Powered By 画RSS


京子「あかりが2人になった!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:44:34.92 ID:U558twJS0
あかり1「そうなんだよぉ~・・・」

あかり2「今日朝起きたら2人になっててねぇ~・・・」

あかり1「困ったよぉー・・・」

あかり2「ねぇ~・・・」

京子「えらいこっちゃ・・・」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:46:11.47 ID:4WJBdxyY0
あかねさん歓喜


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 00:58:32.40 ID:U558twJS0
京子「なるほど。こっちのあかりはお団子が片方しか無いんだ。それで一応見わけはつくわけだね」

あかり2「そうなんだよぉ~」

京子「つまりこっちが偽物って事かなー?」

あかり2「に、偽物じゃないよぉ~!」

あかり1「両方あかりなんだよぉ~!」

京子「そっか・・・(一体どういう事だろう・・・)」

ガラッ


結衣・ちなつ「「こんにちわー」」

結衣・ちなつ「「!?」」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:02:59.10 ID:U558twJS0
結衣「え?・・・え?(あかりが・・・)」

ちなつ「な・・・なに・・・これ・・・(二人いる・・・?)」

京子「あー・・・(どう説明すれば良いのやら・・・)」

あかり1「えぇっと・・・」アセアセ

あかり2「その・・・」アセアセ

京子「んー・・・(あかり困っちゃってるな・・・よし。)」

京子「私が説明しよう!」キリッ

あかり1・2「「!」」

結衣・ちなつ「「!」」

あかり1「(な・・・なんて言うのかな・・・)」


京子「あかりがね・・・」

結衣・ちなつ「「・・・」」

京子「・・・二人になっちゃったんだよ」

結衣・ちなつ「「・・・」」

あかり1「(そのまんまだよぉ~!)」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:10:01.90 ID:U558twJS0
結衣「・・・な、なるほど」

ちなつ「今日、朝起きたら、あかりちゃんが二人になってた・・・と(それで今日、学校は休んだんだ・・・)」

あかり1「う、うん・・・」

あかり2「それ以上は説明しようが無いんだよぉ・・・」

結衣「制服もなぜか2つあったんだ・・・?」

あかり1「う、うん・・・」

ちなつ「こっちのあかりちゃんはお団子作ろうとしてもなぜか片方しか出来ないんだ?」

あかり2「う、うん・・・」

結衣「それで、一応見分けはつくわけだね」

あかり1「そ、そうだね・・・」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:11:51.37 ID:U558twJS0
あかり1「別に困る事は無いんだけど・・・」

あかり2「どうしたら良いのかわかんなくて・・・」

あかり1・2「「ねー・・・」」

三人「「・・・」」

京子「それにしても・・・すごいな・・・」チラッ

結衣「・・・あぁ」コクッ

ちなつ「・・・そうですね」コクッ

あかり1・2「「・・・?」」

京子「二人いるのに・・・」

結衣「全然・・・」

ちなつ「存在感が無い・・・!」

あかり1・2「「え、えぇ~!?」」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:18:36.65 ID:m7RTohf70
存在感がないわろた
支援


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:19:03.23 ID:U558twJS0
京子「家族の人にはいったのかー?」

あかり1「それが・・・お父さんとお母さんには言えなくてね・・・」

あかり2「最初にお姉ちゃんに相談したんだけど・・・」

結衣「・・・なんて言ってたんだ?」

あかり1「その場で倒れちゃって・・・」

結衣「えぇ!?・・・倒れた?」

ちなつ「まぁ・・・自分の妹がいきなり分身してたらそりゃあショックですよね・・・」

あかり2「そうだよね・・・」

あかり1「それでお姉ちゃんの看病してたのもあって学校休んだんだよぉ・・・」

京子「・・・。(いや多分それ・・・ショックじゃない・・・)」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:24:38.19 ID:U558twJS0
京子「なんか朝、他に変わった事とか無かったのー?」

結衣「そうそう。なんか変な夢見てたとかさー」

あかり1「うーん・・・いつもと違った事と言ったら・・・」

あかり2「ベッドから落ちてた事くらいかなぁ・・・?」

京子「ベットから落ちてた?」

あかり1「うん。それで、落ちた衝撃で目が覚めて、起きたら・・・」

あかり2「二人になってたんだよぉ・・・」

結衣「なるほどなー。」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:27:33.16 ID:U558twJS0
京子「じゃあ、衝撃で分身しちゃったって事じゃないのかなー?」

あかり1「しょ、衝撃で?」

あかり2「でも・・・衝撃で人が二人になるかな・・・?」

京子「いや、そりゃあなるかならないかで言ったら絶対ならないけどさぁ・・・」

結衣「現にこうしてなってるわけだからねー・・・」

あかり1・2「「そっかぁ・・・」」

ちなつ「じゃあ、二人を強くぶつけてみれば良いんじゃないですか?」

あかり1「えぇ!?」

京子「まぁ・・・そうだよね。衝撃で分身するなら、衝撃で戻るかもねー」

あかり2「恐いよぉ~・・・」

結衣「とりあえず試してみようよ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:31:09.06 ID:U558twJS0
京子「よーし。結衣、準備は良い?」

あかり1「・・・」プルプル

結衣「良いぞー」

あかり2「・・・」プルプル

京子「せーので私達が思いっ切り押すから・・・」

結衣「あかりはそのまま身を任せて・・・」

京子「真ん中で・・・」

結衣「ドーンっとね」

あかり1・2「「こ、恐いよぉ・・・」」

結衣「大丈夫だよ。とりあえず頭同士ではぶつからないように避けてね」

京子「体と体でぶつかれば、失敗してもせいぜい悶絶する程度で済むはずだからさ!」

あかり1・2「「う・・・うん・・・」」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:34:16.53 ID:WVb6aPRw0
さぁどうなる


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:34:29.92 ID:U558twJS0
京子「じゃあちなつちゃん、お願い」

ちなつ「はーい。・・・いきますよー?」

京子・結衣「「・・・」」グッ

あかり1・2「「・・・」」

ちなつ「せー・・・」

ちなつ「の!!」

京子・結衣「「とりゃあ!」」バッ

あかり1・2「「・・・っ・・・」」スーッ


ゴチ―ン


あかり1・2「「・・・?(痛くない・・・?)」」


京子・結衣・ちなつ「「!!」」


あかり3「・・・あれ?」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:35:23.99 ID:LgsG2M9L0
天使が三人


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:36:19.59 ID:4jcEXPx9O
あかねさんガチで昇天するぞ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:38:46.99 ID:U558twJS0
京子・結衣・ちなつ「「・・・・・・」」


京子「こ・・・これは・・・(しかも・・・)」

結衣「マ・・・マジか・・・(お団子が・・・)」

ちなつ「増えちゃった・・・(1個もない・・・)」

あかり1「・・・」ジーッ

あかり2「・・・」ジーッ

あかり3「・・・」ジーッ

あかり1・2・3「「・・・」」ポリポリ

京子「(なに自分同士で人見知りしてるんだ・・・)」

結衣「(まぁ一番どう接して良いかわからない相手だよな・・・)」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:41:47.86 ID:U558twJS0
京子「・・・さて、どうするか」

結衣「もう一回ずつぶつけてみたけど、もう増えも減りもしないみたいだしな・・・」

ちなつ「そうですね・・・(あかりちゃん達大丈夫かした・・・)」

あかり1・2・3「「・・・」」プルプル

京子「それにしても、今この部屋にいる人間の5割があかりなわけだけど・・・」

ちなつ「すごい状態ですね・・・」

結衣「これでやっと京子一人分くらいの存在感だな」

あかり1・2・3「「えぇ~!?」」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:47:08.53 ID:U558twJS0
京子「あかりはさ、」

あかり1「なに?」

あかり2「なに?」

あかり3「なに?」

京子「・・・」

京子「・・・とりあえず呼び方考えた方が良いな」

結衣「・・・そうだな」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:50:51.22 ID:U558twJS0
京子「じゃあ・・・お団子2つの普通のあかりは、そのまんまあかりね」

あかり1「は、はーい・・・」

京子「んで、お団子1つのあかりは・・・あかりんね」

あかり2「あかりんかぁ・・・」

京子「んで、お団子無しのあかりは・・・あかりんりんね」

あかり3「あ、あかりんりんかぁ・・・」

結衣「見た目が地味なほど名前は豪華なんだな・・・」

ちなつ「あかりちゃん、あかりんちゃん、あかりんりんちゃんって事ですね!」

京子「そう。おっけー?」

あかり・あかりん・あかりんりん「「わ、わかったよぉ・・・」」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 01:55:21.70 ID:U558twJS0
京子「とりあえず、元に戻す方法がわからない以上、これでいくとして・・・」

結衣「まぁ・・・そうだな・・・」

京子「どうせだから今日の部活は、6人いなきゃ出来ないような事しようよ」

結衣「おぉ?」

京子「せっかくじゃん?」

結衣「いつも4人で出来る事しかやってないしなー」

ちなつ「良いですね!」

あかり・あかりん・あかりんりん「「(イベント扱いだよぉ・・・)」」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:10:47.41 ID:U558twJS0
――あかりの部屋――

あかね「・・・はっ」パチッ

あかね「ここは・・・あかりの部屋・・・?」

あかね(そうだ・・・私・・・廊下で倒れて・・・)

あかね(私の部屋は鍵掛かってたから・・・あかりが自分の部屋のベッドに運んでくれたのね・・・)

あかね(あれ・・・?でもあかりの力で私を運べるかしら・・・?)

あかね「!!」

あかね(そう言えば・・・)

あかね(あかりが二人に増えてて・・・それで興奮して気絶したんだったわ・・・!)

あかね「・・・あかりが二人・・・」

あかね「・・・・・・」モンモンモンモンモンモン


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:12:08.43 ID:ZI6PIF820
ある意味あかハー


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:12:58.80 ID:FemqKtox0
目覚めるあかねさん


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:19:55.82 ID:U558twJS0
京子「では始めるよ!」

結衣・ちなつ「「・・・」」ゴクッ

あかり・あかりん・あかりんりん「「・・・」」ゴクッ


京子「京結ちな vs あかりーず」

京子「三本勝負!!」

結衣・ちなつ「「ま、負けないぞー!」」

あかり・あかりん・あかりんりん「「こ、こっちだって!」」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:36:45.40 ID:U558twJS0
京子「では一本目・・・」箱ゴソゴソ

京子「これだ!」サッ


京子「モノマネ対決~!!」


京子「選手は・・・ちなつちゃんと、あかりんりん!!」

ちなつ「モノマネですか~!?(・・・ふっ。私にはあれがある)」

あかりんりん「なにもレパートリーないよぉ~・・・」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:40:30.64 ID:U558twJS0
京子「ではちなつちゃんから!」

ちなつ「はーい!」

ガラッ

ちなつ「じゃじゃーん!」キャピーン

京子「おぉ!王道!ミラクるん!」

ちなつ「はきゅーん!へきゅーん!」クネクネ

    いくよ☆げっちゅ~愛のステッキで♪ クルクルミラクる~んかけちゃう!♪

結衣「・・・。(あざといなー・・・)」

あかり・あかりん「(あかりんりん、こんなのに勝てないよぉ・・・)」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:44:17.74 ID:U558twJS0
京子「では次は、あかりんりん!」

あかりんりん「は、はーい!」

結衣「(一体なにで来るんだ・・・)」

あかり「(あかりんりん・・・頑張って・・・!)」

ガラッ

結衣「!?(服装はそのままで・・・)」

ちなつ「!?(両手の拳を頭につけてる・・・?)」

京子「!?(これは一体・・・)」

あかり「!!(これは・・・まさか・・・)」

あかりんりん「・・・」スウッ



あかりんりん「赤座あかり!」



京子・結衣・ちなつ「」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:49:07.60 ID:U558twJS0
京子「勝者・・・」


京子「あかりんりん!!」


ちなつ「えぇ~!?」

あかりんりん「や、やった~!!」


ちなつ「な、なんでですかぁ~!!」

京子「いや~それは敵わないでしょ~顔全く同じなんだもん~」

ちなつ「ずるいですよぉー・・・」ムスーッ

あかり「やったね!あかりんりん!」キャッキャッ

あかりん「ナイス判断だよぉ!」キャッキャッ

あかりんりん「持ち味生かしたよぉ!」キャッキャッ

結衣「(・・・仲良いな)」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 02:57:26.01 ID:U558twJS0
京子「では・・・二本目・・・」箱ガサゴソ

京子「これだ・・・!」スッ


京子「おっぱいの大きさ比べ~!!(・・・お!)」


京子「選手は・・・結衣とあかりん!(これで一勝一敗持ち込めるな・・・)」


結衣「ふっ・・・」スッ

あかり・あかりん・あかりんりん「「・・・」」ドヨーン

ちなつ「(三人で落ち込んでる・・・)」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:02:23.02 ID:U558twJS0
京子「はい、じゃあ私の両側に立って~!」

結衣「・・・」スッ

あかりん「・・・」スッ

京子「私が両手で触って比べるからね~」

ちなつ「!!(結衣先輩の触れるなんて・・・羨ましい・・・)」

京子「てい!!」カシッ

京子「・・・」モミモミ

結衣「・・・(なんだこの状況・・・)」モミモミ

あかりん「・・・」サワサワ


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:04:02.21 ID:U558twJS0
京子「結衣は相変わらずでかいねー」モミモミ

結衣「・・・(少なくともあかりよりはな・・・)」モミモミ

京子「あれ?あかりんも意外と・・・」サワサワ

あかりん「・・・そ、それはお団子だよぉ~!」サワサワ

京子「あぁ、ごめんごめん。こっちか」スッ

スカッ

京子「・・・」

あかりん「・・・」


京子「勝者、結衣~!!」


あかりん「ふぇ~ん!」ダッ

あかり「よーしよし(・・・って言っても・・・)」ナデナデ

あかりんりん「よーしよよし(みんな共通の悩みだよぉ~!)」ナデナデ


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:15:02.87 ID:U558twJS0
京子「さーて、一勝一敗同士で最終決戦だね!」

結衣・ちなつ「「・・・」」ゴクッ

あかり・あかりん・あかりんりん「「・・・」」ゴクッ


京子「では三本目!・・・選手はもちろん私とあかりで・・・」

京子「お題は・・・」箱ガサゴソ

京子「これだー!」スッ


京子「くっつき耐久レース!(ありゃ・・・これって・・・)」


結衣・ちなつ「「くっつき・・・」」

あかり・あかりん・あかりんりん「「耐久レース・・・?」」

京子「あー・・・(私が前にちなつちゃんとしたくて入れといたお題だ・・・)」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:20:25.22 ID:U558twJS0
結衣「どういうお題だよ・・・?」

京子「えぇーっと・・・ルールはねぇ・・・」

京子「味方の二人に・・・両側からくっつかれて・・・」

京子「このクソ暑い中で、長い時間耐えられた方が勝利というものなんだけど・・・」

結衣「なんだそれー・・・?」

ちなつ「(京子先輩にくっつくのか・・・でも・・・)」

あかり「(って事は・・・)」

あかりん「(この三人で・・・)」

あかりんりん「(くっつくって事~・・・?)」

京子「ど、どうする~?」

バッ

ちなつ「(結衣先輩ともある程度はくっつけるでしょ!)やりましょう!!箱は絶対ですよ!」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:25:46.36 ID:U558twJS0
結衣「これで・・・良いのか・・・?」ギューッ

京子「うん。(まぁ・・・ちなつちゃんとくっつけるし良いかー・・・)」

ちなつ「(出来るだけ・・・結衣先輩に近づいて・・・)」ギューッ


あかりん「な、なんか・・・」ギューッ

あかりんりん「て、照れるねぇ・・・」ギューッ

あかり「自分に挟まれるってなんか不思議な気分だよぉ・・・」



京子・結衣・ちなつ「「(なんて不思議な絵なんだ・・・)」」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:31:14.12 ID:U558twJS0
京子「あっついな~・・・」ムニュッ

ちなつ「きゃっ・・・ちょっと、京子先輩、どこ触ってるんですか!」ギューッ

京子「良いではないか、良いではないか」サワサワ

ちなつ「きゃっ・・・京子先輩!」ギューッ

結衣「ただでさえ暑いんだからじっとしてろよ・・・」ギューッ


あかり「あっついよぉ・・・」

あかりん「大丈夫~?」ギューッ

あかりんりん「・・・でもなんか・・・」ギューッ

あかり・あかりん「・・・?」

あかりんりん「こうしてると落ち着くねぇ」ポケーッ

あかり・あかりん「「確かに・・・」」ポケーッ


結衣「(なんか向こう見てると和むな・・・)」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:32:26.53 ID:EsvcCM440
なんだこの可愛さは!?


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:37:28.57 ID:U558twJS0
――10分経過――

京子「あちぃ~・・・」

結衣「私達ももう結構きついぞー・・・」ギューッ

ちなつ「もう京子先輩が触ってくるのもどうでもよくなってきました・・・」ギューッ

京子「あ、本当?」サワサワ

ちなつ「だからって許してはいませんよ!」ツネッ

京子「痛いよ~・・・」

京子「・・・」

京子「やっぱそれ以上にあついよ~・・・」汗ダラダラ


あかり「・・・」

あかりん「・・・」ギューッ

あかりんりん「・・・」ギューッ


結衣「(向こうは静かだな・・・)」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:43:48.56 ID:U558twJS0
――20分経過――

京子「あぁ・・・そろそろ限界・・・」ダラダラ

結衣「制服の下、汗でびっしょりだ・・・」

ちなつ「・・・。(ちょっと汗臭い結衣先輩・・・やばい・・・鼻血が出そう・・・)」クンカクンカ


あかり「・・・」スースー

あかりん「・・・あれ?」

あかりんりん「あかり・・・寝ちゃったみたいだね」

あかりん「ふふ」ナデナデ

あかりんりん「こんな暑い中で」ナデナデ

あかりん・あかりんりん「「!」」ピタッ

あかりん・あかりんりん「「・・・」」


結衣「!!」

結衣「(あかりんとあかりんりんが・・・どんどん薄くなってく・・・!)」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:51:37.65 ID:U558twJS0
結衣「あ、あかりん、あかりんりん!!」バッ

京子・ちなつ「!?」バッ


あかりん・あかりんりん「「・・・」」


京子「あかりん!(どんどん・・・)」

ちなつ「あかりんりん!(薄くなってく・・・!)」


あかりん・あかりんりん「「・・・」」ニコッ

あかりん「やっぱり、お団子二個あるあかりが本物なんだよぉ」

あかりんりん「だから、あかりんとあかりんりんはこれでバイバイだね」


京子「あかりん!あかりんりん!!」


スッ


京子・結衣・ちなつ「あ・・・」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 03:55:01.97 ID:U558twJS0
あかり「・・・っ」パッ

あかり「あ・・・寝ちゃってたよぉ・・・」ムクッ


京子・結衣・ちなつ「「・・・」」


あかり「あれ?みんなどうしたのぉ?」

あかり「!」

あかり「あれ?そ、そう言えば・・・あかりんとあかりんりんは・・・!?」キョロキョロ


結衣「・・・消えちゃったよ」

あかり「え・・・えぇ!?」

京子「・・・あかりが寝たのと同時にね」

あかり「そ・・・そんな・・・」オロオロ


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:03:10.69 ID:U558twJS0
あかり「そ・・・そんな・・・」グスッ グスッ

京子「いや、泣くなって(仕方ないよな・・・明らかに異常な状態だったわけだし・・・)」

あかり「だって・・・だって・・・」グスン グスン

結衣「元々、なんていうかその・・・イレギュラーな存在だったわけだし・・・(あのままでもし、あかり本人になにかこれ以上変な事が起こっちゃったらそれが一番嫌だし・・・)」

あかり「そんな事無いよぉ!」ポロポロ

ちなつ「そ、そうだよあかりちゃん・・・!(元通りが一番なんだよね・・・・)」

あかり「そ、そんな・・・・」ポロポロ


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:11:59.33 ID:U558twJS0
京子「ある日、ちょっと不思議な事が起きました。それだけの話だよ」

結衣「そうそう。原因は全くわからなかったけど・・・楽しかったじゃん!」

ちなつ「そうだよ。なによりあかりちゃん本人は、しっかりこうやっているんだしさ!」

あかり「・・・」ポロポロ

京子「な?あかり」

あかり「・・・嫌だよぉ」スッ

京子「あ・・・あかり・・・?」

あかり「・・・」スタスタ

結衣「な・・・なにを・・・」


あかり「・・・っ」ピョンッ


結衣「!(思いっ切りジャンプして・・・)」

ちなつ「!(そのまま・・・横に・・・!)」


ドサッ


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:14:56.73 ID:U558twJS0
あかり「・・・痛っ・・・」


京子「あかり・・・」

あかり「・・・」ポロポロ

結衣「あかり・・・」

あかり「・・・」スッ

京子「あかり・・・?」

あかり「・・・っ」ピョンッ

結衣「あかり!もうよせって!」


ドサッ


あかり「うっ・・・」

京子「あかり・・・」

あかり「嫌だよぉ・・・嫌だよぉ・・・」ポロポロポロポロ


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:25:15.79 ID:U558twJS0
あかり「・・・」スッ

京子「あかり、もうやめな!」スッ

あかり「・・・っ」ピョ

京子「あかり!」カシッ

あかり「!・・・は、離してよ京子ちゃん!」ジタバタ

京子「そんな事やってたら怪我するよ!」

あかり「・・・っ」

京子「ほら・・・もう肘の所、思いっ切りすりむいてるじゃん・・・!」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:31:59.91 ID:U558twJS0
結衣「これ以上やろうとするなら・・・」スッ

結衣「私も抑えるからな」

あかり「・・・!」

ちなつ「もちろん・・・」

ちなつ「私もね」スッ

あかり「・・・」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:32:34.75 ID:U558twJS0
あかり「なんでみんな・・・」

あかり「あかりは、あかりんとあかりんりんと会うためにやってるのに・・・」

あかり「なんで止めるの・・・!」ジタバタ ジタバタ

結衣「・・・」

ちなつ「・・・」

あかり「なんで!」

結衣「・・・」

ちなつ「・・・」

京子「・・・そんなの決まってんじゃん」スッ


ギュッ


あかり「!」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:33:36.16 ID:U558twJS0
あかり「んっ・・・」

京子「みんな、」

あかり「・・・」


京子「たった一人のあかりが、大好きで、大事だからだよ?」


あかり「・・!」

京子「・・・」ギューッ


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:44:42.31 ID:U558twJS0
京子「・・・」ギューッ

あかり「・・・」グスッ グスッ

京子「・・・ね。」

あかり「・・・」グスン グスン

京子「だから・・・(やっぱりお団子二つあるのがあかりだなぁ・・・)」

あかり「・・・」

京子「もう・・・(間近で見ると結構可愛いなぁ・・・)」

あかり「・・・」

京子「怪我するような事はダメだよ?(しっかり触るの初めてかも・・・)」お団子ナデナデ


ポンッ


あかりん「・・・あれ?」


京子「」

結衣・ちなつ「」

あかり「!!」


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:45:59.88 ID:OBs6erfx0
!?


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:46:58.94 ID:k6380tE90
キターーーーーーーーーーーー!!!!!!!!


112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:47:15.74 ID:U558twJS0
あかり「え・・・」

結衣・ちなつ「「あ、あかりん!!」」

あかりん「また出て来たよぉ~!」

京子「・・・」

京子「(って事はまさか・・・こっちのお団子を・・・)」お団子サワサワ


ポンッ

あかりんりん「・・・あれ?」


結衣・ちなつ「」

あかり「!!」

あかりん「あかりんりんも!」

京子「(・・・やっぱり)」


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:56:10.16 ID:U558twJS0
結衣「なるほどなー。左右のお団子がスイッチになってたわけだ」

京子「朝とさっきは、たまたま上手い具合に押されたんだねー」

結衣「前々から不思議なお団子だとは思ってたけど・・・」

京子「まさかこんな不思議な力があるとはねー・・・」

ちなつ「それで、戻すスイッチは寝る事なんですね。」

京子「そういう事だね」

あかり「・・・」スースー

結衣「三人もいると帰り道でなにかと厄介だから、とりあえずもう一回寝て貰ったけど・・・」

京子「いつでも会えるってなったらなんか、あかり・・・」

あかり「・・・」スースー

ちなつ「幸せそうですねー・・・」


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:56:22.97 ID:FemqKtox0
増減自在か…


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 04:59:13.66 ID:U558twJS0
京子「うーん・・・」グーッ

京子「・・・よし。そろそろあかり起こして帰るか~」

結衣「・・・」

京子「おーい、あか」
結衣「ちょっと待った」

京子「え?」

結衣「・・・」チラッ

ちなつ「・・・」コクッ

結衣「その前に・・・もう一つ気になってる事があるんだよね」

ちなつ「・・・あるんですよね」

京子「・・・な、なに?」


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 05:01:41.20 ID:U558twJS0
結衣「あかりのあの不思議お団子にあんな秘密があったって事は・・・」グッ

京子「う、うん・・・?」

ちなつ「京子先輩の・・・」

京子「・・・!?」

結衣「その不思議リボンにも・・・」スッ

京子「!」

結衣「おりゃあ!」ペシッ


ポンッ

京子2「・・・あれ?」


京子「」

結衣・ちなつ「「やっぱり・・・!」」


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 05:06:48.33 ID:U558twJS0
京子1「えぇ~!?なにこれ、なにこれ!?ってか誰これ?」

京子2「いやいや、京子に決まってるでしょー?」

結衣「りぼん無し京子か・・・(・・・って事は・・・)」

結衣「・・・おいしょ」ペシッ

京子1「いてっ」

シーン

結衣「やっぱり、リボンは一個しかないから・・・一人しか出ないわけか・・・」

京子2「んでんで、私にはなんて名前付けてくれるのー?」

ちなつ「こっちの京子先輩も厚かましいわね・・・」

結衣「きょんことかで良いだろ」

きょんこ「いえーい!きょんこだよ~!」ピョーンピョーン

京子「なにこのうっとおしい・・・!」

結衣「これがお前なんだよ・・・」




120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 05:07:41.96 ID:FemqKtox0
乙!!


122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 05:11:02.38 ID:OBs6erfx0
乙でした


131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/07/31(火) 06:27:15.48 ID:wR1kHDlaI
面白かった乙乙


ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり
ゆるゆり♪♪ ねんどろいど 赤座あかり




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ