Powered By 画RSS


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煌「名探偵キラメです」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 15:35:59.16 ID:JU/F7vu90
泉「」

優希「被害者は胸を何かで貫かれたみたいだじぇ」

煌「犯人が使った凶器は?」

優希「見つかってないじぇ」

和「一応ですが、昨日今日泊まっていた人物リストです」

煌「すばらっ。さすが和です」

優希「でも、せっかくの松実旅館だったのにもったいないじぇ」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 15:43:26.11 ID:JU/F7vu90
煌「んー、色々な人が泊まってるんですねー」

和「これだけの人数が居たら、犯人の特定は難しいですね」

煌「しかし、諦めてはいけませんよ?」

優希「誰も諦めるなんていってないじぇ!」

煌「その心意気すばらです!」

和「ひとまず、宴会場に人を集めましょうか」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 15:52:53.19 ID:JU/F7vu90
煌「そんなに大勢集めても荒れるだけですから、団体の人達を呼んで行きましょう」

優希「団体で泊まりに来てる所は、白糸台、千里山、清澄、他にもいろいろあるじぇ」

和「泉さんは千里山の団体の1人ですね」

煌「そうですね。ではまず千里山の方たちを呼びましょうか」

優希「早速呼んでくるじぇ!」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:01:19.17 ID:JU/F7vu90
セーラ「泉ぃ……なんで逝ってもうたんや……」

浩子「まぁ、しょうがないちゃいます?結構いろんな所で恨まれること言ってましたし」

竜華「なんや!あんたなんも思わんのか!」

浩子「はぁ、なんやて?うちだって悲しいですわ!」

煌「ま、まぁ皆さん落ち着いて」

セーラ「そ、そうやで、仲間内で争ってどうするんや!」

竜華「っ……」

和「そういえば、もう一人の方が見当たりませんね」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:08:32.20 ID:JU/F7vu90
浩子「園城寺先輩なら部屋で休んでますわ」

優希「なにかあるのかー?」

セーラ「病気持ちやから、部屋で休ませとるんや」

和「ちなみにですが、そんなに酷い病気ですか?」

竜華「なんや?怜のこと怪しんどるんか?」

和「そのようなつもりではないですが、一応です」

竜華「酷い時は酷いで。倒れるくらいやからな」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:15:10.14 ID:JU/F7vu90
和「そんな人を旅行に連れてくるものなんですか?」

竜華「あんたな、さっきからなんなん?うちらのこと疑っとるんならはっきり言えや」

和「はい、私は疑っていますよ」

煌「こらっ和! すみません、今日はもう部屋に戻ってもらってもいいですよ」

浩子「それなら、戻らしてもらいます」

煌「捜査に協力ありがとうございます」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:20:07.05 ID:JU/F7vu90
和「なんで、止めるんですか」

煌「和はもう少し柔らかくなるべきですね」

優希「そうだじぇ、のどちゃんは少しきつ過ぎるんだじぇ」

和「ですが、私はやっぱりおかしいと思います!」

和「病人を旅行に連れてくるなんてありえません!」

煌「それはそうですが……」

和「それに日頃の恨みが爆発したにきまってます!」

優希「決めつけはよくないんだじぇ」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:28:43.64 ID:JU/F7vu90
和「わたしは、絶対に千里山の誰かが犯人、いや、もしかしたら全員が犯人だと思ってます」

煌「和!」

和「す、すみません、決めつけたら悪いですよね」

優希「でも、どうするんだじぇ?わかったのわ園城寺って人が病気ってことだけだじぇ」

煌「あとは、あの二人が険悪なムードってこどだけですね」

和「情報が少なすぎます、次の団体を呼びましょう」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:32:58.92 ID:JU/F7vu90
優希「次はどこをよぶじぇ?」

和「……」

煌「和どうしました?」

和「もう、いいんじゃないんですか?」

煌「ん?」

和「大体、間違ってるんですよこんなの」

和「もうあきらめましょう」


カン!


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:35:44.39 ID:DQUT0R2N0
おい


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:37:40.85 ID:3ZRRP/JU0
えっ


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:42:24.36 ID:JU/F7vu90
優希「のどちゃんも冗談がうまくなったじぇ」

和「そうでしょう。私もそう思います」

煌「まぁ、今は冗談を言う時ではないんですけどねー」

優希「どうするじぇ?」

和「やっぱり情報が足りないので次を呼びましょう」

煌「では次は、>>20を呼びましょう」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:44:02.25 ID:j15EYRqh0
はっちゃん


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:45:28.19 ID:zNceWgwT0
白糸台


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:51:15.62 ID:JU/F7vu90
優希「白糸台を呼んでくるじぇ!」

煌「白糸台ですか……」

和「どうしたんですか、花田先輩」

煌「いえ、あそこは昨日すれ違ったんですがね」

煌「やばそうな団体でしたよ」

和「そんなところに優希を一人で行かして大丈夫なんですか?」

煌「それは、問題ないと思いますが……いえ、やっぱり決めつけはいけませんね」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 16:55:34.91 ID:JU/F7vu90
優希「連れてきたじぇ!」

照「……」

菫「はぁ、私たちはそれとは無関係なんだが?」

煌「そうかもしれませんが、一応お話を伺っとかないと」

菫「なにも、わからないのに何を話せばいいんだ?」

煌「昨日、何をやっていたかを聞かしていただければありがたいですねー」

菫「それは、ずいぶんとプライベートにかかわる質問だな」

照「別に私は言ってもいいけど」

煌「おぉ!本当ですか照さん!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:00:55.10 ID:JU/F7vu90
照「私は、昨日は妹の所に行って遊んでいた。そこのピンク髪が知っている」

煌「そうなんですか和?」

和「えぇ、私たちの部屋に入ってきたと思ったら急に咲さんに抱きついてきましたからね」

優希「びっくりしたんだじぇ」

照「そのあとは妹とずっといた」

煌「ほうほう、ではそこの、そのー、怖い人」

亦野「私のことですか……」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:01:45.17 ID:DQUT0R2N0
亦野さんは釣り人であって軍人じゃないから怖くないよ!


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:06:49.50 ID:JU/F7vu90
煌「す、すみません」

亦野「いえ、全然構いません」

亦野「私は昨日近くの川に釣りに行ってましたね」

和「それを証明できる人物や物はありますか?」

亦野「一人で行ってましたし、一匹も釣れなかったもので」

優希「それは残念なんだじぇ」

和「なら、釣りに行った証明はできないということですか?」

亦野「いや、たぶん探せば見つかりますが釣り糸の切れはしが残ってると思います」

和「そうですか」

亦野「わ、私はやってないですよ!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:11:38.39 ID:JU/F7vu90
優希「落ち着くんだじぇ」

煌「では、お茶を飲んでる方」

尭深「私は、部屋を出てない」

優希「ずっと部屋に居たのか?」

尭深「うん。お茶を飲んでた」

和「証人は?」

尭深「みんなかな?部屋に帰ってきた時に私は絶対に居たと思う」

煌「そうなんですか?」

菫「あぁ、そうだな……」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:16:29.71 ID:JU/F7vu90
優希「じゃあ、お姉ちゃんは無罪なんだじぇ!」

尭深「ありがとう。お茶飲む?」

優希「いただくんだじぇ!」

煌「じゃ次!淡さん!」

淡「わぁ!私の名前は知ってるんだ!」

和「私が教えましたからね」

淡「ふーん、まぁどうでもいいんだけど!」

淡「私は昨日……昨日なにしてたっけ?」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:20:25.91 ID:JU/F7vu90
淡「えーと……えーと」

優希(怪しいんだじぇ……)

淡「ちょ、ちょっと待ってね?もう少しで思い出せそうだから!」

和(あやしいですね)

淡「あーもう!思い出せないよ!でも、私は絶対にやってないからね!」

煌「もしかして二重人格とかですか?」

照「そんなことはないと思う」

淡「ぜ、絶対に違うから!私じゃないから!」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:24:19.30 ID:JU/F7vu90
煌「わかりました、では最後なんですが話してくれますか?」

菫「はぁ、私だけ話をせずに怪しまれるは嫌だからな」

菫「私は昨日、この旅館の松実宥さんと話していた。それだけだ」

優希「そういえば、話している所をみたんだじぇ」

菫「もう部屋に戻っていいか?疲れたんだが」

煌「えぇ、構いませんよ」

優希「お疲れ様だじぇ」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:26:59.06 ID:JU/F7vu90
和「私は、今のところ淡さんですかね」

優希「確かに、なにも覚えていないなんてことはないだじぇ」

煌「んー、私はこんなこと出来る人ではないように見えましたけどねー」

和「もしかしたら、演技がうまいのかも知れませんよ?」

煌「んー、とりあえず次を呼びましょうか」

優希「そうだじぇ。怪しい人なんて一杯いるじぇ!」

和「次は>>35ですね」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:35:21.51 ID:Hh2xUpoG0
ダヴァンさん


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:35:44.48 ID:+BJII9pk0
宮守


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:42:02.20 ID:JU/F7vu90
優希「宮守だじぇ!」

和「宮守女子ですか」

煌「どんな高校でしたっけ?」

優希「大きい人が居るんだじぇ」

和「あと、お団子の人がいますね」

煌「よくわかりませんねー」

優希「とりあえず呼んでくるじぇ!」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:49:01.32 ID:JU/F7vu90
和「……優希遅いですね」

煌「なにかあったのかもしれません!わたしたちも行きましょう!」

優希「つ、連れてきたじぇ……」

シロ「ダル……」

塞「すみません、おんぶさせてしまって」

優希「だ、大丈夫なんだじぇ」

豊音「がんばったねー!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 17:52:33.38 ID:JU/F7vu90
ごめん、名前とか口調わかんないわ!


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:04:05.15 ID:JU/F7vu90
胡桃「充電、充電」

煌「んー、みんな仲よさそうですねー」

塞「私たちならみんなずっと一緒にいるから、この事件にはなにも関係ないです」

煌「そうなんですか? でも、一応話しを聞かないといけないので」

豊音「昨日はね、みんなでいろんな所周ったねー」

和「じゃあ旅館にはいなかったということですか?」

塞「帰ってきたのが、夜の8時だったからね。たぶんそこらへんの店の人に聞けばわかると思うけど」

優希「じゃ、もう帰ってもいいんだじぇ」

しろ「ダル……」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:07:21.35 ID:P3YP9Kh/0
宮守真っ白でわろた


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:07:51.64 ID:JU/F7vu90
安価は無理だったんやな諦めよう!



豊音「後でサイン頂戴ー!」

優希「わかったじぇ!」

煌「あの人達はとくに怪しむ所なんてありませんでしたねー」

優希「わたしの努力はなんだったんだじぇ……」

和「しょうがないですよ優希」

煌「じゃ、次は清澄でも呼びますか?」

優希「清澄に犯人は居ないと思うんだじぇ」

和「そうですね。私もそう思います」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:12:31.71 ID:JU/F7vu90
煌「二人がそういいたくなるのもわかりますが、もしかしたらがあり得るかもしれません」

和「そう、ですね」

優希「気が乗らないけど呼んでくるじぇ」

煌「んー、犯人の使った凶器さえわかればだいぶ人が絞れそうなんですけどね」

和「簡単にわかるはずありませんよ。諦めずに頑張りましょう」

煌「そうですね。私が諦めるわけにはいきませんね!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:21:31.74 ID:JU/F7vu90
優希「呼んできたじぇ」

久「はぁ、私たちがこんな事件起こすわけないでしょ?」

和「私もそう思います。咲さんが居るのにそんなことがあるわけありません」

煌「一応ですよ。話し聞いておかないと後々問題が起こってすばらくないんですよ」

久「まぁ、そういうことならしょうがないわね」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:25:41.94 ID:JU/F7vu90
美穂子「上埜さんを疑うんですか!」

煌「い、いえ!ですから、お話を聞くだけですから」

美穂子「疑っていないのに話しをききますか?」

久「美穂子落ち着いて?私は気にしてないから」

久「さて、昨日のこと話せばいいのかしら?」

煌「はい、そうしてもらえるとたすかります」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:27:52.23 ID:MFs/wa2w0
なんでキャップがいるんですかねぇ・・・


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:30:40.69 ID:JU/F7vu90
久「そうね、昨日は普通に部屋で遊んでたかしら」

和「はい、私もいたので間違いありません」

煌「何時頃まで遊んでたんですかね?」

和「さきほど照さんも言ってましたが、ほぼ一日ですね」

煌「ほうほう、じゃ次は――――――」

<キャァアアアアーーーーー!!!

煌「なんの騒ぎでしょうか!」

優希「行ってみるんだじぇ!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:31:48.65 ID:P3YP9Kh/0
連続殺人か…


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:35:39.38 ID:JU/F7vu90
玄「ア……あ、ァ…」

煌「どうしたんですか!」

玄「あ、あれ……」

尭深「」

優希「おねーさん!」

久「どうしたのかしら?」

和「すみません部長。見ない方がいいです」

久「あら、そう」

咲「お、お姉ちゃん怖いよ」

照「大丈夫、咲はわたしが守るからね」

煌「いつのまに照さんが!」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:38:31.66 ID:JU/F7vu90
照「咲と一緒に部屋に居た」

煌「そうですか」

照「それよりちょっとどいて」

優希「は、はいらない方がいいんだじぇ」

照「いいから……尭深が、どうして……」

煌「とりあえず、人を集めましょう」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:39:38.99 ID:P3YP9Kh/0
たかみー!


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:44:15.62 ID:DQUT0R2N0
そういえば殺人事件だったんだよな
ほのぼのしてて忘れてた


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:45:49.12 ID:JU/F7vu90
竜華「はぁ、またかいな」

怜「今回は私もおらんとあかんのんやな」

煌「えぇ、ただ詳しくはききません。これからは一人での行動を避けてください」

竜華「それだけで呼んだんかいな」

煌「えぇ、そうです」

竜華「じゃ、もう部屋に帰ってええんか?」

煌「はい」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:49:15.76 ID:JU/F7vu90
煌「玄さんはどうしてあそこにいたんですか?」

玄「ご、ご飯の時間になったんで呼びに行ったんですが」

優希「返事がなかったので、部屋を開けたと?」

玄「は、はい」

和「優希、現場検証に行きますよ」

優希「わかったじぇ」

煌「そういえば、あの怖い人はどこにいるんですか?」

菫「さぁな」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:53:39.14 ID:JU/F7vu90
煌「……皆さん今日はもう自分の部屋に戻って絶対に外に出ないでくださいね」

煌「白糸台の方たちは、別の団体の部屋を借りてください」

照「分かった。咲戻ろう?」

咲「う、うん」

煌「私はあの人を探してきます」

照「亦野か?」

煌「はい」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:55:09.09 ID:P3YP9Kh/0
亦野さん…


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:56:32.90 ID:JU/F7vu90
照「一人で大丈夫なの?」

煌「別に問題ありませんねー」

和「現場検証終りました」

優希「やっぱり胸を貫かれてたんだじぇ」

和「それに、外からやられたと思います。窓ガラスの破片が中に入っていたので」

煌「そうですか。では、二人とも部屋の中に居てくださいね?」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 18:59:05.90 ID:JU/F7vu90
優希「花田先輩はどこに行くんだじぇ?」

煌「少しおトイレに」

優希「早く戻ってくるんじぇ!」

煌「えぇ、わかりました」

煌「さて、亦野さんはどこにいるんですかねー?」

煌「やっぱり川にいるんですかね」

煌「私の予想が正しかったら……亦野さんが危ないですね……」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:05:32.08 ID:JU/F7vu90
亦野「あぁ……また坊主だ」

亦野「いや、今日こそ魚を釣って尭深といっしょに食べたいしな……」

亦野「もう少しガンバろう……」

煌「亦野さん!」

亦野「ん?あっ、どうしました?」

煌「急いで戻りましょう……」

亦野「なにかあったんですか?」

煌「詳しくは戻ってからはなします」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:09:38.26 ID:JU/F7vu90
亦野「なにをそんなに急いでるんですか!」

煌「事情は後で話します!」

煌「今は急いでください!」

?「チッ……」

?「迷惑な探偵だな、ほんと」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:14:15.45 ID:JU/F7vu90
煌「ここまでくれば大丈夫ですね」

亦野「で、一体何があったんですか?」

煌「実は――――――――」

亦野「う、嘘ですよね?尭深が……」

煌「残念ながら……本当のことです」

亦野「うぅ……尭深ぃ……」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:19:49.26 ID:JU/F7vu90
亦野「ゆるさない……絶対に許さない」

亦野「壊してやる、こんな世界壊してやる」

煌「亦野……さん?」

亦野「もしもし、私だ」

亦野「あぁ、目標はわたしが居る場所だ。早く落とせ」

亦野「すまないな、私は軍を抜けた身なのにこんな頼みを聞いてもらって」

亦野「じゃあな」



こうして私たちが居る所は火の海に包まれた。


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:21:35.34 ID:q0E5jtRU0
>>68
めんどくさいからって終わらせようとするな!諦めたら終わり!気持ちをリセットして!


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:21:50.31 ID:DQUT0R2N0
またかいな


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:23:24.01 ID:JU/F7vu90
1時間程度時間を下さい。残ってたら書きます


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 19:48:12.22 ID:AZe/YKLw0


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:13:49.55 ID:JU/F7vu90
煌「って、亦野さんなにしてるんですか!」

亦野「世界を壊すんだ」

煌「関係ない人まで巻き込んだら尭深さんが傷つきますよ!」

亦野「……」

煌「一緒に犯人を捕まえましょう」

亦野「わかりました。絶対に捕まえましょうね」

煌「すばらっ!」


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:17:13.20 ID:AZe/YKLw0
続きktkr


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:19:12.77 ID:JU/F7vu90
亦野「犯人の目星は付いてるんですか?」

煌「えぇ、ある程度はですが。ただ、凶器が見つからないのです」

亦野「凶器……ですか」

煌「正直なこといいますと、どのようにしてやったのかもわかっていません」

亦野「それなのに、犯人の目星は付いてるんですか?」

煌「そうです。おそらく理由もわかります」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:24:49.34 ID:JU/F7vu90
亦野「凶器を見つけるより……現行犯を捕まえたほうがいいですよね」

煌「それは、そうですが……」

亦野「私に考えがあります。あっ、その前に犯人がやった理由を聞いてもいいですか?」

煌「はい、構いませんが。なにをするつもりですか?」

亦野「私が囮になれば、犯人を捕まえれる」

煌「そ、そんなことさせるわけにはいきませんよ!」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:29:51.52 ID:JU/F7vu90
煌「それにその役を引き受けるのはわたしです!」

煌「一般人の方にそんなことさせるわけにはいきません!」

亦野「わたしは、飛び交う銃弾の中を生き抜いてきました」

煌「え?」

亦野「今でこそ、釣りを始めて鈍ってきてはいますが、まだ戦えます!」

煌「亦野さん……わかりました。そこまで言うなら犯人が尭深さんを襲った理由を教えます」

煌「玄さんと話したからでしょう」

亦野「どういうことですか?」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:30:31.34 ID:P3YP9Kh/0
亦野さんぱねえ


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:35:58.78 ID:JU/F7vu90
煌「犯人は玄さんに好意を、それもとてつもない好意をいだいています」

煌「嫉妬心からきた殺意でしょう」

亦野「それで、尭深を?」

煌「はい。恋は盲目といいますし、それぐらいしてしまうかたもいます」

亦野「なら、私は玄さんに話しかけて一人で外にでます」

煌「気をつけてくださいね。私も絶対犯人を捕まえますから」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:38:03.92 ID:JU/F7vu90
亦野「はい、では早速話しかけてきますね」

煌「あっ、出来るだけ楽しそうにしてください」

亦野「わかってます」

煌「……嘘をつくのはつらいですねー」

煌「ふぅ……ファイトですよ煌!」

煌「もうすぐ終わるんですから」


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:39:53.06 ID:AZe/YKLw0
やべえ、すばら先輩かっこいい!


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:42:19.21 ID:JU/F7vu90
煌「失礼しますねー。宥さんいますか?」

宥「あ、あのなんでしょうか?」

煌「いえいえー、少しお話しませんかね?」

宥「あ、はい」

煌「そうなんですか!だからそんなにいつも暑そうな格好をしてたんですか」

宥「うん……寒いのは苦手だから……」

煌「着替えとか大変じゃないですかねー?」



?「ギリッ」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:44:29.19 ID:P3YP9Kh/0
やばい


96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:49:37.34 ID:JU/F7vu90
煌「あっ、もうこんな時間ですねー。そろそろお暇しますよ!」

宥「うん。またね」

煌「ふっふーん。宥さんとの会話は楽しかったですねー!」

煌「いやぁー、明日も話に行きましょかねー」




?「もう明日なんて来ないさ……」

?「宥と話していいのは私だけなんだからな」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 20:55:02.67 ID:JU/F7vu90
優希「花田先輩遅すぎるじぇ!」

和「そうですね」

優希「探しに行ってくるじぇ」

淡「ちょっと待ったぁぁああ!」

和「淡さん?」

淡「全部思い出した!昨日やってたことも私がなにものなのかも!」

淡「そして犯人の正体も!」

優希「犯人は誰なんだじぇ!」

淡「スミレ……ヒロセスミレだよ!」


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:00:03.03 ID:JU/F7vu90
煌「あー、もう隠れなくてもいいですよ?」

菫「……」

煌「やっぱり菫さん、貴女ですよねー」

菫「ふっ、わかったところで意味ないさ。お前はここで消えるんだからな」

煌「ちなみに聞いときたいんですけど、尭深さんをやった理由は」

煌「宥さんにお茶をあげていたって理由ですよね?」

菫「あぁ、そうだな」

煌「じゃ、謎になるのが泉さんの方なんですよ」

菫「はぁ、こんな時までそんなに推理がしたいのか?」

煌「そうですね。私根っからの探偵ですから!」


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:05:23.74 ID:JU/F7vu90
煌「どうです?冥土の土産に一つ教えてくれませんかね?」

菫「あぁ……悪いけど断る。お前が時間稼ぎしようとしてることなんて百も承知だ」

煌「……」

菫「それじゃ、さようなら!」

淡「甘いよスミレ!コスモスビーム!」

菫「なっ……!」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:09:03.08 ID:JU/F7vu90
優希「ナイスだじぇ、淡ちゃん!」

和「大丈夫ですか花田先輩!」

煌「優希に和? なんでここに?」

優希「淡ちゃんが教えてくれたんだじぇ!」

煌「淡さんが?」

淡「とう!」

淡「わたしの力は宇宙の力!この世の全てを理解してる存在だぁ!」


106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:15:32.95 ID:JU/F7vu90
煌「菫さん……貴女のやってきたことは間違っていますが」

煌「私は嫌いじゃありませんでしたよ」

菫「うぅ……私は……私は……」

優希「逮捕するじぇ」

和「この後は自分でどうするか考えてください」

淡「ねぇキラメー!私もその探偵団にいれてー!」

煌「えぇ、構いませんよ!」


107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:19:30.93 ID:JU/F7vu90
煌「―――――――はっ! 夢か」

煌「途中からよくわからない夢ですばらくないですねー」

煌「ん、9時50分……あぁ! 遅刻です!」

煌「や、やばいですよー! このままだと、他の皆さんの迷惑がかかってしまいます!」

煌「ひゃー!急げ急げー!」


カン!


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:21:23.03 ID:K7I6p7SXO


111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:23:12.38 ID:AZe/YKLw0
乙!
あわあわかわええ


113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/18(日) 21:29:12.60 ID:P3YP9Kh/0
夢なら仕方ない





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。