Powered By 画RSS


穏乃「灼さんって、好きな人いるのかなぁ?」憧「え?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:05:45.64 ID:iWzqOpcl0
阿知賀女子学院

麻雀部 部室

憧「・・・・・え?」

穏乃「・・だから、灼さんて好きな人いるのかなー?」

憧「・・・・・」

憧(今日のしず、なんか大人しいと思ってたけど・・・・二人きりになった途端この質問・・・・・)

穏乃「・・・・・ねえ」

憧(まさか・・灼さんに気がある?・・・いや、しずに限ってそれはないよね!しかも灼さんが相手なんてさー!)

穏乃「憧ー?聞いてるー?」

憧「え?うん、聞いてるよ?灼さんの好きな人でしょ?」

穏乃「そうそう」

憧「そんなの、晴絵に決まってるじゃん」

穏乃「・・・・・・え?」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:08:30.38 ID:iWzqOpcl0
憧「どしたの?」

穏乃「い、いや、なんで決まってるの?」

憧「灼さん、あたしたちと晴絵とで反応が全然違うし・・・」

穏乃「う・・・でもそんなのたまたまだよ!たまたま」

憧「あとさ、灼さんって制服ネクタイじゃん?そのネクタイって、晴絵のらしいよ」

穏乃「ど、どういう事?」

憧「晴絵が高校生の時、灼さんにあげたんだって」

穏乃「・・・・・な、なんで?」

憧「灼さんが晴絵のファンだったみたい」

穏乃「それ・・・本当の話?」

憧「うん。お姉ちゃんから聞いたから」

穏乃「・・・・・・」

憧「昔に貰ったネクタイを今でも持ってて、しかも付けてるなんて・・・ベタ惚れだよねー」

穏乃「・・・・・・」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:10:32.11 ID:iWzqOpcl0
憧「・・・・・しず?」

穏乃「そうなんだ・・・・」シュン

憧「・・・・え?」

穏乃「じゃあ・・・もうダメなのかな・・・」

憧(え?・・・・やだ・・・・もしかして・・・・・本当に・・・?)ドクン...

憧「あ、あの・・さ・・・」ブル..

憧「し、しずって・・・・・・・灼さんの事・・・」ドキドキドキ..

憧(・・・・・声が・・・震える・・・怖い・・・)

憧「す、好きなの?」

穏乃「・・・・・・・・うん」

憧「!!!ちょ、ちょっと待ってよ!!」

穏乃「え?憧?」

憧「どうして・・・どうして灼さんなの!?」ガシッ!

憧「普段そんなに仲良い訳じゃないのに!」ギリギリギリ..


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:12:16.12 ID:iWzqOpcl0
穏乃「あ、憧・・・・いっ、痛いよ・・」

憧「・・・・あっ、ごめん・・」ハナシ

穏乃「・・・・・・」

憧「・・・・それで・・・どうして・・?」

穏乃「・・・インハイで負けた時、私・・・凄く落ち込んじゃって・・・」

憧「うん・・・・」

穏乃「その夜にさ、一人で散歩してたら灼さんとバッタリ会ってさ」

憧「・・・うん」

穏乃「落ち込んでる私を見て、灼さんが『穏乃は頑張ったよ。偉いね』って言ってくれたんだ」

憧「・・・・」

穏乃「私・・・そう言われた時に・・なんか・・・灼さんに抱きついて泣いちゃって・・・」

穏乃「そしたら・・・泣き止むまでずっと頭を撫でてくれたんだ・・・・周りの人から変な目で見られても・・・全然気にしないで、ずっと・・・」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:16:21.78 ID:iWzqOpcl0
穏乃「・・それから・・・灼さんの事ばっかり考えるようになっちゃって・・・」

憧(・・・・あたしだって・・・・・・色々したじゃん・・・ずっとしずの事を考えて・・・寝るまでずっとそばにいて・・・)

穏乃「この気持ちってなんだろう?って思ったけど・・・・お母さんに聞いたら、『恋じゃない?』って・・・」

憧「っ!」ズキッ!

穏乃「そう言われた瞬間、納得したんだ。私は灼さんが好きなんだって」

憧「・・・・・でも灼さんは晴絵が好きだよきっと」

穏乃「あ・・・・」シュン

憧「・・・・・・」

穏乃「で、でも!まだ付き合ってないでしょ!?」

憧「それは・・・まだだと思うけど・・・」

穏乃「じゃあさ!まだ私にもチャンスがあるって事だよね!?」

憧「・・・・・あったらどうなの?」

穏乃「灼さんに告白するよ!」

憧「!!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:18:10.51 ID:iWzqOpcl0
穏乃「・・・でもいきなりは難しいから・・・憧!」

憧「何?」

穏乃「協力して!」

憧「・・・・・・え?」

穏乃「私が灼さんと付き合えるように、協力して!お願い!!」ガバッ!

憧「協力・・・・あたしが・・・・?」ムッ

憧(しずが・・・・灼さんと付き合えるように協力しろって?冗談言わないでよ・・・あたしがどれだけしずの事を好きか、全然気付いてくれてないの?)

穏乃「お願い!私には憧しかいないんだよ!」

憧「っ・・・」ピクッ!

穏乃「憧!お願い!」

憧(こんな風に頼まれたら・・・断れないよ・・・)

憧「・・・・・わかった」

穏乃「っ!ありがとう!!!」

憧(・・・・大丈夫だよね、いくらしずが迫ったって灼さんは晴絵が好きなんだし)


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:19:49.84 ID:iWzqOpcl0
穏乃「じゃ、じゃあさ!早速ボウリング場に行こうよ!」

憧「え?でも部活・・・」

穏乃「今日は玄さんも宥さんも用事でいないから、部活は中止なんだ!」

憧「全然聞いてないけど?」

穏乃「・・・憧に相談に乗ってほしかったから黙ってた・・・ごめん!」

憧「・・・・なるほど」

穏乃「だから灼さんは実家の手伝いでボウリング場にいるんだ!」

憧「それで?行ってどうするの?」

穏乃「とりあえず、良いところを見せてアピールする!」

憧「ふーん」

穏乃「よし!じゃあ行こう!!」タタタ

憧「あ!ちょっと待ってよしずー!」タタ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:23:49.22 ID:iWzqOpcl0
ボウリング場 Sagimori Lanes

ガー

穏乃「あ・・・いた!」ニコー

憧(・・何よ、その嬉しそうな顔・・・)ムカ

穏乃「こ、こんにちはー!」スタスタ

灼「いらっしゃいませ・・・え?穏乃?・・・・と憧・・・・冷やかし?」

穏乃「ち、違いますよ~!」

灼「そう?」

穏乃「ねえ!そうだよね!憧!?」

憧「はいはい」

灼「?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:28:39.74 ID:iWzqOpcl0
おばあちゃん「あら?高鴨さんと新子さんじゃないかい?」

穏乃「あ、どうもこんにちは!」ペコッ

憧「こんにちは」ペコッ

おばあちゃん「遊びに来てくれたのかい?」

穏乃「は、はい!」

憧「なんで緊張してんのよ?」

穏乃「だ、だって・・灼さんのおばあちゃんだし!」

憧「・・・・あそ」

おばあちゃん「灼も一緒に遊んできたらどうだい?」

灼「え?」

穏乃「!!」

憧(く・・・こいつ・・余計な事を・・・)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:30:15.44 ID:iWzqOpcl0
灼「いや、でも手伝いが」

おばあちゃん「私は大丈夫だから」

灼「それに二人で遊びに来たんだから、邪魔するのもなんか・・・」

穏乃「ああうあう~」アコー..

憧「・・・・」ハァー..

憧「いいじゃん、一緒に遊ぼうよ。せっかくのおばあちゃんの好意なんだし」

穏乃「そそ、そうですよ!一緒に遊びましょう!?」

灼「・・・・二人がそう言うなら・・・本当に大丈夫?」

おばあちゃん「もちろんだよ」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:32:27.79 ID:iWzqOpcl0
灼「じゃあ・・・いいかな?」

穏乃「はい!」

憧「うん」

穏乃「そ、それじゃあボウリングしましょう!」

灼「・・・・・」ピク

おばあちゃん「あら?外で遊ばなくていいのかい?」

穏乃「はい!元々ボウリングをしに来たので!」

おばあちゃん「そう・・・ありがとうね」ニコッ

穏乃「は、はい!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:34:45.41 ID:iWzqOpcl0
憧「しず、あたし、灼さんの順ね」

穏乃「うん!じゃあ行くね!」

憧・灼「頑張れー」

穏乃「よおし・・・とりゃ!」ゴロゴロー!パカァン

憧「6本・・・まあまあね」

灼「上手」

穏乃(ここでいいスコアを出してアピールするか、灼さんに教えてもらって仲良くなるぞー!!)メラメラ

憧「っと、スペアならずか・・・」クルッ スタスタ

穏乃「投げる時なんですけど・・・」

灼「腕をこうやって・・・」

憧(なんか・・・楽しそうにお喋りしてるし・・・)ムカ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:36:21.75 ID:iWzqOpcl0
穏乃「あ、惜しかったね」

灼「上手」

憧「ん・・・まあね・・・次は灼さん」

灼「うん」カマエ

灼「・・・・」スタスタスタ..ビシュ!

穏乃「綺麗なフォーム・・・」

憧「確かに・・・」

ゴロゴロー..ガタン!ゴロロロ

灼「・・・・・」

憧「ガターね」ププ

穏乃「あ、灼さん次があります!!」モン!

灼「・・・うん」

灼「・・・・・っ」ビシュ!ゴロロー..ガタン!ゴロロロ

憧「またガター・・・」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:39:23.34 ID:FBJpu6Uv0
あらたそ?


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:41:34.52 ID:iWzqOpcl0
穏乃「あうう・・・」

灼「・・・・・」スタスタ..スワリ

憧「・・・・・」ジー

灼「べ、別に・・・ボウリングが上手いとは言ってないし・・・・」

憧「でも実家がボウリング場なのに下手ってひどいよね」

灼「あ、憧だって実家は神社だけど、お祓い出来ないでしょ?」

憧「ぐっ・・・それは出来ないけどさ!でもボウリングなんて誰でも出来る事なんですけどー!」

灼「憧しかいない時にお祓いお願いされたらどうするの?無視する気?ボウリングは出来なくても迷惑かけないけど、お祓いは違う」

憧「お祓いしなきゃいけない状況より、ボウリングする状況の方が多いのに、こんだけ下手なんてダメっしょ!?同列に扱わないでよ!」

灼「まだ1フレームだけしか見てないのに下手って決めつけるの?」

憧「さっき下手って言った時に否定しなかったじゃん!自分で気付いてるくせに!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:43:10.66 ID:iWzqOpcl0
穏乃「あうあう~・・喧嘩はやめようよ~」オロオロ

灼「あ・・」ハッ

憧「フォームが綺麗な分、ガター出すとみっともないってーの!」

灼「・・・・ごめん」

憧「え?」

灼「ちょっと言い過ぎた・・・ごめん」

憧「え・・・あ・・・え?」

灼「次は穏乃だね。頑張って」

穏乃「は、はい!」ヨーシ!

憧「あ・・・(しずの為に・・・?)」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:45:12.01 ID:iWzqOpcl0
穏乃「やったか?・・・ああー、1本残った~」クー

灼「惜しい」

憧(・・・・明らかにあたしが悪いのに・・・しずの為に自分から謝るって・・・)チラッ

灼「?」

憧「・・・・あたしの方こそ・・・ごめん」

灼「・・うん、おあいこだね」

憧「うん・・・」

憧(そうだよね・・・しずが灼さんを好きなのはあたしにとって凄く嫌。でも灼さんに当たるのは違うよね・・・)フゥ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:48:41.07 ID:iWzqOpcl0
穏乃「やった!勝った~!!」ワーイ

憧「届かなかったか~」チェー

灼「・・・・・・」

憧「あ・・・灼さんも頑張ったって!」

灼「でも・・・3ゲームやって平均が62だし・・・」

穏乃「でもでも!フォームは凄い綺麗でした!」

灼「そ、そうかな///」テレ

穏乃「あ・・・」

灼「な、なに?」

穏乃「いやー別に・・・(照れた顔が・・すっげー可愛い!!)」オオオ!

憧「って、もうこんな時間か」

灼「・・・本当。結構熱中してたから」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:50:21.86 ID:iWzqOpcl0
穏乃「あ・・・」

憧「そろそろ解散だね」

灼「そうだね」

穏乃「・・・今日は楽しかったです!」

灼「うん、私も。二人とも途中で割り込んでごめんね」

穏乃「全然!いつでも大歓迎ですよ!!」

憧「うん。・・・・また遊ぼ」

灼「そうだね、ありがとう」

穏乃「・・・・じゃあ、帰ります」

灼「うん、気を付けてね」

穏乃「はい!」

憧「は~い」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:54:47.30 ID:iWzqOpcl0
帰り道

穏乃「よおおおし!イメージアップ成功だ~!!」

憧「・・・どこが?」

穏乃「だって、灼さんが『上手だね』って!」

憧「でもその言葉に浮かれて、はしゃいでただけだったじゃん」

穏乃「お?」

憧「その時に投げ方を教えてあげたりとか、そういう風にして仲良くなっていけばいいのにさ」

穏乃「・・・・・・」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 21:56:27.36 ID:iWzqOpcl0
憧「どしたの?」

穏乃「やっぱ憧は凄いよ!そんな事考えつかなかった!頼りになるよ!!」グッ!

憧(余計な事言っちゃった・・・)

穏乃「おおおお!憧が味方ならなんとかなるかも!!燃えてきた~!」

憧「・・・・」ハァ

穏乃「よおおし!!あ、ここから走って帰るから!お先!!」ダダダダダー!

憧「え?しず・・・・行っちゃった」

憧「・・・・・何してんだろ・・・あたし・・・」ハァ


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:00:37.85 ID:iWzqOpcl0
新子家

憧「ただいま~」

望「おかえり~」ニコニコ

憧「はぁ・・・」スワル

望「あれー?お疲れちゃーん?」アハ

憧「・・・どうしたの?機嫌いいけど」

望「あ、わかる~?わかっちゃう~?」

憧「そりゃわかるって。それで?何があった訳?」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:02:35.95 ID:iWzqOpcl0
望「ふふふ・・・・お姉ちゃんね、晴絵と付き合う事になったの~!」アハハ

憧「ふーん・・・・・・え!!?」

望「遂に!お姉ちゃんにも春が来たの!」

憧「・・・・・ど、どうして!?」

望「・・・・どうしてって・・・失礼ね。両想いだからに決まってるでしょ?」

憧「・・・・・」パクパク

望「驚くのも無理ないよねー!ずっと友達同士だったからね。でも、これからは・・・」フフフ

憧(・・・・・・・)


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:04:31.58 ID:iWzqOpcl0
翌日

麻雀部部室

晴絵「・・・二人きりで話って何?」

憧「・・・・・・・・」

晴絵「・・・・まぁ、検討はつくけどさ」

憧「お姉ちゃんと付き合うって本当?」

晴絵「・・・・・本当よ」

憧「・・・・それって、お姉ちゃんが好きって事?」

晴絵「・・・・ねえ、それって言わなきゃいけないの?なんか恥ずかしいしさぁ」

憧「答えて」

晴絵「・・・・・好きだよ。私は望が好き」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:07:36.27 ID:iWzqOpcl0
憧「・・・灼さんは?」

晴絵「え?灼?・・・なんで灼が出てくるの?」

憧「それは・・・・(灼さんの気持ちに気付いてない?)」

晴絵「・・灼はきっと喜んでくれると思うけど」

憧「・・・・・・」

晴絵「・・・・お姉ちゃんが心配なのはわかるよ。でもさ、私は真剣に望が好きだから、絶対悲しませたりしない」

憧「・・・・晴絵・・・」

穏乃「あれ?灼さーん!部室入らないのー!?」ドアゴシ

憧・晴絵「!?」

灼「は、入るよ」ドアゴシ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:09:37.74 ID:iWzqOpcl0
ガチャ

灼「・・・・・」

憧「あ・・・・」

憧(今の話・・・聞かれてた・・・よね)

穏乃「・・・・・?」ン?

玄・宥「?」

晴絵「・・・始めようか」

穏乃・玄・宥「はい!よろしくお願いします!」

憧・灼「・・・・・」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:13:27.03 ID:iWzqOpcl0
玄「ロン!ドラ6で18000です!」ジャラッ

灼「・・・飛び」チャリ

玄「ロン!ドラ8で24000です」ジャラッ

灼「・・・・飛び」チャリ

玄「ローーン!!!ドラ12で48000です!」ジャラ

灼「・・・・・・」トビ

玄「お姉ちゃー!私無敵だよー!」ドラーン!

宥「玄ちゃん凄ーい」フルフル..

玄「私こそ!阿知賀の『どらどんどうろ』なのです!」フムン!

宥「玄ちゃんかっこいい」フルフル..

晴絵「・・・灼?調子悪いみたいだけど・・・」

灼「・・・・大丈夫」ジャラァ..

晴絵「そう・・・」

憧「・・・・・(灼さん・・・)」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:16:15.98 ID:iWzqOpcl0
晴絵「今日はここまで。解散!」

玄「お姉ちゃん!松実旅館に帰ろ!」

宥「うん」フルフル

灼「・・・お疲れ様でした」フラフラー

晴絵「ん?二人は残るの?」

憧「あ・・・・えと」

穏乃「残ります」

晴絵「じゃあ鍵よろしくね」スタスタ

穏乃「・・・・・」

憧「・・・・・」

穏乃「・・・・・灼さん、様子が変だった」

憧「うん・・・・」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:17:17.43 ID:FBJpu6Uv0
あらたそ……


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:19:27.53 ID:iWzqOpcl0
穏乃「憧・・・理由知ってる?」

憧「・・・・・・・」

憧(・・・本当の事を言うしかないか・・・・嘘をついても晴絵に聞いたらすぐばれるし・・・・)

憧「・・晴絵があたしのお姉ちゃんと付き合う事になってさ」

穏乃「え・・・?」

憧「それを知ったから、灼さんは落ち込んでたんだよ」

穏乃「・・・・・・・」

憧「・・・・・・・」

穏乃「じゃあ・・・私にも望みが出てきたって事!?」

憧「・・・それは・・・・」

穏乃「だって!灼さんは赤土さんが好きだけど、赤土さんは憧のねーちゃんと付き合うんでしょ!だったら・・・」オオ!

憧「・・・・灼さんが失恋したのがそんなに嬉しいの?」

穏乃「う!そ、そういう訳じゃないけど・・・でも私にとってはチャンスっていうか・・・」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:21:13.11 ID:iWzqOpcl0
憧「・・・失恋してすぐ他の人と付き合う気になるかな?」

穏乃「で、でもさ、もう赤土さんとは付き合えないんだし、可能性はあるでしょ!?」

憧「・・・・・・・・」

穏乃「・・・・・・・」

憧「じゃあさ」

穏乃「うん」

憧「灼さんが・・・・例えば玄と付き合ったとする」

穏乃「う、うん・・・」

憧「この場合、しずは失恋したわけだよね」

穏乃「うん・・・」

憧「そこでさ・・・」

憧「あたしが、しずに告白したら・・・・しずはあたしと付き合う?」

穏乃「あ・・・・・」

憧「・・・・・・・」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:24:50.67 ID:iWzqOpcl0
穏乃「・・・・・付き合わない」

憧「っ!」ズキ

穏乃「そっか・・・そうだよね・・・・・気持ちの整理とか・・・・そういうのがあるもんね・・・」

憧「・・・・そういう事!まったく、しずは鈍いんだからー!」

穏乃「うう~、そんな涙出るほど笑わなくても・・・」

憧「え?・・・あ、だ・・だってしずが間抜けなんだもん」フキフキ..

穏乃「・・・・・・」

憧「?」

穏乃「でも、灼さんが好きな気持ちに変わりはないから・・・頑張るよ」

憧「・・・・そっか・・」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:26:42.85 ID:iWzqOpcl0
穏乃「だから・・・また協力お願いしていいかな・・・?」

憧「・・・・・うん、いいよ」

穏乃「ありがとう」ニコッ

憧「友達として・・・・当然だよ・・」ハハ..

憧(次の日から・・・しずと灼さんが二人でいる光景をよく見かけるようになった)

憧(休みには一緒に出掛けたりしているらしい。順調らしく、相談に来る事もなかった)

憧(しずと一緒にいる事で、灼さんも失恋のショックから、少しずつ立ち直ってきているみたい)

憧(あたしはというと、未だにしずへの想いを捨てきれず、かといって告白する事も出来ず・・・中途半端なまま、毎日を過ごしていた)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:29:53.06 ID:iWzqOpcl0
一ヶ月後

晴絵「お疲れ様でした!」

全員「お疲れ様でした!」

玄・宥「また明日~♪」バイバイ

憧「はーい」

穏乃「お疲れ様~」

灼「また明日」バイバイ

憧「・・・」フゥ

灼「穏乃、今日はどうする?」

穏乃「あ・・・えと、今日はちょっと・・・」チラッ

憧「?」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:31:36.15 ID:iWzqOpcl0
灼「あ・・・じゃあ私は先に帰るね」

穏乃「うん、お疲れ様でした」

灼「ん。じゃあ」

憧「お疲れ」

灼「うん」

バタン

憧「・・・・・・何?」

穏乃「えっと・・・・灼さんの事なんだけど」

憧「・・・ま、そうだと思ったけど。・・それで?」

穏乃「告白・・・・しようと思う」

憧「!!」

穏乃「ここ最近・・・結構いい感じでさ、もしかしたら・・・いけるんじゃないかって」

憧「で、でも!灼さんはずっと前から晴絵を好きだったんだし・・・まだ早いんじゃない?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:36:24.90 ID:iWzqOpcl0
穏乃「けど!好きなのにこのままでいるのも辛いっていうか・・・」

憧「・・・・そんなの!あたしだって・・・っ!」

穏乃「え?」

憧「・・・・・なんでもない。告白してダメだったら・・・・あとが辛いよ?」

穏乃「わかってる・・・でも・・・」

憧「・・・・・告白するって決めたの?」

穏乃「・・・・うん」

憧「そっか・・・・・しずが決めたんなら・・・・・」

穏乃「・・・・・・」

憧「それで?決めたんだったらあたしに何を相談する訳?」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:38:15.65 ID:iWzqOpcl0
穏乃「その・・・・・告白のシミュレーションに付き合って欲しいんだ!」

憧「え?」

穏乃「は、初めての告白だから・・・・」

憧「・・・・・」

穏乃「お願い!憧!」

憧「・・・・・・しょうがないなぁ・・・いいよ」

穏乃「っ!ありがとー!」

憧「・・・・あたしが灼さんをやればいいのね?」

穏乃「うん!じゃあ・・・・いくよ!」

憧「うん」

穏乃「・・・・・・・」

憧「・・・・・・・」

穏乃「私は・・・・あなたが好きです・・・私と、付き合ってください!!」ペコッ!

憧「・・・・・・うん・・・・あたしも・・・しずが好きだよ」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:41:17.41 ID:iWzqOpcl0
穏乃「え?憧?」

憧「あ・・・ごめんごめん!灼さん役だったね!しっぱいしっぱい」ハハ..

穏乃「じゃあもう一回・・・・・・あなたが好きです!私と付き合ってください!」ペコッ!

憧(しずから告白される・・・・ずっと夢見てた光景だったけど・・・・こんな形なんて・・・・)グス..

穏乃「うーん、ちょっと弱いかも・・・もっと私の気持ちをストレートに伝えた方がいいかな・・・・ごめん、もう一回!」

憧「うん・・・」

穏乃「私、灼さんが好きです!もし・・・まだ赤土さんが好きだったら・・・赤土さんの代わりでもいいです!私と付き合ってください!!」ペコッ!

憧「・・・・・」グス

穏乃「・・・どうかな?」

憧「・・・最初のがいいと思う・・・しずらしく、ストレートで」

穏乃「そ、そう?憧がそう言うなら間違いないな」ウン!

憧「・・・・・」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:44:45.06 ID:iWzqOpcl0
穏乃「じゃあ・・・・行ってくる」

憧「え?・・・今から?」

穏乃「よし!」ダダダダ!

ガチャ パタン!

憧「・・・・・・」

憧「これで・・・・よかったのかな・・・・」

憧「・・・・しず・・・嬉しそうな顔してたし・・・いいんだよね、これで・・・」

憧(成功したら・・・・しずは灼さんと付き合う・・・・)ズキ

憧(しずに一番近い場所を・・・奪われちゃう・・・)

憧「!」ゾクッ!

憧「・・・・・・やだ・・・・・・・やだよ・・・」グスッ..

憧「しず・・・・っ!」ダッ!

憧「・・・っ!」タタタタタタッ!


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:48:00.35 ID:iWzqOpcl0
憧「あ」タタタ

穏乃「・・・・・」トボトボ

憧「しず!」タタタ

穏乃「あ・・・・憧・・・」ッスン..

憧「・・・・・・・」

穏乃「フラれちゃった・・・・」

憧「・・・・・・・」

穏乃「・・・私たちは付き合わない方がいいって・・・・」ウゥッ...グズ..

憧「・・・・」

穏乃「うん・・・・うぅ・・・あこぉ・・・」

憧「大丈夫・・・あたしがずっとそばに」

穏乃「・・・・こんなに・・・灼さんが好きなのに・・・・」

憧「あ・・・・」ズキッ..


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:52:09.28 ID:iWzqOpcl0
穏乃「どうしよう・・・・これから・・遊んだりとか・・・・出来なくなっちゃうのかなぁ・・・」グス..

憧「しず・・・」

憧(そっか・・・もう・・・しずに一番近いのは・・・あたしじゃないんだ・・・)

穏乃「うぅっ・・・・ぐす・・・」

憧「・・・・灼さん、どこ行ったかわかる?」

穏乃「え・・・・?・・・多分・・・家に帰ったと思う」

憧「そう・・・しずはちょっと待ってて」

穏乃「?」

憧「っ!」ダダッ!

穏乃「憧!?」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:54:01.41 ID:iWzqOpcl0
通学路 外れ

灼「・・・・・」

憧「・・・・・」ハァハァ...

灼「・・・・・」

憧「・・・・・」ハァ..

灼「・・・・・何か用事?」

憧「・・・しずの告白・・・断ったんだってね」

灼「・・・・・・」ピク

憧「・・・・まだ晴絵が好きだから?」

灼「・・・・・・」

憧「・・・・・答えて」

灼「・・・はるちゃんは・・・・・・憧のお姉さんと付き合って、幸せそうだから・・・もう・・・諦めた・・・」

憧「・・・・じゃあ、どうして?」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 22:57:39.82 ID:iWzqOpcl0
灼「・・・・・憧、穏乃の事・・好きでしょ?」

憧「!!」

灼「しかも、私が穏乃と出会う前から・・・」

憧「・・・・・」

灼「なのに、私が横から出てきて奪うなんて出来ないよ」

憧「・・・・・」

灼「私はまだ・・・・はるちゃんに向けてた感情を、完全には整理出来てない・・・その状態で穏乃を受け入れるのは、穏乃にも憧にも失礼だから」

憧「・・・・・・・・」

穏乃『私、灼さんが好きです!もし・・・まだ赤土さんが好きだったら・・・赤土さんの代わりでもいいです!私と付き合ってください!!』

憧「・・・しずは・・・・それでも・・・・付き合ってほしいと思ってるよ」

灼「・・・・・・憧はそれでいいの?」

憧「・・・っ!?」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:00:24.66 ID:iWzqOpcl0
灼「・・・・・・」

憧「・・・・けない」

灼「え?」

憧「いい訳ない!?あたしはしずが好き!ずっと前から!」

灼「・・・」

憧「途中で・・・別々の学校に行った時も、すっごい後悔した!悩んで・・・でも会いにいけなくて!」

憧「久しぶりにしずから電話があった時、冷静を装ってたけど、めちゃくちゃ嬉しかった!」

憧「熱血なとこも、抜けてるとこも、優しいとこも!大好き!!」

灼「・・・・・」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:03:55.70 ID:iWzqOpcl0
憧「・・・・だけど・・・・・しずは・・・・」

灼「?」

憧「灼さんの顔見ただけで・・・あたしといる時より・・・・すっごい笑顔になるんだ」

灼「・・・・・」

憧「あたしと大喧嘩した時より・・・灼さんが晴絵を好きだと知った時の方が・・・・悲しい顔するんだよ・・・」

灼「・・・・・」

憧「・・・あたしじゃ・・・・しずを幸せに出来ない」

灼「・・・・・」

憧「だからっ!・・・・もう・・・あたしは諦めたんだよ・・・」フ..

灼「・・・・・」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:06:17.69 ID:iWzqOpcl0
憧「・・・だからさ、灼さん・・」

灼「で、でも!まだ気持ちの整理が」

憧「・・・整理がつかないと付き合えない?」

灼「・・・・・う」

憧「それが本心?」

灼「そ、それは・・・・」

憧「・・・整理がつくまで、しずとは付き合いたくない?」

灼「・・・・・」ウゥ..

憧「・・・・・」ハァ

憧「あたしを鈍感な晴絵と一緒にしないでよ」

灼「え?」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:10:27.16 ID:iWzqOpcl0
憧「灼さんが、しずに惹かれてるなんて、見ればわかるよ」

灼「っ!」

憧「最近のしず、灼さん好き好きオーラが出まくってて超可愛いもんね」

灼「うう・・・」

憧「・・・・実際のトコ、どうなの?」

灼「そ、それは・・・」

憧「あたしは本音を喋った。逃げるのはずるいかんね」

灼「う・・・」

憧「・・・・・・」ジー


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:12:09.07 ID:iWzqOpcl0
灼「・・・・こ、告白された時、嬉しかった・・・」

憧「ん、それで?」

灼「・・・・でも、憧が穏乃を好きだって知ってたから」

憧「うん」

灼「付き合ったら、麻雀部がバラバラになると思った」

灼「一番の新参者の私が・・・幼馴染のみんなの仲を壊すのが・・・嫌だった」

憧「・・・・」ハァー

憧「あんた、まだそんな事考えてたの?」

灼「・・・えっ?」

憧「あのね、一緒に全国目指すって決めた時点で、幼馴染とか関係なく、みんな仲間な訳!わかる?」

灼「えと・・・その・・・」

憧「それに、あたしはただビビッて告白出来なかっただけ!遠慮なんていらない!早い者勝ち!変な事考えんなってーの!」

灼「・・・・・」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:15:55.46 ID:iWzqOpcl0
憧「はぁー・・・思った事、全部話したらすっきりした・・・」フゥ

灼「・・・私も」

憧「・・・・・けどさ、今の話を聞くと・・・灼さんて、なんか危なっかしくて心配になるなぁ」

灼「あ、危なっかしい?」

憧「一人であれこれ考えちゃって、思考のループにはまるっていうか」

灼「そう、かな?」

憧「それに根暗っぽいし~」

灼「ちょ、ちょっと!」

憧「あはは!・・・だからさ、灼さんには・・しずが合ってると思う・・・」

灼「あ・・・」

憧「・・・落ち込んでる自分が馬鹿らしく思えるくらいに明るくて・・・」

憧「悩んで立ち止まってる時には・・・引っ張って助けてくれる・・・そんなしずがさ・・・」

灼「・・・・」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:18:08.01 ID:iWzqOpcl0
憧「・・・・超超鈍感なのが玉にきず、だけど」フフ

灼「うん・・・」

憧「・・・・・」

灼「・・・・・憧」

憧「うん?」

灼「ちょっと行ってくる」

憧「・・・しずは、この先の道で待ってるから」

灼「ありがとう!」

憧「・・・うん」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:20:04.41 ID:iWzqOpcl0
灼「っ!」タタタタタ!

憧「・・・・・」

憧(・・・・・感情に任せて、突っ走っちゃったけど・・・これでよかったのかな?)

憧(思った事をすぐに吐き出して・・・あたしはしずか!)フフ..

憧(・・・もし・・・今みたいに・・・インハイ前に・・・告白してたら・・・・しずは・・・)

憧「・・・なんて、考えても意味ないか」フゥ

憧「・・帰ろうっと」スタスタ


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:21:27.53 ID:FBJpu6Uv0
アコチャー…


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:23:44.25 ID:iWzqOpcl0
新子家

憧「ただいま」

望「おかえり~・・・・憧!?」

憧「な、なんなの?大声出して」

望「だって・・・泣いてるから」

憧「え・・・あ・・・本当だ」

望「何があったの?」

憧「別に何もないよ?」スタスタ

望「でも・・・」

憧「大丈夫大丈夫」スタスタ

憧(そっか・・・泣いてたか・・・失恋したし?当然?ってねー)アハハ

憧(でもなんか冷静なんだよね。あたし悟りを開いたのかなー、なんて)


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:26:54.76 ID:iWzqOpcl0
憧の部屋

ガチャ

憧「ふう・・・」ベッド ニ スワル

プルルルル

憧「お、しず」ピッ

憧「もしも」

穏乃『憧ーーーーーー!!!!』キーン!

憧「ぅわっ!!」ハナシ!

穏乃『ありがとう!灼さんと付き合える事になったよ!憧のおかげだよー!!ありがとー!!!!』

憧「お、やったじゃん!ヒューヒュー♪」

穏乃『本当にありがとうー!!憧ー!!!』


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:30:02.59 ID:iWzqOpcl0
憧「わかったわかった。あたしはちょっと眠いから、また後でね」

穏乃『うん!わかった!それじゃ!』

憧「はーい」ピッ

憧「・・・・・おめでと。しず」

憧「・・・・・・」

憧「あのしずに恋人ねー・・・」

憧「・・・・・・・」

憧「・・・・・・ぅっ・・」グス

憧「いやいや、おめでたいんだって。・・・ああ、これは嬉し泣きか~」ポロ..

憧「・・・・・・・・・っく・・・しず・・・」グシュ..

憧(吹っ切れたはずなのに・・・・どうしてこんなに・・・・)ウゥゥ..


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:32:43.37 ID:iWzqOpcl0
翌朝

望「・・・・憧・・平気?学校休む?」

憧「え?大丈夫だよ」パクパク

憧母「でも・・・」

憧「メイクで誤魔化せるから」モグモグ

望「そう?・・・無理しちゃダメだよ?」

憧「はーい」

テレビ『・・座が一位です!』

憧「お、一位だ」

テレビ『今日は、あなたの運命の人がわかる日です!』

憧「へえー」

テレビ『ボーっと過ごして、見逃す事のないように!』

憧「そりゃ楽しみだ」モグモグ


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:37:50.71 ID:iWzqOpcl0
放課後

麻雀部部室

晴絵「お疲れ様!」

全員「お疲れ様でした!」

玄・宥「それじゃ、また明日~」ガチャ バタン

穏乃「ねえねえ憧~」

憧「ん~?」

穏乃「灼さんって可愛いんだよ!今朝、家まで迎えに行ったら、寝癖がピョーンてなっててさー」ニコー

憧「それ、可愛い?」

穏乃「うん!寝癖に気付かないのがすっごい可愛い!!」

灼「ちょ、ちょっと穏乃!」

穏乃「わあ」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:39:45.87 ID:iWzqOpcl0
灼「ご、ごめんね」

憧「ふふ・・・気にしないでいいって」

灼「う、うん・・・」

穏乃「?あ、今から灼さんと一緒に帰るんだけど、憧もどう?」

憧「んー?あたしはパス。せっかくだから二人っきりでどうぞ」

穏乃「あう・・・///」

憧「あたしはちょっと残ってるから」

穏乃「そっか。じゃあ、また明日」

憧「うん」

灼「じゃあね」

憧「はーい」

ガチャ バタン


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:42:53.13 ID:iWzqOpcl0
憧「・・・・・・」シーン..

憧「静かだなー・・・・・」

憧(・・・・・昨日ずっと泣いて、気持ちの整理はちょっとだけついたけど・・・)

憧(やっぱり・・・・寂しいな・・・・でも、しょうがないよね・・・)

憧(・・・・・あーあ・・・・・・これからどうしよう・・)

憧(しず以外の人を好きになれるのかな・・・・?)

憧「あ」

憧(そういえば、今朝の占いで、運命の人がわかるとか言ってたっけ)

憧(・・・・本当かな?)

憧(いやいや、そんな訳ないよね・・・・そう上手い事いくはず・・・)

ガチャ!

憧「!?」

??「・・・・・・」

憧「あ・・・・・・え?」


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:45:30.17 ID:iWzqOpcl0
憧「・・・・・・・桜子?」

桜子「あ゙ご゙ぢ゙ゃ゙ん゙だ゙あ゙あ゙ぁ゙!!」タタタ

憧「どうしてここに・・・?」

桜子「あ゙ご゙ぢ゙ゃ゙ん゙だ゙あ゙っ・・・オエェ!!」

憧「ああ・・・ほらほら無理矢理ノドを絞るから・・・そのうち吐いちゃうぞ?」

桜子「だ゙っ゙で・゙・゙・゙お゙どな゙っ゙ぽ゙い゙ぼゔが゙あ゙ご゙ぢ゙ゃ゙ん゙に゙ずがれ゙る゙っ゙で・・・オエェエ!!」

憧「それでそんな風にしてたの?」

桜子「ぞゔ」

憧「そんな理由だったんだ・・・・・あ」

憧(もしかして・・・あたしの運命の相手って・・・桜子?)

桜子「゙゙゙゙」

憧「プッ!」

桜子「?゙」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:47:07.28 ID:iWzqOpcl0
憧「あははははははは!」

桜子「ど゙ぼ゙じ゙だ゙ど゙?」

憧「ごめんごめん!意外過ぎてなんかおっかしくて!」ヒー..

桜子「゙」゙

憧「ふう・・・それで?どうしてここに?」

桜子「あ゙ご゙ぢ゙ゃ゙ん゙・゙・゙・゙あ゙ざみ゙が゙げ゙だ゙ら゙、゙げ゙ん゙ぎ゙な゙ざ゙ぞ゙ゔだ゙っ゙だ゙が゙ら゙っ゙・・・ヴォエェ!」

憧「あ・・・」

憧(そっか・・・・)

憧「心配してくれたんだ・・・ありがとね」

桜子「ヴ゙ン゙!゙」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:47:21.17 ID:z9DWElbu0
まさか過ぎるぞwww


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:48:46.07 ID:iWzqOpcl0
憧「あれ?・・・・桜子、インハイ前より背伸びた?」

桜子「ぢ゙ょ゙っ゙ど゙だ゙げ゙」

憧「最初に会った時は小さかったのにねー」

桜子「あ゙ご゙ぢ゙ゃ゙ん゙も゙!゙」

憧「あはは、そうだったねー・・・・あ」

憧「・・・・・・そうか」

桜子「?゙」

憧(時間が経てば・・・色々変化するんだ・・・身長も・・・人間関係も・・・)

憧(あたしとしずが別々の学校に行って・・・和が転校していったように)

憧(これからも・・・そうやって・・・変わっていくんだ・・・)

憧(でも・・・悪い事ばかりじゃない・・・阿知賀でみんな一緒に全国へ行って・・・・和と再会して・・・)

憧(・・・・今回の・・・失恋も・・・あとで振り返れば・・いい事だったって思えるのかな・・・?)


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:50:51.95 ID:iWzqOpcl0
桜子「あ゙ご゙ぢ゙ゃ゙ん゙?゙」

憧「あ、ごめんごめん」

憧(今は・・・まだわかんないしけど・・・・でも・・・)

憧(いつかきっと・・・答えが出る気がする・・・)

憧(その時まで・・・・)グッ!

桜子「?゙」

憧「よおおし!!」

桜子「わ゙」ビグッ゙

憧「頑張るぞぉぉーーー!!」

桜子「お゙ー゙ー゙ー゙っ?オヴォエェエェエエエエエエ!!!!」ヴォロロロ!

憧「ぎゃー!」

【終わり】


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:52:25.75 ID:ObFiZ+zc0
ギバ憧とか新境地すぎる
乙でした


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:52:42.81 ID:iWzqOpcl0
支援ありがとうございました!


119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:54:03.25 ID:rkF6PGtY0
おつおつ


123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/14(日) 23:55:29.67 ID:x2FZhmxfO
乙!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ