Powered By 画RSS


奉太郎「…なあ、える」 える「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 05:34:32.75 ID:7Iy35H5l0
える「お、折木さん」

奉太郎「その経営的戦略眼についてだが、俺が修めるというのはどうだろう?」

える「どうして急に下の名前……え?」

奉太郎「……」

える「折木さん、それって…その」

奉太郎「結婚しよう、える」

える「」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 05:39:16.05 ID:7Iy35H5l0
える「」

奉太郎「…なあ。聞いてるのか?」

える「」

奉太郎「……」

える「」

奉太郎「ちゅーしちゃうぞ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 05:44:13.97 ID:7Iy35H5l0
える「……ハッ!!!」

える「お、おおお折木さん!!おおおち落ち着いてください!」

奉太郎「お前が落ち着け」

える「わたしたちまだ学生ですよ!そんな…急に!」

奉太郎「驚かせたならすまん。だが俺はお前のことg」

える「こ、困ります!だってその…新婚旅行の行き先も決めてないのに!!」

奉太郎「飛躍しすぎだ。せっかちだな、えるは」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 05:58:13.56 ID:7Iy35H5l0
える「ま、待ってください!新婚旅行は結婚式の後です!」

奉太郎「それはそうだろう」

える「…いえ!そんなことより!!」

奉太郎「お前は一人娘だろう、俺が婿入りする形になるのがベストだろうな」

える「折木さん!」

奉太郎「千反田だ。千反田奉太郎に俺はなる」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:04:05.81 ID:7Iy35H5l0
える「待ってください!」

奉太郎「ダメ……か?」

える「ダメじゃ!…ない……ですけど」

奉太郎「ならば」

える「どうしてそんなに積極的なんですか!?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:13:49.22 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「俺がお前のことを愛しているからだ」

える「……ッッ!こ、答えになっていません!」

奉太郎「ずっと…愛していた」

える「ですから!どうしてそんな急に」

奉太郎「お前への愛を伝えずにはいられなくなったんだ」

える「…!……!」パクパク

奉太郎「お前は…えるは。俺のことをどう思ってるんだ?」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:21:13.39 ID:7Iy35H5l0
える「……折木さんのことは、その」

える「いつも、何度も、助けていただいて」

奉太郎「たまたまだ」

える「本当に感謝しています。折木さんは、わたしにとって大切な人で…」

える「…特別な、人です」

奉太郎「…それは」

える「わたしも……折木さんのことが、好きです」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:26:07.20 ID:7Iy35H5l0
える「……」

える「……あの、おれき、さん?」

奉太郎「  」フラッ

バタン

える「折木さん!」

える「折木さん! 大丈夫ですか!? 折木さん!――」

―――
――


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:34:59.14 ID:7Iy35H5l0
――
―――
ほうたろの部屋

奉太郎「……その…ただの風邪で、心配掛けてすまなかった」

える「いいんです。昨日無理を言ってお手伝いしていただいたわたしの責任です」

奉太郎「千反田が気にすることじゃない。見舞いに来てくれてありがとう」

える「これ、お見舞いの品です。紅茶に入れるとおいしいんですよ」

奉太郎「ほう……ジャムか」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:38:40.77 ID:7Iy35H5l0
える「……」

奉太郎「どうした」

える「さっき、折木さん、わたしのこと『千反田』って……」

奉太郎「ずっとそうだっただろう?」

える「……もしかして、折木さん」

える「昨日、倒れる前のこと……覚えて…いないんですか?」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:42:15.52 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「それが、頭がボーっとしててな」

奉太郎「何か……やたらと気分が高揚していたというか、そんなだった気はするんだが」

える「……」

奉太郎「…ち、千反田?」

える「……」ジワッ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:45:41.52 ID:7Iy35H5l0
える「…る」

奉太郎「え?」

える「えるって……呼んでくれたじゃないですか」

える「わたしのことを、愛していると言ってくれたじゃないですか!!」

奉太郎(……なん……だと?)


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 06:52:42.00 ID:7Iy35H5l0
える「あの言葉も!忘れてしまったんですか!」

える「……何かのまちがい、だったんですか?」

奉太郎「…いや、それは」

える「っ!」ダッ

奉太郎「千反田!! 待ってくれ! ちた…っ!」



奉太郎「……クソッ!!」ドンッ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:03:28.03 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「……」

奉太郎「…俺は……馬鹿か」

奉太郎(ここで追いかけずに……何が省エネだ)

奉太郎(俺は……)

奉太郎「俺の省エネは……すべて今日この一瞬(トキ)のために!!」

奉太郎「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」ダダダダダ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:07:11.39 ID:7Iy35H5l0
奉太郎(……いた)

奉太郎(まだ100mも離れていなかった)

奉太郎「千反田ァァァァァ!!!」ドドドド


える「ひっ!」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:15:02.36 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「千反田!」ズシャァァ

える「折木、さん」

奉太郎「ま…待って…ハァ…くれ! ハァ…ハァ…」

える「いえ、いいんです」

える「わたしが……嬉しくて」

える「舞い上がってしまった…だけなんです」

奉太郎「千反田!」

える「だから…グスッ…明日から、また…いつもどおr」

奉太郎「……える!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:24:40.97 ID:7Iy35H5l0
える「…!!」ビクッ

奉太郎「お前は、勘違いをしている」

える「そんなこと」

奉太郎「昨日……俺が倒れる前」

奉太郎「そのあたりのことを、覚えていないのは、本当だ」

える「……やめてください」

奉太郎「だから、お前に向けて言った言葉も」

える「やめてください!」

奉太郎「今の俺は覚えていない」

える「もういいんです!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:28:58.49 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「だから、改めて伝えよう」

奉太郎「千反田」

奉太郎「……える」


奉太郎「俺は、お前のことが好きだ」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:37:54.45 ID:7Iy35H5l0
える「……」

奉太郎「傷つけて本当にすまなかった。だが俺は」

奉太郎「たとえ他のすべてを忘れようと、お前のことだけは見失いはしない」

奉太郎「お前への想いを忘れることはない」

奉太郎「える。 俺はお前のことを愛している」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:45:47.93 ID:7Iy35H5l0
える「……やっぱり、いつもの折木さんらしくないですね」

奉太郎「えるに関することは例外だ」

える「せっかくのエネルギーが、もったいないですよ」

える「……でも、うれしいです」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:47:42.00 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「……える」

える「折木さん」

える「いえ……奉太郎さん」


える「わたしも、奉太郎さんのことが大好きです」

おわり


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:48:48.96 ID:7Iy35H5l0
すみませんでした
勢いで立てるもんじゃねーな


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:49:00.44 ID:MBomfJLk0


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:57:48.38 ID:erJ9gcuGO
おつ 良かった


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 07:58:01.54 ID:7Iy35H5l0
後日 部室

える「今日は奉太郎さん来ないんでしょうか……」

里志「!?」

摩耶花「ちーちゃん!? ほ、奉太郎さんってどういうこと!!?」

える「あ…/// 実はですね……」

ガラッ

奉太郎「お、3人とも来てるのか」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:00:34.95 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「える、会いたかったよ」

里志「!?」

える「奉太郎さん……///」

摩耶花「お、おおお折木!? 頭でも打ったの!?」

奉太郎「失礼な!」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:03:53.94 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「その、つい先日なんだが」

奉太郎「俺とえるは、まあその、恋人同士になったわけだ」

里志「!?」

摩耶花「も、妄想にちーちゃんを巻き込むんじゃないわよ!!」

える「奉太郎さん、そんなはっきり言われると照れちゃいます……」モジモジ


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:07:12.73 ID:7Iy35H5l0
里志「!?」

奉太郎「まあいいだろ、遅かれ早かれだ」

摩耶花「ほ、本当なの……ね?」

奉太郎「だからそうだと言ってるだろう。 なんならここでえるを抱きしめ…」

える「奉太郎さん! 人前じゃ恥ずかしいです!」

摩耶花(二人きりならいいの!?)


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:11:45.08 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「…いや、そうじゃなくて」

える「摩耶花さん?」

摩耶花「うん……。 おめでとう、ちーちゃん」

える「ふふ。 ありがとうございます、摩耶花さん」

奉太郎「奥歯に物が挟まったような言い方だな」

摩耶花「そんなことないわよ。あんたたちお似合いだと思ってたし」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:13:52.17 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「ただ…折木、あんたがねえ……」フー

奉太郎「なんだ」

摩耶花「ねえ、ふたりのどっちが先に告白したの?」

える「それは」

奉太郎「俺だ」

里志「!?」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:25:10.37 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「うそ! てっきりあんたのチキンっぷりに痺れを切らしたちーちゃんが…って感じだと思ったのに」

奉太郎「…俺にそういうところが無かったとは言えないが」

える「奉太郎さんは、いざというときにはとても頼りになる人なんですよ、摩耶花さん」

摩耶花「まあ……そうかもね」

奉太郎「……」プイ


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:28:22.50 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「っていうか、いつまでそこに突っ立ってるのよ」

奉太郎「ああ、そうだな」

ガガガガ

摩耶花(イスを……動かして)

奉太郎「ふう」スッ

里志「!?」

摩耶花(ちーちゃんの……隣に!? っていうか近っ!!)


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:30:42.15 ID:7Iy35H5l0
える「えへへ~……奉太郎さん///」

奉太郎「える……///」



摩耶花(これ! なに!?)


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:34:03.81 ID:7Iy35H5l0
える「……」スリスリ

奉太郎「……」ナデナデ



摩耶花(うわあああ!! ふくちゃんこの状況なんとかしt …)

摩耶花(息してない……)


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:41:38.01 ID:7Iy35H5l0
摩耶花(…そうよ、離脱! 戦略的撤退!)

摩耶花「ッゲフンゲフン! ああん! そういえば今日は漫研に行く用事があったんだった!」

奉太郎「伊原、お前漫研やめただろう」

摩耶花「ノオオオオオオ!!!」

摩耶花(なんでその状況で冷静なのよ! fack!)

える「摩耶花さん、スペルが違いますよ。 f・u・c・k です」ニコッ

摩耶花「ちーちゃん心読まないで!」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:42:44.82 ID:lpqmKXhF0
oh... miss spell


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:46:47.14 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「伊原、どうしたんだ。 ほら、茶菓子でもつまんで少し落ち着け」

摩耶花「黙ってなさい!」

える「摩耶花さん、小魚ありますよ。 カルシウム豊富です」

摩耶花「あ、ありがとう。 じゃなくて!」

奉太郎「俺のときと態度が違いすぎるぞ」

摩耶花「ちーちゃんも人目を憚りなさい! 密着してるじゃない!」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:52:31.92 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「さっきは恥ずかしいって言ってたのに!」

える「それは確かに……その、ちょっと恥ずかしいですけど」

える「奉太郎さんとこうしていると、とても気持ちいいんです///」

摩耶花(くううううううううううううう!!!)

奉太郎「とても幸せな気持ちになれます」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:54:04.40 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「折木はさっきから完全にキャラが変わってるわよ!」

折木「お前も大概だぞ」

摩耶花「誰のせいよ!」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 08:58:58.06 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「……疲れた。 わたし帰る」

奉太郎「そうか」

える「大丈夫ですか? ゆっくり休んでくださいね」

摩耶花「うん。 それじゃあまたね」

える「はい。 また明日」

ガラッ バタン


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:04:12.30 ID:7Iy35H5l0
――
―――
部室前

摩耶花「……はあ」

摩耶花(ん……声が……)


える「奉太郎さん、ふたりっきりになってしまいましたね」

奉太郎「そうだな」

える「きゃっ/// もう、変なところ触らないでください///」

奉太郎「える……」

える「んっ… 奉太郎、さん……」



摩耶花(……帰ろ)

おわり


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:16:04.58 ID:7Iy35H5l0
部室

える「不思議探索をしましょう」

里志「!?」

奉太郎「どうしたんだ急に」

摩耶花「不思議探索ってなに?」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:19:04.26 ID:7Iy35H5l0
える「不思議探索というのはですね、不思議を探すんです」

摩耶花「なるほど」

奉太郎「…不思議なことを見つけて、それでどうするんだ?」

える「文集です!」

里志「!?」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:27:23.04 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「……」

える「去年の文集の出来は、それは素晴らしいものでした」

摩耶花「そう…ね、中身の評判もよかったと思う」

える「ですから、」

奉太郎「『今年の古典部はイマイチだな』と思われないためにも、興味を惹くネタを探そうというわけか」

える「そうです! さすが奉太郎さんですね。大好きです//」

摩耶花(はいはい)


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:32:27.41 ID:k94mbeuB0
里志が空気だなと思ったらずっと「!?」しか言ってねえw


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:33:51.25 ID:7Iy35H5l0
える「そういうわけで、今週の土曜日に某所に集合と相成りました」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:41:19.33 ID:7Iy35H5l0
――
―――
土曜日

奉太郎「おはよう。 もうみんな来てたのか、早いな」

える「奉太郎さんが一番最後ですね。 罰金です」

摩耶花(ちーちゃん意外と厳しい…?)

奉太郎「じ、時間通りだっただろう。 金もそんな持ってきてないぞ」

える「いいえ。 わたしの頭をなでなですることでお支払い可能なんです」

奉太郎「……おいで」

える「ふふ///」トローン

摩耶花(前言撤回!)


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:45:03.49 ID:7Iy35H5l0
える「これから不思議探索を行いますが、まずはくじ引きをしましょう」

奉太郎「なんでまた」

える「4人でまとまって探すより二手に分かれた方が不思議を発見しやすいんです。 伯父が言っていました」

奉太郎「なるほど」

摩耶花「それはそうね」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:48:17.85 ID:7Iy35H5l0
える「爪楊枝を引いてください。2本に赤い糸、いえ、印が付けてあります」

-くじ引き-

里志「赤だ」

奉太郎「無印だな」

摩耶花「わたしも無印」

える「……赤…です」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 09:53:35.93 ID:7Iy35H5l0
える「…奉太郎さん!!」グイッ

奉太郎「な、なんだ」

える「いいですか」

奉太郎「なにが」

える「これはデートではないんです。 古典部の命運を左右する重要な仕事だということをっ」

奉太郎「分かってる! 分かってますとも!」

える「ならいいんですが……」

奉太郎「何も心配することはない。すぐに帰ってくるさ」ナデナデ

える「はい……///」

摩耶花(…チッ)


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:00:48.31 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「えるがいない……」

摩耶花「あんた本当にちーちゃんのこと好きな 奉太郎「まあな」

摩耶花「……」

摩耶花(いやいやいや、即答されたって格好よくないわよ)

奉太郎「ところで不思議ってどこにあるんだ?」

摩耶花「微妙に深遠な問いかけしないで」


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:05:21.13 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「あそこにベンチがあるな、座ろう」

摩耶花「そうね」

奉太郎「……」

摩耶花「……」

奉太郎「なあ」

摩耶花「なによ」

奉太郎「今日は大日向は来ないのか」

摩耶花「ひなちゃんはなんか用事あるんだって」

奉太郎「そうか」


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:11:13.47 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「折木…あんたさ、変わったよね」

奉太郎「また藪から棒に」

摩耶花「やらなくてもいいことは、やらないんじゃなかったの?」

奉太郎「文集の充実は、まあ、やらなければならないことだろ」

摩耶花「手短に?」

奉太郎「よく覚えてるな」

摩耶花「……まあ、いいんだけどね」


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:14:40.65 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「……」

摩耶花「……」

奉太郎「そうだな。 すこし惚気ていいか」

摩耶花(藪蛇だった!)

奉太郎「実は」

摩耶花(まだ許可してないのに!)


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:24:18.35 ID:7Iy35H5l0
奉太郎「―――」

摩耶花(流れる雲を眺めていた。空はどうして青いんだろう。不思議)

奉太郎「―――というわけだ」

摩耶花「そっか」

ピロリロリン

摩耶花「ふくちゃんから電話だ」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:33:02.41 ID:7Iy35H5l0
える『もしもし、摩耶花さんですか? わたしです』

摩耶花「あれ、ちーちゃん? どうしたの?」

える『福部さんに携帯電話をお借りしたんです。 あの、奉太郎さんに代わっていただけますか?』

摩耶花「だそうよ。 はい」

奉太郎「…もしもし」

える『奉太郎さん! 時間です!』

奉太郎「時間、というのは?」

える『集合地点に帰投してください。 会いたいです』

奉太郎「分かった。 すぐ行く」キリッ


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:42:06.50 ID:7Iy35H5l0
摩耶花(折木がダッシュしてるとこ初めて見た……)

奉太郎「える。待たせて悪い」ナデナデ

える「奉太郎さん…」ギュー

里志(こいつはもう別人だよ、ホータロー)


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:49:03.80 ID:7Iy35H5l0
える「午後の組分けをしましょう」チラッ

奉太郎「そうだな」チラッ

摩耶花(……きなの臭いがするわ)


-くじ引き-

える「赤です!」

奉太郎「俺も赤だな」

える「ということはわたしと奉太郎さんのペアですね!」

奉太郎「じゃあ行こうか、える」スッ

える「はい///」

摩耶花(ナチュラルに手を繋いだ!?)


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 10:57:00.19 ID:7Iy35H5l0
奉太郎(良い天気だ)

奉太郎(ただの散歩も……悪くない)

奉太郎(えると他愛ない話をしたり、10年後の農家のあるべき姿を議論することは、とても楽しい)

奉太郎(……繋いだ手が汗ばんできた)

奉太郎(い、一旦拭いた方がいいのか!?)


125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:07:08.62 ID:7Iy35H5l0
える(どうしましょう……手が汗ばんできました)

える(奉太郎さんに嫌われてしまうでしょうか……)

える(でも……手は放したくないです…)ギュッ

奉太郎「!」

奉太郎「……」ギュッ

える(ほ、奉太郎さん…握り返してくれた?)

える(……ふふ///)


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:10:18.46 ID:7Iy35H5l0
える(……あっという間に時間が過ぎてしまいました)

える「そろそろ、戻りましょうか」

奉太郎「そうだな」


おわるか


127 : 忍法帖【Lv=4,xxxP】(1+0:15) 2012/09/14(金) 11:12:53.61 ID:wBn6TSLM0
無理すんな


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:13:29.03 ID:Pscnkoqb0
よく頑張った…


129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:13:57.76 ID:XdVUqUQkO
無理しろ


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:16:27.92 ID:7Iy35H5l0
部室

える「奉太郎さっ…ん//」スリスリ

奉太郎「ん?」モミモミ

摩耶花(……慣れって怖いわ)

える「携帯電話が欲しいですね」

奉太郎「無くても困らないが……あったら便利だろうな」


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:24:25.17 ID:7Iy35H5l0
里志「おお!ついにホータローと千反田さんが携帯デビューかい」
里志「今買うならやっぱりスマートフォンだろうね」
里志「僕のおススメはやっぱりD社の銀河かな!」
里志「いや! でもふたりは通話が多いだろうしW社も…」


える「それで、ですね」

える「今度のお休みに、ご一緒に携帯電話を見に行きませんか?」

奉太郎「買うわけではないのか?」

える「はい。 まずは下調べです」

奉太郎「ん…じゃあ行こうか」

える「楽しみです」ニコッ


摩耶花(電気屋デートですね)


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:44:23.19 ID:7Iy35H5l0
電気屋

える「……最近の携帯電話はすごいですねえ」

奉太郎「そうだな」

奉太郎「……む」

える「どうしました?……家庭用電動小型マッサージ機?」

奉太郎「……」

える「奉太郎さん、どこか具合の悪いところでも?」

奉太郎「……まあ、ちょっとな」


138 : 忍法帖【Lv=35,xxxPT】(1+0:15) 2012/09/14(金) 11:55:28.06 ID:UAfmDSF20
まさか…!


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:55:59.84 ID:0kpjrR390
これは…!?


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 11:58:55.81 ID:7Iy35H5l0
後日 部室

ブブブブブブブブブブブブブブ

える「やっ…あああ! だめ!だめっ…です/// あん!///」

摩耶花「」

える「ほっ…奉太郎さッ…んん! ひぁっ!」ビクンッ

奉太郎「える…えるっ……」

摩耶花「」

える「だ…めっ! きもちよくなっちゃ…ぁあんっ…います!!///」ビクビクッ

―――
――


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 12:01:07.66 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「―――ハッ!!」キョロキョロ

える「……」トローン

奉太郎「……」ナデナデ

摩耶花「いつも…通り? あれ? 夢?」


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 12:06:51.71 ID:7Iy35H5l0
摩耶花(そ、そうよね……いくらこの二人でも部室であんなことまでは…)

摩耶花(……)

摩耶花(……///)カアッ

奉太郎「伊原」

摩耶花「ひゃい! な、なによ!」

奉太郎「挙動不審だぞ」

摩耶花「そ、んなことはない!」

摩耶花(…って、え? なんでわたしが? あれ?)


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 12:20:13.89 ID:7Iy35H5l0
摩耶花「…!! 折木、それって…」

奉太郎「これか? 電マだ」

摩耶花「そうじゃなくて! そんなのがどうしてこの部室にあるのよ!」

奉太郎「えるが使ってみたいというものだから、持ってきた」

摩耶花「そのちーちゃんはどうしてそこで陶然としてるの!?」

奉太郎「よほど肩が凝っていたんだろうな。 そうとう気持ち良かったらしい」

摩耶花「気持ち良…って、え? 肩?」

奉太郎「それがどうかしたのか?」ケロリ

摩耶花「いや……なんでもない……」

摩耶花(……なんだ、肩か)


おわり


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 12:22:28.54 ID:EIJOvJ9b0
ふう…乙


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 12:45:56.87 ID:0kpjrR390
乙!!
よくがんばった!感動した!!


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/14(金) 12:49:44.80 ID:ygeB6z270

面白かったぜ!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「氷菓」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2012/09/29(土) 01:32:58

    >奉太郎「千反田だ。千反田奉太郎に俺はなる」
    ワンピ‥いや何でもない


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ