Powered By 画RSS


真美「兄ちゃん、いつもありがとう!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:01:49.01 ID:rpi68PC30
※11月23日に投下する予定でした。

P「どういう風の吹き回しだ?」

真美「今日は『けーろー感謝の日』っしょ?」

真美「兄ちゃんにはいつもお世話になってるから、この機会にお礼でも言わないと!って思って」

P「……『勤労感謝の日』な。一瞬すごく年を取った気がしたけど、気持ちは受け取っとくよ」

P「それで……真美、今日はオフのはずだろ?まさかこのためにわざわざ事務所まで来たのか?」

真美「そーんなわけないっしょー?それだったらメールで済ませるもん」

P「まあ、そうだよな……」

真美「んっふっふー!実はね、兄ちゃんにプレゼントがあるんだ!」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:07:19.43 ID:rpi68PC30
P「プレゼント?」

真美「うん!」

真美「……じゃじゃん!手作りクッキーだよ!」

P「おお……!!」

P(お菓子を手作りとは……真美も意外と女の子らしいところがあるんだな)

真美「ほらほら、食べてみてよ!」

P「それじゃ失礼して……」ヒョイパク

P「……!?」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:13:42.40 ID:rpi68PC30
P(辛い!熱い!痛い!口の中がまるで戦場……!)

P(うおおお、ヤバイ……これはヤバイ……死ぬ!)

P(……というか、何を入れたらこうなるんだよ!最早これは食べ物じゃない、毒だ!)

真美「ど、どうかな?兄ちゃん…」ドキドキ

P(しかし、それでも真美なりに工夫して作ったんだろうな……)

P(その気持ちを無碍にすることはできないだろ!男として、プロデューサーとして!)


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:20:07.12 ID:rpi68PC30
P「お、美味しいよ……」

真美「ホント!?」

P「ああ……なんというか、破壊力抜群だな」

真美「んっふっふー!苦労して作った甲斐があったよー」

P「これ、何が入ってるんだ……?なんというか……スパイシーな感じだけど」

真美「それはねー……隠し味にカレー粉を入れたんだ!」

P(ぜんっぜん隠れてないっつの!入れすぎだろ!)


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:25:24.72 ID:rpi68PC30
真美「あと、深い味わいにしようって思って、うちにあるスパイス全部入れたんだけど……」

真美「でも、それだとめっちゃ辛くなりそうだったから、お砂糖入れて中和して……」

P(……砂糖と塩を間違えたんだろうか?殺人的な辛さだった)

真美「こういうのって初めてだったから、うまくできるか不安だったけど……」

真美「兄ちゃんが喜んでくれたみたいで、よかった!」ニコッ

P「!……あ、ああ」

P(なんだろう、今の感覚は……急にドキッとさせられるような)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:31:38.59 ID:rpi68PC30
真美「初めてのお菓子作り、大成功だね!今度ファンの人にも作ってあげよっかな~」

P「おいやめろ」

真美「えっ」ビクッ

P(しまった、つい心の声が……)

P「いや、これはだな……」

真美「兄ちゃん……」

P「……」

真美「もしかして兄ちゃん、真美に気使ってくれてたの…?」

P(アカン、これアカンやつや)


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:37:49.27 ID:rpi68PC30
P「ち、違うんだ真美……クッキーは本当に美味しかった」

真美「じゃあなんで……」

P(なんとかして切り抜けなくては……しかし……)

P「あのな、真美……落ち着いて聞いてくれ」

真美「う、うん」

P「……耐えられないんだ」

真美「……えっ?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:43:16.04 ID:rpi68PC30
P「真美の手料理を、俺以外の男に食べさせるということが……耐えられないんだ」

P(今の短い時間では、これしか思いつかなかった……うまくいってくれ!)

真美「えっ、えっ……?」

真美「兄ちゃん、それって……」

P「……ああ」

P「確かに俺も、いつだって支えてくれるファンの皆さんには感謝してるよ」

P「でも、それとこれとは別だ。今のは、一人の男としての俺の気持ちだ」

真美「兄ちゃんの、気持ち……」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:49:40.01 ID:rpi68PC30
真美「ま、まあ兄ちゃんがそこまで言うなら」

P(よし)

真美「これからは、兄ちゃんのために色々作ってあげるね!」

P「えっ」

真美「んっふっふー!真美をその気にさせた責任は取ってよね、兄ちゃん!」

P「お、おう!」

P(どうしてこうなった!?いや、犠牲になるのが俺一人で良かったと考えるべきか……?)


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 04:55:36.33 ID:rpi68PC30
………

真美「兄ちゃん兄ちゃん!」

P「ん……どうした?真美」

真美「兄ちゃんは、今ヒマ?」

P「ああ、まあヒマだな」

真美「やった!んじゃ、真美とゲームしようよ!」

P「いいけど……ちょっとだけな」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:02:03.84 ID:rpi68PC30
P「それで、何するんだ?」

真美「年頃の男女が二人ですることって言ったら、アレしかないっしょ?」

P「アレ?うーむ……」

P(なんだ……?真美が思いつきそうなことは……)

P「……将棋、とか?」

真美「兄ちゃん、ジジむさいよ……」

P(正直、俺もこれはないと思った)


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:07:10.38 ID:rpi68PC30
真美「じゃん!これだよっ!」

P「ポッキー?まさか……ポッキーゲームってやつか?」

真美「んっふっふー、大正解!」

P(そうきたか……)

真美「さて、どうする?兄ちゃん!」

P「いいぞ、やろうじゃないか」

真美「えっ」

P「ん?」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:14:45.87 ID:rpi68PC30
真美(うあうあー、どうしよ……兄ちゃんならヘタレだから絶対断ってくるって思ったのに!)

P「……ハックション!」

真美(軽いイタズラのつもりだったけど、ホントにやっちゃっていいのかな……)

真美(でも、乗ってきてくれたのに今さらイタズラでしたー!なんて言うのもアレだし……)

真美(こうなったらやるしかないよね……うんうん、仕方ないっしょ!)

真美「よ、よーし……やるよ兄ちゃん!」

P「はいはい」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:19:55.80 ID:rpi68PC30
P「それじゃあ……まず、真美がこのポッキーをくわえて」

真美「う、うん!」

P「ほれ、あーん」

真美「ん……」パク

P「よし」

P「で……俺がもう一方をくわえて、スタートだな」パク

真美「……」ドキドキ

P「……」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:25:43.48 ID:rpi68PC30
P(待てよ……よく考えないで始めたけど、これってマズいんじゃないか……?)ポキポキ

P(真美の顔が近い……アイドルともしものことがあったら……?)ポキポキ

P(しかしこれは真美の意思で……って、それは言い訳にならんか)ポキポキ

P(こうなったら成り行きに任せるしかないな、うん……考えても無駄だろ)ポキポキ

P(……真美のやつ、なんで目を瞑ってるんだ?)ポキポキ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:31:36.81 ID:rpi68PC30
真美(成り行きで始めちゃったけど、これめっちゃ恥ずかしいよ……)ポキポキ

真美(兄ちゃん、顔近いし……いや、当たり前だけどさ……)ポキポキ

真美(真美のことめっちゃ見てる……っ、目ぇ瞑っちゃおうっと)ポキポキ

真美(これ、上手くいったらアレだよね……チューしちゃうんだよね……)ポキポキ

真美(ごめん亜美……真美、先にオトナの階段登っちゃうかも)ポキポキ


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:37:45.60 ID:rpi68PC30
ポキンッ

真美「あ」

P「あーミスったわーマジミスって折っちゃったわー」

真美(もうちょっとなのに!)

P「いやーすまんな真美、俺の負けだわー」

真美「あ、えと……」

真美「んっふっふー!兄ちゃんってばヘタレなんだから……そんなんじゃカノジョとか出来ないっぽいよ~?」

P「ははは……」

P(大きなお世話だよ!)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:45:01.35 ID:rpi68PC30
………

P「とりあえず、今日はもう遅いからここまでな」

真美「はーい!んじゃ、家に帰りますかねー」

P「おう、雨降ってるから気をつけてな」

真美「うん!……あっ」

P(……?)

真美「兄ちゃん!真美ね、傘忘れちゃったんだよね……」

真美「だから、今日は家まで送ってってくれない?」

P「ああ、いいぞ。車出すから待っててくれ」

真美「やった!」

P(事務所の傘、借りて行けばいいのに……まあ、どうせ近いからいいけど)


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:49:52.35 ID:rpi68PC30
………
車内

真美「……」

P「……」

P(真美のやつ、えらく静かだな……眠いのか?)

真美「ねえ、兄ちゃん」

P「ん?」

真美「今日は真美と遊んでくれてありがとうね!」

P「ああ、別にいいよ。どうせそんなにやること無かったし」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 05:55:56.73 ID:rpi68PC30
真美「真美ね、兄ちゃんにはホントに感謝してるんだ!」

真美「いつでも真美のこと見てくれてて、真美のことを一番に考えてくれて……」

真美「普段はヘタレだけど、いざって時は頼りになって……」

P「……」

真美「真美ね、そんな兄ちゃんのこと……大好きだよ!」

P「……そうか、ありがとな」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 06:03:13.21 ID:rpi68PC30
P「俺も、真美のことは大好きだよ」

真美「兄ちゃん…」

真美(真美の大好きと、兄ちゃんの大好きは全然違うんだろうけどね……)

P(まさか、真美がそこまで思ってくれてたとは……来週からも仕事頑張らないとな!)

P「よし、着いたぞ真美。お疲れさん」

真美「にひひ、別に疲れるようなこと無かったけどね~……お疲れさま、兄ちゃん」

P「ああ、また来週な!」

真美「うん、またね!」

おわり


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 06:04:38.39 ID:rpi68PC30
先述の通り勤労感謝の日ということで11月23日に投下する予定だった
読んでくれてありがとう


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 06:10:05.88 ID:HRMH8xPV0
おっつん


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 06:10:35.15 ID:5ui4R6c60
おちゅ


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/11/24(土) 06:13:24.75 ID:pRQ0mrfvO
おつ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無し 2013/02/17(日) 01:49:02

    料理あんまりしない人はわからないかもしれないが
    甘みで辛さや味の濃さを中和することはできないんだ
    単なる足し算でしかない


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ