Powered By 画RSS


美少女「ひっ、やめ、てっ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:30:19.42 ID:GPJ/EzuQ0
俺「許さない、お前がフってきた男たちの恨みに変えて!」ズブブッ

美少女「いやぁぁあああ!! 抜いてェっ!!!」

俺「これが>>2の分!」ズチャッ

美少女「ぎっ!」

俺「これが>>3の分!」ズチュッ!

美少女「痛い! 抜い……」

俺「そしてこれがぁ……」グイッ

俺「>>4の分だぁ!!!」ドビュッ!! ドピュッ!!

美少女「いやぁああああ!!」びくんびくん




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:31:34.68 ID:MRkTFjzz0


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:32:40.37 ID:utKzh/Ps0
ソイヤサ!!


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:33:09.59 ID:RGm26SIX0
(´・ω・`)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:35:18.49 ID:RFoWZQLl0
俺の分も頼むよ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:37:07.24 ID:sKVFcOt20
俺も!


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:38:05.04 ID:GPJ/EzuQ0
美少女「ひぐっ……」ドロォ……

俺「何休んでるんだ」グイッ

美少女「……え」

俺「お前はまだまだ許されちゃならないんだよ」ズブブ

美少女「やだ……もういや……」

俺「これは>>11の分!」ズヂュッ!

美少女「あがっ……!」

俺「これが>>12!」ずぷぷっ!

美少女「あっ……あ……」

俺「受け取れ!! >>13の分だ!!!」どぴゅっ!! どびゅっ!!

美少女「あぁぁああ!!」ビクク!!


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:38:51.34 ID:agQ4NW800
俺は別に


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:39:15.44 ID:DuANq0we0
>>1の分!!


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:39:24.55 ID:RGm26SIX0
(´・ω・`)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:39:58.75 ID:8yVD7U/L0
あれ?まさか>>1しか得してなくね?


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:40:17.51 ID:1MakBNGF0
俺の分も頼む


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:41:02.46 ID:NH2cibA50
ボクも!ボクもッ!!!


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:42:45.31 ID:GPJ/EzuQ0
美少女「やだ……許して……」ドロドロ……

俺「まだだ。まだまだお前は許さない」

美少女「いや……もういや……なんでもするから、許して……」

俺「おい、今なんでもすると言ったな」

美少女「え……」

俺「>>22の奴ならどうするだろうなぁ?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:43:29.17 ID:BijDHwxA0
24時間リモートバイブ装着


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:43:39.65 ID:NC5vpwJf0
あん


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:47:06.33 ID:GPJ/EzuQ0
俺「あんって所だな」

美少女「あ……ん……?」

俺「おい、あんもってこい」

家来「へい」

美少女「……! それって……!」

俺「そうだ、これが>>32。別名あんだっ!!」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:47:59.55 ID:8yVD7U/L0
放尿


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:48:14.67 ID:BijDHwxA0
リモートバイブ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:48:16.29 ID:vXNyJKXH0

         ,-、            ,.-、
        ./:::::\          /::::::ヽ
       /::::::::::::;ゝ--──-- 、._/::::::::::::::|
       /,.-‐''"´          \:::::::::::|
     /                ヽ、::::|
    /    ●                  ヽ|
     l   , , ,             ●      l
    .|        (_人__丿     、、、  |    おにいさんやめたげて
     l                      l
    ` 、                       /
      `ー 、__               /
         /`'''ー‐‐──‐‐‐┬'''""´


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:55:45.20 ID:GPJ/EzuQ0
美少女「かわいい……」

俺「言ってろ。これが俺の知り合いのあんだ」

あん「おねえさんもたいへんだね」

美少女「……!? よく考えると喋っ! アガッ!!」ボコォ!

あん「おねえさん何しゃべってるの? 僕はそういうお喋りな子は嫌いなんだ」ゲシゲシ

俺「あん、やってやれ」

あん「おにいさんもえぐいね。この子と契約して何度も犯すつもりかい?」

俺「利害は一致するだろう?」

美少女「さっきから……何言って……」

あん「君は今から僕と契約するんだよ。そして何をしても死なない身体を得るんだ。心と引き換えにね」

美少女「ひっ……!」ダッ

俺「おっと逃がさねぇぜ」ガシッ

あん「じゃあ早速。おねえさん、僕と契約して性奴隷になってよ!」ぱぁっ

美少女「いやぁああああ!!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:57:43.40 ID:BijDHwxA0
QBさん


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:59:22.79 ID:GPJ/EzuQ0
美少女「……」ビクビク

俺「完全に堕ちちまったな」

あん「おにいさん僕も鬼じゃないからね。あんまりこの子に酷いことして魂を壊しちゃダメだよ?」

俺「わかってるさ。何度も何度も犯して犯して、今まで無残に散った奴らの仇をとるその時まではな」

美少女「……ぁ」

俺「起きたか。じゃあまずは>>43の好きだったアレをやるか」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:00:17.35 ID:8yVD7U/L0
放尿


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:00:32.23 ID:Vlm/qLSZ0
うずまきナルト


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:00:44.22 ID:2JQP0Bzp0
アヘ顔ダブルピース


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:07:39.74 ID:GPJ/EzuQ0
俺「さてと」グイッ

美少女「痛い……! 髪の毛引っ張らないで……」

俺「あぁ!? 口答えしてんじゃねぇぞ!」ブチブチッ!!

美少女「ぎゃぁあああアアッ!!」

俺「何悲鳴あげてんだよ。何もやってねぇよ」

美少女「髪の毛……! ……うそ、抜けてな……い……」

俺「……ああたまんねぇな、魔法で元にもどっちまうんだから。痛みだけ残して」ブツブツ

美少女「……?」

俺「おら、股開けろ」

美少女「……」フルフル

俺「何抵抗してるんだ? 痛い目に合わないとわからないのか?」

美少女「……わかった……わよ……」くぱぁ……

俺「良い子だ。よく出来るじゃないか」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:19:49.26 ID:GPJ/EzuQ0
俺「……」パンパン

美少女「……く」ユッサユッサ

俺「エロい女だなお前。さっきまで処女だったってのにもう感じてんのかよ」グチュッ

美少女「!? ちがっ! あーっッ!」ビクビク!

俺「気抜けばすぐイキやがる。とんだど変態だぜ(魔法の効果で感度が相当上がってんだったな)」

美少女「……なによ……あんたなんかのチンポで……」

俺「じゃあ辞めちゃおっかなぁ」ピタッ

美少女「えっ……」

俺「なに名残惜しそうな顔してんだよ。やめて欲しかったんだろ?」

俺「もしそうじゃないなら両手でピースしながらもっとチンポで膣内掻き回して射精してくださいって言え」

美少女「……そんなこと、言うわけ……」

俺「そうかよ」ヌルルッ……

美少女「いやっ! 抜かないで!」ガシッ

俺「脚からます前にやることあんだろ! あぁ!_?」

美少女「チンポで……あなたの雄チンポで私の淫乱な膣内ぐちゃぐちゃに掻き回して膣内射精してください!」ダブルピース


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:23:57.87 ID:GPJ/EzuQ0
俺「よくできました」ずちゅっ!ずちゅっ!

美少女「いくぅううう!!!」アヘェ……ビクビク!

俺「先にイってんじゃねーよ! さっさと精子受け止めるために腰に力入れやがれ!」パンパン

美少女「あひっ! あへぇ……!」ビクビクッ

俺「よし射精すぞ! これが>>51の分!」びゅるる!

俺「そして>>52の分!」びゅくく!

俺「最後に>>53の分ダァッ!!」どびゅるる!!

美少女「ふゃぁあああああぁあ!!!!」びくんびくん


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:26:36.69 ID:dOMZ5XH50
わたしはベリヤさんだこみゅ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:26:52.26 ID:qRD7fwkT0
ッシャオラァ!


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:26:59.35 ID:BijDHwxA0
俺だあああああ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:29:08.48 ID:GPJ/EzuQ0
美少女「へひぇ……きもち……」ビクビク

俺「出来上がってきたじゃねぇか」

俺「そろそろ良い頃合いだな。>>57の好きだったあれなんかやってやるか」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:29:55.84 ID:t1dYHlvq0
野外露出


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:30:03.63 ID:1C7tiQj10
リョナ


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:30:28.88 ID:cUwS3GY20
びっくりするほどユートピア


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:34:10.75 ID:GPJ/EzuQ0
俺「まず全裸になり」 パサッ

俺「自分の尻を両手でバンバン叩きながら白目をむき」 バンバン!

      人__人__人__人__人__人__人__人__人__人__人
    Σ                           て
    Σ  びっくりするほどユートピア!        て人__人_
    Σ         びっくりするほどユートピア!      て
     ⌒Y⌒Y⌒Y)                          て
             Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒
 _______
 |__       ヽ(゜∀゜)ノ
 |\_〃´ ̄ ̄ ヽ..ヘ(   )ミ
 | |\,.-~´ ̄ ̄   ω > (∀゜ )ノ
 \|∫\   _,. - 、_,. - 、 \ (  ヘ)
   \   \______ _\<
    \  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ |
      \||_______ |


俺「ふぅ……」

俺「これで>>57の奴も泛ばれるだろう……」

俺「さて、次は>>63の好きだったあれだな」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:34:51.41 ID:ZQjzfvKg0
スカトロ


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:34:59.62 ID:m061G/KMP
>>44


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:00:53.48 ID:m061G/KMP
まんこに漏斗ぶっ刺してそこから硫酸をとくとくとく


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:43:29.70 ID:GPJ/EzuQ0
俺「おい、いい加減目覚ましたらどうだ」 ズブブッ

美少女「……へ……なに……これ」

俺「見たらわかるだろ、漏斗だよ」

美少女「身体も縛られてるし……一体何に……」 スッ

俺「おっと抜くなよ。まあそのナリじゃ動けないだろうがな」 コポコポ

美少女「なに……!? その、手に持ってるの……!」

俺「見たことないか? 硫酸だよ」

美少女「いや……! やめて! さっきあなたの望んだことしたじゃない……!」

俺「誰が一回で許すって言ったよ?」

美少女「そんなの……!」

俺「ああもううぜえ。いい加減俺の精液が垂れ流しで挿れるとき面倒くさいんだわ。こいつで洗い流そうぜ」

美少女「いや……いやっ!」 もじもじ

俺「よっと」トロー

美少女「いや……がっ!! がぁあああぁァァアアあアあああああああああああああ!!!!」 バタバタ


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:47:37.66 ID:GPJ/EzuQ0
美少女「……」

俺「泡吹いて気絶しちまった……全く>>63もこんなのが好きなんてとんだ変態だぜ」

俺「ん? お、すげえ。さっきのでまんこが再生してめちゃくちゃ綺麗になってる」

俺「ちょっくら挿れてみるか」 ズブブ プツッ

俺「お、処女膜まで再生してんじゃん。こりゃいいや」 ズプッ ズプッ

俺「うっ そろそろ出るな。>>69お前の分たんまり射精してやるからな」 ドクッドクッ!!


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:49:04.15 ID:GpHxFqNdI
っしゃあ


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:57:46.85 ID:GPJ/EzuQ0
俺「さてと……、おい起きろ」 ゆさゆさ

美少女「……え?」

俺「どんな感じだったよ?」

美少女「……?」

俺「あーん? 痛すぎて記憶ごともってかれちまったか」

美少女「さっきから俺くん、何言ってるの……?」

俺「……は?」

美少女「初めてのセックスは一緒にイこうって……それで私、気絶しちゃってたのかな」

俺「……」

美少女「えっ、膣内に射精しちゃったの……!? ど、どうしよう。赤ちゃん出来ちゃうよ」

俺(さてはこいつ、気絶してる間に色々な嫌なことを現実逃避で記憶ごと塗り変えちまったのか)

俺(これは利用しない手立てはないな。今こそ>>72の好きだったあれをやるときだ)


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:59:24.89 ID:ZQjzfvKg0
チューチュートレイン


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:07:33.34 ID:nDFlqeq/0
俺「ご、ごめんね! 俺も抜こうとしたんだけど、気持よすぎて目の前真っ暗になっちゃって」

俺「そしたら気付いた時にはもう全部膣内に射精しちゃってて……。ほんとごめん!」

美少女「……嫌い」

俺「え……」

美少女「俺くん、私のことが好きで膣内に射精してくれたんじゃなかったの……? ひどいよ……」

俺「……」

美少女「私、生でするって決めた時から覚悟できてたんだよ……? 俺くんが望むなら、膣内射精されても良いって」

美少女「俺くんの精子なら全部受け入れたいし、赤ちゃんだって……産む」

俺「美少女……」

美少女「わたしだって……ひぐ……俺くんが大好きで……だからっ!?」 ハムッ

俺「……」 ちゅっ

美少女「……んっ」 ちゅっ

俺「……舌出して」 レロッ

美少女「んぁ……」 トローッ

俺「……」 ちゅっちゅ


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:11:06.57 ID:nDFlqeq/0
美少女「俺くん……」

俺「俺は本気だよ……?」

美少女「うん……」ちゅっ

俺(ちょれえ……ちょろすぎんだろこいつ。いままでよく男共に尻振らなかったもんだな。甘すぎるぜ)

俺(へへへ……ここで>>80の好きだったあれをやってやれば完璧だぜ……)


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:15:23.86 ID:/BGcFEW50
狼牙風風拳


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:15:34.82 ID:nDFlqeq/0
過疎ってる上にそろそろ終わりたいからこれで美少女救済エンドか鬼畜エンドかきめるわ
kskst


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:15:55.66 ID:/BGcFEW50
鬼畜


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:18:23.59 ID:nDFlqeq/0
俺「なーんてのは嘘でしたッ!」 ドゴッ!

美少女「グェッリーノ・トラモンティ展」


82 :グェッで変換したら変なのになって書き込んじまったwwwww 2012/10/15(月) 00:21:36.26 ID:nDFlqeq/0
俺「なーんてのは嘘でしたッ!」 ドゴッ!

美少女「ぐぇっ!!」

俺「いつまで夢見てんだ……?」 グイッ

美少女「いたッ……! お、俺く……」

俺「目覚させてやるよ」 コポコポ

美少女「あ……、あ……」

俺「ほらよ」 トロー

美少女「あぎゃあぁああああああ!!!!! がぁあああああ!!!!!!!!!」 ドタドタ


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:23:15.13 ID:tdWsXgSbi
グェッリーノ・トラモンティ展


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:23:44.04 ID:k6v5fzxm0
何時過疎っていると勘違いした


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:26:45.27 ID:nDFlqeq/0
美少女「なんで……なんで……」

俺「まだ思い出せねえの? 実は俺今までのカメラで録ってたんだよねえ」

俺「ほら見ろよお前の淫乱な姿」



美少女『えっ……』

俺『なに名残惜しそうな顔してんだよ。やめて欲しかったんだろ?』

俺『もしそうじゃないなら両手でピースしながらもっとチンポで膣内掻き回して射精してくださいって言え』

美少女『……そんなこと、言うわけ……』

俺『そうかよ』ヌルルッ……

美少女『いやっ! 抜かないで!』ガシッ

俺『脚からます前にやることあんだろ! あぁ!_?』

美少女『チンポで……あなたの雄チンポで私の淫乱な膣内ぐちゃぐちゃに掻き回して膣内射精してください!』ダブルピース



美少女「あ……あぁ……っ」 ガクガク

俺「やっと思い出したかよ? お前は天性のド淫乱クソビッチ野郎なんだよ!!」 ゴガッ


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:27:29.15 ID:tdWsXgSbi
グェッリーノ・トラモンティ展


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:29:43.79 ID:Yf24ZZoYO
支援ッリーノ・トラモンティ展


88 :グェッリーノ・トラモンティ展さんの悪口はやめろ 2012/10/15(月) 00:38:43.87 ID:nDFlqeq/0
美少女「あは……あははは……」 ガクガク

俺「とうとう壊れちまったか。あんに怒られるなこりゃ」

美少女「いいよ……? 私どうせ助からないんでしょ……? だったらはやく犯してよ……」

美少女「犯されてる時だけは嫌なことも辛いことも全部忘れられるんだもん……」

美少女「あなたのチンポなら私いくらでもイケるよ……? あなたと身体の相性が良いみたい……」

美少女「あなたも私とセックスできて嬉しいんでしょう……? じゃあ犯してよ」

美少女「さっさと犯してよ。犯しなさいよ!! グズグズしてないでチンポ挿れてよ!!!」

美少女「四六時中セックスしなさいよ!!! ずっと膣内に射精しなさいよ!!!!」

美少女「一秒でもチンポ抜いたら許さない、絶対に許さない、チンポ、チンポ……」

パーンッ

俺「あーもう……うるせえなお前」 パーンッパーンッ

美少女「あ……びゃっ!? ばっ」 ビチャッ

俺「何回脳みそ吹き飛ばしてもすぐ元通りってすげえもんだわ」

俺「あ、なんか勘違いしてるみたいだけど別に俺一人がお前のこと犯すんじゃないんだわ」

俺「まあこれからずーっと犯し続けるってのは正解だけどな」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:40:02.67 ID:DUWbmK3J0
このスレはグェッリーノ・トラモンティ展の提供でお贈りします


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:44:14.53 ID:nDFlqeq/0
美少女「」

俺「じゃあ俺の番は終わりな。じゃあ次お前ら、一人一人ちゃんと交代してヤれよ」

俺「どうせそいつマンコ新品にできるし殺しても生き返るからwwwwwwww」

俺「うはwwwwwwwwVIPやめらんねwwwwwwwwじゃあなクソビッチwwwwwwwwwww」



 俺が分厚い扉を開けると、外には長蛇の列を成したお前らが並んでいた。
これからあの美少女が何度も何度も犯され嬲られ殺されるのだろうと思うと興奮して眠れなくなりそうだ。
じゃあ後は頼んだぞ。それだけ言い残し、俺はVIPの海へと姿を消していった。



                                                  おわり


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:44:40.85 ID:0RjipyZp0
グェッリーノ・トラモンティ展ワロタ


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:47:44.66 ID:TJrescu70
それがグェッリーノ・トラモンティ展の選択か…


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 00:48:20.43 ID:Yf24ZZoYO
乙ッリーノ・トラモンティ展


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/15(月) 01:08:26.93 ID:Y1YX481n0
ちょっとグェッリーノ・トラモンティ展行ってくる





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「オリジナル」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ