Powered By 画RSS


伊織「執事日記」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 20:50:04.08 ID:bRU5UYhd0
伊織「しんどー?」

新堂「はい、新堂と申します」

伊織「ふーん、しんどーはなにするひとなの?」

新堂「お嬢様の手や足と思って戴けたら結構でございます」

伊織「よくわからないけど、おえかきするからじゃましないでね」

新堂「ではジュースをお持ちしましょう」

伊織「うん、おれんじの100%のやつね」

新堂「かしこまりましたお嬢様」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 20:53:52.26 ID:bRU5UYhd0
伊織「かけたわ」

新堂「お上手でございます、お嬢様」

伊織「なにかわかる?」

新堂「ウサギでございますね」

伊織「あたったから、これはしんどーにあげるわ」

新堂「有難うございます、お嬢様はウサギがお好きですか?」

伊織「そうね」

新堂「ではお誕生日にウサギのぬいぐるみをねだられては?」

伊織「おとうさまにおねがいしてみよっと」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 20:56:07.28 ID:bRU5UYhd0
伊織「しんどー!」

新堂「お呼びですかお嬢様?」

伊織「おにぎりつくってみたのたべて」

新堂「よろしいのですか?」

伊織「いいからはやく!」

モグモグ

新堂「美味しゅうございます パチッ お嬢様」

伊織「パチパチするアメいれてみたの、おいしいでしょ?」

新堂「はい、お嬢様は パチッ 料理の才能も御持ちでございますね パチッ」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 20:58:56.25 ID:bRU5UYhd0
伊織「しびびびび!」

新堂「いかがなさいました?お嬢様」

伊織「このコーラって……いうのが……」

新堂「それは炭酸という物が入っていますので……」

伊織「これはダメね、ふつうのおれんじのをもってきて」

新堂「持って参りますので少々お待ちくださいませ」

ゴクッ

伊織「しびびびび!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:00:05.14 ID:bRU5UYhd0
新堂「どちらへお出かけですか?」

伊織「いえでするの」

新堂「では、お弁当を作らせましょう」

伊織「ついてきたらダメだから、わかった?」

新堂「はい、お帰りは何時くらいでしょう?」

伊織「おひるくらい」

新堂「かしこまりましたお嬢様」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:04:54.57 ID:bRU5UYhd0
メイド「ではお任せしてよろしいんですか?」

新堂「はい」


寝室


伊織「きめたわ、わたしあいどるになる」フンスフンス

新堂「それはようございますね」

伊織「どうしたらなれるの?」

新堂「お嬢様が大きくなられたら、すぐにでも」

伊織「あとなんせんちくらい?」

新堂「沢山寝て大きくなれば、すぐでございますよ」

伊織「じゃあ、はやくねないと」

新堂「おやすみなさいませ、お嬢様」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:08:21.61 ID:NaQn9Hkc0
やばいかわいい


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:09:23.44 ID:bRU5UYhd0
伊織「じょうずにかけたわ……」

新堂「魚でございますね」

伊織「しんどーにあげるわ、だいじにしなさい」

新堂「有難うございます」

伊織「なんのさかなかわかる?」

新堂「めだk

伊織 ジワッ

チラッ

新堂「グッピーでございますね」

伊織 パァァァ


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:13:58.62 ID:bRU5UYhd0
新堂「何をしておいでですか?」

伊織「こうして……ふうせんを……ウサギのかたちにするの」ギュムギュム キュキュ

新堂「あまり強く捻られますと……」

伊織「だいじょうぶ、テレビではこうして……」


パン!!


伊織「しんどー!」

新堂「お嬢様!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:18:21.20 ID:bRU5UYhd0
伊織「しんどー!」

シーン

伊織「しんどー?」

シーン

伊織「……」

グスッ

新堂「お呼びでございますか?お嬢様」

伊織「しんどー!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:24:13.97 ID:bRU5UYhd0
伊織 グスッ

新堂「ですから寝る前にジュースはいけませんと申し上げましたのに」

伊織「おとうさまにいう?」ヒック

新堂「いいえ」

伊織「ほんとうに?」

新堂「はい、お嬢様とわたくしだけの秘密でございます」

伊織「よかった!……でもこれ、なにかににてるわね……」

新堂「ひよこのようでございますね」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:29:44.32 ID:bRU5UYhd0
新堂「お嬢様そのように走られますと……」

ビターン

伊織「ウワーン、しんどーのばかー!」

新堂「はっ!今あちらにウサギが見えたような気が……」

伊織「え!?どこ!?」

新堂「あちらの草陰に」

伊織「うさちゃーん!」

ビターン


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:34:25.75 ID:bRU5UYhd0
伊織「しんどーはめいど?」

新堂「わたくしは執事でございます」

伊織「ひつじ?」

新堂「しつじでございます」

伊織「ひー」

新堂「しー」

伊織「ひー」

新堂「しー」

伊織「ジュースもってきて、ひんどー」

新堂「かしこまりました、お嬢様」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:39:37.03 ID:bRU5UYhd0
新堂「お嬢様11歳の誕生日おめでとうございます」

伊織「ありがとう、しんどう。これで一人前のレディーになれたかしら?」

新堂「はい、もう何処にお出でになっても恥ずかしくないレディーになられました」

伊織「にひひ、もう世の男性がほおっておかないわね」

新堂「左様で御座いますね、あとこちらはわたくしとメイドからケーキセットでございます、どちらからになさいますか?」

伊織「このイチゴがいっぱい乗ってるのがいいわ!」

新堂「かしこまりましたお嬢様」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:43:25.47 ID:bRU5UYhd0
伊織「しんどう、これどうやって食べるのかしら?」

新堂「まず①とかかれた部分を下に引いて戴いて」

伊織「ふむふむ」ピリピリ

新堂「次に②と③と書かれた部分を横に引くのでございます」

伊織「ふむふむ」ビー

ポトリ

伊織「……落ちたわ」

新堂「……左様でございますねお嬢様」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:48:49.82 ID:bRU5UYhd0
犬「ワンワン!」

飼育係「ダメだろ!今度からそんなことするなよ!」

伊織「あれは?」

新堂「昨日お屋敷に来た仔犬なのですが、エサ以外にパンを取って食べていたのでしつけている所でございます」

飼育係「コラ!分かったのか!?」

伊織「あのパンは私があげたのよ、もう許してあげなさい」

飼育係「しかし……」

新堂「お嬢様の言う通りです、もうよろしいでしょう」

犬「クゥーン……」スリスリ

伊織「いい子ね、あなたに名前をあげるわ、そうね……」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:54:12.41 ID:bRU5UYhd0
伊織「シンボリルドルフ!シンボリルドルフはどこだ!」

新堂「お嬢様こちらでございます、あとわたくしは新堂でございます」

伊織「あなたは口をはさまないでシンバル!」

新堂「申し訳ございません……何かご覧になって影響を受けられたのですか?」

伊織「……気にしないで、もう二度としないから」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:56:40.73 ID:bRU5UYhd0
伊織「新堂は765プロって知ってる?」

新堂「社長の高木様の事は存じ上げておりますが」

伊織「そこでアイドルとしてデビューする事になりそうなの」

新堂「おめでとうございます」

伊織「ちょーっとプロデューサーが頼りなさそうだけどね」

新堂「有能なプロデューサーを何人か連れて参りましょうか?」

伊織「別にいいわ、悪い奴じゃなさそうだし」

新堂「左様でございますか」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 21:58:04.51 ID:bRU5UYhd0
伊織「うううう……」

新堂「いかがなさいました?お嬢様」

伊織「新堂も早く逃げなさい!邪気眼の封印が解けそうだわ……!」

新堂「それは一大事でございます、お屋敷の専属医を呼んで参りましょうか?」

伊織「フン!医者なんてなんの役にもたたないわ!それより早く逃げる事ね!」

新堂「では午後のティータイムが済みましたらそういたします」

伊織「知らないわよ、もう第二の封印まで解けたみたいだわ……!」

新堂「クロッカンノワゼットになさいますか?アマンド・エピスもございますが」

伊織「……」

伊織「……クロッカンノワゼットにするわ」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:00:00.93 ID:bRU5UYhd0
伊織「プッ」

新堂「何を読んでおいでですか?」

伊織「事務所の事務員がおすすめっていうマンガだけど、なかなか面白いわね」

新堂「それはようございました」

伊織「ほら、この女の子もお嬢様なのよ」

新堂「なるほど」

伊織「普段はツンツンしてるけど、愛情の裏返しっていうのが可愛いわね」

新堂「……左様でございますか」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:05:01.44 ID:bRU5UYhd0
新堂「お嬢様、お預かりしていた高槻家特製ソースの分析と再現が出来たとシェフが」

伊織「どれどれ……」ペロッ

新堂「いかがでございますか?」

伊織「ううーん、確かに似てるんだけど何か足りないような気がするわ……」

新堂「一番大切な素材は残念ながら再現しきれなかったようでございますね」

伊織「ん?」

新堂「お嬢様は良いお友達をお持ちになられましたね」

伊織「……そうね、にひひ」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:09:43.79 ID:bRU5UYhd0
伊織「新堂!」

シーン

伊織「新堂?」

シーン

メイド「執事長は体調不良でお休みを頂いております」

伊織「どこか悪いの?」

メイド「ただの風邪と聞いておりますが」

伊織「そう……」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:14:13.94 ID:bRU5UYhd0
伊織「お見舞いに来たわよ」

新堂「お嬢様……いけません風邪がうつります ゴホ ゴホ」

伊織「辛そうね、大分ひどいの?」

新堂「ただの風邪でございますよ」

伊織「もう年なんだから、無理しないでいいわよ」

新堂「お嬢様の晴れ姿を見るまで死ねません、ご安心ください」

伊織「当たり前よ、勝手に死んだら許さないんだから!」

新藤「ではお許しが頂けますまで、頑張らさせて戴きま……ゴホッ! ゴホッ!」

伊織「ちょ、ちょっと大丈夫なの!?誰か!医者を呼んで!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:19:52.56 ID:bRU5UYhd0
ポクポクポクポク

和尚「觀自在菩薩。行深般若波羅蜜多時。照見五蘊皆空。度一切苦厄……」

伊織「……」グスッ

P「伊織……」

伊織「大丈夫……」グスッ

P「何かあったら呼んでくれ、俺すぐに駆けつけるから……」

伊織「ありがとう……じゃあ私は帰るわね……」

P「分かった、気をつけてな」

伊織「帰るわよ、新堂」

新堂「かしこましましたお嬢様」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:23:57.13 ID:D3Uu7ov+0
びびったじゃねーか


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:24:31.49 ID:NaQn9Hkc0
びびったわ・・・


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:25:08.17 ID:bRU5UYhd0
伊織「それでアイツったらね……新堂聞いてる?」

新堂「聞いております、最近はP様もご活躍されているみたいでございますね」

伊織「まぁ、ちょっとは使えるようになったんじゃない?」

新堂「一度お屋敷に招待してはいかがですか?」

伊織「そうね、そういえば契約の件で一度来るとかいってたわね」

新堂「旦那様は長期の海外出張でございますが」

伊織「お母様もお忙しいし……どうしようかしら」

爺「伊織ちゃん、良かったらその件はワシに任せてくれるかの?」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:29:44.66 ID:bRU5UYhd0
伊織「ふぅ、少し疲れたわ、ディナーは軽めでいいから」

新堂「もうお嬢様をテレビで見ない日はございません、少しお休みになられては?」

伊織「そうもいかないわ、今度は折角プロデューサーが取って来た大きな仕事だし」

新堂「無理してお体を壊されては、元も子もありません」

伊織「大丈夫よ、ありがとう」

新堂「……後、昨日の様にディナーを食べておいでなら、次からはご一報を」

伊織「……わかったわ、次からはちゃんと連絡する」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:33:45.32 ID:bRU5UYhd0
伊織「デビューしてもう4年経つのね」

新堂「月日が経つのは早うございますね」

伊織「人気絶頂のまま引退っていうのも格好良いわよね」

新堂「引退された後はどうなさるのですか?」

伊織「……」

新堂「もう決まっているのですね?」

伊織「そうね……水瀬伊織は引退ね」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:37:39.49 ID:bRU5UYhd0
新堂「P様」

P「新堂さん!来ていただけたんですね、お体は平気ですか?」

新堂「はい、本日はお招きいただき有難うございます」

P「当然ですよ、伊織とはお会いになりましたか?」

新堂「いえ、遠くから拝見いたしました」

P「呼びましょうか?伊織も喜びます」

新堂「それよりP様にお話がございます」

P「なんでしょう?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:41:44.26 ID:bRU5UYhd0
新堂「わたくしはお嬢様がご幼少の頃からお仕えしてまいりました」

新堂「この日が来るのを本当に……本当に待ち望んでおりました」

新堂「僭越ながら実の娘のように……」

P「……」

新堂「ですから生涯一度の暴言をお許し下さい」

新堂「お嬢……伊織を泣かせる様なことがあれば神が赦したもうても、わたくしが許しませんぞ!」

P「新堂さん……」

新堂「……失礼いたしました」

P「あなたが伊織の教育係で本当に良かった……」

新堂「……お嬢様を宜しくお願い致します」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:45:15.03 ID:bRU5UYhd0
カメラマン「それでは記念撮影をいたしますー!」

伊織「ほら、新堂はこっち」

新堂「滅相もない、ココでよろしゅうございます」

伊織「何言ってんの、いいからほら!」

新堂「お嬢様……」

伊織「今日で家は出て行くけど、元気でね、あと『水瀬』伊織としては最後の命令よ」

伊織「私の子供が生まれたら教育係を命じるわ」

新堂「……」

伊織「だからそれまで絶対死んだらダメなんだからね!にひひ」

新堂「……」

新堂「かしこまりましたお嬢様!」


おわり


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:47:34.46 ID:EbWIMRua0

いおりんかわいい


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:48:01.91 ID:bRU5UYhd0
後日談

子供「じょうずにかけたわ……」

新堂「お上手でございます、お嬢様」

子供「これはしんどーにあげるわ」

新堂「有難うございます、ここに大切に保管しておきます」

子供「ん?そのハコ、ほかにもなにかはいってるの?」

新堂「左様でございますね、わたくしの大切な思い出が沢山詰まってございます」


本当におわり


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:49:06.10 ID:JK+GIj6s0
おつ
伊織かわいかった


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 22:49:51.57 ID:JklwucJ30
いおりん大天使だった 乙


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 23:11:52.71 ID:cM9SK2ZI0
おつ
いおりんと新堂さんに萌えるSSだった


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/17(土) 23:16:41.93 ID:BvpxFvA70
素晴らしい
おつ


ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.400 アニメ アイドルマスター 『水瀬伊織』
ブシロードスリーブコレクションHG (ハイグレード) Vol.400 アニメ アイドルマスター 『水瀬伊織』




このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ