Powered By 画RSS


胡桃「シロ!構ってくれないと……」

3 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 00:59:51.03 ID:c37IZTSS0
白望「だるい……」

胡桃(シロまただるそうにしてるな~……)

胡桃(ん、そうだ!)

胡桃「シロ~」

白望「どうしたの?」

胡桃「構ってくれないとチュウするよ!」

胡桃(シロならだるいって言うはず!)




4 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:03:30.12 ID:c37IZTSS0
白望「ん、わかった」

胡桃「え?」

白望「それで構うって何すればいいの?」

胡桃(まずい……だるいっていうと思ってたから何も考えてない……)

白望「どうしたの?」

胡桃「じゃ、じゃあ少しおしゃべりに付き合ってもらおうかな!」

白望「うん、わかった」



6 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:08:35.35 ID:c37IZTSS0
~~~数時間後~~~

胡桃「あ、もうこんな時間だ」

白望「疲れた……」グテッ

胡桃(なんか普通に話し込んでしまった……)

胡桃「もう外も暗くなっちゃったし帰ろっか?」

白望「ん、わかった」

胡桃(結局チュウできなかったな……)

胡桃(結構いい作戦だと思ったのに……)

胡桃(ううん、こんなところで落ち込んじゃダメだ!)

胡桃(明日からも頑張ろう!)


8 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:13:12.40 ID:c37IZTSS0
~~~翌日~~~

胡桃「シロちょっといい?」

白望「ん?」ポフッ

胡桃「えへへ、充電充電」

白望「だるい……」

胡桃(まただるいとかいってるなぁ……)

胡桃(ちょっと仕掛けてみますか)

胡桃「あぁ、なんかあついし喉渇いてきたなぁ」

白望(あついなら降りればいいのに……)


10 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:16:05.26 ID:c37IZTSS0
白望「じゃあ何か飲めばいいのに……」

胡桃「でも今日おサイフ忘れちゃったんだよね~」

胡桃「というわけでお金貸してくんない?」

胡桃「てか貸してくれないとチュウするよ!」

白望「わかった、120円でいいよね?」

胡桃「え?」

白望「かりたくないの?」

胡桃「いや、かりたいんだけど……」

胡桃(この体勢のシロが動こうとするなんて……)

白望「ちょっとカバンからサイフとってくるから膝の上からどいて」

胡桃「あ、うん、ごめん」スッ

胡桃(名残惜しい……)シュン


11 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:19:23.39 ID:c37IZTSS0
ゴソゴソ

白望「あれ?」

胡桃「どしたの?」

白望「サイフがない……」

胡桃「え?!もしかしておとしたとか?」

白望「多分教室に置いてきただけだと思う」

胡桃「なんだ……」ホッ

胡桃(って安心したらダメじゃん!)

胡桃(このままじゃまたチュウできない……)


13 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:23:36.02 ID:c37IZTSS0
胡桃「教室って結構遠いよね」アセアセ

白望「うん、だるい……」

胡桃「じゃあ取りに行くのはやめといたほうがいいんじゃない?」アセアセ

胡桃「わざわざ取ってきてもらうのも悪いし」アセアセ

白望「でも喉渇いてるんでしょ?」

胡桃「え?そ、そうだけど……」

胡桃(この流れはまさか……)


15 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:26:37.73 ID:c37IZTSS0
白望「サイフとってくる」

胡桃「でもさっきだるいって……」

白望「大丈夫、サイフ取って戻ってくるだけだし」

白望「じゃあ、ちょっと行ってくるから」ダッ


バタン!


胡桃(行っちゃった……)

胡桃(いい作戦だと思ったんだけどな……)


16 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:29:41.82 ID:c37IZTSS0
胡桃「はぁ……どうしてシロとチュウできないんだろ……」

胡桃「もう諦めようかな……」

ガチャ

胡桃「あ、塞」

塞「あれ?ひとりだけ?」

胡桃「うん、シロは教室にサイフ取りに行ってて、エイちゃんと豊音は今日はこないって」

塞「じゃあ今日は打てないのか……」

胡桃「うん……」

塞「??なんかあったの?」

胡桃「え?なんで?」

塞「いや、あきらかに様子おかしいじゃん……」


18 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:35:30.98 ID:c37IZTSS0
胡桃「カクカクシカジカ」

胡桃「ってことがあったんだけどどうすればシロとチュウできるかなって」

塞(やばい、この子思ってたよりすごく……)

塞(すごく馬鹿だ!)

塞「あのさ、ひとつ聞いときたいんだけど……」

胡桃「なに?」

塞「仮にシロがお願いを聞かなかったとして……」

塞「ほんとにキスするつもりだったの?」

胡桃「何言ってんの?当たり前じゃん!」

塞(やっぱり馬鹿だこの子……)


19 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:40:54.17 ID:c37IZTSS0
塞「それ多分シロは冗談だと思ってるよ?」

胡桃「え、でもちゃんと言ったよ?」

胡桃「そ、その……チュウするって……」///

塞「いや、でも私が聞いた感じだとなんか冗談ぽいっていうか」

塞「なんかふざけてるだけみたいっていうか」

胡桃「」

塞「とにかく本気とは受け取りにくいと思う」

胡桃「う、うるさいよそこっ!」///

胡桃「しょうがないじゃん、これしか思いつかなかったんだし」


21 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:46:17.42 ID:c37IZTSS0
塞「てかさ、そこまで言えるんならさ」

塞「普通にキスしてってお願いすればいいんじゃないの?」

胡桃「え?何言ってんの?もしかして頭弱い?」

塞(こいつに頭弱いとか言われた……)

塞「だってそこまで悩むんなら普通にお願いすればどうかなって」

胡桃「それができたら苦労しないって……」

塞(そんなもんかぁ……あっ)


27 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:50:49.43 ID:c37IZTSS0
塞「じゃあさ付き合ってってお願いするのはどう?」

胡桃「だからそういうのは恥ずかしいってば」///

塞「いや、恥ずかしいとか言う前にちょっと考えてみなよ」

胡桃「??」

塞「このお願いならシロがお願い聞いても付き合えるし」

塞「もし断られてもシロとキスできるよ?」

塞(まぁキスしてっていうお願いでも同じようなことが言えるんだけど)

胡桃「おぉ……」

胡桃「全く気がつかなかったよ……」

塞「で、でしょっ!」

塞(やっぱこの子馬鹿だ……)


28 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 01:56:37.64 ID:c37IZTSS0
胡桃「うーん、その手があったかぁ」

塞(この子本気で信じちゃってる……)

ガチャッ

白望「ただいま……」

塞「あ、シロおかえり」

胡桃「おかえりっ!」ガタッ

白望「??」

白望「なんかあったの?」

胡桃「な、なんでもないよ!ねっ!」

塞「う、うん、まぁ……」


30 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 02:06:48.60 ID:c37IZTSS0
白望「ふーん、んじゃはい、120円」

胡桃「ありがと!でもせっかくだし自販機まで一緒に行こうよ」

白望「だるい……」

胡桃「一緒に来ないとチュウするよ!」

白望「……わかった、ついてく」

胡桃(むむ、やっぱりだめか……)

胡桃(でもこっちには秘策があるもんね!)フフン

胡桃「じゃあちょっと行ってくる」

塞「いってらっしゃい」

塞(さっきの本気でやるつもりなのかな……)

塞(ま、なるようになるでしょ)


32 : 忍法帖【Lv=19,xxxPT】 2012/08/09(木) 02:15:41.86 ID:c37IZTSS0

~~~自販機前~~~

ピッ ガコン  プシュッ  ゴクッ

胡桃「はぁ~生き返る~」

白望「それはよかった……」

胡桃「ありがとね、お金貸してくれて」

白望「べつに……」

胡桃「それでさ……シロ」

白望「なに?」

胡桃「お金借りたついでにもうひとつだけお願いがあるんだけど……」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 02:24:36.74 ID:c37IZTSS0
白望「お願いって?」

胡桃「えっと、わ、私と付き合って!!」///

白望「え?」

胡桃「断るとその……キスしちゃうから」///

白望「……」

白望「それってどっちか選ばないとダメなの?」

胡桃「も、もちろん!」

白望「だるい……」

白望「……」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 02:31:44.33 ID:c37IZTSS0
胡桃(シロが黙っちゃった…)


白望(はぁなんで胡桃こんなにかわいいんだよ……)

白望(変に意識してギクシャクするのがだるいからキスするとか言われても我慢してたのに)

白望(こんなお願いされたらどう転んでもだるいことになっちゃう……)


胡桃(もしかして付き合うのいやなのかな……)

胡桃(私はこんなにシロのこと好きなのに……)ポロ

胡桃(それに今日だってホントは……)

胡桃「シロとチュウしたかっただけなのに……」グスン

白望「!!」

胡桃「シロはいやなの?……私とチュウするの」

白望「それは……」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 02:40:20.32 ID:c37IZTSS0
白望「べつに嫌じゃない」ボソッ

胡桃「え?」

白望「べつに嫌じゃないけど……」

胡桃「じゃあどうして?」

白望「部活内でそういうことすると後でだるいことになりそうだし」

白望「それに本気かどうかわからなかった」

胡桃「なにが?」

白望「そ、そのキスするっていうのが……」///


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 02:49:00.98 ID:c37IZTSS0
胡桃「本気にきまってるじゃん」///

胡桃「私シロのこと大好きなんだよ?」

白望「ごめん……」

胡桃「悪いと思ってるんならさ、チュウしてよ」

白望「……わかった、じゃあ目閉じて?」

胡桃「うん」ギュッ

白望「いくよ?」

チュッ

胡桃(ついに……)

胡桃(ついに念願のシロとキスだー!)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 02:57:21.08 ID:c37IZTSS0

白望「……ふぅ」

白望「満足した?」

胡桃(なんかムードないなぁ)

胡桃「満足はしたんだけど……」

白望「??」

胡桃「その……付き合うって方のお願いも聞いてもらっていいかな、とか言ってみたり……」///

白望「別にいいけど……」

胡桃「え?ほんと!?」

白望「うん……」コクッ

胡桃「ありがとー!シロ!」ダキッ

白望「うぅ……だるい……」


おしまい!


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 02:59:53.42 ID:c37IZTSS0
読んでくださった皆様サンクスだぜよ
ではではこれにて


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 03:06:25.47 ID:0VD5lSbD0
おつおつ
やっぱりシロはイケメンだね


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/09(木) 03:07:29.72 ID:lmDL1F440
おつおつ
やっぱり宮守はええなあ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ