Powered By 画RSS


勇者(^p^)の大冒険!

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 14:00:07 ID:hxqG/CsA
戦士「こいつが勇者……?」

(^p^)「あうあうあーwwwwwww」

賢者「とてもそうには……見えないね。半裸だし」

僧侶「でも、王様がこの方が勇者の血筋を引き継いだ男だ、と……」

戦士「……ま、よろしくな」スッ

(^p^)「アウギナス!」バシッ

戦士に 12の ダメージ!




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 14:01:43 ID:hxqG/CsA
戦士「な、なにしやがる!」チャキッ

賢者「ま、まぁまぁ。落ち着きなよ」

(^p^)「ヒーうえぇwwwwww」

戦士「……」

僧侶「じゃ、じゃあそろそろ行きますか?」

戦士「……だな」


3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 14:02:26 ID:hxqG/CsA
草原

スライム が 現れた!

戦士「初戦闘だ……気合いいれるぞ!」チャキッ

僧侶「回復は任せてください!」ザッ

賢者「ま、死なないように……ね」スッ

戦士 の 攻撃!
スライムに 26 の ダメージ!

賢者 は 炎魔法(小) を唱えた!
スライムを 炎が 襲う!
スライムに 16 の ダメージ!


4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 14:03:13 ID:hxqG/CsA

(^p^)「アンフwwwwアンフwwwwwww」

(^p^) の 暴れる!
スライムに 7 の ダメージ!
戦士に 28 の ダメージ!
スライムに 9 の ダメージ!

スライムは 倒れた!

戦士「ぐぼぁ!?」

僧侶「戦士さん!? ……天界の神よこの者に加護を与えたまえ!」

僧侶の 回復魔法(小)!
戦士は 40 回復した!


5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 14:03:49 ID:hxqG/CsA
戦士「勇者てめぇ!」

(^p^)「wwwwwwwwwww」

賢者「な、仲間割れは駄目だよ!」

戦士「もうコイツ置いていこうぜ!?」

賢者「いや、魔王を倒すには魔王の胸に聖剣を突き刺さなければいけないんだ。そしてその聖剣を扱えるのが……」

戦士「勇者……ってか」

賢者「そういう事さ。だから彼は必須なんだよ」

(^p^)「ヘァッwwwwww」

戦士「チッ……」


6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 14:04:20 ID:hxqG/CsA
スライム が 現れた!

戦士の 攻撃!
クリティカル! 35 のダメージ!

(^p^) の 暴れる!
スライムに 7 のダメージ!
スライムに 12 のダメージ!
スライムと戦士に 26 のダメージ! 

スライムは 倒れた!

戦士「ぐふぅ!」

僧侶「ああっ! 天界の神よこの者に加護を与えたまえ!」


7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 14:04:57 ID:hxqG/CsA
――……

賢者「何気に強いね、彼」

僧侶「ですね……」

戦士「ハァ……ハァ……」

(^p^)「あうひょっ!」

スライムに 12 のダメージ!
スライムに 8 のダメージ!
スライムに 14 のダメージ!
スライムと戦士に 29 のダメージ!

スライムは 倒れた!

戦士は 倒れた!

僧侶「戦士さあああん!」


8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 14:41:32 ID:jgFKlmos
こいつは戦士に恨みでもあるのかwww


9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 15:47:43 ID:Uyj9M6EE
戦士カワイソスwwww


10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 16:44:53 ID:PeFsASHA
戦士「……はっ!」ガバッ

僧侶「あっ! 賢者さん、戦士さんが目を覚ましました!」

賢者「いやいや、よかったよかった」

戦士「こ、ここは……?」

賢者「隣の街だよ。君が倒れた後僧侶と二人ががりで教会に運んで、その後宿屋に運んだんだ」

戦士「そうか……すまない。……アイツは?」

賢者「彼なら街を散策してるようだよ」

戦士「……面倒な事にならなければいいが……」


11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 16:45:16 ID:PeFsASHA
街中
(^p^)「あうぁー……」

(^p^)「! おぅいぇあ」スタスタ

薬屋のおっさん「ん、客さんかね。いらっしゃい! 旅には必須の薬草はココで買えるよ!」

(^p^)の 暴れる!

おっさんに 29 のダメージ!
おっさんに 35 のダメージ!
おっさんに 15 のダメージ!

おっさんは 倒れた!


12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 16:45:46 ID:PeFsASHA
賢者「ん、勇者が戻ってきたよ」

(^p^)「ピリーリリリwwwwwww」ドサッ

賢者「!? 凄い量の薬草……どうしたんだい、コレ」

戦士「おい、まさか盗ったんじゃ……」

賢者「こんな量の薬草をバレずに盗るのは無理だろうさ」

僧侶「そういえば……」


13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 16:46:25 ID:PeFsASHA
賢者「どうしたんだい?」

僧侶「あの、戦士さんを運んでる間に出てきた敵は全部勇者さんが引き受けてましたよね?」

賢者「あぁ……金は貯まってそうだね、たしかに」

戦士「へぇ……良いとこあるじゃねーか。疑って悪かったな」

(^p^)「ヌメロンド」


14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:13:19 ID:YAHAbUZY
クソワロタww期待するわwwww


15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:18:12 ID:PeFsASHA

……――
賢者「さて、装備も一通り揃えたし……」

戦士「行くか」

僧侶「は、はい!」

(^p^)「ヘィア」


16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:19:03 ID:PeFsASHA



賢者「ここにはゴブリンが出るみたいだから、気を付けて進もうか」

戦士「へっ……どんなやつが出ようが楽勝だぜ」チャキッ

僧侶「む、無理しないで下さいね!」

ゴブリンAが 現れた!
ゴブリンBが 現れた!
ゴブリンCが 現れた!

賢者「多い……気を抜かないでね」

戦士「ぬおらぁぁあ!」

戦士の 攻撃!
ゴブリンBに 46 のダメージ!

賢者は 冷凍魔法(小) を唱えた!
ゴブリンAに 31 のダメージ!
ゴブリンAは 足が凍って動けない!


17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:19:34 ID:PeFsASHA
ゴブリンCの 攻撃!
僧侶に 24 のダメージ!

(^p^)「あうあ……あー!」

(^p^)は 回復魔法(中) を唱えた!
僧侶は 24 回復!

僧侶「!?」

戦士「魔法使えんのかよ……」

ゴブリンBの 攻撃!
戦士に クリティカル!
戦士に 47 のダメージ!

戦士「ぐぉ……」フラッ

(^p^)「……」

(^p^)の 暴れる!

戦士「おま……」


18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:19:56 ID:PeFsASHA
ゴブリンABCは 倒れた!

戦士「」コヒュー……

僧侶「うわあああ! 神よ加護を!」


戦士「助かった……」

(^p^)「wwwwwww」

戦士「てめ……」

僧侶「ま、まぁま! 勇者さんのおかげで全部倒せたんですし!」


19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:20:24 ID:PeFsASHA
ゴブリンが 現れた!

戦士「一体だけなら!」

戦士の 連撃!
ゴブリンに 35 のダメージ!
ゴブリンに 26 のダメージ!
ゴブリンに 31 のダメージ!

ゴブリン「ギギッ……!」

ゴブリンは 炎魔法(小)を唱えた!
炎が 賢者を 襲う!

賢者「っ……!」グッ

(^p^)「あうあーwwww」


20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:21:10 ID:PeFsASHA

(^p^)は冷凍魔法(中)を 唱えた!
凍てつく波動が 炎を消し ゴブリンを 襲う!

ゴブリンに 65 のダメージ!
ゴブリンは 倒れた!

賢者「!?」

戦士「守った……!?」

賢者「あ、ありがとう……」

(^p^)「イェア」

戦士「……」


21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 17:32:32 ID:jgFKlmos
戦士www


23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:19:13 ID:LU4z/Nj2
お前絶対戦士に恨みあるだろww


24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:51:07 ID:q0FwfmEg
森の集落

戦士「ここは……」

僧侶「村、でしょうか」

賢者「ありがたいね。泊めてくれるといいけど……」

戦士「あっ、人だ……すいませーん!」

村人「はいはい、なんですかね? 見ない顔だねぇ」

僧侶「あのっ! 私達は魔王を倒すため王国から来た……」

村人「! 勇者一行様でしたか! ささ、村長の家へお通しします!」

賢者「なにか、慌ただしいね」

村人「理由は後程……さ、こちらです」


25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:51:29 ID:q0FwfmEg
村長ハウス

村長「おぉ……よくいらしてくれましたな、勇者様」

(^p^)「イェア」

村長「……? して、厚かましいとは承知の上で、頼みがあるのです」

村長「私の……私の孫娘が、魔物に連れ去られてしまい……」

戦士「孫娘が……?」

僧侶「そんな……」

賢者「で、それを連れ戻してほしい、と?」

村長「……無理、でしょうか」

戦士「……やりましょう!」


26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:51:59 ID:q0FwfmEg
賢者「!?」

僧侶「戦士さん……そうですね、困っている人を助けずして神に仕えるのは……僧侶失格ですから」

村長「引き受けてくれますか!」

戦士「おうよ!」キリッ

村長「おぉ……ありがたや……」


27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:52:23 ID:q0FwfmEg
村長「無事のお帰り、心からお祈りしております!」


戦士「んで、魔物がいる洞窟ってのは何処だ?」

僧侶「地図では……こちらですね」

戦士「っし……行くぞ!」

二人「はい!」


(^p^)「あー……」


28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:52:55 ID:q0FwfmEg

洞窟

戦士「ここか……」

僧侶「禍々しい気配を感じます……」

賢者「……」

(^p^)「オゥイェ!ぶるああああ!」ダダダダダ

戦士「あ、ちょ! ……行っちまった」

僧侶「追いかけましょう!」


29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:53:28 ID:q0FwfmEg
洞窟内

オオコウモリ達「」

戦士「うへぇ……これ全部勇者が……?」

賢者「強いね……彼は」

戦士「あれでも勇者、って訳か」

僧侶「あっ! 勇者さんがいましたよ!」


30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:54:00 ID:q0FwfmEg

(^p^)「wwwwwwwwww」

戦士「どうした? 勇者。立ち止まって……」

僧侶「開けた場所、ですね」

賢者「……! 何か来る!」

ドォン!

戦士「!? 何奴!」チャキッ

魔物「……」

僧侶「ま、魔物……!」


31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:54:37 ID:q0FwfmEg
魔物「クック……よく来たな、勇者一行よ」

戦士「なぜ俺達の事を!」

魔物「フン……貴様らの相手なぞ本来私がやるほどのものではないが、これも魔王様の命……」

魔物「私の名はボスゴブリ」
(^p^)の 暴れる!

ボスゴブリンに 46 のダメージ!
ボスゴブリンに 37 のダメージ!
ボスゴブリンに 51 のダメージ!
ボスゴブリンに 47 のダメージ!
戦士に クリティカル! 98 のダメージ!

ボスゴブリン「ぬぐぉ!? ひ、卑怯な!」

戦士「」フラフラ


32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 22:55:21 ID:q0FwfmEg
ボスゴブリン「おのれ人間め!」

ボスゴブリンの 攻撃!

ボスゴブリン「死ねぇ勇者ァァア!」グォアッ

(^p^)「ソプリャケルwwwwwww」グイッ

戦士「えっ」グイッ

(^p^)は 戦士を 盾にした!

戦士に クリティカル! 126 のダメージ!

戦士は 倒れた!

賢者「戦士いいいい!」


35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 23:35:28 ID:q0FwfmEg
戦士「はっ!」ガバッ

僧侶「あ、起きましたよ!」

賢者「やぁ、気分はどうだい」

戦士「最悪だよ。……あの後どうなったんだ?」

賢者「それこそ最悪さ。 ボスゴブリンは勇者が難なく倒したけど……君が死んだからね。復活させるには教会に行かないといけないし……」

僧侶「で、森の集落での一泊は諦めて夜通しで歩いたんです……」

賢者「ここは魔法の国さ」

戦士「……そうか」


36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 23:35:51 ID:q0FwfmEg

戦士「で、アイツは?」

賢者「ま、散策だろうね」

僧侶「私……寝ます」

賢者「ん、おやすみ」

僧侶「はい」


37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 23:36:24 ID:q0FwfmEg

街中

(^p^)「あうぁ……」

(^p^)「ほびゃぺろくすぇええ!!」

通行人「ヒッ!?」

(^p^)「ぺぎゃくろす!ぺぎゃくろす!」バシバシ

通行人「痛い! 痛い!」

通行人は 倒れた!

1660Gを 手に入れた!

(^p^)「うっふぇwwwwwww」


38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 23:36:56 ID:q0FwfmEg
魔法使い「ちょっとアンタ!」

(^p^)「あぅ?」

魔法使い「なに罪のない国民襲ってんのよ!」

(^p^)「……」

(^p^)は 魔法使いに 唾を吐いた!

魔法使い「キャア! ……もう許さない!」スチャッ

魔法使い「喰らいなさい!」ブワッ

魔法使いは かまいたちを 詠唱した!
(^p^)に 風の刃が 襲いかかる!


39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 23:37:50 ID:q0FwfmEg

(^p^)「ムヌピピピwwwwwwwwイッフwwwwwww」

(^p^)は 爆発魔法(中) を詠唱!
かまいたちが 消え去った!
魔法使いが 吹き飛んだ!
魔法の書を 手に入れた!

(^p^)「WAO……」


40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/01(木) 23:38:30 ID:q0FwfmEg
賢者「ん、お帰り勇者」

(^p^)「んんwwwwwwww」スッ

賢者「これは……魔法の書! いいのかい?」

(^p^)「」コクコク

賢者「ふふ……ありがとう」


44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 08:25:56 ID:4XkRklb6

……――
戦士「さて、行くか!」

僧侶「はいっ」

賢者「あ、ちょっと待って」

戦士「どうした?」

賢者「ここから先は確か海のはず……どうする?」

戦士「海、か……まぁ、なんとかなるだろ」


45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 08:26:21 ID:4XkRklb6



戦士「おぉ……」

僧侶「綺麗ですねー」

僧侶「さて、船は……」

賢者「ふむ、誰もいないね……どうするか」

戦士「ま、向こうの大陸は見えてるし、最悪泳げば……」

賢者「そんな体力は君と勇者くらいしかないよ」


46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 08:26:46 ID:4XkRklb6

(^p^)「……ほさいどす! ぬぬぅwwwwwww」

(^p^)は 移動魔法(広域)を 唱えた!

賢者、僧侶、(^p^)は 第2の大陸へ 移動した!


戦士「……え?」


47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 08:27:10 ID:4XkRklb6
戦士「うおおおお!」バシャバシャ

巨大サメが 現れた!

戦士「うおおおお!?」バシャバシャ

――……

賢者「やぁ、ホントに泳ぎきれたんだね……血まみれじゃないか!?」

戦士「……」コヒュー……

僧侶「ひいい! 神よ加護を!」


48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 08:27:37 ID:4XkRklb6
賢者「さ、もうすぐ港町だ」

僧侶「お魚が美味しいみたいですね!」

賢者「あぁ、楽しみだね」

(^p^)「あうあうあーwwwwwww」

戦士「……」


49 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/02(金) 08:28:05 ID:4XkRklb6
港町

僧侶「ここが……港町」

賢者「市場もあるんだね。凄い活気だよ」

(^p^)「だっふるだっふる」

賢者「まぁ、まずは宿屋に行こうか」

僧侶「ですね」

戦士「……」


57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 10:57:27 ID:YPBPjmaY
僧侶「そういえば、聖剣ってどこにあるんですか?」モグモグ

賢者「ん、この先の森の奥に、エルフ族がいるらしいんだ」モグモグ

僧侶「そのエルフ族が聖剣を?」ゴクゴク

賢者「多分ね」モグモグ

(^p^)「……」ガツガツ

戦士「……」モグモグ


58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 10:57:56 ID:YPBPjmaY
……――

僧侶「いっぱい魚の燻製をもらいました!」

賢者「これで食料には困らないね」

僧侶「ですね! さ、行きましょう」

戦士「おう!」フッカツ

(^p^)「パパスwwwwww」


59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 10:58:35 ID:YPBPjmaY
闇の森

賢者「ここが……」

僧侶「暗いですね……なんだか不気味です」

賢者「木がやたらと多いからね……日光を遮るんだろうさ」

戦士「……」


60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 10:59:11 ID:YPBPjmaY
闇の森奥地

僧侶「日光がないと肌寒いですね……」

戦士「……! 誰だ!」チャキッ

賢者「っと、どうしたんだい?」

戦士「殺気がする……出てこい!」


61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:00:04 ID:YPBPjmaY
僧侶「……出てきませんね」

戦士「チッ……近くにいるのは間違いないが……」

(^p^)「あばばばばばwwwwwwww」

(^p^)は 爆炎魔法(大)を 唱えた!
辺り一帯の木々が燃え盛る!
ローブの男が 燃え盛りながら 現れた!

ローブ「うおおおおお!?」メラメラ

賢者「明るくなったね」

僧侶「ですね。それに暖かいです」

戦士「うおおおおお!?」メラメラ


62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:00:30 ID:YPBPjmaY
ローブ「貴様らあああ!」メラメラ

僧侶「あっ! あのローブの人、エルフですよ!」

賢者「ホントだね。でもまぁ、手遅れじゃないかな」

僧侶「大丈夫ですよ! 神よ加護を!」

賢者「ん、なるほど。……えい!」

賢者は 水魔法(小)を 唱えた!
僧侶は ローブの男を 150 回復した!


63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:01:56 ID:YPBPjmaY

僧侶「成功しましたよ!」

賢者「さすが僧侶、だね」

僧侶「いえ……助けれる命を見殺しにするのは、神の教えに反しますから!」

賢者「立派な僧侶ってわけだね」

僧侶「そんな……照れますよぉ」

賢者「はは……っと、エルフのお目覚めだよ」


64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:02:45 ID:YPBPjmaY
闇の森跡地

エルフ「貴様ら……よくも森を!」

賢者「聖剣ってどこかな?」

エルフ「誰が貴様らに……!」

(^p^)は 炎魔法(小)を 唱えた!

エルフ「ぎゃああああ!?」メラメラ

(^p^)「wwwwwwwwwww」

エルフ「わかった! 聖剣は我らの村にある!」メラメラ


65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:03:15 ID:YPBPjmaY
賢者は 水魔法(小)を 唱えた!

僧侶「ありがとうございます! 貴方に神の加護がありますように」

賢者「さ、行こうか皆!」

僧侶「あぁっ! 戦士さんが黒焦げに!?」

賢者「なんと……」


66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:04:06 ID:YPBPjmaY

僧侶「どうしましょうか……」

僧侶「勇者さん!」

(^p^)「んうぁ?」

僧侶「なんとかならないでしょうか?」

(^p^)「……」

(^p^)は 蘇生魔法を 唱えた!
戦士が 復活した!

戦士「うぐぅ……」

僧侶「勇者さん……!」

(^p^)「カマスロプwwwwwボスwwwwwwww」


67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:04:36 ID:YPBPjmaY

エルフの村跡地

エルフ達「」プスプス

僧侶「酷い……誰がこんな事を……」

賢者「魔物、だろうね……魔法の痕跡がある」

戦士(……え?)


68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:05:08 ID:YPBPjmaY
賢者「ん、あれは……」

エルフの長「うぅ……」ヨロヨロ

僧侶「だ、大丈夫ですか!?」

長「なんや……アンタら……」

僧侶「私達は勇者一行です! 何があったんですか?」

長「わからん……わからんねや……いきなり炎がバーッと来よって……」

僧侶「そんな……」


69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:05:42 ID:YPBPjmaY

長「あんさん、勇者やー言うたな……?」

僧侶「はい、この方が勇者です!」

(^p^)「おぁ?」

長「なら……コレやるわ……聖剣や」

(^p^)は 聖剣を 手に入れた!

賢者「これが……」

僧侶「聖剣……!」

長「これでワシの役目は終わりや……ほな、頑張り……や」ガクッ

僧侶「!」

賢者「……」


70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 11:06:40 ID:YPBPjmaY
僧侶「……勇者さん」

(^p^)「ぬぁ?」

僧侶「この方達の為にも必ず……魔王を倒しましょう!」

賢者「そうだね……仇をとらないと、ね」

(^p^)「ヘイホーwwwwwww」

戦士(……)


71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 19:04:18 ID:oTF8CD/I
いや!いや!いや!犯人物凄く身近にいるだろwww


72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:46:48 ID:Yg2TEe3w
魔物の地

賢者「ここからは魔物の地……油断しないようにね」

僧侶「あの向こうに見える城が……」

賢者「そう、魔王城さ」

僧侶「もうすぐ、なんですね……」

賢者「うん……でも、まずはここを無事に抜け」
(^p^)は 移動魔法(広域) を唱えた!
なんと 戦士も 移動した!


73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:47:23 ID:Yg2TEe3w
魔王城前

僧侶「き、来ちゃいましたね……」

賢者「……大丈夫なのかな」

(^p^)「ぽいっつぅううwwwwwww」

賢者「というか戦士の口数がどんどん減ってるね」

戦士「集中してるだけだよ……」


74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:47:57 ID:Yg2TEe3w
魔王城内

僧侶「うぅ……不気味です……」

賢者「しかし、妙だね」

戦士「あぁ、モンスターが出てこない……」

賢者「罠かな?」

戦士「ま、何にしろ進むしかないんだ」

賢者「そうだね……」

(^p^)「wwwwwww」ブンブン

魔王城の 壁を 破壊!
魔王城の 壁を 破壊!

戦士「やめてやれ」


75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:48:36 ID:Yg2TEe3w
賢者「ん……」

戦士「このゴツい扉は……」

僧侶「この先に……魔王が」

戦士「皆……覚悟はい」
(^p^)は 爆発魔法(中)を 唱えた!
扉が 跡形も 無くなる!

戦士「……」


76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:49:08 ID:Yg2TEe3w
魔王「!? よく来たな、人間共……」

賢者「あれが魔王……!?」

戦士「女……だと?」

魔王「いかにも、私が魔王……私には性別など微塵も意味の無いもの……勿論、死に行くお前達にもな」

魔王「さぁこい人間よ! 精々足掻いてみせろ!」

(^p^)「行くぞ魔王ッ!」

三人「!?」


77 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:49:56 ID:Yg2TEe3w
魔王「その剣……そうか、貴様が勇者か!」

魔王の 攻撃!
(^p^)に 320 のダメージ!

(^p^)「ぐっ……そうだ! 俺が……勇者だ!」

(^p^)の攻撃!
魔王に 350 のダメージ!

魔王「ぬっ……やるな、勇者?」

(^p^)「賢者! 魔法で援護を! 僧侶は回復を頼む!」

賢者「えっ……あ、あぁ」

僧侶「は、はい!」

戦士「お、俺は!?」


78 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:56:41 ID:Yg2TEe3w

……――

(^p^)「はぁ……はぁ……!」

魔王「ぐう……存外、粘るな……」

(^p^)「当たり前だ……! 俺は、俺達は! 皆の希望を胸に、戦っているんだ!」ドンッ!

(^p^)「これはお前らに殺された人達の分だ!」

(^p^)の攻撃!
(^p^)「まずは薬屋のおっさんの分!」
魔王に 420 のダメージ!

魔王「……!?」


79 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:56:58 ID:fT2FAzQY
おいwwww

まともにしゃべれるんかいwwwww


80 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:57:44 ID:Yg2TEe3w
(^p^)の攻撃!
(^p^)「そして魔法使いの分!」
魔王に 380 のダメージ!

(^p^)の攻撃!
(^p^)「そしてお前らに滅ぼされたエルフ族の分ッ!」
魔王に 540 のダメージ!

魔王「ぐふっ……エルフ?」

(^p^)の攻撃!
(^p^)「そしてこれは戦士の分だ!」
魔王に 2 のダメージ!

戦士「!?」


83 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 20:59:38 ID:Yg2TEe3w
魔王「ぐう……」

(^p^)「……とどめだ!」

魔王「っ……! 私は死なん!」

二人「うおおおお!」


――……


84 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 21:00:34 ID:Yg2TEe3w
 

魔王は 倒れた!


85 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 21:01:15 ID:Yg2TEe3w

(^p^)「勝った……か」

僧侶「す、凄いです!」

賢者「正直、驚いたね……」

(^p^)「二人の存在が無ければ魔王は倒せなかっただろう……さぁ! 帰ろう。俺達が護った世界へ!」

(^p^)は 移動魔法(広域) を唱えた!
戦士以外 移動した!

戦士「……えっ?」


86 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 21:01:42 ID:Yg2TEe3w
王国

賢者「さぁ、王様に報告だね」

(^p^)「あうあうあーwwwwwwwwww」

賢者(戻ってる……)

僧侶「さぁ、行きましょう! きっと今夜はお祭りですよー!」

(^p^)「ぱっぱwwwwwwぱっぱwwwwwwwwwwww」


87 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 21:04:15 ID:rQd/.N0A
何がどーなったwwww


88 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 21:05:51 ID:oTF8CD/I
いきなりまとも(じゃなかった…)な戦いが始まったと思ったら

やっぱりかよwww


89 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 21:49:53 ID:Yg2TEe3w

王室

国王「おぉ、勇者よ……!よく無事に戻られた!」

(^p^)「あぅー……」

国王「これで世界に平和が訪れ国民が安心して云々」

(^p^)「……」ホジホジ

国王「オホン……さ、姫。お前もお礼を言うんだ」


90 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 21:51:20 ID:Yg2TEe3w

姫「あの……勇者様! ありがとうございます!」

(^p^)「! いえ、自分は当然の事を果たしたまでです。」キリッ

国王「!?」

姫「そんな……でも、これで再び民に活気と笑顔が戻ります!」

(^p^)「えぇ……国の為、そして姫様のその美しい笑顔を守る為にもこの勇者、身を尽くす所存です」キリリッ

姫「美しいなんて、そんな……」

(^p^)「いえ、美しい女性には笑顔がよく似合う。姫様の悲しんだ顔はもう見たくありませんから……」

姫「ゆ、勇者様……///」

国王「」


91 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 21:52:01 ID:Yg2TEe3w
その後、姫と結婚した(^p^)が政治を行いあうあうあーが国の挨拶になったり

置いていかれた戦士がキレて魔王を名乗り、また世界が危機になったり

世界を救うために(^p^)の子であ
る(^q^)が魔王の討伐に行ったりするが、それはまた別のお話……

おわり


92 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 22:01:33 ID:2zz7Ahkc
ちょwwおわりやがったww


94 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/03(土) 22:06:44 ID:oTF8CD/I
姫様の前で格好いい事言ってるけど半裸なんだよなコイツ…


97 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 08:46:39 ID:YXuyrl76
おつ
面白かったぞww


98 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 07:48:17 ID:2TbOC7As
なんやこれ


100 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 21:03:28 ID:52iZqhFc
くそわろた





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「勇者・魔王系」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/03/07(木) 22:15:42

    広告で文字がとても見にくくなりましたね。
    残念です。


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ