Powered By 画RSS


姉「お兄ちゃんが欲しい!もう妹いらない!」 双子妹「ブゥー…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:00:50.43 ID:CLlJqeCo0
姉「そうだ! お父さんが爆発すればお母さんの再婚フラグが立って血のつながっていないお兄ちゃんができる!」

双子姉「どんな原理ですか、姉さん」

双子妹「お姉ちゃんは私たちだけじゃ不満なの!?」

姉「残念だけど、私にはレズ属性はないし、爆発しない妹には興味もないの!」

双子姉「姉さん、普通妹は爆発しません」

姉「ううん! 普通爆発するよ! vipではよくしてるもん!」

双子姉「現実を見てください」

姉「姉に逆らったら痛い目を見るよ!」

双子妹「例えばどんな?」

姉「二人の秘密は私が一番よく知ってる。例えば双子姉ちゃんの机の一番下の引き出しには」

双子姉「謝ります。すいませんでした」

双子妹(なに!? なにがあるの!?)




3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:02:26.21 ID:CLlJqeCo0
姉「ねぇ、双子妹ちゃん」

双子妹「なにー?」

姉「お父さんにユッケ食べさせてあげて」

双子姉「いきなり何を言い出すんですか?」

姉「ほら、保険金ももらえるし、某焼肉店から慰謝料ももらえるし、お兄ちゃんもできるし」

双子姉「殺す気満々ですね」

姉「だってお兄ちゃんがほしいんだもん。ついでにお金もほしいんだもん」

双子妹「でも、それならパパを殺さなくてもままでもいいんじゃ?」

姉「あんなおじさんのこと好きになる人いると思う?」

双子妹「あーなるほどー」

双子姉「双子妹ちゃんも納得しないでください」


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:02:47.43 ID:CLlJqeCo0
姉「お兄ちゃんがダメなら、せめて弟がほしい。出来れば男の娘かショタな」

双子姉「私たちじゃなくてお父様とお母様に頼んでください」

姉「せめて双子姉ちゃんが男の娘なら」

双子妹「双子姉ちゃんはおっぱいぺったんこだもんねー」

双子姉「二人の発育がおかしいだけです。うらやましくなんてありません」

姉「とか言いつつ涙声」

双子妹「ところで、豊胸運動はうまくいってる?」

姉「そういえば、本いっぱい買ってたもんね」

双子姉「なんで二人してそのことを知ってるんですか!?」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:03:23.36 ID:CLlJqeCo0
双子妹「お姉ちゃん! 双子姉ちゃんが部屋に引きこもっちゃった!」

姉「ちょっといじめすぎたかな?」

双子妹「やっぱり胸のことは言わないほうがよかったのかなー?」

姉「きっとお○ん○んがついていないことを悔やんでるんだね?」

双子妹「いや、それはないと思うよ」

姉「はぁ、お兄ちゃんがほしい」

双子妹「お姉ちゃんもしかして日本語わかってない?」


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:08:34.22 ID:CLlJqeCo0
姉「さて、突然ですがお兄ちゃんが出来ました」

双子姉「なっ!? まさかお父様が不倫を!?」

姉「いや、恋愛ゲームの話だよ」

双子姉「び、びっくりさせないでください」

双子妹「でも双子姉ちゃんもよく、そういう恋愛ゲームしてるよね?」

双子姉「ナンノコトデスカ?」

双子妹「机の横の本棚の下から2行目の辞書カバーのなk……」

双子姉「双子妹さん、お金をあげますから、何か買ってきてはどうですか?」

双子妹「わーい、お札だー!」


9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:11:57.90 ID:CLlJqeCo0
姉「お兄ちゃんほしいお兄ちゃんほしい!」

双子妹「私もお兄ちゃんがほしくなってきた」

双子姉「2人とも現実を見てください」

姉「だってあなたたち可愛げもないし、ついてないじゃない」

双子妹「だって双子姉ちゃんはいっつも一人でしてて、入れてくれないじゃん」

双子姉「私としては兄よりもツッコミ役をもう一人つけてほしいです」


10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:15:15.62 ID:CLlJqeCo0
姉「せっかく立て直したくせに早くもネタが尽きてきたね」

双子姉「バイト中にネタをいくつも思い浮かべてたんじゃないんですか?」

双子妹「いざ書き始めたら忘れちゃったみたいだね」

双子姉「ではどうするんですか?」

姉「こういう時は安価でネタを募集するのがいいらしいよ」

双子姉「変な安価がきたらどうするんですか?」

双子妹「双子姉ちゃんに犠牲になってもらう」

双子姉「安価だけはやめてください」

姉「>>13」

双子姉「……姉さん、話を聞いていてくれましたか?」

姉「なに? お兄ちゃんがほしいの?」

双子姉「もういいです」


13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:20:18.34 ID:ZehaNokG0
姉が双子に萌えちゃう
寝てる姿とかホラーゲームやってたり


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:22:45.18 ID:CLlJqeCo0
姉「というわけで、妹に対するデレモードに突入だね」

双子姉「気色悪いんでやめてください」

姉「そんなこと言って、ほんとはうれしいんじゃないの?」ぎゅっ

双子姉「抱きつくのはやめてください、うざったいです」

双子妹「どこがうざったいの?」

双子姉「……主に胸が……」ぼそっ

姉「もー! かわいいなぁ!」すりすり

双子姉「死んでください」


17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:29:22.43 ID:CLlJqeCo0
双子妹「……くぅ、くぅ……」

双子姉「……すぅ、すぅ……」

姉「おや、なぜか知らないけど2人そろってソファーでお昼寝中ではないか!」

双子妹「ん……むにゃ……」

双子姉「双子妹さん……そんなところは、ダメ、です……」

姉「……さすがむっつりな双子姉ちゃん。えっちな夢でも見てるのかな?」

双子妹「よいではないか……よいではないか……むにゃ」

双子姉「んっ……ダメ、ですって……」

姉(もしかして、同じ夢見てる? さすが双子……)


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:36:35.44 ID:CLlJqeCo0
双子姉「ひっ! きゃあっ!?」

姉「あれ、双子姉ちゃんがそんな声出すなんて珍しいね」

双子妹「友達に借りたVIPハザードやってるの」

姉「あぁ、あのニート以外がゾンビになって、ニートがそのゾンビを倒すゲームだっけ?」

双子妹「そうそう」

姉「なるほど、双子姉ちゃんにこんな弱点があったとは……」

双子姉「ひぃっ!」

姉(あ、双子姉ちゃんの恐怖心が頂点に達してるおかげで、スカートにもかかわらず下半身に対する注意が!)

姉(みえる! 後ちょっと開けば見える!!!)

双子姉「……姉さん、何してるんですか?」

姉「あ、いや、私も怖いから床にひれ伏しとこうかなーって」

双子姉「……死んでくださ……きゃあっ!?」

姉「白!!!」


19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:40:05.44 ID:CLlJqeCo0
双子妹「さて、安価も解消しちゃったね」

姉「うむ、その上双子姉ちゃんがまた引きこもっちゃったよ」

姉「……ってことで双子妹ちゃんとイチャイチャしたいと思いまーす!」すりすり

双子妹「あはは、くすぐったいよ、お姉ちゃん!」いちゃいちゃ

姉「あはははは~」

双子妹「あはははは~」

双子姉「なんだか、部屋に引きこもっているだけなのにものすごく孤独感が……」


21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:43:44.88 ID:CLlJqeCo0
姉「……>>23」

双子妹「突然何?」

双子姉「安価を付け忘れたらしいです」


23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:48:49.18 ID:07+8jHET0
ちんこなめる


24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/13(金) 23:54:59.02 ID:CLlJqeCo0
姉「ってことでち○こを舐めようと思いまーす!」

双子姉「突然大声で何を言い出すんですか?」

双子妹「安価ならしょうがないよ」

姉「でも、このなかにち○こ生えてる人いないよね?」

双子姉「まぁ、全員女ですからね」

姉「これじゃ安価が達成できない。しかたがない」かたかた

双子妹「パソコンなんてつけてどうするの?」

姉「エロゲ起動! フェラシーン再生! さて、双子姉ちゃん。画面に出てるち○こを舐めて!」

双子姉「な、なんで私が!? というか、何の罰ゲームですか!?」

姉「な・め・ろ! な・め・ろ!」

双子妹「な・め・ろ! な・め・ろ!」

双子姉「……もうやけです!」ぺろっ

姉「うわぁ」

双子妹「うわぁ」

双子姉「引くんだったらやらせないでください!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:00:57.44 ID://Z6Ypq90
姉「さて、そろそろ行くとしましょうか」

双子姉「大学ですね。がんばってください」

双子妹「私たちはなぜかおやすみだから家でごろごろしてるねー」

姉「今日こそお兄ちゃんを捕まえてくるとするよ!」

双子姉「そんな簡単に捕まるものじゃないですよ?」

姉「わかってるから萌えるのさ!」

双子姉「わかっていませんし、漢字も違います」

姉「じゃあ、いってきまーす!」

双子妹「でも、日曜日に何の用事だろうね?」

双子姉「たぶん、学校がしまっていて、すぐに帰ってくると思いますよ」


26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:05:54.33 ID://Z6Ypq90
姉「台風が来たね」

双子姉「学校も休み、外にも行けないし、やることもないですね」

双子妹「あ、かみなり」

双子姉「きゃあっ!?」

姉「雷も怖いんだ」

双子妹「そういえば、夜中に雷がなってたときに一人で寝れないって泣きながら抱きついてきたことも……」

姉「想像したら鼻血でた」

双子妹「はいティッシュ」

姉「ありがとう」


27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:09:30.58 ID://Z6Ypq90
姉「そろそろエロ展開を期待している紳士達もいっぱいいると思うの」

双子姉「絶対にいやです」

双子妹「そう言わずに」

姉「まぁ、エロ展開じゃなくてもいいんだけどね」

双子妹「安価取るの?」

姉「馬鹿な書き手がネタを思い出せないようだからね」

双子姉「えっちな安価を書き込まないでくださいね」

双子妹「双子姉ちゃんの言ってることは無視してもいいよ」

姉「>>29」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:12:59.13 ID:PjsrtVvZO
とりあえず風呂で身体を洗いっこだナ


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:18:30.16 ID://Z6Ypq90
姉「というわけでお風呂にやってまいりました。私達、姉妹であります」

双子妹「さすがに狭い……」

双子姉「……」

双子妹「また双子姉ちゃんが不機嫌に……」

姉「じゃあ、早速双子妹ちゃん、洗ってー」

双子妹「うん」ごしごしたゆたゆ

姉「おぉ、うまいうまい! よーし、次は私が洗ってあげる」ごしごしたゆたゆ

双子姉「……」つるーんぺたーん

姉「さて、そろそろ……」

双子妹「そこでいじけてる双子姉ちゃんの番だね!」

双子姉「え、えっ!? ふ、2人とも、手の動きが……///」

姉「覚悟ー!」

双子妹「つぎは>>33しようかな」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:21:25.41 ID:PjsrtVvZO
髪を互いに編む


34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:26:55.87 ID://Z6Ypq90
双子姉「全く、悪戯が過ぎますよ!」

姉「とか言いつつ、ほんとは気持ちよかったんでしょ?」

双子姉「殴りますよ?」

双子妹「おねえちゃーん、髪編んでー」

姉「うん、このくらい素直なほうがいいなぁ。双子姉ちゃんが男の子だったら……」

双子姉「すいませんでした。女に生まれて」ぷんぷん

双子妹「次はおねえちゃんのを編んであげるね!」

姉「あ、ありがと……」

双子姉「……疎外感……」

姉「じゃあ、私は右側を編むから、双子妹ちゃんは左側をお願い」

双子妹「うん、わかったー!」

双子姉「……///」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:30:34.29 ID://Z6Ypq90
姉「さて、双子姉ちゃんがなかなか出れない件について会議を開こうと思う」

双子妹「やっぱり、一人でしてるところに遭遇して、見なかったことにしてあげればプラスポイントになると思うよ!」

姉「でも、そんなのほぼ不可能じゃ?」

双子妹「ところがどっこい! 部屋が隣の私にはいっつも丸聞こえ」

双子姉「昼間から何を話してるんですか!?///」


36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:32:00.89 ID://Z6Ypq90
姉「なぜ、ネタを全然思い出せないの!?」

双子妹「もうバイトをやめればいいんだと思うよ」

双子姉「書いてる人をニートにする気ですか?」

姉「>>38」


37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:37:50.46 ID:x2USxo5e0
らぶらぶちゅっちゅ


38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:38:24.45 ID:gMlu2v3G0
>>37


40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:43:15.29 ID://Z6Ypq90
姉「双子妹ちゃん! 双子姉ちゃんを押さえつけなさい!」

双子妹「はーい!」がしっ

双子姉「ほ、ほんとにするんですか!?」

姉「んっ」ちゅっ

双子姉「んんっ!?///」

姉「れろ……ぴちゃっ……ぷはっ」

双子姉「ふぁっ……///」

姉「双子妹ちゃんにも、ちゅっ」

双子妹「私もおねえちゃんに、ちゅっ!」

双子姉「って、なんで私だけディープキスなんですか!?///」

姉「細かいことは気にするな!」

双子妹「次は>>42しよっか!」


42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:45:41.73 ID:gMlu2v3G0
>>39


39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:38:27.74 ID:eHNsXysr0
皆でアイスクリームとか食べに行く


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:50:53.98 ID://Z6Ypq90
姉「アイスを食べに来るなんて久しぶりねー」

双子妹「ところで、なんで双子姉ちゃんだけたこ焼きなの?」

双子姉「私はトイレが近いので、あまり冷たいものを食べたくないんです」

姉「これはこれは」

双子妹「いい情報を聞いちゃったね!」

双子姉(やっぱりこの2人に話すのはやめておくべきだったようですね……)

姉「隙ありっ! たこ焼き一個いただき!」

双子姉「食べるのはいいですけど、冷たいものと熱いものを一緒に食べておなか壊しても知りませんよ?」

姉「一個くらいならだいじょーぶだよ!」

双子妹「わたしももーらいっ!」

双子姉「……はぁ」

姉「ため息をつきながらもうれしそうな双子姉ちゃんでした」

姉「>>47」


47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:54:08.25 ID:W+rQwLM70
ちんこなめる


49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:55:49.86 ID://Z6Ypq90
双子姉「またですか……」

姉「でも、2度目だし再安価ってことで」

双子妹「>>50」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:56:25.86 ID:gMlu2v3G0
>>48


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 00:54:45.32 ID:x2USxo5e0
おしっこ我慢プレイ


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:03:19.03 ID://Z6Ypq90
姉「というわけで、こちら1階のトイレ」

双子妹「こちら2階のトイレです。異常ありませーん!」

姉「同じく、こちらも異常なし……と、ちょっと待って。ノックされた」

双子姉「あれ、誰か入ってます?」

姉「すまない双子妹ちゃん。ちょっとトイレにこもりたい気分だから外に出れない」

双子姉「バカ言ってないで早く出てください……や、やっぱり2階に行きますからいいです」

姉「どうやらそっちに向かったようね!」

双子妹「了解しました! とりあえず、トランシーバーのスイッチを切ります!」

双子姉「えっ、こ、こっちも使用中!?」

双子妹「あ、双子姉ちゃん? ごめん、もうちょっと待ってて!」

双子姉「へ、部屋にいますから、出たら声かけてください……」

姉「さて、いつまで続ければいいんだろう……?」

双子妹「もらすまで? それとももう入れてあげる? それとも、このまま襲っちゃう?>>56」


55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:07:05.80 ID:i5Et82yK0
襲っておもらしプレイ


56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:07:59.28 ID:fxkmUZ820
>>55


59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:11:08.27 ID://Z6Ypq90
姉「いや、さすがにこのままおもらしさせたら悪いと思うし、もう終わろうか」

双子妹「何を言っているの、お姉ちゃん?」

姉「え?」

双子妹「ここまできたら、もう襲うしかないよね?」

姉「え、いや、それは……さすがにやりすぎじゃ……」

双子妹「じゃあ、私、お姉ちゃんの部屋にあるお兄ちゃん本、全部捨てちゃう作業に移ろうかな?」

姉「!? そ、それはダメ!」

双子妹「じゃあ、協力してもらおうかなー。してくれるよね?」

姉「う……ごめん、双子姉ちゃん……」


60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:14:27.29 ID://Z6Ypq90
こんこん

双子姉「あ、やっと出ましたね!」

双子妹「うん、お待たせ、双子姉ちゃん!」

双子姉「それじゃあ、トイレに……」

双子妹「何を言っているのかな?」おしたおしっ

双子姉「!? 双子妹さん!?」

双子妹「トイレを出たら教えるとは言ったけど、入れてあげるとは言ってないよね?」

姉(双子妹ちゃんが怖い……)

双子姉「ふ、ふざけてる場合じゃないんです! 離してください!」

双子妹「本当にそう思ってるの? ほんとは、してほしいんじゃない?」

双子姉「そんなわけっ」


61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:19:18.18 ID://Z6Ypq90
双子妹「お姉ちゃん! 双子姉ちゃんのスカートを脱がして!」

姉「で、でも、双子姉ちゃんも嫌がって……」

双子妹「お・ろ・し・て?」

姉「ひっ、は、はい!」するっ

双子姉「きゃあっ!?///」

双子妹「レースの白かー。可愛いパンツだね」さわさわ

双子姉「そ、そんなところ、触ったら……///」

双子妹「そんなところって、ここ?」つまみっ

双子姉「そ、そこ、つまんじゃ、だめぇ……///」びくびくっじわっ

双子妹「あれ、少し濡れてない? もしかして、ちびっちゃった?」

双子姉「そ、そんなことっ……///」

双子妹「まあ、どっちでもいいか。双子姉ちゃんはもう、間に合わないのは決定してるからね」ぎゅっ

双子姉「っ!?///」びくぅっ


62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:22:35.76 ID://Z6Ypq90
双子妹「ほら、もう限界でしょ?」

双子姉「あっ、あぁっ///」ちょろっ

姉「あ」

双子妹「ふふ」にやり

双子姉「あぁ……で、でちゃい、ます……///」しゃー

双子妹「双子姉ちゃんってば、この年でおもらし? いけないんだー」

双子姉「見ないで、姉さんも、見ちゃ、ダメです……」ぐすっ

姉「……」

双子妹「お姉ちゃん、鼻血でてるよ?」

姉「こ、このままじゃまずい! 次の展開! >>65」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:25:35.57 ID:i5Et82yK0
飲尿


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:26:39.71 ID:x2USxo5e0
おしっこか双子姉の全身ペロペロ


65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:30:07.64 ID:W+rQwLM70
おっぱいなめる


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:34:07.11 ID://Z6Ypq90
双子妹「次の展開なんて決まってるでしょ?」ぬがしっ

姉「ぶっ!」

双子妹「あ、鼻血を吹いて気絶した」

双子妹「まぁいいか、それじゃあ、楽しもうね、双子姉ちゃん」おっぱいぺろぺろ

双子姉「んんっ///」びくっ

双子妹「あれ、まだ乳首にも到達してないのにそんなに反応しちゃって……」

双子妹「おもらししただけで感じちゃったのかな?」

双子姉「ち、ちがっ……ひゃっ!?///」

双子妹「邪魔なおねえちゃんもいなくなったし、このまま>>70しちゃおう」


67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:36:21.77 ID:i5Et82yK0
最後まで


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:37:53.60 ID:x2USxo5e0
最後まで


70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:55:13.31 ID:W+rQwLM70
ラジオ体操


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 01:59:44.04 ID://Z6Ypq90
『ラジオ体操第一~』

双子妹「いっちに、いっちに!」

双子姉「な、なんで突然……///」もじもじ

双子妹「いや、天の声に言われて」いっちに、いっちに

双子姉「……ともかく、もう出て行ってください!!! あんなことをしてくるなんて信じられません!!!」

双子妹「きゃあっ!? お、追い出されちゃった……」

双子姉「うぅ……双子妹さんのこと、信じてたのに……」ぐすっ

双子妹「どうしよう……謝るべきかな……?」

>>72


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:09:20.74 ID:42E4AbKJ0
もう一度お漏らし見てもらう


73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:10:54.20 ID://Z6Ypq90
>>72
双子姉をもう一度おもらしさせるという解釈でおk?


74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:11:54.44 ID:42E4AbKJ0
おけ


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:18:45.87 ID://Z6Ypq90
双子妹「……ううん、このままじゃ何も始まらない。今度は徹底的に懲らしめてあげたほうがいいね」

双子妹「ということで夜が開けました。今私は双子姉ちゃんの部屋にて双子姉ちゃんを監禁、さらに緊縛することに成功しあところでーす」

双子姉「双子妹さん! こんなことしていいと思ってるんですか!?」

双子妹「うん、だって双子姉ちゃんは許してくれるんだもん。この後ね」

双子姉「な、何を言って……っ!///」ぶるる

双子妹「利尿剤が効いてきたみたいだね。普通の10倍の量飲ませたから、すぐに余裕もなくなると思うよ」

双子姉「双子妹さん、なんで、こんなことを……?」

双子妹「それはね。双子姉ちゃんのことが大好きだからだよ」

双子姉「でも、こんなの、絶対間違ってっ……///」もじっ

双子妹「ふふ、もう限界なのかな? スカート、めくっていいよね?」

双子姉「だ、だめっ!///」

双子妹「あ、しみが出来てる。ちびっちゃったんだ……」

双子姉「……///」


76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:23:45.77 ID://Z6Ypq90
双子妹「いつまで我慢できるかな?」

双子姉「……あ、あぁ……」ちょろっ

双子妹「ふふ」

双子姉「あ、あぁ……だめ、だめですっ!///」ぷしゃあっ

双子妹「すごい勢いだね。ホント……えっちなんだね」ふみっ

双子姉「っ!? ま、まだ出てるのに、踏んじゃダメです!!!」

双子妹「踏んでるんじゃないよ? これは、アンマをかけてあげてるの!!!」ふみふみっ!

双子姉「ひゃっ! だ、だめっ、やめっああっ!!!///」びくびく

双子妹「ふふ、イっちゃいなよ?」

双子姉「ひゃぁっ、ふあっ……ああああああっ!!!!///」ぷしゃっ!

双子妹「気持ちよすぎて気絶しちゃったんだね。さて、この後は何してあげようかな?」


77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:25:54.59 ID://Z6Ypq90
それから数日後

双子妹「ほら、媚薬の入ったご飯だよ? おたべ?」

双子姉「はい、双子妹様……」

双子妹「それじゃあ、それを食べ終わったら、おしっことオナニー、見せてね」

双子姉「……はい///」

双子妹「ふふ、双子姉ちゃんはもう、ずっと私だけのものだよ」

BADEND


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:27:37.72 ID://Z6Ypq90
切りもいいし寝る。
結局姉がどこかに行ってしまったorz
いろいろすまなかった


80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:31:14.74 ID:42E4AbKJ0
なんという俺得
お疲れ


81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:34:27.59 ID:GhkLWKFs0
乙、まさに俺得
姉のレズプレイが見たかった


82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/14(土) 02:41:28.83 ID:yWinX3XoO
少し目を離した隙にヤンデレエンドとな





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「兄姉弟妹」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ