Powered By 画RSS


穏乃「山よ!」淡「銀河よ!」「私達の歌を聴けーッ!!」」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:37:10.83 ID:u4yVWXFi0
淡「私は……シズのことが好き」穏乃「淡……」
の続きです

三年目のインターハイを終えた穏乃と淡の二人が旅打ちをする、というお話です


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:39:47.22 ID:u4yVWXFi0
―――――

【都内。とある雀荘】

穏乃「ロン!6400!」

淡「終了だねー」

客「かーっ。嬢ちゃん達強いねー。さすが、インターハイナンバー1とナンバー2ってところか?」

穏乃「えへへ」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:40:59.62 ID:ghP+GeHLO
久しぶり
待ってた


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:41:06.36 ID:BYLW7Csr0
続きキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:42:18.46 ID:u4yVWXFi0
淡「おじさん達が弱いんだよー」

客「言うねぇ。まだまだこれから、と言いたい所だが、もうそろそろ金がねぇや。悪いな」

穏乃「そっか。んじゃ、またどこかの卓でっ」

淡「今度は持ってくるお金の桁、一つ上げといてねー」

穏乃「ちょっと淡ー」

淡「へへっ」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:43:59.56 ID:JVhBT9lL0
咲さんはどうなってる?


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:46:16.70 ID:u4yVWXFi0
>>6
咲さんは出ません


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:44:44.96 ID:u4yVWXFi0
穏乃:私が淡と旅打ちを初めて一か月くらいがたったのかな。何とかこれまで順調にやっていくことが出来ていたんだけど…

ガチャリ…

「打てますか?」

淡「げっ、監督…」

穏乃:その日、人鬼に会ってしまった…


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:47:19.15 ID:u4yVWXFi0
「『御無礼』ツモりました。16000オール。大星さんと高鴨さんの飛びで終了ですね」

―――
――――

穏乃「これまで稼いだお金、一気に飛んじゃったね」

淡「そりゃそうだよ。シズがもう一回、もう一回って」

穏乃「だって、あの人強くって、ワクワクしてさ。それに淡だって付き合ってくれたじゃん」

淡「あそこにシズ一人残せるわけないじゃん。それに」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:50:01.79 ID:u4yVWXFi0
穏乃「ん?」

淡「今度は……勝てると思ったんだけどなー」

穏乃「なんだ淡もじゃん」

淡「えへへ」

穏乃「しっかしあんなに強い人が居るんだなー。まだ一か月なのに…なんだかこれからが楽しみっ」

淡「シズ…戻って来たね」

穏乃「…うん。少しずつだけどね。これも、淡のおかげだよ。それに淡も、戻って来てるよ」

淡「アハ」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:52:59.11 ID:u4yVWXFi0
―――
――――

【駅前】

穏乃(にしても…)

淡「シズ…今いくら持ってる?」

穏乃「2万…5千……。淡は?」

淡「私も、そんな感じ…」

穏乃「完全に振り出しに戻っちゃったね」

淡「ここからー?…ちょーめんどーい!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/15(木) 23:58:23.76 ID:u4yVWXFi0
穏乃「そうはいっても仕方がないよ。負けたんだし」

淡「だけどさー。軍資金無いと高い所で打てないじゃん」

穏乃「また地道に下の方から始めるしか」

淡「それがめんどいのよー。下の方は勝ちすぎると出禁くらっちゃうし」

穏乃「でも他に何かある?」

淡「んー……自分を売る、とか?」

穏乃「いやいやいやっ、それはちょっと早いっていうか…心の準備が」

淡「冗談だよー」

穏乃「びっくりさせないでよもー」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:00:36.19 ID:4//9VfQx0
―――
――――

ガヤガヤ

~♪

穏乃「駅前のストリートライブかぁ。今日はグループ結構多いね」

淡「……」

穏乃「淡?」

淡「シズ…歌おうよ。私達も」

穏乃「え?」

淡「だから、私達もするの。ストリートライブッ!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:02:56.22 ID:4//9VfQx0
穏乃「淡、いきなり何を言ってるの?」

淡「だからさー、デビューするんだって。歌手としてさ」

穏乃「はい?」

淡「いい?私達はまだ若いじゃん」

穏乃「もう18だよ?」

淡「若い!若いなら、ドリームを掴むべきでしょ?」

穏乃「う、うん?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:06:35.25 ID:4//9VfQx0
淡「つまりね。歌って打てる旅打ち美少女ユニットを始めるのよ!」

穏乃「び、美少女?」

淡「そう!旅打ちをしながらツアーライブ!」

穏乃「そんなこと出来るの?」

淡「やるのよ。CD買ったら握手権とかあるじゃん。私達はCD買ってくれたら、私達と打てる抽選権が貰える、とかにして、もし買ったらご褒美に握手でもキスでもするのよ」

穏乃「え?え?ちょ、ちょっと、今なんて言った?」

淡「そのためにはやっぱり名前が売れないといけないから、まずは路上でやるのよ。ここの路上って結構スカウトとか来るって聞くし」

穏乃「き…キス…?…スカウト?え?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:10:09.47 ID:4//9VfQx0
淡「シズは、イヤ?」

穏乃「え、いや…ちょっといきなりすぎて頭がついていってないっていうか…」

淡「じゃあこう言うね。『絶対に面白い。だからシズもやろっ』」

穏乃「…そ、そうなの?」

淡「うん!絶対っ。それに、テレビに出れるようになれば、ノドカに会うきっかけも作れるんじゃない?よくあるじゃん。『会いたいあの人』みたいな特集を番組が組んでくれてさ」

穏乃「…そ、そっか。それならやってみよう、かな…」

淡「はい!そーと決まれば、さっそくうちに行こう。私ね、実は音楽やっててねうちにキーボードとかギターとかあるんだー」ガシッ

穏乃「わっ、淡、ちょっとー」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:12:49.03 ID:4//9VfQx0
【淡宅】

淡「まさかここに戻ってくるなんてねー」

穏乃「淡の家ってマンションだったんだ」

淡「一人暮らしだけどねー。さ、入ろっ」ガチャ

穏乃「わっ。広っ…」

淡「白糸台の特待生ってやつ。麻雀のね。家賃とかも学校が負担してくれるし、まぁ年度末までは、私の部屋、なのかなー」

穏乃「意外と綺麗にしてるね」

淡「意外とって何ー?」

穏乃「あ、ごめんごめん。だって淡だから」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:15:38.43 ID:4//9VfQx0
淡「まあ確かに一年の時は汚かったかなー。でもリーダーになってからは、変えていった。まずは形からって思ったから…」

穏乃「そっか…」

淡「はいっ、しんみりしたお話終了っ。さっそく練習しよっ!ここ防音とかしてもらってるし、大きな音出しても大丈夫だから」

穏乃「練習?」

淡「当然じゃん。路上に出るんだから、それなりに出来るようにならなきゃ」

穏乃「あ、でも私楽器とか…」

淡「だ、か、ら、練習するのよ!来週には出るよー」

穏乃「え?早くない?」

淡「早くない。夢の時間は待ってくれないんだから、1日でも早くだよっ」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:18:47.54 ID:4//9VfQx0
【一週間後 9月26日 駅前】

ざわ…ざわ…

穏乃「や…やっぱりやるの?」

淡「当然っ」

穏乃「やっぱ、ギター無しじゃ駄目?間違えそうで」

淡「駄目っ」

穏乃(私もキーボードやれば良かったかなー)

淡「シズっ」ビービー ←キーボードの音

穏乃(ええいっ!こうなりゃ破れかぶれだー!)

穏乃「えっと!【アワシズ・ギャラクシーマウンテン】ですっ!よろしくお願いしまーす!!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:21:41.85 ID:4//9VfQx0
【6日前】

穏乃「ユニット名?」

淡「うん【アワシズ・ギャラクシーマウンテン】なんてどうかな?」

穏乃「ギャラクシーマウンテン?銀河の山?」

淡「ほらシズって山が好きじゃん。で、私は宇宙じゃん。だから」

穏乃「わかるような、わからないような」(もうちょっと良い名前があるような…)

淡「で、お決まりの台詞は…」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:24:02.81 ID:4//9VfQx0
穏乃「山よ!」

淡「銀河よ!」

穏乃・淡「私達の歌を聴けーッ!!」

穏乃(この台詞どうにかならなかったかなー…)

淡「【MIRACLE RUSH】!いっくよーっ!」

穏乃「輝いてーここいちばーんー~♪」

淡「自分の直感を信じて~♪」

~♪

―――
――――
―――――


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:28:00.21 ID:4//9VfQx0
【2時間後】

 ジャァーン~♪

穏乃「はぁ…はぁ…。淡、ちょっと休憩」

淡「そ……そうだね…。さすがに私もちょっと、疲れた…」

穏乃「結構、思ったより人来てくれるもんだね」

淡「そりゃ、人が集まるとこだもん。それより、スカウトの目に止まるかだよ」

穏乃「気が遠くなりそうだよー」

淡「ちょっとシズ、まだ始めたばっかだよ?ここでメゲないっ」

穏乃「はぁー…」(和への道は遠いかなー…)


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:30:11.37 ID:4//9VfQx0
穏乃「…。?あれは……」

咏「おーう、穏乃ちゃんに淡ちゃんじゃないかー」

穏乃「っ!三尋木プロに、福与アナ?」

恒子「やっほー」

咏「旅打ちをしてるって聞いてたけど、これはまた面白いことやってるねぃ」

淡「【アワシズ・ギャラクシーマウンテン】だよっ。よろしくねー」

穏乃「しかし三尋木プロと福与アナって、なんか珍しい組み合わせですね」

恒子「今日はちょっと知り合いの墓参りにねー」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:33:41.97 ID:4//9VfQx0
 


―――
――――

恒子「なるほどねー。『打って歌える旅打ち美少女雀士』ねぇ」

淡「どう?」

咏「うん。面白そうではあるねぃ」

恒子「そうだねー。うん。うちの局の人に持ち込んでもいい企画かもね」

穏乃「え?そんなこと出来るんですか?」

恒子「たぶん出来るよ。君たち実績あるし」

咏「インハイのナンバー1とナンバー2だからねぃ」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:36:31.15 ID:4//9VfQx0
淡「え!?ま…マジ?」

恒子「うん。ただし条件を付けよっか」

穏乃「条件?」

恒子「私達と打って勝つ」

淡「は?」

咏「まぁ、それが一番だよねぃ」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:39:10.28 ID:4//9VfQx0
穏乃「あの、出来れば理由の方を…」

淡「そーよ。通る企画なんでしょ?なんで?」

恒子「君たちが進む先って、所謂芸能界ってやつでさ、騙し騙され合いの世界だから…」

咏「打って、君たちがその世界で生きて行けるか、それを見たいんだよねぃ」

穏乃「騙し合いの、世界…」

淡「ふーん…。わかったわ。勝てばいいんでしょ?でもコーコには前勝ってるよ?」

恒子「そうだね。でも今日は勝てるかな?」ざわ…

咏(こーこちゃん、なんだかんだでリベンジしたかったのかねぃ)


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:43:29.67 ID:4//9VfQx0
【雀荘】

恒子「ルールは半荘3回。トータルポイント数が高い方が勝ちでいいかな」

穏乃「は、はい」

淡「自動卓の雀荘だけど、いいの?」

恒子「全然。積み込みだけがサマの世界じゃないよ」

咏「使う気まんまんだねぃ」

恒子「咏ちゃんも本気で打ってよ?」

咏「勿論」

穏乃(三尋木プロ…どんな麻雀をするんだろ)


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:47:12.19 ID:4//9VfQx0
【1回戦目】

淡「ツモ!4000・8000!」

穏乃「ロン!12000!終了ですっ」

恒子「……。前にも増して強くなってるねー」

咏「インハイの頃とは次元が違うねぃ」

穏乃「あ、ありがとうございます…」

淡「私達が強くなったんじゃなくてー、そっちが弱くなったんじゃないのー」

穏乃「ちょっと淡っ」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:50:31.24 ID:4//9VfQx0
淡「さすがに『アラサ―』にもなると雀力落ちちゃうのかなー」

咏「…っ」 ビギッ

淡「そう言えば、2年前は解説のプロの年齢と絡めてネタにしてたよねー」クスクス

恒子「…っ!」 ビキビギッ

穏乃「あ…」

咏「……。ちょっとー。どうしてくれますかねぃ。福与アナ」

恒子「そうですねー三尋木プロ。誰も好きでアラサーになったわけではないのですけどねー」

穏乃(あー。怒らせちゃったよ……。淡、言い過ぎだよ。約束反故にされちゃうよ)

淡(そーゆー人じゃないよ。それに、本気で来てもらわないとツマラナイじゃん)


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:55:48.38 ID:4//9VfQx0
【2回戦目】

恒子「リーチ、ダブル♪」

穏乃(早っ…。流れはこっちだと思ったのに、いきなり?)

淡「ブラフはやめてよねー。どーせノーテンでしょ?」

恒子「それはどうかなー……」

4巡後

恒子「ツモっ。6000オール」

淡「え?マジ?」

咏(ツモは不要牌を山に戻す作業…。こーこちゃん本気だねぇ)

淡(すり替えたの!?この私が見えなかったなんて、なんて早さ)

咏(早いだけじゃない。こーこちゃんの技は、静かなんだよねぃ。気配まで消している。まさに『究静極技』…。そう、おじさんのような…)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 00:58:55.69 ID:4//9VfQx0
二回戦目 オーラス 親 淡 ドラ 7索(表示牌6索)

咏「リーチだよー」

穏乃(今度はこっち?)

恒子「んじゃ槓しとこうかなー。カンっ」カシャ 中??中 (暗槓)

淡「ちょっと、全部晒してよ。まさか…」

恒子「ん?ごめんごめん」パタ 中中中中 新ドラ ⑦ (表示牌⑥筒 )

淡「ぐっ…」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:02:06.80 ID:4//9VfQx0
恒子「イカサマ槓だと思った?それにこの局は、アガるのは私じゃないからねー」

咏「ツモっ!リーチ、ツモ 白 ドラ3 ……そして」

二三四⑦⑦⑦⑧⑨⑨⑨白白白 ツモ ⑨筒

裏ドラ ⑨筒 槓裏ドラ ⑨筒 (表示牌⑧筒 ⑧筒)

咏「裏8。8000・16000だねぃ」

淡「乗り過ぎでしょ…」(いやまさか…私が槓に目がいっている隙に、ドラのすり替えを?)

恒子「裏ドラを対子で。咏ちゃんも相変わらずだね」

咏「私が『引き継げた』のは『これ』だけだけどねぃ」

穏乃「?」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:05:08.19 ID:4//9VfQx0
咏「二回戦目は私達の勝ちだねぃ」

穏乃(これで、三回戦目で私達が勝てば…)

恒子「さて三回戦目、と行きたいところだけど、ちょっとお手洗い行ってくるね。熱くなり過ぎちゃったみたいだから。ちょっちクールダウン」

穏乃「は、はい」

淡(もうだいぶ目が慣れてきた。今度はコーコの技、見逃さない…。絶対に止める。止めさえ出来れば、二対一。私達の勝ちだ)

咏「……」クスッ


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:08:43.01 ID:4//9VfQx0
【三回戦目 南3局】

穏乃「ツモ!3000・6000!」

穏乃(よしっ。後はオーラス。300・500でもアガれば勝ち)

淡(この半荘、これまでコーコは一回もしてこなかった。私の目がついていってるのに気付いたのかなー)

咏「こーこちゃんの親だね」

恒子「うん。んじゃオーラス行きますか」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:11:24.33 ID:4//9VfQx0
【オーラス ドラ 八萬 親 恒子】

穏乃 配牌 三四五②④2279東東発発

穏乃(悪くない。一気に流す)

淡(シズが早い。この局、何もなければ間違いなくこっちの勝ち。絶対に、何もさせない!)

フッ…

淡「!?」

穏乃「て、停電!?」

恒子「……」ニヤリ

淡「しまっ…」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:14:47.23 ID:4//9VfQx0
パッ

穏乃「あ…点いた…」

淡「ぐっ……」

恒子「いやー君たち…。麻雀って怖いですねー」

パタッ

恒子 手牌 一一一二三四五六七八九九九九

恒子「天和九蓮。32000オール」

咏「逆転だねぃ」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:15:22.13 ID:PO5Q0NGe0
おとなはきたないすごくきたない


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:18:26.39 ID:4//9VfQx0
淡「まさか…さっきトイレに行ったときに?……」

穏乃「え?何?……もしかして、い、今のって…」

恒子「さあ、どうだろうねー」

咏「ま、目を凝らし過ぎて『足を掬われた』ってやつだねぇ」

淡「うっ……」

恒子「まあ君たちにはまだ『色々と』早かったってことだね」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:21:02.27 ID:4//9VfQx0
淡「………」フルフル……

穏乃「淡?」

淡「あーーっ!負けたーッ!!」

恒子「でも、中々だったよ。いい線いってる」

咏「というかこれだけ強いならそうは負けないんじゃない?」

穏乃「それが…先週大負けして。歌手デビューするきっかけもそれで……」

恒子「君たちを負かせれる人なんて、たぶん数えるくらいしかいないと思うけど…」

咏「誰に負けたのー?」

穏乃「それは…」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:27:50.67 ID:4//9VfQx0
―――
――――

咏「なるほどねぃ」

恒子「人鬼は災難だったねー」

淡「今度は勝てると思ったんだけどなー」

咏「そりゃ無理だよ、あの人、打つたびに戦術変えるから」

穏乃「福与さん達も、打ったことあるんですか?」

恒子「私はないけど、咏ちゃんはあるみたいだねー」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:30:25.74 ID:4//9VfQx0
咏「あの人とまともに勝負できるのって、おじさんくらいしかいないんじゃないかなー」

恒子「たぶんそうかもねー。後は竜くらい?」

穏乃「おじさん?」

恒子「あ、そうだ。君たち行ってみたら?しげるおじさんの墓」

淡「しげる?……ってもしかして『赤木しげる』!?」

咏「うん。そうだけど、よく知ってるね」

淡「え?あの人、実在したの?」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:33:16.15 ID:4//9VfQx0
恒子「もしかして『あの漫画』で知った?あの漫画、しげるおじさんがモデルになってて」

淡「『そいつも』か…」

咏「というか、殆ど実在の人物だよ、麻雀漫画のキャラって」

淡「え……マジ?」

恒子「うん。その『墓』もあんな感じだから」

穏乃「ん?何の話?漫画?」

淡「あ。シズには後で教えるね。とりあえず、その墓に行ってみよっか」

恒子「場所は地図に書いて教えるから、君たちだけで行ってきな」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:36:28.24 ID:4//9VfQx0
咏「でも…いいねぇ、君たちの生き方…」

穏乃「え?」

咏「人はいずれ、どうあれ、死ぬんだから……だったら、可能な限り、自分の心に沿うべきだよ」

淡「言われなくてもそうするよー」

咏「それがうらやましいねぃ。私が君達の頃は、色々とそうでない所もあってさ」

淡「……」

咏「ま、頑張ってみるんだねぃ」

穏乃「は…はいっ!」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:40:19.15 ID:4//9VfQx0
―――
――――


【夕方】

【赤木しげるの墓】

穏乃「わ…ボロボロ。でも何か色々置いてある…。コインに、パチンコの玉、馬券、眠気覚まし……それに冷えピタが貼ってる」

淡「ホントに漫画の通りだなんて」

穏乃「淡、その漫画って」

淡「麻雀漫画。赤木しげるはその主人公だったり、主人公のライバルとか仲間だったりで、とにかく強い雀士。うちに全巻あるから、帰ったら読んでみるといいよ」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:43:21.94 ID:4//9VfQx0
―――
――――
―――――



・・・



「オレの歌を聴けーーーッ!!!」





穏乃・淡「!?」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:48:57.60 ID:4//9VfQx0
穏乃「淡、今、声がしなかった?」

淡「う……うん。何?今の?」


「たった一つの言葉で~♪未来は決まるのさ~♪……」


穏乃「向こうの方から、ギターの音が……」


「俺たちのビートは♪輝くダイヤモンド♪…」


淡「何?あの人、誰もいない所で歌ってるの?」

穏乃「いや…違うよ淡。猫たちが、集まってる…あの人の所に」

淡「え?あ…ほんとだ。猫たちが…聴き入ってる?そんなことってあるの?」

  


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:51:12.02 ID:4//9VfQx0
―――
――――

【夜】

穏乃「もうすっかり暗くなっちゃったね」

淡「結局、最後まで聴いちゃった」

穏乃「いい歌だったね」

淡「ま…まあね」

穏乃「なんか不思議な感じ。私の気持ちに馴染むっていうか…どこか懐かしい感じがした。山ではしゃいでいた…あの頃のような」

淡「………」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:55:34.66 ID:4//9VfQx0
淡「ねぇシズ…これからどうする?」

穏乃「え?…続けないの?」

淡「なーんかね……。やるぞーって気持ちが吹っ飛んじゃった」

穏乃「そうなの?」

淡「負けたってのもあるし、あの歌を聴いてたらねー」

穏乃「淡……」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:57:34.65 ID:4//9VfQx0
穏乃「じゃあさ、今度、私の故郷に来ない?山ばっかの所だけど」

淡「え?」

穏乃「なんだろ。さっきの歌のせいかな?山に行きたいって気持ちになってさ」

淡「山…」

穏乃「うん。淡にとっては微妙かもだけど、もし良かったら…」

淡「………。う……うん!行きたい!……シズと一緒なら、どこだって!」

穏乃「そっか……ありがと、淡」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 01:59:25.30 ID:4//9VfQx0
・・・・・

―――
――――

穏乃「淡…。空」

淡「ん?」

穏乃「すごい星」

淡「あ…ホント」

穏乃「ここは静かだし、高い建物も無いからかな」

淡「うん……。すごい綺麗……」

 


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 02:01:28.63 ID:4//9VfQx0
穏乃「……」

淡「………。シズ………私今……ものすっごく歌いたい!」

穏乃「……」

淡「人に聴かせるとか、売れるとか、そんなの関係ない!ただ感じるままに、歌いたいときに歌う!そんな気持ちなの!」

穏乃「……うん……私も…今……そんな気持ちだよ」

淡「シズ…」

穏乃「三尋木さんが言っていたように、自分の心に沿うって言うのかな、こういうの、悪くないって思うんだ。私も。……だから」

淡「……うん!」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 02:02:29.83 ID:4//9VfQx0
 



穏乃「山よ!」


 


淡「銀河よ!」

  


 



「私達の歌を聴けーッ!!」

 

 
 


おしまい


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 02:03:26.43 ID:Vt4xvqzd0
乙!
青春だねぇ


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 02:03:45.74 ID:4//9VfQx0
以上です。
読んでくださった方、支援してくださった方
有難うございました。

ちょっと駆け足かもでした。


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 02:03:53.89 ID:SsyEQjoD0


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 02:04:47.50 ID:yMw2xeVP0
すばら
乙乙


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/16(金) 02:08:29.42 ID:4//9VfQx0
咲さんについてで、実はこのssでは咲さん(清澄)は決勝の舞台にいなくて
淡は咲の存在は漫画で知っています。(好き麻会で咲-Saki-を紹介した)
このシリーズがもし続くなら何らかの形で登場するかもしれません。





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ