Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唯「ねぇ~憂~えっちなことしようか///」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 17:38:24.29 ID:mj+0Rer/0
憂「えっ…なに…えっ///」


唯「憂とえっちなことしたいなぁ~」


パス>>4


4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 17:54:25.73 ID:W5RwKnY/O
憂「え、えっちな事って…急にどうしたの、お姉ちゃん」

唯「だって~、こんなに可愛いんだもん!ね~、うぃ~イチャイチャしよぅよ~」




5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 17:55:06.24 ID:BIXKEg4m0
>>4
えらい!エロい!


7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 17:58:50.61 ID:W5RwKnY/O
憂「だ、駄目だよっ!私とお姉ちゃんは女の子同士だし…それに姉妹だし」

唯「そんなの好きなら関係無いよ~…それとも憂は嫌なのかなぁ…(しょんぼり)」

憂「い、嫌なんかじゃないよ!私もお姉ちゃんの事大好きだもんっ!」

唯「えへへ~、なら良いよね♪…ん、ちゅっ」

憂「ちょっ、お姉ちゃ…ん…!(お姉ちゃんとキ、キスしちゃった)」


11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 18:08:26.32 ID:W5RwKnY/O
唯「ん…ちゅっ…ちゅっ」

憂「…っ!(ばっ!)だ、駄目だよぅ…お姉ちゃんっ!(ドキドキ)」

唯「え~、家族ならキス位普通だよぅ!ほら、もっかい!ん~…」

憂「う~…これ一回だけだからね?…ちゅっ」


12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 18:13:58.47 ID:W5RwKnY/O
唯「ちゅっ…憂の唇はぷにぷにぷりんってしてて、何だかぷりんみたい♪とっても美味しいよ(ちゅっ…ペロペロ)」

憂「そ、そんな恥ずかしい事言っちゃやだよぉ(///)…んっ、舐めちゃだめぇ!(ドキドキ)」

唯「ね~、憂?」

憂「な、何?お姉ちゃん」

唯「やっぱり普通のちゅうだけじゃつまらないよ!」

憂「えぇっ?」

唯「だ・か・ら!今度はべろちゅうしようよっ!」


15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 18:21:30.49 ID:W5RwKnY/O
憂「え、べろちゅうって何?」

唯「この間ね、おんなじクラスの子に教えて貰ったんだけどね。こう…ちゅうしながら二人の舌を絡ませるんだよ♪」

憂(そ、それってもしかして恋人同士でやるやつじゃないのかな……ドキドキ)

唯「ね、しようよ~!ん~!」

憂「で、でも…お姉ちゃん…」

唯「駄目なの?(うるうる)」

憂「(そ、そんなキラキラした目で見られると…)う…い、一回だけだからね!」


16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 18:29:02.63 ID:W5RwKnY/O
唯「ありがとう♪それじゃあ、ちゅ~~♪(ちゅっ)」

憂「んっ…やっ(お、お姉ちゃんの舌、入ってきた!)」

唯「ほぉ~ら、憂もしゅるの~…あむっ…ちゅっ」

憂「ほ、ほうはな?…ん…レロ…ピチャ」

唯「ん…はぁっ♪えへへ、もっとクチュクチュさせよっ…んっ」

憂「あ、うん…はむっ…ちゅ…(クチュクチュッって音…何だかエッチだよぅ…)」


18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 18:39:50.20 ID:W5RwKnY/O
憂(お姉ちゃんの舌…私の口の中でねっとりクチュクチュ動いて絡んで……何だか…)

唯「ん~……あれ?憂もじもじしてどうしたの?」

憂「お、お姉ちゃんのキスで…その…(ドキドキ)」

唯「憂、何だかエッチな顔になってるよ?」

憂「はう~…(///)」

唯「ほら、おいで♪(ぎゅっ)」

憂「お姉ちゃぁん…(ドキドキ)」

唯「憂のちゅう、気持ちよかったから、お礼しなきゃ…あむっ」

憂「ひゃうっ!お、お姉ちゃん、耳たぶ食べちゃだめだよぅ…(ドキドキ)」

唯「憂の弱い所、ちゃんと知ってるもんね…あ~んっ…ペロペロ…はむっ♪」

憂「やぁ~…耳は本当にだめぇ!(ドキドキドキドキ)」


22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 18:47:00.81 ID:W5RwKnY/O
唯「耳の溝にも…つ~…ペロペロ」

憂「ぁっ…やっ…そんな所汚いよぅ、お姉ちゃぁん!(///)」

唯「可愛い憂の体に汚い場所なんてないもん…もっと舐めちゃお…レロッ♪ペロペロ…はむっ」

憂「やっ…駄目ぇ…も、もう……はぅぅ!」

じわ…チョロチョロチョロチョロ…

唯「あれ…暖かい?」

憂「み、見ないでぇー!」


25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 18:54:47.40 ID:W5RwKnY/O

……

唯「ごめんね、まさか出ちゃうなんて…」

憂「うぅ…お姉ちゃんは悪くないよ…その…私が気持ちよすぎて…我慢できなくて…その私の方こそお姉ちゃんにかけちゃってごめんなさい!」

唯「全然大丈夫だよ…あ~、でも早くお風呂入らないと風邪ひいちゃうかも」

憂「それじゃあ、お姉ちゃん先に入って。私はここ片付けてから…」

唯「だ~め!憂だって濡れてるんだから、一緒に入るのっ!」

憂「う、うん…それじゃあ一緒に入ろっ」


28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 19:01:33.62 ID:W5RwKnY/O
唯「ありゃ~…やっぱり憂のパンツびちゃびちゃだね…」

憂「う~…恥ずかしいからあんまり言わないで…(しかもおしっこだけじゃないし…)」

唯「こんなのはいてたら絶対風邪ひいちゃうよ!やっぱりお風呂に入って正解だよねっ」

憂「う、うん…あ、でも二人いっぺんにお風呂入れるかなぁ」

唯「それじゃあ、かわりばんこに入れば良いよ」

憂「なら、私は体洗ってるから、お姉ちゃんは先に入って」

唯「は~い」


29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 19:08:46.81 ID:W5RwKnY/O
憂「二人でお風呂なんて久しぶりだねぇ」

唯「小さい頃以来かも……ほほぅ、憂は首から洗うんだね」

憂「や、あんまり見ちゃ駄目だよ…何だか恥ずかしい…(///)」

唯「えへへ~、良いではないか良いではないか…なんちゃって」
憂「も~、お姉ちゃんったら」

唯「………」

憂「♪~」

唯「えいっ!おお、柔らかい♪」

憂「きゃ、お、お、お姉ちゃん!何してるの…」

唯「背中ごしにちらちらと憂の可愛いおっぱいが見えるからつい…(もにゅっ)」

憂「だっ、だからっていきなり背後からわしづかみしないでぇ!」


31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 19:16:55.36 ID:W5RwKnY/O
唯「ボディソープでぬるぬるふにふにしてて気持ちいい!(ぷにぷにつるんっ)」

憂「やっ……んんっ…お姉ちゃんの手とぬるぬるで…ぁっ(///)」

唯「えへへ~、これはどう?憂気持ちいい?(乳首つるんつるんくにゅっくにゅっ)」

憂「はぅわっ…だ、ダメだょぅ…(///)」

唯「ここが良いのかな?ならもっと♪」

憂「んんっ…先っぽジンジンしてるぅ…(はぁはぁ)」


33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 19:24:36.90 ID:W5RwKnY/O
唯「真っ赤でふるふるしてる憂可愛いよ~(ぎゅうっ…ぷにぷに)

憂「お、お姉ちゃぁん…」

唯「う~い…はむっ…ね、これ吸ったらおっぱい出るかなぁ?(ペロペロン)」

憂「出、出ないよぅ!…やんっ…だ、だからおっぱい吸っちゃだめだよぅ!(はぁはぁ)」

唯「試してみよ~よ♪ん~…クッチュクッチュ」

憂「……っっゃ!(びくっびくっ)」


35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 19:30:47.00 ID:W5RwKnY/O
唯「あはは~、やっぱり出ないね」

憂「はぁはぁ…あ、当たり前だよ、お姉ちゃん…」

唯「あ、反対は出るかもっ♪んっ!はむっ…ちゅう~レロレロ」

憂「ひぁっ…んっ(///)」

唯「こっちも出ないね~…」


43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 19:59:21.34 ID:W5RwKnY/O
唯「なんてね、出るわけないよね」

憂「はぁはぁ…お姉ちゃぁん…(もじもじ)」

唯「ん、どうしたの、憂?」

憂「う…あ…その…私もう出るねっ(///)」

唯「ダメだよ、憂!」

憂「えっ…」

唯「憂まだちゃんとお風呂に入って暖まってないよ?…そうだ、二人で入ろうか♪」

憂「う…でも、流石に二人は狭いんじゃ…」

唯「憂があたしの膝に座れば大丈夫だよ…よっ(ちゃぽん)…おいで~、うい~(手招き)」

憂「…う、うん…でも、重かったりしたらちゃんと言ってね?……それじゃあ…(ちゃぽん)」


44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 20:05:30.91 ID:W5RwKnY/O
唯「えへへ~、顔近いね~(ニコニコ)」

憂「う…うん…(さっきまでキスしてたお姉ちゃんの唇が目の前に…ドキドキ)」

唯「やっぱりお風呂は気持ちいいね~♪」

憂「うん…お姉ちゃん本当に大丈夫?重くない?」

唯「あはは~、大丈夫だってば~」

くにっ

憂「わ…っ…!(びくっ)」

唯「え?」

憂「あ、ううん…な、何でもない(///)」

憂(お姉ちゃんが動いたから…お姉ちゃんの膝が私の…に…)


45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 20:10:31.92 ID:W5RwKnY/O
唯「憂?顔真っ赤だよ?」

くにゅっ…くにゅっ…

憂「ひゃっ…な…んん…でもないからぁっ(///)」

唯「う…うん…でも、のぼせそうな顔だったから…」

ふにゅん…つん…すりっ

憂「はぅ…お、お姉ちゃんっ…んっ!(ちゅっ…ちゅっ)」

唯「う、憂?…は…ん…ぅ…(ちゅっ…クチュッ)」


48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 20:15:59.81 ID:W5RwKnY/O
憂「ん…お姉ちゃん…好きぃ…あむっ……(ちゅっ…ペロペロ…はむっ)」

唯「憂…あたしも憂の事大好きだよ…(ちゅっ…クチュッ)」

憂「うん…嬉しいぃよ…お姉ちゃ…(かくっ)」

唯「あ、あれ?う、憂大丈夫?憂~!!」


50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 20:21:00.41 ID:W5RwKnY/O

……
………

憂「あ、あれ…私の部屋…」

唯「あ、気がついた!良かった~…心配したんだよっ!」

憂「私どうして…」

唯「お風呂でのぼせちゃったんだよ…気をつけなきゃダメだよ」

憂「ご、ごめんなさい」

唯「無事だったからいいよ~…そだ、今アイス持ってきてあげるね♪」

憂「あ、ありがとう、お姉ちゃん」

唯「まだ立ち上がったりしちゃダメだからね」

ガチャ…パタン

憂「…私……自分からお姉ちゃんにキスしちゃったんだ(ドキドキ)」


52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 20:32:51.35 ID:W5RwKnY/O
憂「しかも告白みたいな事もしたような気がする…(ドキドキ)」
憂「う~…私の馬鹿馬鹿…(ドキドキ)」


ガチャ…

唯「憂~アイス持ってきたよ~♪えへへ、あたしの分も持ってきちゃった!ね、どっちがいい?」

憂「はぅ…あ、その…お姉ちゃんとおんなじの…(思い出したらお姉ちゃんの事ちゃんと見れないよぅ///)」

唯「ん~…これ何味かなぁ」

憂「た、多分…チョコバナナ味…(うぅ…ほっぺ熱いよぅ…)」

唯「うわっ…凄い、良くわかったね♪」

憂「わ、私が買ってきたやつだから…(お姉ちゃん好き!好き!好き!)」

唯「憂?(ひょこっ)」

憂「わ!わわわわ!(お姉ちゃん!お姉ちゃんのほっぺが私のほっぺに!)」

唯「さっきからそっちの方見てるけど、何かあるの?」

憂「う、ううん…な、何でもないよ、お姉ちゃん(はぁはぁ)」


54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 20:41:11.91 ID:W5RwKnY/O
唯「ん~…」

ぴとっ

憂「ひゃ!」

唯「やっぱりおでこ熱い…顔も赤いし、アイス食べたらもう寝ようね…」

憂「う…うん…ありがとう、お姉ちゃん」



……

憂「だめ…全然眠れない…」

憂「はぁ…」

憂(お姉ちゃんに好きって告白して、お姉ちゃんも好きって言ってくれたけど…)

憂(お姉ちゃんは『えっちな事=イチャイチャ仲良し=キス』って感覚だし…きっと私の『好き』とは違うんだろうなぁ…)

憂(お風呂でお姉ちゃんの膝、ここに当たってた…)

フニュッ…

憂「…んっ…お姉ちゃぁん……」

ふにゅ…くにゅ…クチュッ…ちゅく…


57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 20:47:30.42 ID:W5RwKnY/O
憂(だめっ…お姉ちゃんに声聞かれちゃうかも…)

憂「んんんっ…ふっ…はぅ…」

ちゅぷ…ちゅぷ…ちゅぷ…

憂(お姉ちゃんっ!お姉ちゃんっ!)

ぴくん!

憂「んっ!んんっ!……はぁはぁ………お休みなさい、お姉ちゃん」


63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 21:01:25.97 ID:W5RwKnY/O

……

唯「おはよう、憂~…具合どうかな?」

憂「おはよう、お姉ちゃん。うん、もう大丈夫だよっ♪」

唯「良かった~」

憂「ね…お姉ちゃん、昨日お風呂で私が言った事覚えてる?」

唯「お風呂…えっと~」

憂「私がお姉ちゃんの事大好きだって」

唯「あ、うん、えへへ、覚えてるよ~♪」

憂「あれね…その…『恋人にしたい位好き』って事だから!」

唯「え、恋人?」

憂「うん…世界中のどんな男の人より、私はお姉ちゃんがいいの…いつも心の中でお姉ちゃんといろいろないやらしい事してた……だけど、お姉ちゃんはお姉ちゃんだから…いつも普通のふり…し…て……(ぐすっぐすっ)」


64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 21:09:30.36 ID:W5RwKnY/O
唯「う、憂…どうして泣くのぉ?(ぐすっ)」

憂「ごめん…ね…こんな…ひっ…いもうと…やだよね…(ぐすっぐすっ)」

唯「憂ぃ…(ぐすっ)」

憂「やだよぉ…ずっとずっと秘密に…するつもりだったのに…お姉ちゃんのただの妹で良かったのにぃ……」

唯「憂がいいっ!」

憂「……えっ」

唯「あたしは憂がいい…お父さんお母さん、友達みんなが止めろって言ってもあたしは憂がいいっ」


66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 21:15:24.84 ID:W5RwKnY/O
憂「お、お姉ちゃん…」

唯「その憂の言う、や、やらしい事とか…まだ良くわからないけど……憂とずっと一緒に居たい!ほかの誰よりも憂と居たいよっ!(ぎゅっ)」

憂「んっ…お姉ちゃぁん…」

唯「だから、もう泣かないで…いつだってお姉ちゃんが一緒だから…ね?」

憂「……お姉ちゃんだって…涙と鼻水で凄い顔だよ?(ぎゅっ)」

唯「え?あはは~…本当だぁ(くすくす)」


68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 21:24:20.78 ID:W5RwKnY/O

……
………
…………

憂「お姉ちゃん、起きて~(ゆさゆさ)」

唯「ん~、後5分だけ~」

憂「だめだよぉ、そういってまた遅刻ぎりぎりになっちゃうよ~(ゆさゆさ)ほら、朝ご飯もあるから♪」

唯「う~…ご飯~…(むくっ)」

憂「ふふ、おはよう♪お姉ちゃん…んっ(ちゅっ)」

唯「う~い~…ん~(ちゅっちゅっ)」



憂(変わってしまった日常の中、相変わらずの日々が続いています)

憂(きっとこれからは…お姉ちゃんといつまでも…)



おしまい


71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 21:26:43.24 ID:W5RwKnY/O
以上が、俺なりの>>4からストーリーです。

拙い文章ですが、少しでも皆様が楽しまれたなら幸いです。


72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 21:27:34.95 ID:VDf1HwTCI
お疲れ様でした


75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 21:31:02.23 ID:mPWSUnPU0
おつおつ


78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/05/18(水) 21:46:27.60 ID:xRInlJfH0
おつー





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。