Powered By 画RSS


梓「色褪せた世界」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:24:29.35 ID:iunUTnbc0
こんにちは、中野梓です

私も今年で25歳になりました

会社に勤めて3年目、元気に社会人やってます

・・・

元気に、かあ・・・




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:28:21.76 ID:iunUTnbc0
梓「ただいま~・・・」ガチャ

梓「おかえり~」

梓「・・・はあ」

梓「今日もこんな時間まで働いて」

梓「明日も8時には出勤・・・」

梓「・・・」

梓「とりあえず何か飲もっかな」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:32:09.36 ID:iunUTnbc0
梓「かんぱ~い」プシュッ

梓「んぐんぐ」

梓「ぷはぁ」

梓「飲まなきゃやってられないよね」

梓「なんかつまみはあったかな~」

梓「カップめんくらいしかないか・・・」

梓「まあこれでいいや」

梓「我ながら不健康だなあ」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:37:25.93 ID:iunUTnbc0
梓「・・・」ズルズル

梓「私の人生ってなんなんだろう」

梓「毎日遅くまで働いて、休みの日は家事と買い物してたら終わっちゃう」

梓「私ってこんな事するために生まれてきたのかな・・・」

梓「昔は楽しかったなあ・・・」

梓「昔は・・・」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:49:15.68 ID:iunUTnbc0
梓「皆今頃どうしてるのかな?」

梓「働きだしてから段々連絡とらなくなっちゃったけど」

梓「憂、純」

梓「菫、直」

梓「それに唯先輩、澪先輩、律先輩、ムギ先輩・・・」

梓「元気にやってるといいな」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 00:55:41.15 ID:iunUTnbc0
梓「・・・高校の頃が一番楽しかったな」

梓「けいおん部に入って、バンド組んで」

梓「色んな事があったけど、どれも昨日の事みたいに思い出せるよ」

梓「毎日すっごく楽しかった」

梓「・・・」

梓「どうして今は楽しくないんだろう」

梓「・・・はあ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:06:25.02 ID:iunUTnbc0
・・・・・・・・・

梓「・・・」

梓「あれ?ここどこ?」

梓「って私なんで高校の制服着てるの!?」

梓「あ、夢か」

梓「最近昔の夢ばっかり見るなあ」

梓「ずっとこのままこの夢の中に居たい」

梓「そうすればまた先輩達と楽しく毎日を過ごせるもんね・・・」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:11:14.14 ID:iunUTnbc0
梓「とりあえず部室に行こう!」

梓「行くよ!むったん!」タタタ

梓「おはようございます!」バン

梓「・・・あれ?」

梓「誰もいない」

梓「おっかしいなあ」

梓「夢なんだから都合よく居てよね」

梓「仕方ない、ちょっと待ってみよう」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:17:31.40 ID:iunUTnbc0
梓「・・・誰も来ない」

梓「先輩達の教室に行ってみよう」

梓「もう、先輩達はほんとにしょうがないですね♪」スタスタ

梓「私がしっかりしないと全然駄目なんですから!」スタスタ

梓「せんぱ~い!練習しましょ~!」ガチャ

梓「・・・誰もいない?」

梓「というかここまで来る途中にも誰も居なかったような」

梓「もう!なんなのよ!」

梓「夢でくらい楽しい思いさせてよ!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:24:44.40 ID:iunUTnbc0
梓「唯せんぱ~い!!」

梓「いたら返事してくださ~い!!」

梓「・・・」

梓「駄目か」

梓「澪せんぱ~い!!」

梓「ムギせんぱ~い!!」

梓「律せんぱいでもいいですから~!!」

梓(ここで律先輩が、でもってなんだ~!とか言って駆け寄ってきてくれ・・・)

梓「・・・」

梓「ないか・・・」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:25:33.66 ID:NuwpAcmg0
さびしいな


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:26:14.76 ID:iunUTnbc0
梓「じゃあ憂~!!」

梓「菫~!!」

梓「直~!!」

梓「仕方ないから純でもいいよ~!!」

梓(ここでお約束!来い!)

梓「・・・」シーン

梓「なんなのよ・・・」

梓「もう起きよう・・・」

・・・・・・・・・


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:36:08.65 ID:iunUTnbc0
梓「・・・」ムクリ

梓「寝てた・・・1時間くらい?」

梓「唯先輩に会えなかったな・・・」

梓「あれ、メール来てる」

梓「ああ、次の練習日についてか」

言い忘れたが、私は今もバンドを組んでいる

だがそれは放課後ティータイムでも、わかばガールズでもない

なんとなくやっているバンド

ただの暇つぶしのようなバンドだ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:42:09.77 ID:iunUTnbc0
昔は本気でプロになれたらいいと思っていた

現実は厳しいと分かっていたけど

放課後ティータイムなら

わかばガールズなら

もしかしたら本当にプロになってデビューできるんじゃないかって

そう思ってた

でも今はそんな事微塵も思ってない

なんとなく、本当に何も考えずにバンドを組んでいる

きっと放課後ティータイムやわかばガールズの影を追ってるんだろう

そんなのもうどこにも無いのに

梓「めんど・・・いつでもいいよ。っと」スッスッ

梓「・・・」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:50:14.16 ID:iunUTnbc0
梓「私って一体なんなんだろう」

梓「このまま大して楽しい事もない毎日を過ごして」

梓「ただ流されて生きていくだけ?」

梓「私なんて居ても居なくても世界は変わらず回っていくんだよね」

梓「その辺の石ころと同じだ」

梓「私は『中野梓』じゃなくてただの一人の人間に過ぎないんだ」

梓「・・・何言ってんだろ私、25にもなって」

梓「現実を見よう、現実を・・・」

梓「でも彼氏も居ないし友達だってもうそんなに・・・」

梓「ホントに何のために生きてるのかな」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 01:57:18.24 ID:iunUTnbc0
梓「昔はもっと世界がキラキラしてた気がする」

梓「今なんて白黒だよ白黒」

梓「仕事したくないよ~」

梓「ロンドン行きたいよ~」

梓「・・・」

梓(今日4時間しか寝れない・・・)

梓「うわあああああ!」

梓「現実が押し寄せてくるうううう・・・」

梓「泣いてる場合じゃないいいぃぃぃ・・・」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:14:31.88 ID:iunUTnbc0
何時からこうなってしまったのだろう?

わかばガールズが解散してから?

先輩達が大学を卒業してから?

私が就職してから?

何時から私は『中野梓』じゃなくなったの?

・・・ううん、なにも私だけじゃないはず

皆どこかに『自分』を置いてきてるんだ

ただの一人の人間になるって事が大人になるって事?

何も考えないで時間が過ぎるのを待つのが大人になるって事?

・・・唯先輩も、私と同じような事考えてますか?

先輩は、今どうしてますか?

会いたいです、唯先輩


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:22:31.20 ID:iunUTnbc0
梓「・・・」

梓「いちいち難しい事考えるから駄目なんだよね」

梓「大人になるってのはこういうの割り切るって事なんだよ」

梓「大学卒業するまではちゃんと『中野梓』だったんだもん」

梓「それでいいよ」

梓「人生の楽しい時期は終わったんだよ、これからは楽しんだ分のツケを払っていかないと」

梓「今までありがとう、『中野梓』さん」

梓「先輩、いつか会えたらまたお茶しましょう」

梓「・・・寝る」

~♪

梓「はあ、いつでもいいって言ったじゃん・・・」ピッ

梓「?」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:29:20.94 ID:iunUTnbc0
差出人:唯先輩

件名:あずにゃん!!

あずにゃんお誕生日おめでとう!
なんかあずにゃんに呼ばれた気がしたから久々にメールしてみたよ~
連絡しなくてごめんね!お仕事忙しいかと思って
久々だけど元気にしてるといいな!
あ、ちゃんと私の事覚えてる~?
平沢唯だよ!唯!


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:44:31.64 ID:iunUTnbc0
梓「―――」

梓「唯先輩」


どんなに離れていても、何年経っても

私はあの頃に戻れるんだ

ただ何の変哲もないメールが一通来ただけ

でも、今の私にとってそれは―――


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:47:43.52 ID:VRKlWAW40
何がスゲーほっとした


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:48:32.92 ID:iunUTnbc0
梓「あはは、なんだろこれ」ポロポロ

梓「なんで泣いてるんだろ私」ポロポロ


ただメールが来ただけなのに

今まで抑え込んでいた何かが溢れだしてくる


梓「25にもなってあずにゃんって呼ばれるなんて」ポロポロ

梓「唯先輩はいつまで経っても唯先輩だ」


白黒だった世界は

またあの頃のようにキラキラしていた


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:56:20.95 ID:iunUTnbc0
その後、調子に乗って唯先輩と夜通し電話で話した

唯先輩は何にも分かっていないようで、きっと私の事を思って連絡してくれたんだろう

それで今度他の先輩とも一緒にご飯を食べに行く事になった

あ、それと憂と純、あと菫と直にも連絡してみた

皆何にも変わってなくて本当に良かった

社会人だとか忙しいだとか、私は自分で勝手に理由を作って逃げていただけなのだ

自分から一歩踏み出せば、世界は変わるんだ

私はまだ、頑張れる気がした


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 02:58:56.94 ID:iunUTnbc0
梓「いってきま~す!」

梓「よ~し!今日も1日頑張るぞ!」

梓「残業がなんだ~!」

梓「お~!」

梓「あ」

梓「あれ言おう」

梓「・・・ゴホン」

梓「やってやるです!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:00:01.22 ID:iunUTnbc0
こんにちは、『中野梓』です

私も今年で25歳になりました

会社に勤めて3年目、元気に社会人やってます!


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:01:20.50 ID:iunUTnbc0
おしまい


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:02:12.48 ID:9bnNVzU/0


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:03:48.03 ID:iunUTnbc0
あずにゃん誕生日おめでとう、これからも元気でね

即興で申し訳なかったけどあずにゃんに捧ぐ


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:05:10.40 ID:T7FY3Tj50
濃厚アダルティな唯梓展開はよ


49 :ビチグソウンコ大便之助 ◆9Ce54OonTI 2012/11/11(日) 03:05:49.69 ID:2zrgnuXS0
あっさりしてますな
物足りないけど乙りんこ


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:10:42.64 ID:iunUTnbc0
申し訳ない
何よりあずにゃんに申し訳ない

もっと練れば良かったけど、それでもとりあえず誕生日を祝ってあげたかった
けいおんはいつまでも放課後だよ!


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:12:23.31 ID:Cai0BU4sP


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/11(日) 03:17:50.88 ID:DJoPDHOf0
良かったわ


figma けいおん!  中野梓 制服ver.
figma けいおん! 中野梓 制服ver.




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ