Powered By 画RSS


向日葵「今日も櫻子との甘い妄想しますわ」

1 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 22:04:43.41 ID:K9XWSm000
短編の予定


4 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 22:09:52.52 ID:K9XWSm000
~向日葵の部屋~


櫻子に対して素直になれず、いつも口論してしまう向日葵。
だが、実は毎日のように櫻子との妄想にふけっていた。


向日葵「ああ、櫻子・・・」

今日も向日葵の妄想タイムが始まる。

・・

・・・・・

・・・・・・・・・


櫻子「ひまちゃん!」

向日葵「ひ、ひまちゃん!?どうしたんですの急に」/////




6 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 22:19:01.13 ID:K9XWSm000
櫻子「えへへ、いいじゃんたまには」

櫻子「ひまちゃん、ぎゅってして~」

向日葵「も、もう・・・仕方ないですわね櫻子は」

ぎゅっ


櫻子「おっぱい気持ちいい・・・」

向日葵「ちょ、ちょっと」///

櫻子「ひまちゃん、本当におっぱい大きくなったよね」


9 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 22:26:20.22 ID:K9XWSm000
向日葵「な、なりたくてそうなったわけじゃありませんわ」

櫻子「ねえ、私のこと"さーちゃん"って呼んでよ」

向日葵「は、恥ずかしいですわ・・・いまさら」

櫻子「むぅ~!呼んでくれなきゃひまちゃんのこと
   嫌いになっちゃうんだからね!」

向日葵「そ、それだけは嫌ですわ!」

櫻子「じゃあ、さーちゃん大好きって言って?」ニコッ


10 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 22:34:24.62 ID:K9XWSm000
向日葵「さ、さーちゃん・・・大好き」///

櫻子「きゃーっ嬉しい!ひまちゃんったら可愛い!」

向日葵「」////


・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

向日葵「さ、さーちゃん・・・」

向日葵「わ・・・私ったら何やってるのかしら」///


12 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 22:39:46.16 ID:K9XWSm000
楓「向日葵おねーちゃん・・・」

向日葵「か、楓!いつの間に」

楓「向日葵おねーちゃん、すっごいニヤニヤしてたよ?何考えてたの?」

向日葵「な・・・何でもありませんわ!」

楓「?」


14 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 22:45:03.93 ID:K9XWSm000
楓が部屋を出て行くと、再び妄想が始まった。

・・

・・・・・

・・・・・・・・・

櫻子「もう一度、さーちゃん大好きって言ってほしい!」

向日葵「で、でも・・・」

櫻子「だめ?」ウルウル


16 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 22:50:15.46 ID:K9XWSm000
向日葵「櫻子・・・」キュン

向日葵「さ、さーちゃん・・・さーちゃん大好き!」

櫻子「わーい!」

だきっ


向日葵「も、もう。甘えん坊ですわね」

櫻子「もっと甘えたいよ~」

向日葵「・・・さーちゃん・・・」ナデナデ

櫻子「わっ、いい子いい子された♪」


20 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 23:01:08.67 ID:K9XWSm000
櫻子「ひまちゃん・・・」

向日葵「なんですの?」

櫻子「チュー、して」

向日葵「え・・・」///

櫻子「ずっと、したかったんだ・・・」

向日葵「わ、わかりましたわ。じゃぁ・・・いきますわよ」

櫻子「うん、きて・・・」


21 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 23:08:53.24 ID:K9XWSm000
櫻子が目を閉じ、向日葵がゆっくりと顔を近づける。

チュッ・・・

櫻子「んん・・・」

向日葵「んっ・・・」

チュパ・・・

向日葵(櫻子・・・櫻子・・・!)

興奮して、向日葵の方から積極的に舌を絡める。

櫻子「んん・・・っ」


24 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 23:17:03.96 ID:K9XWSm000
櫻子「はぁ、はぁ・・・」

向日葵「顔、赤いですわよ?」

櫻子「だって・・・」

櫻子「ひまちゃんのキス、すごかった・・・」

向日葵「興奮して、つい・・・」

櫻子「私も、興奮しちゃった・・・」///


26 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 23:26:23.42 ID:K9XWSm000
向日葵「じゃぁ、もう1回しましょう・・・さーちゃん」

櫻子「うん・・・」

チュゥ・・・


・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・

・・・

向日葵(わ、私ったら何てはしたない妄想を・・・)///

櫻子「何してんのー?向日葵」

向日葵「ひぃっ!さっ、櫻子!?」


29 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 23:32:48.96 ID:K9XWSm000
櫻子「も~そんなびっくりしないでよ」

向日葵「ていうか、あなたまた勝手に人の家に・・・」

櫻子「まぁいいじゃん~」



向日葵(櫻子の唇・・・どんな感触かしら)

櫻子「ん、どうしたの?私の顔に何かついてる?」

向日葵「な、何でもありませんわっ!」

櫻子「ふ~ん、変なの」


30 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 23:39:22.14 ID:K9XWSm000
櫻子「それよりさ、今日泊まっていってもいい!?」

向日葵「え?まあ、別にいいですけど・・・」

櫻子「わーい!」



夜12時


向日葵(櫻子、すっかり寝息立てて眠ってますわね)

向日葵(今なら・・・)


33 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 23:51:04.49 ID:K9XWSm000
仰向けで眠っている櫻子の顔に、そーっと自分の顔を近づける。

向日葵(・・・・・・)ドキドキ

あと10cm・・・

あと5cm・・・

・・・


チュッ・・・

唇と唇が、軽く触れ合った。


35 : ◆UK/rI7xO3mre 2012/10/19(金) 23:57:08.46 ID:K9XWSm000
櫻子「ん・・・?向日葵・・・?」

向日葵「さ、櫻子!?まさか、さっきから起きて・・・?」

櫻子「ううん、今起きた。何か顔に触れた気がしたけど・・・まさか向日葵・・・?」

向日葵「そんなわけありませんわ!気のせいじゃありませんの?」

櫻子「うーん、そっか・・・・・・とりあえず、おやすみ・・・」



向日葵(危なかった・・・)

向日葵(それにしても櫻子の寝顔、本当に可愛いですわね)///

向日葵(ああ、櫻子・・・。いつか、今日の妄想みたいに激しいキスを・・・)


向日葵は再び、就寝前の妄想を始めるのだった。



~おしまい~


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:14:40.36 ID:rMAV9F8yP
乙乙


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:17:38.65 ID:qBl4HPnZ0
こういう誰か一人のモノローグ的な妄想的なSSは好きだ乙


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/10/20(土) 00:26:38.26 ID:a0SBDAxXP
乙ですわ


ゆるゆり マシュモストラップ D 古谷向日葵&大室櫻子
ゆるゆり マシュモストラップ D 古谷向日葵&大室櫻子




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ