Powered By 画RSS


女子校生「別に女の子が好きってわけじゃないけどさ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:29:35.02 ID:3a3rcw4j0
α「暑ちー」

β「文化部の癖に、クーラー無いんだもん。この部室」

α「文化部だからないんでしょ?生徒会室で見てきたよ、今年の部費」

β「いくら?」

α「四万円」

β「安!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:33:01.25 ID:3a3rcw4j0
α「暑いからおっきな声出すな」

β「でも、安すぎるよ」

α「オカルト研究部なんてよくわからない部活に、出す金はないってこと」

β「オカルト面白いじゃん。ユングとか」

α「それ心理学だから」

β「そうだっけ?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:36:38.71 ID:3a3rcw4j0
α「ていうかさ」

β「ん~?」

α「あんた扇風機独り占めし過ぎ」

β「やだやだ~、どかないもん」

α「ずるいってば」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:39:44.56 ID:3a3rcw4j0
β「やだ~!扇風機はあたしのもの!」

α「ちくしょう。どけよっ」

β「やっ、押さないで」

α「そっちこそ」

β「痛い」

α「あだっ!ちみくるなよな!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:44:20.99 ID:3a3rcw4j0
α「……やめよ」

β「……そうだね」

α「暴れたら余計暑くなったわ」

β「αがいけないんだよ?」

α「なんでそうなる?」

β「私の隣にくればいいのにさ、そんなところにいたら風来ないにきまってんじゃん」

α「はあ?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:46:39.62 ID:3a3rcw4j0
β「ほら、こっちおいでよ」

α「んー、わーったよ」

β「何照れてんの?」

α「別にー」

β「いや、絶対照れてるよー」

α「そんな要素ねーよ」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:48:32.12 ID:3a3rcw4j0
β「わーれーわーれーはー」

α「小学生かよ」

β「女子校生だよ?」

α「もっと駄目だ」

β「女子校生って、なにしても可愛いんだよ?」

α「……」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:52:05.32 ID:3a3rcw4j0
α「外、なんか音がするよ」

β「雲の音だよ」

α「上昇気流ってやつだね」

β「聞いてるだけでむせそう」

α「雲がでかくなってきた」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:54:37.91 ID:3a3rcw4j0
α「ポッキーくれよ」

β「だめ」

α「いいじゃん」

β「私と同じ食べ方するならいいよ」

α「どんな?」

β「まず、チョコを全部舐めます」

α「お行儀が悪いぞ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 21:58:15.54 ID:3a3rcw4j0
β「あとでどっかいこうよ」

α「どっかってどこ?」

β「駅前とか?」

α「行く気しねー」

β「なんで?」

α「暑いじゃん」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:01:42.46 ID:3a3rcw4j0
β「そんなのどこでも一緒じゃん」

α「クーラーの効いた場所ならどこでもいいよ」

β「バイタリティ低」

α「でもβの家は無し」

β「なんで?」

α「部屋汚いから」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:03:11.96 ID:3a3rcw4j0
α「そうこうしてるうちに雨が」

β「すごい雨だね」

α「こりゃ外に出れないわ」

β「少し涼しくなるかな」

α「どうだか」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:05:36.33 ID:3a3rcw4j0
α「……」

β「……」

α「βって、好きな人とかいるの?」

β「いないよ。女子校だと出会いがなくて」

α「出た出た。モテないのを女子校のせいにするヤツ」

β「ホントだもん」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:08:46.07 ID:3a3rcw4j0
β「じゃあαはどうなの?」

α「……いないよ」

β「えー?あたしじゃないのー?」

α「っ!」

β「なんちって」

α「βは、友達」

β「あ、一応そう思ってくれてるんだ」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:11:05.14 ID:3a3rcw4j0
α「じゃあ、βは」

β「んー?」

α「βはあたしのこと、友達だと思ってくれてんの?」

β「あたりまえじゃん」

α「そっか」

β「ちょっとつれないとこが玉にキズだけど」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:14:07.29 ID:3a3rcw4j0
α「つれない?」

β「ツンケンしてるっていうかさ―?笑ってくれないし」

α「いつも笑ってるじゃん」

β「けど、みんなといる時と笑い方違うじゃん?」

α「わからん」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:18:32.06 ID:3a3rcw4j0
β「でも、そういうのなんかうれしくない?」

α「どういうこと?」

β「自分だけしか知らない友達の一面ってさ、うれしいじゃん」

α「なにそれ、独占欲?」

β「そんなの知らないよ。ただ、一歩進んでんなあって」

α「はあ」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:22:04.98 ID:3a3rcw4j0
β「αはさー、あたしといるときだけ、ちょっと言葉づかい乱暴だと思うんだよねー」

α「そうか?」

β「そうそう、今みたいな」

α「…気をつける」

β「だめだめ、なおしちゃダメ」

α「なんでだよ」

β「あたしだけがしってるαだから」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:24:20.94 ID:3a3rcw4j0
α「むかつく」

β「どーして?」

α「どーしても」

β「わかんないよ」

α「あたしにもわからんけど」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:28:23.14 ID:3a3rcw4j0
α「βって他のみんなにもそうなの?」

β「んー、αだけだよ」

α「なんであたしだけなんだよ」

β「そりゃ、一番の友達なんだからさあ、誰よりもαのこと知ってたいの」

α「きもーい」

β「だってきになるじゃん」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:32:20.30 ID:3a3rcw4j0
α「あたしは、別に知らなくていいよβの事」

β「えー、なんでー?」

α「知らない方がいいことも、あるからな」

β「無いよ。そんなん」

α「あるよ。あたしには」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:35:13.99 ID:3a3rcw4j0
β「それはどういうこと?」

α「そのまんま。知らない方がいいあたしと、知らない方がいいβがいるってこと」

β「なんで?」

α「傷つくかもしれないじゃん」

β「αの言うことは難しいよ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:38:15.42 ID:3a3rcw4j0
α「たとえば、βには好きな人がいないこととかさ」

β「なんでαが傷つくの?」

α「好きだから」

β「えっ」

α「あんたのこと。好きだから」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:42:41.23 ID:3a3rcw4j0
β「それって、えっと、αってそっちだったの?」

α「別に女の子が好きってわけじゃないけどさ」

β「でも、わたし女の子だよ?」

α「うん。だから…なんか最近おかしいんだよな」

β「?」

α「もしかしたら、βってあたしのこと好きなんじゃないかな。って思ったりするんだ。時々」

β「好きだよ?でもそれは」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:48:32.22 ID:3a3rcw4j0
α「友達として。ってことでしょ?」

β「そうだよ」

α「あたしも、何かの勘違いだと思った。でも、気がついたらあんたのことばっかり考えてる」

β「それはうれしいけどさ…」

α「友達として一番。それだけじゃ我慢できない」

β「でも、さっき好きな人はいないって」

α「だって、βが言うから。好きな人はいないって」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:52:45.30 ID:3a3rcw4j0
α「ずっと、勘違いしていたかった」

β「α…」

α「βはきっと、あたしのことが好きなんだって、思っていたかった」

β「あたし好きだよ。αのこと。でも、αのいう好きって、わかんないよ…」

α「あたし、ビョーキかな?」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:55:06.69 ID:3a3rcw4j0
β「そんなことない」

α「でも、あんたにキスしたいって思ってる」

β「……」

α「ごめん、変なこと言って」

β「……いいよ」

α「え?」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 22:57:48.26 ID:3a3rcw4j0
β「キスして、いいよ」

α「なにそれ、同情?」

β「違うよ。ただ」

α「ただ?」

β「キスしたら、αの言う『好き』が分かる気がするんだよ」

α「!!」

β「あたし、αの全部が知りたい。だから、キスで教えてよ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:00:20.19 ID:3a3rcw4j0
α「…いいの?」

β「キスするときって、目を閉じればいいのかな」

α「わかんないよ。そんなの」

β「じゃあ、来て」

α「うん」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:03:47.44 ID:3a3rcw4j0
α「……」

β「んっ」

α「ふ、う」

β「くっ、ん…は」

α「…β、β」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:07:40.28 ID:3a3rcw4j0
β「押し倒して、舌入れることないじゃん」

α「…ごめん」

β「でも、なんかわかったような気がする」

α「ほんとかよ」

β「うん。なんか懐かしい感じ」

α「えっ?」

β「別に、女の子が好きってわけじゃないんだけどさ

  αのことは好きだよ」



おしまい



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:30:58.63 ID:3a3rcw4j0
こういうのもいいかなって


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:32:46.49 ID:ipoleDYc0
実にいい


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:33:52.53 ID:pffcIZKM0
いいね


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/09/26(水) 23:35:00.54 ID:JEPg0jZj0
うむ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 百合好き 2012/09/27(木) 23:22:22

    なんか微妙なリアル間とちょっとした夢の世界って感じ?

    ………自分で言ってて訳わからん


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ