Powered By 画RSS


尭深「とある江崎家の朝」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:20:20.53 ID:+wp469NO0
尭深「アナタ、アナタ、もう朝ですよ」ユサユサ

仁美「ん………… う… う~ん…」

仁美「ん? タカミか…」

仁美「スマン… 頭が割れるように痛いけん… あまり大きな声を出さないで欲しか…」

尭深「まったく… 昨日の飲み過ぎのせいですよ」

尭深「あなただってもう若くないんだから、体には気を付けないと…」

尭深「この前の会社の健康診断、だいぶ悪かったみたいですし」

仁美「分かっとるばい…」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:22:58.78 ID:+wp469NO0
仁美「…そういえば 子供たちは?」

尭深「あの子たちなら、麻雀部の合宿で朝早くに出かけて行きましたよ」

尭深「夏のインターハイに向けて、今が正念場なんですって」

仁美「そうか…」

仁美「インターハイか… 懐かしい響きばい…」

尭深「ええ、もう… 30年も前になりますね、アナタ」

仁美「………」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:26:48.83 ID:+wp469NO0
仁美「……あーもう! 朝からこがな辛気臭い雰囲気は体に良かん!」

仁美「眠気も覚めてしまったけん、タカミ 朝食にすっとよ!」

尭深「ええ、分かりました」

尭深「用意して待っていますから、着替えて来て下さいね」


ガチャッ バタン スタスタスタ…


仁美「ふぅ…」

仁美「………」




仁美「インターハイ…か」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:29:47.37 ID:+wp469NO0
江崎家 リビング


仁美「んー 焼き魚の良い香りがしとっと」

尭深「もう少しでご飯が炊けますから、待ってて下さいね」トントントントン

尭深「新聞はテレビの上に置いておきましたから」トントントントン

仁美「分かったばい」

  バサッ

仁美(えーと、今日の一面は…)


《iPS税を巡って国会大荒れ! 来年3月には試行か》


仁美(全く… これやけん政治家は信用出来ん…)

仁美(間違いない、ウチが昇進出来んのも 政治が悪い…)


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:32:47.75 ID:+wp469NO0
尭深「アナタ」

仁美「? どうしたタカミ」

尭深「ご飯の用意が出来ましたよ」

仁美「ああ、 今そっちさ行くばい」スタスタ…



仁美「うーん 美味そうじゃけん」

仁美「では早速 いただきます」

尭深「どうぞ 冷めないうちに召し上がれ」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:35:48.17 ID:+wp469NO0
仁美「」ムシャムシャ

尭深「」ムシャムシャ



尭深「そういえば… あなたのお気に入りのワイシャツ、クリーニング屋に出して置きました」

仁美「そうか、助かるけん」

尭深「かなり汚れていましたよ… 今度からは一回着たら洗濯に出して下さいね」

仁美「はいはい 分かったばい」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:38:51.61 ID:+wp469NO0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

仁美「ふう、ごちそうさん」

尭深「はい、お粗末様でした」



尭深「そういえば…」

尭深「アナタ、今日は10時から会社でしたっけ?」

仁美「ああ、 朝の定例会議が今日はないけん、もう少しゆっくりすっとよ」

尭深「そうでしたか… じゃあ食後ですし、お茶でも淹れますね」

仁美「頼むばい」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:42:00.43 ID:+wp469NO0
  カチャッ サラサラサラ

  コポコポコポ…


尭深「どうぞ アナタ」

仁美「ん、そこば置いとっとくれ」

尭深「はい、分かりました」


  


尭深「」ズズズ…

仁美「………」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:44:52.94 ID:+wp469NO0
仁美「」キョロキョロ

仁美「」キョロキョロ

仁美「………う~む」



尭深「………」

尭深「…テレビのリモコンならそこですよ、アナタ」

仁美「! どれどれ……」チラッ

仁美「…おっ あったあった」

   ピッ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:47:16.30 ID:+wp469NO0
(これでインターハイに進む全52校が決定しました!)

(今年は一体どのような熱戦が繰り広げられるのでしょうかっ!)



尭深「あら インターハイの特集をやっているみたいですよ」

仁美「………」

尭深「ウチの子達の高校はどこかしら…」

仁美「………」



尭深「……アナタ?」

仁美「……ん?」

尭深「どうしたんです? さっきからボーっとして」

仁美「ああ… ちょっと考え事をしとった」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:50:06.05 ID:+wp469NO0
尭深「………」

尭深「もしかして… 30年前の事を思い出してたんですか?」

仁美「…!」

尭深「その顔は… 図星って顔ですね」

仁美「やっぱり お前には見破られとったか」

尭深「…長年一緒にいると 何となく分かるものですよ」

仁美「そうか…」

仁美「この季節になると、やけに昔の事を思い出すばい」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:53:57.59 ID:+wp469NO0
仁美「そういえば、お前と出会ったのもインターハイだったっけか」

尭深「ええ」

尭深「確か準決勝戦の翌日に偶然、会場のロビーで出会って」

尭深「話をするうちに何となく仲良くなって…」

尭深「何となく二人で会うようになって… 何となく付き合い始めて…」

尭深「結婚まで そんなに時間がかかりませんでしたね」

仁美「そういえば そんな感じじゃったけん」


仁美「ああ… 懐かしい思い出ばい」

仁美「あれから30年も経っとったのか…」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 00:58:14.59 ID:+wp469NO0
仁美「そうか…」

仁美「…………」



仁美「…………なあ、タカミ」

尭深「何です? アナタ」

仁美「その…」




仁美「タカミは30年経った今でも… ウチの事を愛しとっと?」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:01:04.96 ID:+wp469NO0
仁美「結婚して30年… 色々な事さあったばい」

仁美「二人で旅行に行って… 子供が生まれて… 時には喧嘩して…」

仁美「でも、ウチのタカミへの思いは 結婚した時からずっと変わらんとよ」

尭深「アナタ……」

仁美「ウチは今でもお前の事を愛しとるけん」

仁美「せやけん、今のお前の気持ちも聞かせて欲しいばい」



尭深「…私も」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:04:34.93 ID:+wp469NO0
尭深「私も勿論…」

尭深「会った時からずっと変わらない」

尭深「不器用で無愛想だけど でも本当は… 私の事を誰よりも大切に思ってくれている」

尭深「そんなアナタを、今でも愛していますよ」

仁美「タカミ…」

仁美「これからも ウチの隣にいてくれとっと?」

尭深「ええ これからも… ずっと一緒ですよ」

仁美「そうか、 嬉しいばい…」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:07:47.41 ID:+wp469NO0
仁美「………」

仁美「…ふう」

仁美「なんか… 凄い恥ずかしいけん///」

仁美「朝からウチは何をやっとっとか…」

尭深「フフッ、たまにはこういう 特別な日があってもいいじゃないですか」

仁美「…そうかのう?」

尭深「ええ」ニコッ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:10:43.53 ID:+wp469NO0
尭深「」チラッ

尭深「あら、もうこんな時間!」

尭深「アナタ、そろそろ会社に出かける時間ですよ」

仁美「ん?」チラッ

仁美「おっと、もうこがな時間か 急がんと」

仁美「今日は大事な商談が午後からあるき、頑張っとっとよ」

尭深「あら、頑張ってきてくださいね」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:14:30.62 ID:+wp469NO0
尭深「ネクタイ曲がってますよ、アナタ」キュッキュッ

仁美「おっと、これはイカンイカン… 助かったばい」

尭深「はい、どういたしまして」

尭深「あっ、最後に…」


 チュッ


仁美「!!」

尭深「フフッ、なんたって今日は特別な日ですから」

尭深「たまには、ね?」

仁美「………照れるばい」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:17:56.00 ID:+wp469NO0
仁美「…さて、と 今日も一日頑張っちゃるか」

尭深「頑張って、アナタ」

尭深「体には、十分気を付けて下さいね」

仁美「おう、分かっちょる」



仁美「それじゃあ、行ってきます!」

尭深「行ってらっしゃい!」


カン


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:20:29.79 ID:ux62Aqb50
なんもかんも>>1
これで政治も良くなるわ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:23:17.41 ID:OA2VxmLs0
乙!
でも、スーカンツまであと三つカンを残しているよね?
つまり、そういう事だよね?


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:28:46.06 ID:+wp469NO0
>>40
書き溜め無いと何も出来ないのでそれだけはご勘弁を…
これも全て政治が悪い


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:29:23.32 ID:x1/rcZFe0
乙すばら!
SSとはすばらなものですね


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/04(日) 01:30:48.66 ID:YNd72FG20

こういうのなんか良いね





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ