Powered By 画RSS


京子「あかりは私のお茶係な」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 20:51:06.95 ID:HSoMgYPc0
あかり「京子ちゃん」

京子「どうした?」

あかり「大好き!」

京子「知ってるよ」

あかり「ええーっ」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 20:53:11.21 ID:HSoMgYPc0
あかり「京子ちゃんはあかりのこと好きじゃないの?」

京子「んーまあまあ」

あかり「なにそれぇ」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 20:54:12.93 ID:HSoMgYPc0
京子「なあ、あかり」

あかり「なぁに?」

京子「トイレ行ってくるね」

あかり「い、いちいち言わなくていいよぉ」

京子「一緒に行こうぜ」

あかり「あかり、別にしたくないよぉ」

京子「冗談だよー」ケラケラ

あかり「もう!」プンスカ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 20:56:12.93 ID:HSoMgYPc0
京子「なあ、あかり」

あかり「なぁに?」

京子「毎朝お団子大変じゃない?」

あかり「うーん…でもお団子にしないとなんにもない女の子になっちゃうし…」

京子「なんにもないことはないぞ。あかりには天使オーラが漂ってるじゃないか」

あかり「なにそれぇ」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 20:58:38.73 ID:HSoMgYPc0
京子「喉渇いた」

あかり「あかり、お茶入れてくるよぉ」

京子「おう、熱いの頼むー」

あかり「はーい」トテトテ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:01:08.37 ID:HSoMgYPc0
あかり「どうぞ」スッ

京子「あかりがやるのは新鮮だなぁ」

あかり「今日ちなつちゃんいないもんねぇ」

京子「結衣と二人で遊びに行ったんだとか」

あかり「あかりたちも二人でどこか行く?」

京子「えっ?」

あかり「えへへ、冗談だよ」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:02:56.85 ID:HSoMgYPc0
京子「お茶はあったまるねー」

あかり「そうだねぇ」

京子「そういえば、さっきあかりがお茶運んでくるの、なかなか様になってたぞ」

あかり「本当?」

京子「うん。明日からあかりがお茶係な」

あかり「ええーっ。ちなつちゃんの役取っちゃ悪いよぉ」

京子「そうだなぁ……」

京子「じゃあ、私専用のお茶係で!」

あかり「そんなにやってほしいの!?」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:04:45.35 ID:HSoMgYPc0
京子「……」ジー

あかり「?」

京子「……」ジー

あかり「……」

京子「……」ジー

あかり「な、何かな?」アセッ

京子「あかりって可愛いなって」

あかり「えっ///」

京子「あと、頭の上にある小さなゴミが気になって」

あかり「ちょっと、それ先に言ってよぉ!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:07:00.30 ID:HSoMgYPc0
京子「なあ、あかり」

あかり「なぁに?」

京子「寒くない?」

あかり「寒いよぉ」

京子「おしくらまんじゅうしよう」

あかり「二人でやるの!?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:09:38.85 ID:HSoMgYPc0
京子「結局やらないのか」

あかり「二人だとあんまり効果ないよぉ」

京子「じゃあ他に体温める方法プリーズ」

あかり「ええ~」

京子「私はお茶でも飲んで待ってます」ズズッ

あかり「う~ん…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:12:38.27 ID:HSoMgYPc0
京子「はやくー」

あかり「えっと…えっと……」

京子「しょうがないなぁ」ダキッ

あかり「え、京子ちゃん!?」

京子「こうすればあたたかいじゃないか」ギュッ

京子「ほら、あかりも私に抱きつけ」

あかり「じゃ、じゃあ…」

京子「あっ、押し入れからヒーター出せばいっか」スタッ

あかり「え、ええーっ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:15:30.38 ID:HSoMgYPc0
あかり「まだつかないの?」

京子「うん……どうやら壊れてるみたいだな」

あかり「! そ、それならもう一度抱k」

京子「生徒会に言えば替えてもらえるかな」

あかり「……」

京子「ちょっと生徒会室行ってくるね」

あかり「うん…」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:17:28.86 ID:HSoMgYPc0
あかり「……」

あかり(京子ちゃんはずるいな)

あかり(ずるい、ずるいよ…)

あかり(あかりも…京子ちゃんみたいになれたらなぁ……)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:19:01.19 ID:HSoMgYPc0
京子「ただいまー。案の定というべきか、ダメだったよ」

あかり「京子ちゃーん!」ダキッ

京子「!?」

あかり「えへへ、京子ちゃんの真似」

京子「あかりがこんなことするなんて珍しいな…」

あかり「えへへ」

京子「でも、あかりはいつも通りが一番素敵だぞ?」

あかり「そ、そうなの?」

京子(やべえ。今恥ずかしいこと言ったかもしれない)


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:22:05.15 ID:HSoMgYPc0
あかり「いつも通り…かぁ……」

あかり(でもいつも通りだと影薄いんだよねぇ…)

京子「うーん、部室は結局寒いままだし……どこか行くか」

あかり「! うん!」

京子「おっ、寒いのに元気だな」

あかり「えへへ」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:25:30.66 ID:HSoMgYPc0
あかり「こうして京子ちゃんとふたりで歩くのって久しぶりだね」

京子「そうかもね」

あかり「いつも隣は結衣ちゃんだもんね」

京子「そうだねー。結衣にはいろいろお世話になってるよ」

あかり「あかりにお世話になってもいいんだよ?」

京子「本当? じゃあ、今度あかりの家にお邪魔しようかな」

あかり「えへへ、待ってるね」

京子「あ、ここのゲーセン入ろうぜ」

あかり「うん」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:27:56.64 ID:HSoMgYPc0
京子「2つめゲット!」

あかり「京子ちゃんはクレーンゲームが上手いねぇ」

京子「すごいだろー?」

あかり「すごいよぉ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:29:51.40 ID:HSoMgYPc0
京子「あーかりちゃん」

あかり「えっ!」

京子「へへっ、こういうのもどう?」

あかり「えへへ、なんかいいかも」

あかり「京子先輩!」

京子「どうしたあかりちゃん」

あかり「ゲームでとったぬいぐるみひとつください!」

京子「よかろう」スッ

あかり「ありがとうございます!」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:32:25.07 ID:HSoMgYPc0
あかり「京子ちゃん」

京子「なにー?」

あかり「結衣ちゃんとちなつちゃんは、その、いわゆるデートをしてるんだよね?」

京子「そうだろうね」

あかり「あかりと京子ちゃんがしてるのは?」

京子「うーん、まあデートなのかな」

あかり「そうだよねぇ、えへへ」

京子「おお? 京子ちゃんとデートできて嬉しいのか?」

あかり「うん!」

京子「そ、そっか」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:34:15.88 ID:HSoMgYPc0
京子「もう帰るかー」

あかり「そうしよっか」

京子「明日は結衣にデートの様子を聞かなくちゃな」

あかり「あっ、今日あかりと京子ちゃんが二人で出かけたことは誰にも言わないでね」

京子「え、なんで?」

あかり「…なんとなく」

京子「ふーん。いいよ、わかった。これは私とあかりの秘密というわけだな」

あかり「うん!」

京子「ふふ、あかりは面白いなぁ」

あかり「えへへ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:35:10.23 ID:HSoMgYPc0
あかり「京子ちゃん」

京子「何?」

あかり「よかったらまた誘ってね!」

京子「へへっ、秘密のお出かけか?」

あかり「うん」

京子「よかろう。週末にでも遊びに行こうじゃないか」

あかり「えへへ、ありがとぉ」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:37:16.21 ID:HSoMgYPc0
京子「ああっ!」

あかり「ど、どうしたの?」

京子「部室に忘れ物した! 悪いけど今から取りに戻るから、あかりは先に帰ってて」

あかり「う、うん」

京子「じゃあねまたあした!」タッタッ

あかり「バイバイ」フリフリ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:39:24.68 ID:HSoMgYPc0
あかり「……」テクテク

あかり(京子ちゃんはそそっかしくて、鈍感で、たまに無茶なお願いなんかしたりしてきて)

あかり(いつもあかりは京子ちゃんのペースに巻き込まれてばかりだけど)

あかり(でも、そんな京子ちゃんのことが好きなんです)

あかり(きっと誰よりも)



あかり「あ、そういえば明日からあかり、京子ちゃんのお茶係なんだ!」

あかり「えへへ、張り切っておいしいお茶入れちゃうもんね」

あかり「京子ちゃん喜んでくれるかなぁ…」



おわり


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:43:02.73 ID:O784i1bW0
良かった


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 21:50:50.60 ID:YF4hbY+D0
乙ー


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/06(木) 22:01:46.92 ID:HZLVDEMB0
わぁい京あか
良かった乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ