By 画RSS


妹「お兄ちゃん、寒い……寒いよぉ……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:22:08.29 ID:YA8lLRb/O
兄「何言ってるんだ、こんな暑い日に。お兄ちゃんはさっきからずっと汗が止まらないよ?」

妹「お兄ちゃんお願い、あのお薬ちょうだい……」

兄「あのお薬?」

妹「あの……気持ち良くなれる……」

兄「ああ、アレね。あれはお薬じゃなくてハーブだって言っただろう? 5千円だよ」

妹「……もう、お金無い……」

兄「父さんか母さんの財布から盗んで来ればいい。見付かってもお前なら大丈夫さ」

妹「……う、うん、分かった。すぐ持ってくるから待っててね、お兄ちゃん」

兄「ああ」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:24:44.26 ID:YA8lLRb/O
妹「お兄ちゃん……、お父さんとお母さんに見つかって怒られちゃったよ。もう、お財布から勝手にお金取っちゃいけないって……」

兄「そうか。で、結局お金は?」

妹「無いよぉ……」

兄「困ったな。あのハーブもタダじゃないんだけど」

妹「お兄ちゃんお願い、早くハーブちょうだい! お願いします! 何でもするから!」

兄「ふぅん、何でもするんだ?」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:26:05.46 ID:YA8lLRb/O
兄「じゃあ、お兄ちゃんお腹空いたから、そこのコンビニで昼食を適当に何か見繕って来て欲しいな」

妹「え、でもお金……」

兄「買って来てなんて言ってないだろう? 食べ物を鞄か何かに入れて、ここまで持ってくればいいんだよ」

妹「万引き、って事? 無理だよ……私、そんな事出来ないよ……」

兄「まあまあ。パンでもおにぎりでもいいから。あとは飲み物。お兄ちゃんはコーヒーがいいな」

妹「……店員さんに頼んでみる」

兄「店員さんかぁ。でも、お兄ちゃんはお前が勇気出して持ってきてくれたお昼がいいな?」

妹「……いってきます」

兄「うん、いってらっしゃい」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:27:23.63 ID:YA8lLRb/O
兄「すみませんでした。まさか妹がこんな事をするなんて……」

妹「うっ……ごめんなさい……ごめんなさい……」

店員「最近万引きの被害が増えたと思ってたんですが、まさかこんな子が……」

兄「本当に申し訳ありません。警察に連絡してください」

店員「えっ、でも今回は穏便に処理してもいいんですよ?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:28:29.17 ID:YA8lLRb/O
兄「いいえ、それくらいじゃなきゃこの子は反省しませんから。警察に連絡してください」

妹「お兄ちゃん……お願い、許して……」

兄「お兄ちゃんじゃなくて、店員さんにもっとちゃんと謝りなさい。お前が当事者だろう?」

妹「あっ、す、すみませんでした。許してください。……お願いします! 警察には連絡しないでください!」

店員「……もういいです。次やったら学校にも警察にも連絡しますよ。帰ってください」

兄「本当に申し訳ありませんでした」

妹「ごめんなさい……」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:29:32.60 ID:YA8lLRb/O
兄「……さっきのお前の土下座、傑作だったよ。今日はハーブ多めにあげるから、家でまたやってくれないか?」

妹「……」

兄「ほら、お兄ちゃんが珍しくタダでハーブあげるって言ってるんだよ?」

妹「あ、お兄ちゃん……ありがとう」

兄「よしよし、いい子だね」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:33:54.13 ID:YA8lLRb/O
妹「友ちゃんごめんなさい! またお金貸して!」

友「ええ……? あたしも出来れば貸してあげたいけど、今月はもう無理だよ……」

妹「……そう。ごめんね友ちゃん、いつも借りてばかりで返してあげられなくて」

友「まっ、返すのはいつでもいーけどさっ。それより、最近顔色悪くない?」

妹「……えっ?」

友「いつも何だか震えてるみたいだし、具合悪いんでしょ? 病院行ったの?」

妹「だ、大丈夫大丈夫! 何ともないよ! 私、すっごく元気だから!」

友「ええー? 全然そう見えないよ」

妹「うん……、でも元気。私はまだ、元気だから……」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:36:25.37 ID:YA8lLRb/O
妹「ああああアああああああアあ!」

兄「うるさいな! こんな夜更けに!」

妹「あっお兄ちゃん! 虫が! 虫が!」

兄「うるさいって言ってるだろう!」

妹「げぼっ! ごほっ、ごほっ……」

兄「うるさい! うるさい! うるさい! うるさい! このバカが!」

妹「あうっ! がっ! ごぼっ! げうっ!」

兄「蹴ってやらないと静かにならないのか! このクズ!」

妹「…………」

兄「そんな風な幻覚が見たくないのなら、早くたくさんお金を稼ぐ方法を見付けないと」

妹「…………」

兄「じゃあ、おやすみ」

妹「…………」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:38:44.08 ID:6KCoZ6xl0
なかなかクズな兄だな


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:40:47.80 ID:YA8lLRb/O
妹「あの、すみません。……私と、3万円で遊びませんか?」

「へぇ、君が3万? いいの?」

妹「……はい」

「ホテル代こっち持ち?」

妹「あ、はい。そうなんですけど……」

「別にいいよ。じゃ、早速行こっか」

妹「あ、はい……。よろしくお願いします……」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:41:27.09 ID:eKG8aTD70
うわああああああああああああ!!


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:44:59.85 ID:YA8lLRb/O
兄「すごいね。お前、今日だけでかなり金持ちになったじゃないか」

妹「お兄ちゃん。私、好きでもない人に抱かれちゃった……」

兄「でも、代わりに3万円も貰えたんだろう? 良かったな。お前に6回分もハーブあげられて、お兄ちゃんも嬉しいよ」

妹「お兄ちゃん……」

兄「ほら、お兄ちゃんからコンドームのプレゼントだよ。多分いっぱい使うだろう? これから」

妹「うん、ありがと……」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:47:08.01 ID:YA8lLRb/O
妹「すみません、私と……3万円で……」

妹「3万円で遊びませんか……」

妹「……寒いよぉ。また寒くなってきた……」

妹「すみません。あの……2万円で遊びませんか?」

妹「……そうですか……」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:50:29.57 ID:YA8lLRb/O
妹「あの、すみません……私と1万5千円で遊びませんか……?」

「君が1万5千? 失礼だけど、ちょっと高いなー」

妹「じゃあ、あの、いくらなら……」

「君ヤクやってるでしょ? 顔で分かるよ」

妹「……どうかお願いします。お金が無いと、お兄ちゃんがハーブくれないんです」

「ハーブねぇ……。可哀想だから、8千円出してあげるかな」


妹「えっ、8千円……?」

「嫌なら別にいいよ? 更生した方が一応、君にとって良いわけだし」

妹「……いえ、お願いします」

「ハーブがなきゃイケないとか、そういうオチないよね?」

妹「はい、大丈夫です。……まだ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:53:35.31 ID:YA8lLRb/O
妹「お兄ちゃん……」

兄「どうした?」

妹「お金、無い……」

兄「まあそんな日もあるさ。どんまいどんまい」

妹「お兄ちゃん。私の体ね、こないだ8千円だったよ」

兄「へぇ、それはちょっと安いなあ。妹がそんな安い女の子になるなんて、お兄ちゃん悲しいな」

妹「私、これからどうなっちゃうんだろ……」

兄「そりゃあ、壊れるに決まってるだろう?」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:56:43.37 ID:YA8lLRb/O
妹「……お兄ちゃん、ハーブちょうだい! 今すぐ!」

兄「ん? また欲しくなっちゃったのか? でもお金がなきゃハーブはあげられないよ。それとも、また万引きしてくる?」

妹「今持ってるハーブ全部ちょうだい!じゃないと刺すよ! 殺すよ、お兄ちゃん!」

兄「そのナイフで? ……ま、いいか。でも、それでハーブが……薬が手に入ると思ってるの?」

妹「早くしてよ! 寒いの!」

兄「もしお兄ちゃんを殺したら、お前は刑務所と麻薬更生センターか何処かをタライ回しにされた挙句、誰もハーブをくれない世界で一生禁断症状に苦しむ事になるんだよ?」

妹「う…………」


50 :!ninja 【東電 48.9 %】 2012/08/15(水) 03:58:25.91 ID:LgD0CDZk0
この兄なかなかの手練れだな


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 03:59:24.19 ID:hWx5PA1Q0
ゲッスいわぁこの兄貴


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 04:00:22.26 ID:YA8lLRb/O
兄「お前は既に髪も歯もぼろぼろ抜けて、完全に薬無しじゃ生きられない体になってるじゃないか。そんな体でお兄ちゃん無しでやっていけるの?」

妹「うう……」

兄「お前はもうゴミだ。人間のクズなんだ。お前が殺すべきなのはお兄ちゃんじゃない、お前自身なんだよ」

妹「ううう……」

兄「早く死ねばいい。お前はお兄ちゃんに汚された被害者なんだ。加害者のお兄ちゃんと違って、きっと清潔な天国へ行けるさ」

妹「あああああ! あああああああ!」

兄「うるさいな。早く死んじまえよ」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 04:04:41.30 ID:YA8lLRb/O
妹「お兄ちゃん……、どうして私に麻薬なんかくれたの? あれが無ければ、私は普通でいられたのに!」

兄「それはね、お兄ちゃんはただひたすらにお前を汚したかっただけなんだよ。それがお兄ちゃんの愛の形なんだ。あの薬が本当は5千円ぽっちじゃ買えないって、お前も本当はとっくに気付いていたんだろう?」

妹「え……?」

兄「お前みたいなゴミクズを他の誰が愛してくれるんだろうね? 僕だけなんだ、僕だけがお前を本当に愛しているんだよ」

妹「お、お兄ちゃん……?」

兄「今お前が死んでも別に構わないけど、でもどうせならもっと汚れて、もっと絶望してくれよ。僕に愛を与えてくれ。それがお前の愛の形なんだから」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 04:08:18.60 ID:YA8lLRb/O
妹「……お兄ちゃん、私、お兄ちゃんの言ってる事が分かんない」

兄「僕自身だって分かってるかどうか怪しいさ。でも一般的にも愛は不可解なものらしいじゃないか。お前が強いて理解する必要は無いんじゃないかな?」

妹「……ごめんなさい。私、お兄ちゃんが怖い」

兄「怖がるのがちょっと遅かったね。でも、僕としては嬉しいよ。ありがとう」

妹「さようなら、怖いお兄ちゃん。今まで愛をありがとね」

兄「結局、僕を殺すのか。まあいいさ、さようなら愛しい妹。これでお前はもっと汚れる」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 04:11:16.01 ID:YA8lLRb/O
おわりです


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 04:11:58.96 ID:u1ERvggj0


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 04:12:38.91 ID:BaaXkx550
なかなか面白かった


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/15(水) 04:23:53.40 ID:2xC/m8Py0
面白かった
おつ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兄姉弟妹」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. a 2012/08/17(金) 20:52:50

    こうゆうのかくやつって普段からこうゆうこと考えてんのかな?


  2. 名無しの名無し 2012/12/23(日) 15:25:45

    面白いじゃん(・∀・)妹に惚れたかも((〃・-・〃)で、兄と妹、どっち死んだ?(殺した?)俺、物語とか苦手だからさー(-∀-)ヤレヤレ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ