Powered By 画RSS


紬「あめあめふれふれ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:48:17.93 ID:dcutyc1L0
紬「雨、やまないね」

唯「そうだねぇ」

紬「もうしばらくお喋りしてよっか」

唯「うん」

紬「飲み物おかわりいる?」

唯「うーん。どうしよっか」

紬「お茶うけもあるわよ」

唯「お菓子!」

紬「ええ、非常用のお菓子を備蓄してたの」

唯「ムギちゃん偉い」

紬「お褒めにあずかり光栄です」

唯「お菓子大臣に任命してあげるね」

紬「うーん。それはちょっと」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:49:56.62 ID:dcutyc1L0
唯「嫌だった?」

紬「ううん。でもお茶大臣のほうがいいな~って」

唯「じゃあお茶大臣に任命するね」

紬「任されました!」

__
___

紬「はい、どうぞ」

唯「あっ、これは」

紬「どうかしら」

唯「ラテアートってやつだね」

紬「ええ、とんちゃんを描いてみたの」

唯「飲むのが勿体無くなっちゃう」

紬「でも、飲んでね」

唯「うん。ふぅ、体が温まるよ」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:51:42.89 ID:dcutyc1L0
紬「最近寒くなっちゃったからね。体は大丈夫?」

唯「大丈夫大丈夫。私は滅多に風邪引かないから」

紬「そうなの」

唯「うん。二年に一回ぐらいかな。ムギちゃんは?」

紬「私はひいたことないの、風邪って」

唯「へっ、そうなの」

紬「うん。一度ぐらいひいてみたい気がするけど」

唯「引かないほうがいいよ。風邪のときって頭がぼーっとして気持ち悪いし」

紬「うん。でもね、風邪をひいたときって周りの人が優しくしてくれるんでしょ」

唯「憂も和ちゃんもとっても優しくなるよ」

紬「それを一度ぐらい味わってみたいなって」

唯「あー。ちょっとわかるかもしれない」

紬「でしょ!」

唯「でも、やっぱり風邪なんてひかないほうがいいよ。最悪死んじゃうもん」

紬「そう、だよね」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:52:36.99 ID:dcutyc1L0
唯「ムギちゃんはみんなに甘やかされたいんだ」

紬「ちょっとだけ」

唯「うーん」

紬「唯ちゃん?」

唯「うん。どうやったらムギちゃんを甘やかせることができるか考えてたの」

紬「何か思いついた?」

唯「なんにも。美味しいお菓子も食べ慣れてるだろうし、高価なアクセサリも持ってそうだし」

紬「無理に甘やかそうとしてくれなくていいのよ」

唯「なんかそう言われると無性に挑戦してみたくなるんだよね」

紬「ふふふ。それなら頑張って」

唯「うん」

紬「雨、まだやまないね」

唯「うん」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:53:59.53 ID:dcutyc1L0
紬「はい、どうぞ」

唯「あっ、カステラ?」

紬「ええ、非常食のカステラ」

唯「うーん」

紬「どう?」

唯「普段ムギちゃんが持ってきてくれるカステラほどじゃないね」

紬「残念」

唯「でも非常食にしては上々だよ」

紬「そう?」

唯「うん!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:54:29.07 ID:dcutyc1L0
紬「なら良かった。カフェラテおかわり要る?」

唯「うん。今度は何を描いてくれるの?」

紬「唯ちゃんはなにがいい?」

唯「う~ん。それじゃあムギちゃん自身を描いてみて」

紬「私?」

唯「うん」

__
___

紬「どうかな?」

唯「うん。ちゃんとムギちゃんって分かるよ」

紬「良かったぁ」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:55:11.81 ID:dcutyc1L0
唯「流石に眉毛は再現できなかったんだね」

紬「そうなの。だから私ってわかるか不安で」

唯「ムギちゃんの特徴は眉毛だけじゃないよ」

紬「そうなの?」

唯「うん。そうなの」

紬「そうなんだ~」

唯「ムギちゃんごきげんだね」

紬「そうなの~」

唯「こういうのも悪くないね」

紬「こういうの?」

唯「お茶を飲みながら、雨が止むのを待つの」

紬「そうだね」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:55:51.45 ID:dcutyc1L0
__
___
唯「雨、やんだね」

紬「うん。やんじゃったね」

唯「それじゃあ帰ろっか」

紬「うん」

唯「誰もいないね」

紬「みんな帰っちゃったみたいだね」

唯「あっ、ムギちゃん、そっち水たまり」

紬「あっ」

唯「水、跳ねちゃったね。服も濡れちゃった」

紬「うん。でも気にしない」

唯「いいの?」

紬「うん」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:57:52.56 ID:dcutyc1L0
唯「私、雨の日ってきらいじゃないんだ」

紬「どうして?」

唯「外がザーザーって音で埋め尽くされるから、他の音が際立つ気がするんだ」

紬「わかるわ~」

唯「ムギちゃんもわかるんだ」

紬「うん。私、雨の日に離れでピアノを弾くのが好きなんだ」

唯「私も雨の日にギターを弾くの好き」

紬「雨の日は音がとっても静かに響いていく感じがして素敵なの」

唯「ギータもいい音を出してくれる気がするんだ」

紬「ただ、雨の日は髪の毛のお手入れが大変なの」

唯「あ~」

紬「だから、私はちょっと苦手かも」

唯「それは仕方ないね」

紬「そうだね」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:58:35.67 ID:dcutyc1L0
唯「もう駅に着いちゃった」

紬「それじゃあここでサヨナラだね」

唯「うん。そうだね」

紬「それじゃあ唯ちゃん、また明日」

唯「あのっ、ムギちゃん」

紬「なぁに?」

唯「濡れた服のままで帰ると風邪ひいちゃうよ」

紬「大丈夫。風邪ひいたことないから」

唯「そうじゃなくて、私の家に寄って行かない」

紬「いいの?」

唯「うん。そうしなよ」

紬「うーん。じゃあお言葉に甘えちゃおうかしら」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/03(水) 23:59:42.61 ID:dcutyc1L0
__
___
唯「ムギちゃん、晩御飯は何がいい?」

紬「そんな遅くまでお邪魔するつもりはないわ」

唯「そんなこと言わずに、食べていきなよ」

紬「いいの?」

唯「うん!」

紬「それじゃあ、ハンバーグ食べてみたいな」

唯「ハンバーグ?」

紬「ええ。この前言ってたじゃない。憂ちゃんの作るハンバーグは絶品だって」

唯「じゃあ憂にメールしておくよ」

紬「ありがとう」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 00:00:36.04 ID:h1VD+zyG0
__
___
唯「ところでムギちゃん、こんなこと考えてない?」

紬「へっ」

唯「あのまま帰っていたら風邪をひけたのにな、って」

紬「う~ん。その発想はなかったわ」

唯「そうなんだ」

紬「ええ、そうなの。それにね」

唯「うん?」

紬「もう十分甘やかせてもらってるからいいかなって」

唯「えっ、なんのこと」

紬「ふふふ。ねぇ、手、つないでいい」

唯「それはいいけど。ねぇ、なんのこと?」

紬「唯ちゃんのこと」


おしまいっ!


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 00:03:04.89 ID:tSt46DYG0
おつおつ


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 00:04:08.30 ID:2+TF7lGC0
何となく情景が思い浮かぶ乙


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 00:15:31.26 ID:Wk3dbfTx0
短いけどいいね


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/04(木) 00:29:52.06 ID:ZaQsXM78O
ほのぼの唯紬乙!!


映画「けいおん!」 平沢唯 クリーナークロス
映画「けいおん!」 平沢唯 クリーナークロス

映画「けいおん!」 琴吹紬 クリーナークロス
映画「けいおん!」 琴吹紬 クリーナークロス




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ