Powered By 画RSS


穏乃「スレタイ考えるのめんどい」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:05:59.46 ID:cM7CrxGj0
憧「はぁ……もう限界、かな……」


憧(あたしが阿知賀に行ったのが全ての始まり)

憧(あたしの友達も、家族も、そしてあたし自身も、新子憧は晩成に行くものと思っていて――)

憧(だから阿知賀行くと言ったとき、両親に猛反対されたのは予想も出来たし、当然だった……けど)

憧(「入学に必要な手続きはしてやるが、学費等は一切出さない!!」)

憧(とまで言われるとは、予想もしてなかったな……)

憧(まぁ家を追い出されなかっただけマシって考えるしかないか)

憧(……入学金だけで今までの貯金が全部無くなっちゃったけどね)

憧(でも、ハルエのおかげで学費は月毎でOKになったし……イケると思ったんだけどなぁ……)




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:09:14.44 ID:cM7CrxGj0
憧「……」ガラガラガラガラガラガラ

憧「……」ペッ

憧(あの粗チン……口に出すなって言ったのに……はぁ)

憧(まぁでも顔は悪くないし、早漏だからすぐ終わるし、金払いはいいし、ガマンガマン……っと)

憧「お待たせしましたっ……もうしちゃいますか?」

R・S「そのな……今日は話さなアカンことがあってな……」

憧「はぁ……」

R・S「実は……私、彼女が出来てん」

憧(え?これはもしかして……)

R・S「せやから、もう憧ちゃんとは今日でお終いにしたい……今までありがとな」

憧「…………そ、そうなんですかー、それで今日はどうします?お金も貰っちゃったし――」

R・S「それは、なんちゅーか……お小遣いだと思うて取っといてな、ほんまありがと、憧ちゃん」

憧「…………そ、そうですか」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:12:35.51 ID:cM7CrxGj0
憧「お待たせっ、お姉ちゃん♪……さっそくホテルに行く?」

T・M「それもいいけど……まずは公園でゆっくりしよう」

憧(まただよ……こっちは地元なんだから勘弁してよ……はぁ)

憧(大きいしエッチは上手いんだけど、妹キャラ強要とか野外プレイとか正直キモいわ、この人……)

憧「うん、あたしもお姉ちゃんと一緒にのんびりしたいなぁ」

T・M「公園に着いたね……じゃあ早速しようか、憧」

憧「うん、お姉ちゃんの好きにして……?」

S・H「……お前に妹はいないんじゃなかったのか?T」

T・M「え?S?な、なんでこんな田舎に……?」

S・H「……T・Oから連絡があったぞ、「なんで最近会ってくれへんの?」だと」

S・H「どうせ大阪にでも行ってるのだと思って放っておいたが、奈良にも女を作っていたとはな……」

S・H「えっと……憧さんでしたっけ?この度は本当にご迷惑おかけしました……帰るぞ、T」

憧「は、はぁ……」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:16:48.82 ID:cM7CrxGj0
憧(ヤバイヤバイヤバイ!!!一気に常連が二人もいなくなるとか!!!)

憧(H・Oはお金あんまり待ってないし、K・Iさんは1回でたっぷり出してくれる分あんまり来てくれないし……)

憧(どうしようどうしよう……シズと一緒にいられなくなっちゃう……)

憧(しょうがない……駅前で適当に引っ掛けるか……)


憧(う~ん、流石田舎。若い子少ないな……っと、いるじゃんいるじゃん。あの子に決めた!!)

憧「あの、もしかして奈良は初めてですか?困ってるみたいなので思わず声かけちゃいました」モジモジ

咲「へ?……あ、た、助かったああ……」ダキツキッ

憧「ちょ、ちょっといきなりは……!!」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:21:39.03 ID:cM7CrxGj0
憧「……なるほど、長野から東京に行こうとしたらなぜか奈良に来てしまったと」

憧(まずは親身になって、と……でもこの子、お金持ってなさそうだよね……でも一応)

憧「それは災難でしたね……それで今日はどうするんですか?もうかなり遅いですけど」

咲「はい、元々どこかに泊まる予定だったのでお金は大丈夫なんですけど……」

憧(!!!まさかの大逆転!!!あとは何とかその気に……)

咲「私、どうしても道に迷ってしまうので……ホテルまで案内してくれませんか?」

憧「!?え、ええ分かったわ……でも折角だから観光案内とかしません?」

憧(えええええ?!いやいやいや、この子、ちょろ過ぎじゃない!?こっちとしては歓迎だけど……)

咲「はい!!お願いしますね……えっと、」

憧「憧、でいいですよ?……その代わり、あたしも咲って呼んでもいいですか?」ニコッ

咲「はい!!分かりましたっ、憧さん///」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:25:20.47 ID:cM7CrxGj0
憧(咲が余りにも純粋過ぎてその気にさせられなかった……はぁ)

憧「……今日は結構回ったわね……じゃあ最後にホテルなんだけど……」

咲「こ、このホテルって……///」テレテレ

憧「……普通のホテルでもいいんだけど、未成年だと色々あるっていうか……」

咲「そ、それなら仕方ないですよね///じゃあ行きましょうか、憧さん」テレテレ

憧「へ?あ、あたしも?」

咲「?今日はそういうことじゃないんですか?」キョトン

憧「そ、その通りだけど……行こっか」

憧(もしかして……最初から知ってたの、咲?……まぁエッチは嫌いじゃないからいいけど)

咲「はい♪」ニッコリ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:29:12.42 ID:cM7CrxGj0
憧「やめて……そんなに大きいの……あたし、飛んじゃう!!!」

咲「やめないよ……えいっ!!!」

憧「ああっ!!??」

咲「カン!!リンシャンツモ!!清一対々三暗刻三槓子!!48000です!!!」

憧「きゃあああああああ…………」

咲「…………」

憧「…………やっぱり二人だと盛り上がらないね」

咲「…………うぅ」クスン

憧「咲、他に何か趣味はないの?」

咲「あ、あとは読書とか……うぅ」グスン

憧「見事に一人用の趣味ね……」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:33:06.31 ID:cM7CrxGj0
憧(しょうがない、あたしもムラムラしてきたし……)

憧「ねぇ、咲……あたし、したくなってきちゃった///」モジモジ

咲「へ?へ??ええぇぇっ!?///」

憧「咲も薄々気付いてるんでしょ?、あたしが何をしてたか」

憧「その上でホテルに連れ込んだんでしょ?ささ、咲はするのとされるのどっちがいい?」

咲「ええと……はい、き、気付いてました……でも、」

憧「ん?」

咲「私、憧さんとは、ふ、普通に仲良くなりたいんです……」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:35:22.53 ID:cM7CrxGj0
憧「は、はぁ?い、一体何言ってるの?」

咲「え、えっちなこと……をする為じゃなくて、普通に遊ぶために、憧さんの時間を買えませんか……?」

憧「あ、あたしに魅力が無いってk……」ハッ!?

憧(もしかして、一緒にいるだけでお金払ってくれるって言ってるの?だとしたらとんだ上客じゃない!!)

咲「……やっぱり、駄目ですか?私なんかじゃ……」

憧「えーーー……コホン!!あたしは、全然構わないわ……正直、この生活も辛かったし……」

咲「本当ですか!?良かった……」パアア

憧(新しい常連さんになってほしいし、ね)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:39:21.10 ID:cM7CrxGj0
憧(その日から咲は、あたしを何度も何度も買った)

憧(だけど、咲は一度たりとも私に手を出さなかった)

憧(最初はただの金ヅルだと思っていたけど、不思議と咲に会うのが楽しみで――)

憧(いつの間にかあたしは、売りを止めていた)

憧(……お金は、お姉ちゃんに頼んだり、必死に普通のバイトをしたりしている)



憧「会いたかったよ~、咲!!」

咲「一週間ぶり……憧ちゃん、すごく嬉しそうだね」ニコッ

憧「だって咲に会えるんだもん!!すごく嬉しいよ!!」

咲「そんな、お、大げさじゃないかな……」テレテレ

憧「大げさじゃないよ!!もう毎日咲と会いたいくらい!!」

咲「も、もう!!憧ちゃんったら///じゃあ私の家に住む?部屋、何個か空いてるよ?///」

憧「ホント!?今すぐでも住みたい!?」

咲「えへへ、冗談でも嬉しいなぁ///」

憧(あたし、本気だよ……咲///)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:42:56.59 ID:cM7CrxGj0
憧(今思えば、あの爛れた日々が嘘のようで……怖い)

憧(今の咲との日々がいつか、過去の過ちのせいで崩れてしまうんじゃないかって……)

憧(そして、とうとう……)



憧(とうとう、バレちゃったか……)

モブ「そういえば聞いた?新子さん、売りやってるらしいよー?」ヒソヒソ

モブ「ホント?あ、でもわかるかも」ヒソヒソ

モブ「晩成の友達からきいたんだけどね――」ヒソヒソ

憧(本当にこういう連中って、わざわざ聞こえるように言うのね……はぁ)

憧(でも、事実だし……退学になっちゃうのかな……あたし)

モブ「何か気だるそうにしてるし……もしかして朝からお盛んだったのかしら?」ヒソヒソ

モブ「いやらしい、やっぱり外の人はこれだから……」ヒソヒソ

モブ「ねぇねぇ、なんか変な匂いがしなーい?」ヒソヒソ

モブ「クスクスクスクス」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:46:43.43 ID:cM7CrxGj0
穏乃「――――憧はそんな事しない!!」

モブ「!!!???」

憧「し、シズ!?」

穏乃「憧はそんな事しないよ!!私、信じてる!!」

モブ「で、でも、学校中で噂になってるし……」

穏乃「そんなの、憧を知らない人が好き勝手言ってるだけだよ!!」

モブ「わ、わたし晩成の友達から聞いたよ!!」

穏乃「その友達とやらは知らないけど、幼馴染の私が一番憧のことを知ってるんだ!!」

穏乃「憧はそんな事しない!!絶対に!!」

モブ「うぅ……」

憧「シズ……ありがとう……」

憧(そしてごめんね……その噂、本当なの……ごめんね、シズ)


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:51:02.62 ID:cM7CrxGj0
憧「今日はありがとね、シズ……ありがと」

穏乃「なに言ってるの、当然でしょ。憧も元気出してね?」

憧「うん……」

穏乃「じゃあ今日はここで、ばいばい憧!!」

憧「ばいばい……」

憧「…………」

憧(穏乃がみんなに説明?してくれてたけど……)

憧(今日は辛かったな……)

憧(…………咲の声が聞きたい)

憧(…………うん、電話しよう)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:54:54.21 ID:cM7CrxGj0
trrrrrrrr


咲「もしもし、どうしたの?憧ちゃん」

憧「あ、あの、ええと……」アタフタ

憧(やばっ、何も話題考えてなかった……!!)

憧「ええと……何て言うか……」アタフタアタフタ

憧(どうしようどうしよう――)

咲「……憧ちゃん、ゆっくりでいいよ……ゆっくりでいいから」

憧(…………あ、いつもの、咲だ……いつもの、優しい、咲……)

咲「憧ちゃんのペースでいいから……話せないなら、それでもいいから」

咲「無理しないで……私に出来るのは、話を聞くことくらいだけどね」

憧「あ、あの……さ、あ、あたし……」

憧「さ、咲の時間を買いたいの!!!!!」

憧(な、何を言ってるんだ私はーーーっ!?)


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 20:58:14.94 ID:cM7CrxGj0
咲「…………」

憧(なんか無言だし……っ!!やっちゃったー!?)

咲「……いいよ、今から行くね」

憧「へ、い、いいの?」

咲「うん、他ならぬ憧ちゃんの頼みだもん……待ち合わせは初めて合った駅前で」

咲「時間とかはまた連絡するから……じゃあ切るね」

憧「咲……」キュン



穏乃「ええええっ!!!!憧がまだ帰ってきてない?」

穏母「さっき連絡があってね……心当たりない?」

穏乃「…………私、行ってくる!!!!」

穏母「ちょっと、待ちなさ――」

穏乃(憧、やっぱり落ち込んでたんだ……私、見抜けなかった)タッタッタッタッ

穏乃(憧……どこにいるの?……ハッ!!こっちから憧の匂いが……っ!!!!)クンクン

穏乃(待っててね……憧!!!!)タッタッタッタッ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:01:25.99 ID:cM7CrxGj0
穏乃(み、見つけた!!)

穏乃「あk……」


憧「会いたかった!!!!咲!!!!」ダキツキ

咲「憧ちゃん……ふふっ」ナデナデ

憧「咲ぃ!!咲ぃ!!」グスン

咲「憧ちゃんったら……」クスクス


穏乃「あ、こ……」

穏乃(あれ、憧が知らない人と抱き合ってる……?え?どういうこと?え?)



憧「あたし、嫌な事があって、それで、どうしても咲に会いたくなっちゃって……」ポロポロ

咲「大丈夫、大丈夫だから……私がいるから……全部大丈夫だよ」ナデナデ

憧「……うん///」キュン

咲「ふふふっ」ナデナデ



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:05:05.21 ID:cM7CrxGj0
穏乃(まさか……ち、違うよね?憧に限ってそんなこと……)

穏乃「憧……」ズキズキ


憧「と、所で!!さっきから、な、なんで笑ってるの!?」

咲「秘密♪……ねぇ、憧ちゃんは私の時間、買うんだよね?」ニコニコ

憧「そ、そう言えばそういう話だった……」

咲「これから、どうするのかな?」

憧「い、いつものホテルで、お、お、お願いします//////」カアア

咲「うん、じゃあ行こ?」ギュッ

憧「……うん!!」


穏乃(そんな……憧……嘘だよね……)

穏乃(ま、まだ、本当にホテルに行くって決まったわけじゃ……)



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:08:31.62 ID:cM7CrxGj0
咲「憧ちゃん……元気ないね……どうかしたの?」

憧「あの……言いづらいんだけど……」モジモジ

憧「あ、朝一で、さ、咲の家に連れてって欲しいの!!!!」

憧「あたし、もう咲がいないと何も出来なくて……だから」ドキドキ

咲「憧ちゃん……///」



穏乃(へ?憧が、いなくなる?どういうこと?)

穏乃(って、今はまず止めないと!!!!)



穏乃「ちょおおおおおっと待ったあああああーーーーっ!!!!!!!」

咲「ひゃうんっ!!」ビクン




27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:14:07.44 ID:cM7CrxGj0
憧「し、シズ?なんでここに……!?」

穏乃「それは後!!!憧!!!どういうことか説明!!!早く!!!」

咲「え?え?」キョトン

憧「説明?説明か……」

穏乃「そう!!!早く!!!あと分かりやすく!!!」

咲「憧ちゃん、この人、誰?」ヒソヒソ

憧「あーーーっ……と、とりあえずどっか入ろ?そこでちゃんと話すから……」



穏乃「早とちりしてすみませんでした!!!!」ドゲザァ

咲「こちらこそごめんなさい、知らずに憧ちゃんの悪い噂の原因になってたとは……」ペッコリン

憧「いや、悪いのは全部あたしで……咲もシズも悪くないよ……」

穏乃「そうだよ、会うのはいいけどホテルはさすがにまずいよ!!!」プンプン

咲「ごめんなさい……」シュン

憧「ごめん……シズ」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:18:31.90 ID:cM7CrxGj0
穏乃「赤土さんに事情を説明したら何とかしてくれると思うけど……もうこんなことは止めてね?」

咲・憧「はい……」

穏乃「じゃあ帰るよ、憧?あと咲さんは……知り合いの旅館を紹介するんで」

咲「えぅ……」グスン

憧「そ、そんな……一緒じゃダメなの?」

穏乃「みんなに心配かけたんだから、今日くらいは言うこと聞くの!!」

穏乃(このままだと憧、咲さんとどこかへ行っちゃいそうだもんね……)

穏乃「ほら、行くよ憧!!」

憧「咲……」

咲「またね……」クスン


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:21:52.13 ID:cM7CrxGj0
憧「……で、なんでシズが泊まることになってるの?」

穏乃「憧が逃げ出さないようにだよ!!」ドキドキ

憧「それは……もう十分反省しましたごめんなさい」

穏乃「な、ならいいよね?別にイヤじゃないでしょ?」ドキドキ

憧「まぁ、イヤじゃないけど……じゃあ電気消すよ?」

穏乃「う、うん!!!!」

憧「…………♪」

穏乃(なんでだろう……今日は憧といるとドキドキする///)ドキドキ


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:26:25.91 ID:cM7CrxGj0
・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・


「そういえば聞いた?新子さん、売りやってるらしいよー?」
「ホント?あ、でもわかるかも」
「晩成の友達からきいたんだけどね――」
「何か気だるそうにしてるし……もしかして朝からお盛んだったのかしら?」
「いやらしい、やっぱり外の人はこれだから……」
「ねぇねぇ、なんか変な匂いがしなーい?」


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・


穏乃(~~~っ!!!あれは噂噂噂!!!気にしちゃいけない!!!)ドキドキ

穏乃(でも……憧の中学時代は良く知らないし……)ドキドキ

穏乃「憧って、経験済みなのかな……?」ボソッ

憧「!?///ちょ、ちょっとシズ、いきなり何言ってるの!?///」ガバッ

穏乃「へ?あ、あれ?///こ、声、出てた?///」アタフタ



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:31:04.19 ID:cM7CrxGj0
憧「出てたも何も……って、ふぅん?シズもそういうの興味あるんだ?///」

穏乃「あ、あのその///きょ、興味って言うか///」アタフタ

憧「…………ねぇシズ。しよっか///」

穏乃「す、するって……?」ゴクリ

憧「…………えっちなこと」ドキドキ

憧「興味あるんでしょ?……あたしも、……にシズと、したいから……」ドキドキ

穏乃「憧……」ドキドキ




※えっちなシーンは御座いません。ご了承下さい。


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:34:45.30 ID:cM7CrxGj0
穏乃(そこからは…………よく覚えていない)

憧「シズの可愛いね、ふふふっ」

穏乃(ただ、艶やかな幼馴染の姿に興奮して……)

憧「最後まで出来るよう……まずは口でするね」

穏乃(もしかして私、憧のことが、好きだったのかな?)

憧「ふぅ、いっぱい出たね///……じゃあ、シズの童貞、貰うね?」

穏乃(でも、もう、わかんないや……)

憧「んっ、くぁ……ふぅ、ふぅ……入ったよ、シズ……//////」

穏乃(だって、憧が、気持ちよかったから……)

憧「動くよ?……シズ、えっちな顔してる♪」

穏乃(ただこれで……今まで通りではいられないって……そう思うと……)

憧「もう出るの?……いいよ、何回でも出していいから……ね?///」

穏乃(なぜか――哀しかった)

憧「シズ、シズぅ!!好き、好きぃ、好きなのぉ!!!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:39:05.04 ID:cM7CrxGj0
穏乃「あ……もう朝か……」

穏乃(やっぱり……夢じゃないよね、昨日、憧と……///)

穏乃「って、あ、あれ?憧?憧?どこにいるの?憧?」

穏乃「憧ぉーーー!!!……?これは……手紙?」


穏乃「…………」熟読中


穏乃「憧……憧はやっぱり咲さんと……」

穏乃「憧――――!!!」





37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:42:18.78 ID:cM7CrxGj0

憧「咲!!もう次の電車だよ、行こう?」キラキラ

咲「憧ちゃん、本当に来るの?」

憧「うん、咲と一緒なら、あたしは大丈夫だよ!!」キラキラ

咲「私ね……」

咲「私は……やっぱり、来ない方がいいと思う」

憧「……え?え?」オロオロ

憧「な、なんで、そんな事言うの?咲、あたしの事嫌いになっちゃったの?」

咲「ううん、そんなことない……」

咲「私も、憧ちゃんと一緒にいたいって思うよ……ただ、」

咲「ただその為に、この町を出るのは……違うと思う」

咲「だって憧ちゃんには、素敵な友達がいるってわかったから」

咲「その友達から憧ちゃんをを奪ってまで……一緒にいようとは思わないよ」

憧「確かに穏乃は親友だけど、で、でも、あたしは咲が好きで……」ポロポロ

憧「咲の為なら、何でも出来るくらい、好きで……」ポロポロ


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:46:10.06 ID:cM7CrxGj0
咲(…………)

咲「実はね、私、彼女がいるんだ」

憧「え?一体何を……」

咲「可愛くて、頭も良くて、おっぱいも大きくて、――――売りもしてない、彼女がいるの」

憧「……え?……そ、そんな……う、嘘だよね?咲?だってそんなこと一度も……」

咲「私ね、憧ちゃんとしたくなかったのは――――憧ちゃんが、穢れてるからだよ」

憧「う、嘘だよ……だって咲、仲良くなりたいって」

咲「うん言ったよ……でもそれは、話し相手が欲しかっただけだよ」

憧「さ、咲は、あたしが諦めるよう酷い事言ってるだけだよね?そうなんだよね?」

憧「う、うん……あ、」

咲「じゃあさ、私の為に、着いて来ないでくれないかな……迷惑だから」

憧「あ、ああ、そ、そんなの、いやだよぅ……」ポロポロ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:49:44.37 ID:cM7CrxGj0
咲「私の事好きなら、出来るんだよね?何でも」ニッコリ

憧「で、出来るけど、そ、それは……」ポロポロ

咲「出来るんだよね?」ニッコリ

憧「は…………はぃ」ポロポロ


・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・


穏乃「憧ぉーーーーっ!!!よ、良かった、改札通る前で…………って憧、泣いてる!?」

憧「しずぅ……あだじ、あだじ、捨でられぢゃっだよぉ……」ポロポロ

穏乃「憧……」ダキッ

憧「ごべんなざい、ごべんなざい、ごべんなざい……」ポロポロ

穏乃「憧……」ナデナデ

憧(……あ、なんだか、咲に、撫でられてる、みたい///)ドキドキ

穏乃「大丈夫だよ、憧……私がいるから……」ナデナデ

憧(あたし、もしかして、惚れっぽいのかな///)ドキドキ


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 21:54:06.59 ID:cM7CrxGj0
穏乃「ふぅ……大人たちにこってり絞られちゃったね……」グッタリ

憧「本当にごめんね、シズ……全部あたしのせいで……」

穏乃「いいっていいって、憧が無事だったんなら、それが一番だよ!!」

憧「シズ……」キュン

憧「ねぇ、シズ…………あたしね、」ドキドキ

憧「あたし、咲のことが好きなの」ドキドキ

穏乃「……うん、そうだとは思ってた、よ」ズキズキ

憧「振られちゃったけど、まだ好きなの……」ドキドキ

穏乃「…………」ムカムカ

憧「でもね、シズ、」ドキドキ

憧「あたし、ついさっき、気付いたことがあってね――――」




43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 22:03:29.63 ID:cM7CrxGj0
――現実の阿知賀


穏乃「ふう……こんな所かな……」

穏乃「処女な憧もいいけど、エロエロな憧もいいよね!!」


ガラガラガラ


憧「……おはよー」イライライラ

穏乃「おはよー憧……どしたの?凄く機嫌悪そうだけど……?」

憧「……ちょっと2ちゃん見てたら、まーたあたしを円光ビッチみたいに書いてるスレがあってね……」イライライラ

穏乃「え……あれ?憧、今2ちゃん……見てた?」

憧「見てたよ?あ、穏乃も見てたんだ、どんなスレ見てたのー?」

穏乃「あ、あ、あ」ダラダラダラダラ

憧「……ってシズも見てたのね……ん?おや?」

穏乃「あわ、あわわわわわ」ダラダラダラダラ


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 22:06:43.12 ID:jKJzYXXNP
ずいぶんマセたシズだなw


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 22:08:34.02 ID:cM7CrxGj0
憧「…………」カタカタカタカタ

憧「…………」ID確認中

穏乃(こ、こうなったら、逃げるしか……)ダラダラダラダラ

憧「…………シズ?ちょーっとお話があるんだけど?」ニッコリ

穏乃「ごめん憧!!今日は先帰るね!!!!」タッタッタッタッ

憧「幼馴染のシズまでこんなこと思ってるのかーーーーっ!!!待てーーーっ!!!」






カン!!!


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 22:15:27.61 ID:hDo9rvqT0
1はシズだったのか
おつ!


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 22:16:05.33 ID:BuF4vFH90
ちょっと予想外のおち


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 22:20:31.57 ID:jRwkTmqv0
やっぱりアコチャーは円光なんかしてなかったんだね!


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/17(水) 22:30:52.20 ID:FFmAqSlGP
スレタイはそういうことだったのか
乙乙


咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A マイクロファイバーミニタオル 新子憧
咲-Saki-阿知賀編 episode of side-A マイクロファイバーミニタオル 新子憧




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ