Powered By 画RSS


あかり「ちなつちゃんってあかりのこと好きなの?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:16:05.10 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「は?」

あかり「でなきゃキスなんてしないよぉ」

ちなつ「あ、あれは練習で・・・」

あかり「練習?」





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:20:32.67 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「その、いつか結衣先輩と…」 ゴニョゴニョ
あかり「わ、私のファーストキス… ちなつちゃんの練習だったの…?」 ジワ

ちなつ「わー!泣かないで、泣かないで!」

あかり「ひどいよ、ちなつちゃん… あかり、あれからずっとちなつちゃんのこと考えて…」

ちなつ「あ、あかりちゃん…」 ドキ


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:27:51.15 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「…あかりちゃんって、私のこと好きなの?」

あかり「えっ!?ち、違うもん!」

ちなつ「さっきの言い方だとそうとしか思えないんだけど…」

あかり「うう…」

あかり「わ、分からないの!」

ちなつ「え?」

あかり「分からないけど、あれから、ちなつちゃんのこと考えると、頭がぼーっとして、変な気持ちになるの!」

あかり「ちなつちゃんのせいだもん!責任とってよぉ!」

ちなつ「せ、責任って…」 カァー


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:34:53.24 ID:xtE+Wjb20
ちなつ(…でも、せっかくあかりちゃんが告白?してくれたんだから、ちゃんとお返事しないと、失礼だよね)

ちなつ(それに、無理矢理キスした私にも責任がありそうだし)

ちなつ「…わかったよ、あかりちゃん 付き合おう?」

あかり「…えっ? いいの?」 パァァ

ちなつ「うん」

ちなつ「…あかりちゃんの気持ちを確かめるためにも、さ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:39:54.51 ID:xtE+Wjb20
あかり「え、えへへ… 私、こういうことよく分からないけど、よろしくね、ちなつちゃん」

ちなつ「…うん」

あかり「あ… でも、結衣ちゃんは?」

あかり「ちなつちゃん、結衣ちゃんのこと…」

ちなつ「…う、それは…」







15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:47:06.13 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「…ううん、いいの」

あかり「…え?」

ちなつ「あかりちゃんがこんなに私のこと思ってくれてるって知って、嬉しかった」

ちなつ「だから、あかりちゃんの気持ちに応えたい」

あかり「ち、ちなつちゃん… 」

あかり「わ、私、頑張ってちなつちゃんを幸せにするから!」

ちなつ「あはは、楽しみにしてるよ」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 17:54:43.34 ID:xtE+Wjb20
あかり「じゃ、ぶ、部室に行こう!」

ちなつ「うん」


ちなつ「…あの、歩きにくいんだけど」

ちなつ「それに視線が恥ずかしい」

あかり「えっ!?ご、ごめん!恋人さんどうしなら、腕くらい繋ぐと思ってたよぉ!」

ちなつ「…!こ、こんな廊下で恋人とか言うなあ…!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:02:38.79 ID:xtE+Wjb20
櫻子「ねぇねぇ向日葵、今あかりちゃん恋人って」

向日葵「…忘れなさい」

櫻子「もしかしてあの2人ってーー」

向日葵「忘れなさい!」 ゴキッ

櫻子「


ちなつ「も、もう恥ずかしくて明日から学校行けないよ…」

あかり「そしたらあかりが毎日面倒みてあげる!」

ちなつ「そういう問題じゃない」

あかり「うぅ… ごめんね、あかり、何だか嬉しくって…」

ちなつ「…はぁ」 ナデナデ

あかり「ふぇっ、ちなつちゃん?」

ちなつ「しょうがないよ まだお互い慣れてないんだからさ これから2人で頑張ろう?」

あかり「…うん!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:08:57.57 ID:xtE+Wjb20
ガラッ

ちなつ「こんにちはー」

あかり「ごめんね、遅れちゃった」

京子「おー、どうしたの?」

ちなつ「いろいろありまして」

京子「ほー 人には言えないことですか、ちなちゅ?」 ニヤニヤ

ちなつ「そんなわけないでしょ あとちなちゅ言うな」

結衣「…?」

あかり「どうしたの、結衣ちゃん」

結衣「何か違和感が…」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:17:14.63 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「ぎくっ」

京子「違和感…?」

結衣「こう、なんというか…」

京子「んー… あっ わかった!」

ちなつ(まさか…)

京子「ちなつちゃん、今日は結衣に全然アタックしてないんだ!」

ちなつ「…は?」

京子「いつもなら『結衣せんぱ~い!』とか言ってるのに」

結衣「…そうなのかな?」

ちなつ「…い、いやいや、偶然ですよ偶然!」

ちなつ(あかりちゃんの手前、遠慮してたなんて言えない!)

あかり「…」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:25:47.45 ID:xtE+Wjb20
京子「まあ、そうだよね」

ちなつ(ホッ…)

結衣「…なんか恥ずかしいな」

京子「あ、綾乃にプリント出してなかった」

結衣「またかよ… 綾乃に迷惑かける前に自分で出しに行けば?」

京子「うーん、そうするか…」

京子「あっ、結衣も一緒に行こう?」

結衣「しょうがないな」

京子「えへへー じゃ、2人とも、すぐ戻るから待っててね」

ちなつ「はい」

あかり「うん!」

ちなつ(…って)

ちなつ(…よく考えたらこれ2人きりじゃない!)

ちなつ(うぅ、なにこの狙いすましたようなタイミング…)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:32:30.19 ID:xtE+Wjb20
ちなつ(まあ、さすがにここであかりちゃんも変なことは…) チラッ

あかり「…」 もじもじ

ちなつ(こっち見てるよ…)

あかり「あ、あのさ、ちなつちゃん」

ちなつ「…な、なに?」

あかり「そ、その、あのね、」

ちなつ「…?」

あかり「キ、キスの練習、しない?」

ちなつ「え、えええぇ!?」 (こ、これは予想外だったよ!)



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:36:56.23 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「な、なに言ってるの!」

あかり「だって、この前あかりもされたし…」

あかり「あかりもちなつちゃんにしなきゃ不公平だよ」

ちなつ「不公平って… そういう問題じゃ…」

あかり「…」

ちなつ「う…」 (そんな上目遣いで見つめないでよ…)

ちなつ「じゃ… い、一回だけだよ?」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:43:36.92 ID:xtE+Wjb20
あかり「う、うん!えへへ、なんだか恥ずかしいなぁ」

ちなつ「恥ずかしいならキスしようなんて言わないでよ…」

あかり「えへへ、ごめんねぇ じゃあ、はいっ」

ちなつ「…?」

ちなつ「目を閉じて何してるの?」

あかり「な、何って…キスだよぉ」

ちなつ「この前は私からあかりちゃんにしたんだから今度はあかりちゃんから私でしょ?」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:48:28.36 ID:xtE+Wjb20
あかり「…」

あかり「えぇぇぇぇ!そんなの恥ずかしすぎるよ!」

ちなつ「それでこそ公平でしょ?じゃあ、ほら」

ちなつ(ふふふ、こうすればあかりちゃんは何も…)

ちゅっ

ちなつ(…え?)

あかり「…したよ」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 18:55:51.24 ID:xtE+Wjb20
あかり「…な、なんか言ってよぉ…」

ちなつ(え、え、今私、キスされたの!?)

ちなつ(うわあああ、すっごく恥ずかしい!!)

あかり「だ、黙らないでよぉ…」

ちなつ(それに、なんか胸が…)

ちなつ(…もしかして私、本当にあかりちゃんを…)

あかり「うう… 無視しないで…」

ちなつ「あのさ、あかりちゃん」 ズイッ

あかり「えっ、えっ?」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 19:01:17.39 ID:xtE+Wjb20
京子「ただいまーっ」 ガラッ

あかちな「!!!」

ちなつ(…まあ、予想通りと言えば予想通りね)

京子「ん?2人してどうしちゃったい」

ちなつ「あかりちゃんの顔にゴミが付いてて…」

京子「ふーん」

あかり「…それだけなんだ」 ボソッ

ちなつ「?」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 19:07:47.54 ID:xtE+Wjb20
~~~

ちなつ「うぅ、さすがに下校時間まで残ってると寒くなるね」

あかり「うん カイロ持ってくれば良かったよぉ」

あかり「…あのさ、ちなつちゃん」

ちなつ「ん?」

あかり「今なら、誰もいないよね?だから、その…」

あかり「手、繋いでもいい?」

ちなつ「…うん」




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 19:14:46.87 ID:xtE+Wjb20
あかり「あったかいね」

ちなつ「うん」

あかり「これからも、手、繋いでいいかな?」

ちなつ「…うん」

あかり「えへへ、嬉しいな」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 19:18:43.20 ID:xtE+Wjb20
ちなつ(あかりちゃんは凄いな)

ちなつ(素直に、私に好意を伝えてくれる)

ちなつ(とりあえず付き合っちゃおう、なんて考えてた自分が恥ずかしいなあ)

あかり「ちなつちゃん 今日、あかりの家に泊まりに来ない?」

ちなつ「ブッ」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 19:51:27.36 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「とととと泊まりって!早すぎでしょ!」

あかり「早すぎって?」

ちなつ「そ、そういうのはもっとこう、長く付き合ってから…」

あかり「?」

あかり「でも、今までも何度か泊まってるよね?」

ちなつ「だから、その時は…あ」

ちなつ(もしかして、泊まるってどういう意味になるか知らないの?)

ちなつ「…勝手に勘違いした私が恥ずかしいじゃない!」

あかり「ええ!?あかりに怒るの!?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 19:58:32.83 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「…はあ いいよ、泊まらせてもらうよ」

あかり「えへ、やったぁ たくさんおしゃべりしようね」

ちなつ(おしゃべり…ねえ)

~~
あかり「…ど、どうかな ちなつちゃん?」

ちなつ「うん!おいしい」

あかり「よかったぁ」

あかね「いきなりあかりが晩ご飯作りたいって… こういうことだったのね」

あかり「えへへ、ほとんどお姉ちゃんに教えてもらったけどね」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:04:59.91 ID:xtE+Wjb20
あかね「ところでちなつちゃん」

ちなつ「はい?」

あかね「あかりとはどういう関係なのかしら」

ちなつ「えーと、どういう意味でしょうか」 ダラダラ

あかね「今まで何人かお友達が泊まりにきたけどあかりが自分で料理を作るなんて初めてよお」

あかね「ちょっと気になっちゃった」

あかり「お、お姉ちゃん!」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:12:06.16 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「えーと、そのですね…」

あかね「…」 ニコニコ

ちなつ(顔は笑ってるけど目が笑ってないよぉ…)

ちなつ(正直に言っちゃおうかな)

ちなつ「あの、私はあかりちゃんとーー」

あかり「お姉ちゃんっっ!」

ちなつ「!?」 ビクッ


あかり「ちなつちゃんは大事なお友達だよ たまたま今日は料理の練習がしたかっただけなの」




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:20:05.54 ID:xtE+Wjb20
ちなつ(友達ーーー?)

あかね「そ、そうよね お姉ちゃん変なこと考えてたわ、ごめんなさい」

ちなつ(ねえあかりちゃん、私たちは友達なの?)

ちなつ(あかりちゃんから告白してきたくせにーー)

あかり「あ、お風呂沸いたみたいだよ ちなつちゃん先に入る?」

ちなつ「…じゃあ、お言葉に甘えて」

あかり「あかりは部屋で待ってるよ」

ジャー

ちなつ「なんだよ、あかりちゃんてば」

ちなつ「いくらあの場を誤魔化すためだって…」

カチャ

あかり「ちなつちゃん、入っていい?」

ちなつ「え!?あかりちゃん!?」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:28:36.72 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「な、何しにきたの!?」

あかり「せ、背中流してあげようと思って…」

ちなつ「自分でできるからいいよぉ…」

あかり「…彼女さんとして、あかりに流させて欲しいの」

ちなつ「そう言われても…」

あかり「お願い… 最後だから」

ちなつ「最後?」





71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:35:44.75 ID:xtE+Wjb20
ゴシゴシ

ちなつ(うう… 結局押し切れずに背中流されてるし)

あかり「ちなつちゃん、加減どうかなぁ?」

ちなつ「あ、うん ちょうどいい感じ」

あかり「よかったぁ」

ちなつ「…あのさ、あかりちゃん」

ちなつ「…最後って、どういうこと?」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:49:00.41 ID:xtE+Wjb20
あかり「えっ!?私、そんなこと…」

ちなつ「言った」

あかり「うぅ…」

あかり「…あのさ、ちなつちゃん」

ちなつ「ん?」

あかり「さっき、ちなつちゃんが『私の気持ちを確かめる』って言ってくれたけど」

あかり「あかり、分かったよ」

あかり「ちなつちゃんが大好き」

ちなつ「…面と向かって言われると恥ずかしい…」

あかり「あはは」



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 20:52:47.74 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「…わたっ、私もあかりちゃんのことが…」

あかり「だから」

あかり「ちなつちゃんには笑顔でいて欲しいんだ」

ちなつ「え…?」

あかり「やっぱり、結衣ちゃんと一緒にいた時のちなつちゃん、幸せそうだったから」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:01:04.19 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「そんなこと…」

あかり「ちなつちゃんは優しいから」

あかり「あかりのワガママに付き合ってくれたんだよね?」

あかり「ごめんね、あかり子供だから」

あかり「ちなつちゃんの気持ち、ひぐっ、知ってるのに、一日だけ恋人さんに、うぇっらなりたかったの…」 ボロボロ

あかり「ごめんね…」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:07:52.15 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「…」

ちなつ「…あかりちゃん」

あかり「…うん」

ちなつ「…」 ガバッ

あかり「んん!?」

あかり「ちょっとちなつちゃ、なにす…ん…」

あかり「んんんんん~!」

ちなつ「ん…」

ちなつ「 私からは2回目、かな?」

あかり「はぁ、はぁ…」 トロン




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:14:27.72 ID:xtE+Wjb20
あかり「なんで…」

ちなつ「なんでもなにもないよ」

ちなつ「…これが、私の気持ち」

あかり「…ウソだよ、だってちなつちゃんは結衣ちゃんが…」

ちなつ「ウソなんかじゃないっ!!」

あかり「!」

ちなつ「…なんで、勝手に決めつけるの!?」

ちなつ「私は、あかりちゃんが好き!」

ちなつ「ちょっとドジな所も影が薄い所も素直な所も正直な所も優しい所も!」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:23:07.86 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「…結衣先輩のことは、好き…だったけど」

ちなつ「いつもいつもあかりちゃんは私を応援してくれて、そばにいてくれて」

ちなつ「私に正直な思いをぶつけてくれて…」

ちなつ「ごめん、私 あかりちゃんの方、全然見てなかった」

ちなつ「今日、あかりちゃんと一日付き合って… ようやく、分かったんだよ」

ちなつ「ちゃんと言わせて… 好きです」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:29:38.58 ID:xtE+Wjb20
あかり「ちなつちゃん… ひぐっ、ちなつちゃぁん… うぁ…うわぁぁぁん!」

ちなつ「ちょ、どうしてそこで泣くの!」

あかり「ぐすっ、あかり、嬉しくって…」

あかり「えへへ あかり、世界一の幸せ者だよ!」

ちなつ「…私も」

あかり「二人とも世界一幸せだね!」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:36:12.83 ID:xtE+Wjb20
~~~
あかね「…あら、お風呂長かったわね…って」

あかね「どうして2人同時に出てくるの?」

ちなつ「あの、お姉さん、お話があります」

あかね「…お姉ちゃん嫌な予感しかしないわぁ…」






98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:47:11.67 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「~というわけで、私たちは、付き合います!」

あかり「ます!」

あかね「そ、そう…」(目眩と頭痛がしてきたわ)

あかね「…ひとつだけ、聞かせて」

あかり「?」

あかね「2人はそれで、後悔しない?」

あかり「うん!」

ちなつ「はい!」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:51:41.11 ID:xtE+Wjb20
あかね「…そう 2人がそういうなら私から何も言うことはないわぁ」

あかね「ちなつちゃん、あかりをよろしくね」

ちなつ「は…はいっ!」

あかね「お姉ちゃんは理性がある内に外に出るわぁ」

ちなあか「理性…?」

~~
あかね「…えぇ、そうなの… …の妹さんとウチの妹が…」

あかね「…わかった… 今から行くわ…」



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:58:15.86 ID:xtE+Wjb20
あかり「なんだか、あっさり認めてくれたね えへへ」

ちなつ(ずっと笑顔だったのに物凄い寒気だったよ… うう、寝れるかな…)

あかり「あ、お姉ちゃんが出ていったから今夜はふたりきりだねぇ えへへ」 ぎゅっ

ちなつ「!!!」

ちなつ「あ、あかりちゃん、そういう恥ずかしいセリフは禁止!」

あかり「? そんなに変なこと言ったのかな?」





104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:03:49.01 ID:xtE+Wjb20
ちなつ(これから疲れそうだなぁ…)

あかり「…」

ちなつ「…あかりちゃん」

あかり「…」

ちなつ「あかりちゃん?」

あかり「…」 すぅ…

ちなつ「ウソでしょこの状況で寝るって…」

ちなつ(それにしても…)

ちなつ(…あかりちゃんの寝顔、可愛いなあ)

ちなつ(今なら、寝てるから…)

ちなつ(…ってダメダメ!なに考えてるのチーナ!)

ちなつ(寝室まで運ぼう…)


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:10:58.64 ID:xtE+Wjb20
ちなつ(…ふぅ)

ちなつ(一日の疲れが一気に来た… 私も寝ちゃおう)

ちなつ(おやすみ、あかりちゃん)

ちなつ「…これくらいなら、いいよね」 ちゅっ

ちなつ「…明日から、よろしくね」

ちなつ「…あ」

ちなつ(私の布団がない… いつもあかねさんに出して貰ってたから…)


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:23:46.95 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「…不可抗力!不可抗力だから仕方ないよね!」

ちなつ「失礼しまーすっと」

ちなつ(うあ… なんか凄く恥ずかしいことしてる気分…)

ちなつ(温泉で布団を隣りに並べた時はなんとも思わなかったけど… こんなに違うんだ…)

ちなつ(…へへ あかりちゃん、大好きだよ) ぎゅっ

~~~

あかり「ん~… よく寝たよぉ…」

あかり「…昨日のあれは、夢だったのかな」

あかり「…うわ!ち、ちなつちゃん!なんであかりのベッドに!?」

ちなつ「う~ん、あかりひゃん、おはよぉ…」



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:31:38.31 ID:xtE+Wjb20
あかり「お、おはよう…」 ジワ

ちなつ「…なんでにゃいてんの」

あかり「昨日のちなつちゃんは、夢じゃないんだなって思うと…」

あかり「ごめんね、あかりおかしいよね」

ちなつ「…ううん、おかしくなんかないよ とっても嬉しい」

ちなつ「さ、着替えよ?あかりちゃん」

あかり「…うんっ!」




118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:37:24.10 ID:xtE+Wjb20
~~
ドタドタドタ

あかり「ち、ちなつちゃああああん!なにこれええ!?!? く、首じゅうに変なのが…!」

ちなつ「あー…」

ちなつ「昨日、寝てる間にキスマーク付けちゃった てへ☆」

あかり「てへ☆ じゃないよおぉぉ!これじゃ人前出れないよ!」

ちなつ「マフラー巻けば?」

あかり「教室じゃ巻けないよ!」






119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:39:00.63 ID:wr25YVfH0
寝てる間にとかヤバイな


120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:40:43.18 ID:3KX+pxHp0
首中だと


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:40:55.30 ID:qiRnp2CO0
ガッチーナ流石やでえ


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:44:49.96 ID:xtE+Wjb20
ちなつ「んー 困ったな…」

あかり「どうにかならないの?」

ちなつ「あっ!一個あったよ!」

あかり「なになに!?」

ちなつ「キスマークが目立たないくらい全体にキスマーク付ければいいんじゃない!?」

あかり「」


126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:53:07.62 ID:xtE+Wjb20
あかり「その理屈はおかしいよぉ!」

ちなつ「だって他に方法ないでしょ!待ちなさ~い!」

ドタドタ

あかり「あう!」 ドサッ

ちなつ「ふぅ… もう逃がさないわよ…」

ちなつ「大丈夫、天井の染みを数えてる間に終わるから…」

あかり「… 分かったよぉ… これしか方法がないもんね?」

ちなつ「そうそう」

ちなつ「じゃ、行くよ…?」

ちなつ(ん?なんかデジャヴ?)


128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:59:23.34 ID:xtE+Wjb20
ガチャ

京結「ち、ちなつちゃん…?」

ちなあか「…あ」

京子「…あの あかりの首のそれは キスマーク?」

結衣「そして今まさに首にキスを…」

京子「ごめん!私たちまたしてもお邪魔だったみたい!」

結衣「ごゆっくり!」

あかり「あ、結衣ちゃん!京子ちゃん!」



131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:06:17.03 ID:xtE+Wjb20
あかり「誤解だよぉ!」

ちなつ「いや、違うよあかりちゃん 誤解なんかじゃ、ないでしょ?」

あかり「…あ」

あかり「…うん 誤解じゃ、ないね」

ちなつ「ちゃんと、あの2人に、伝えよう?」

あかり「…うん!」

ちなつ「待ってください二人とも!」

結京「は、はい!」 ピタッ


ちなつ「いくよっ」 ボソッ

あかり「うんっ!」




「私たちーーーーーーー」


終わり



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:06:55.37 ID:IXAMdyRv0

よかった!


136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:08:23.90 ID:xtE+Wjb20
支援&保守してくれた人ありがとう!
ちなあかは正義


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:08:36.17 ID:5w9IWr8r0
おつりん
やっぱちなあか最強やで


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:11:35.93 ID:qIXWW2BP0
すばらしかった


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:19:20.67 ID:DSgz+FAj0


ほっこりした


ゆるゆり 赤座 あかり&吉川 ちなつ【限定Ver.】 (1/10スケール PVC塗装済み完成品)
ゆるゆり 赤座 あかり&吉川 ちなつ【限定Ver.】 (1/10スケール PVC塗装済み完成品)




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ