Powered By 画RSS


P「あずささん、この後はお暇ですか?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:12:06.38 ID:xbsNuS9eO
――765プロ事務所
――18:30

P「お疲れさまでした。あずささん」

あずさ「ふふっ。プロデューサーさん、今日もお迎え…ありがとうございました」ペコッ

P「いえいえ。俺もあずささんを迎えに行くの、結構楽しいので気にしないでください」

あずさ「あらあら。プロデューサーさん?そんな事言っていると、私…勘違いしちゃいますよ?」クスクス、

P「ははっ。あずささんになら、勘違いしてもらっても構いませんよ」

あずさ「ふふっ。ほんと、お上手なんですから」クスッ

P「…」チラッ

あずさ「どうしました?」キョトン

P「あずささん、この後はお暇ですか?」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:13:00.88 ID:xbsNuS9eO
あずさ「?」

あずさ「えぇ。後は帰るだけですけれど…ふふっ。お誘い、ですか?」

P「いつもあずささんにはお世話になっているので…たまには奢らせてください。いい店、知ってるんで」

あずさ「あらあら。うふふっ。じゃあ、お言葉に甘えちゃおうかしら」クスクス、

P「ははっ。じゃあ、早速行きましょうか」

あずさ「はいっ♪」

―――
――


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:14:19.08 ID:xbsNuS9eO
――BAR【レモンハート】
――19:15

――カランカラン

マスター「いらっしゃい」チラッ

P「マスター、久しぶり」

マスター「おっ?ぼんじゃないか?久しぶりだね。大学を卒業して以来…かな?」

P「ははっ。もうそんな前になりますか」

マスター「…ところで。ぼんの後ろの美人さんは誰なんだい?」ニヤニヤ、

あずさ「…///」モジモジ

P「ははっ。仕事仲間…ですかね」

あずさ「プロデューサーさん?私、仕事仲間…なんですか?」ムスッ

P「?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:15:49.51 ID:xbsNuS9eO
マスター「プロデューサー?」

P「ははっ。マスター、いま俺、芸能事務所でアイドルのプロデューサーをしてるんですよ」

マスター「へぇ。あの、ぼんがねぇ」フフッ

マスター「でも、僕にとって、ぼんはぼんなんだけどね」

P「マスターにそう呼ばれると、帰ってきた…って気がしますね」

マスター「あっはっは。僕もだよ。じゃあ、座って座って」

P「じゃあ、あずささんはここに」

あずさ「うふふっ。はい」ストン

マスター「美人さんは何する?」

あずさ「う~ん。何にしようかしら…」

P「ここのサケは、どれも美味しいですよ?」

――カランカラン

P「…おっ?」チラッ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:17:58.02 ID:xbsNuS9eO
松ちゃん「お~っ?何だか珍しいカオがいるぞ~?」

P「ははっ。お久しぶりです。松ちゃん」

松ちゃん「なんだ、ぼん。久しぶりじゃないか!あ、マスター!いつもので」

マスター「…いつも言っているじゃないか。ウイスキーのウーロン茶割りは邪道だって」

松ちゃん「何言ってるんだよ。これがウイスキーの一番ウマイ飲み方なんだって」

マスター「…仕方ないね」カチャカチャ

あずさ「うふふっ。そんなに美味しいのなら、私もそれにしようかしら」

P「じゃあ俺はいつものレモンハートで」

マスター「はいはい。じゃあ美人さんもウイスキーのウーロン茶割りだね?」

あずさ「うふふっ。はい」

松ちゃん「なんだいなんだい、マスターってば愛想よくしちゃってさぁ。
オレがウーロン茶割り頼むと文句しか言わないくせに。ほ~んと、美人にゃあいいカオしちゃってさぁ」

メガネさん「あっはっは。まぁ、そう言いなさんな。
ウーロン茶割りしか頼まないおまいさんと比べたら、そりゃあマスターの愛想も良くなるさね」 ストン

P「メガネさん!」

メガネさん「やぁ、久しぶり。ぼん」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:19:50.49 ID:xbsNuS9eO
P「ははっ…。その呼び方も、変わってないですね」

メガネさん「今も昔も、ぼんはぼんさ」

あずさ「さっきから皆さん、プロデューサーさんをぼんって呼んでますけど…」

メガネさん「あっはっはっ。美人さん、彼はまだまだサケを知らない坊主だから、ぼん、なんだ。
…ところで…ぼん?」ニヤニヤ、

P「…はい?」

メガネさん「この美人さんは誰なんだい?まさか、ぼんの…コレか?」ニヤッ

P「ニヤニヤしながら小指立てないでくださいよ~。あずささんは俺の仕事仲間です」

あずさ「…また仕事仲間って…」プイッ

メガネさん「けど、美人さんはそうは思ってないみたいだよ?」ニヤニヤ、

P「あずささんも~」

あずさ「…あらあら。うふふっ///」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:21:08.01 ID:xbsNuS9eO
マスター「ハイ、お待たせ。美人さんには『ウイスキーのウーロン茶割り』、ぼんには『レモンハート』ね」コトン

P「ありがとうございます。ここに来たら、やっぱりコレを飲まなくちゃ」

あずさ「うふふっ。美味しそう♪」

松ちゃん「ちょっとマスター!オレには?」

マスター「…ほら」コトン

松ちゃん「そろそろコレも、サケだって認めてくれりゃあいいのに」

マスター「…」ムスッ

メガネさん「あっはっは!」

あずさ「…うふふっ。ここ、とても雰囲気がいいですね」クスクス、

P「でしょう?」

あずさ「はいっ♪」

―――
――


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:22:50.05 ID:xbsNuS9eO
――21:30

あずさ「…ぷろりゅうしゃあしゃあん…わらひ、よっひゃいまひたぁ///」クタッ...

P「あずささん?大丈夫ですか?」ナデナデ、

あずさ「だめかもしれなひれふぅ…」

P「じゃあそろそろ出ましょうか」

あずさ「はひぃ…」

P「じゃあマスター!俺たち帰ります」ガタッ

あずさ「…ごちそうさまでひたぁ」ペコッ

マスター「はっはっは。良かったらまた来てよ。なんなら、ぼんの事務所の皆を連れて、さ」

P「はい!じゃあ、また。お代は置いておきますね?
ほら、あずささん?肩貸しますから、行きましょう」

あずさ「はいぃ…」キュッ

松ちゃん「ぼん…ちょっと」チョイチョイ

P「…?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:24:49.00 ID:xbsNuS9eO
松ちゃん「…手ぇ、離してやるなよ?あの美人さんに…ホレてんだろ?」ニヤリ

P「ちょっ!ま、松ちゃん!///」カァァァ

松ちゃん「あっはっはっはっ!またな!」バシッ

P「あいたっ!」

メガネさん「あっはっは!ぼんも立派になっちまいやがって!」

P「…メガネさんも、お元気で」

メガネさん「俺たちは、いつもここにいるからさ。またきなよ?」ニッ

P「…はい!」

あずさ「…ふふっ」クスクス、

P「…じゃあまたいつか」
あずさ「…ありがとうございましたぁ」

マスター「ぼん!」

P「…?」チラッ


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:26:11.64 ID:xbsNuS9eO
マスター「久しぶりに来たんだ。アレを、言わせてよ」

P「久しぶりに聞きますね。マスターの、あれ」

あずさ「…あれ…?」

マスター「ぼん、美人さん…」ニヤッ

マスター「スランジバール」

P「…はい!」

あずさ「…うふふっ。言葉の意味は分かりませんけど、とっても素敵な言葉ですね。じゃあ、また来ますねぇ」フラフラ、

――カランカラン...

松ちゃん「行っちまった…か」ゴクッ

松ちゃん「ぼんもまぁ…立派になっちまいやがってよ…」グスッ、

メガネさん「なんだい松ちゃん。涙なんか流しちゃってさ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:27:37.34 ID:xbsNuS9eO
松ちゃん「俺も彼女がほしいなぁ…!」

メガネさん「あっはっは!松ちゃんには、マスターがいるだろ?」チラッ

マスター「勘弁してよ、メガネさん」

松ちゃん「オレだってお断りだよ!」

メガネさん「あっはっはっは!」

―――
――


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:29:19.06 ID:xbsNuS9eO
――帰り道
――21:50

P「大丈夫ですか?あずささん」

あずさ「…ふふっ。ちょっと飲みすぎちゃいました…」トテトテ、フラフラ、

P「…帰れます?」

あずさ「…う~ん…」

P「…」チラッ

P「…良かったら、ウチ…寄ります?」

あずさ「…へっ?」キョトン

P「あっ…いや…その…」アセアセ

あずさ「…うふふっ。プロデューサーさん?」

P「…なんです?」

あずさ「…」スッ

P「…?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:30:17.40 ID:xbsNuS9eO
あずさ「…ちゅっ」チュッ


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:31:28.66 ID:xbsNuS9eO
P「…」

P「…へぇっ!?」

あずさ「うふふっ。へぇっ!?って何ですか?可愛い♪」クスクス、

P「いや!だって!ちゅって!ちゅって!」

あずさ「…これでも…勇気…出したんですよ?」

P「あずささん…」

あずさ「…プロデューサーさんのおうち…行きたいです…」ギュッ

P「あずささん…」ギュッ

あずさ「…ふふっ。捕まえたっ♪」

あずさ「私の…運命の人…」チュッ

私の人生で二回目のキスは…ほんのりラム酒の味がしました。

おわり


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:32:13.03 ID:owSVppbT0
お疲れ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:32:25.72 ID:vtMqjwjg0


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:32:38.10 ID:xbsNuS9eO
はい。ここまでありがとうございました


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/08/21(火) 23:44:16.34 ID:K/u/YPNw0
乙!


ブシロード デッキホルダーコレクション Vol.100 アニメ アイドルマスター 『三浦 あずさ』
ブシロード デッキホルダーコレクション Vol.100 アニメ アイドルマスター 『三浦 あずさ』




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/09/03(月) 17:45:44

    「ははっ」が凄い気になる


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ