Powered By 画RSS


穏乃「たこ焼き食べたい!」怜「ほなおいで」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 15:55:42.61 ID:NnG2Z4OHI
穏乃「ねぇねぇ憧ー」

憧「なにー?しずー?」

穏乃「たこ焼き!食べたい!」

憧「えっ?いきなりじゃない!?」

穏乃「うー、たーべたいー!たこ焼きぃー!」

憧「うーん…奈良だとたこ焼き器自体ないわよねぇ…」

憧「あっ」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 15:56:17.48 ID:NnG2Z4OHI
穏乃「どうしたのー?」バナナガシガシ

憧「そういえば大阪に知り合いいるじゃないあたし達」

穏乃「あっー!千里山の人たちかー!」

憧「そういうことよっ」

穏乃「それじゃあ、メールしよっと」

憧「それにしてもしず、あんたたこ焼きを大阪に食べに行くって考えはなかったのね」

穏乃「うん、食べたいって気持ちばかりが先導しちゃってついね」ポチポチ

穏乃「えっと、用件はなにがいいかなぁ」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 15:57:04.34 ID:NnG2Z4OHI
憧「そういえば誰に頼むの?」

穏乃「怜さんだよ!」

憧「怜…?あぁ先鋒戦で倒れちゃった人ね。あの時は焦ったわってなんで先鋒の園城寺さんとシズが仲良いわけよ!?」

穏乃「うーん?いや、2回戦が終わったあとでちょっとね?」

憧「なにそれ超気になるんだけど、あたしのしずが女豹に…(あ、うん。そうなんだ)」

穏乃「憧、多分それ言ってることと思ってること逆になってるから」

憧「ふきゅっ!?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 15:57:37.60 ID:NnG2Z4OHI
穏乃「えっと『怜さん、実は今たこ焼きがものっそい食べたいのでそっち行ってもいいですか』っと」

憧「うー…やってしまったわ…」

穏乃「送信っ!」ピッ

カガヤイテーココイチバンー

穏乃「わっ。怜さんメールの返信速いなぁ。話題のスマホでも使ってるのかなぁ。うん?なになに?

『おー、穏乃ちゃん久しぶりやなー。ええでー、いつでもおいでー。竜華と二人でお迎えパーティさせてもらうわー』

だって、憧」

憧「あっ!うん。わかった」

穏乃「なんか元気ないね?」

憧「そ、そんなことないわよっ」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 15:58:13.90 ID:NnG2Z4OHI
穏乃「そう?ま、後のことは私に任せておいて、ね?」

憧「う…うん。(そんな笑顔で言われたら断れないじゃない」

穏乃「日にちはいつがいいかなぁ…憧ぉー?」

憧「日曜日で(任せておいていいんじゃなかったの)」

穏乃「おーらいー。よし、『日付は日曜日でどうですか?あとこちらは中堅の憧も連れて行くんでよろしくお願いします』っと」ビピッ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 15:58:51.90 ID:NnG2Z4OHI
バスガデルデー

怜「お?また穏乃ちゃんからのメールや」

竜華「今度はなんやってー?」

怜「あぁ日にちの話やったわ。明日、こっちくるってさ」

竜華「おっけ、わかったわ。帰りに準備しとかなな」

怜「迷惑かけてすまんなぁ」

竜華「ええよええよ、気にせんとって」

セーラ「なぁ怜…ええ加減その着メロやめてぇな!恥ずかしいったらないわ!」

怜「ええやんか、おもろいねんから」クスッ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:00:28.62 ID:NnG2Z4OHI
竜華「そや、セーラも明日くるか?」

セーラ「あぁ、さっき言ってたたこパか?オレ、明日ちょっと用事あるねん、悪いなぁ」

怜「あ、そうなんや残念やわぁ…」

セーラ「また今度よんでや!」

竜華「せやな、そうしょーか。そんで怜、返事はもうしたん?」

怜「したよー、近鉄大阪駅で待ち合わせにしたわ」

竜華「ほんなら明日は二人でお迎えやなー」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:01:07.19 ID:NnG2Z4OHI
カガヤイテーココイチバンー

穏乃「あっ、怜さんからメールきた。十一時に近鉄大阪駅にきてだってさ」

憧「んー、りょーかい。何かお土産もってく?」

穏乃「シュールス」

憧「それはダメ」

穏乃「(´・ω・`)」

憧「あたしが何か適当に買っていくわ」

穏乃「うん、お願いするよ」

憧「それじゃあ明日の9時半駅でね」

穏乃「ばいばーい」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:01:46.03 ID:NnG2Z4OHI
その夜ー

穏乃「うーん、明日はたこ焼き…!楽しみ!」ベットニボフン

穏乃「でもやっぱり一番楽しみなのは怜さんと竜華さんに会うことかなぁ」ゴロゴロ

穏乃「よし、今日は早めに寝よう!」

穏乃「おやすみな…zzz」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:02:22.96 ID:NnG2Z4OHI
次の日ー

穏乃「憧ー!おはよー!」

憧「しずおはよー」

穏乃「それじゃあいこっか」

憧「うん、そうね。でもちょっと早すぎないかしら」

穏乃「えっ」

憧「朝、しずからメールあったと思ったら今から行こう!って書いてあったし」

穏乃「やっぱり、早めに出るのは大切だと思うんだ」

憧「その心がけはいいと思うけど…」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:02:56.50 ID:NnG2Z4OHI
憧「まだ六時じゃない!」

憧「早すぎるわよっ!何時に向こうに着くつもりよっ」

憧「ゼーハーゼーハー」

穏乃「憧?大丈夫?疲れてるみたいだけどバナナ食べる?」

憧「たべる…」モグモグ

穏乃「うーん、でもそんなに早すぎたかなぁ…」

憧「まぁもういいわ。向こうで時間潰しましょ」モグモグ

穏乃「そうだねっ!それじゃあ出発!」

憧「あっちょっまだバナナ食べてなっ」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:03:46.71 ID:NnG2Z4OHI
AM8:00

憧「着いちゃった…大阪…」

穏乃「流石に早すぎたね」

憧「もー!どうするのよー!こんなに早い時間だとお店も空いてないわよー!」

穏乃「山巡り…する?」

憧「しないわよっなによっ山巡りって!」

穏乃「えー、楽しいのにー」

憧「多分、それ楽しいのしずくらいよ」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:04:37.65 ID:NnG2Z4OHI
オーイシズノチャーンアタラシサーン

穏乃「う?なんか今、声が聞こえたような」

怜「こっちこっちー」テフリフリ

穏乃「あっ!怜さん!でもどうして?」

怜「一巡先を見たら穏乃ちゃん達がはよ来るって見えてなー」

憧「なにそれこわい」

怜「あはは、冗談や冗談」

憧「えっそれじゃあどうして…」

怜「ちょっと楽しみで早めに来てみたんよ。そしたらまさかもうおるなんて」

穏乃「やっぱり三時間前行動って大事ですよね!」

怜「せやな!」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:05:37.42 ID:NnG2Z4OHI
竜華「っはぁ…ときぃー…まってぇなぁー…」ハァハァ

怜「なんや竜華歩くの遅いでー」

穏乃「竜華さん、おはよーございます」

憧「おはようございます」

竜華「うん!穏乃ちゃんも新子さんもおはような!」

怜「みんな揃ったしどっかよってく?たこ焼きはお昼にする予定やったし」

憧「そうですねー、あたしたち大阪のことよく分からないんで園城寺さんと清水谷さんにお任せします」

竜華「はいよー、あとうちのことは竜華でええよ」

怜「私も怜でええで」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:06:18.88 ID:NnG2Z4OHI
憧「そう?それじゃああたしも憧でいいわよっ」

穏乃「憧!歳上なんだから敬語!」

竜華「気にせんでええよ。無理に敬語なんか使う必要ないし、よろしくな憧ちゃん」

怜「せやで、穏乃ちゃんも無理に敬語にせんでええんよ」

憧「ほらねー、やっぱり話が解るわこの二人は」

穏乃「もー、調子いいんだから」

怜「そんで、どこいこか。こんな時間やとマクドくらいしか空いてないで」

グゥウウ

穏乃「お腹減った…」

憧「そういやあんた、今日何時に起きたのよ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:06:51.36 ID:NnG2Z4OHI
穏乃「5時…」

怜・竜華「おばあちゃんか!」

憧「本場のツッコミ、はじめてみたわ」

怜「ツッコミ所を見つけると…ついな」

竜華「もうこれ大阪人の運命(さだめ)やわ」

怜「お腹空いたんやったら一回うちの家でご飯食べよか」

穏乃「はいっ!」

竜華「まぁ作るのはうちやけどな」

怜「それ、言ったらあかんやろー。じゃあ私んちいこか」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:07:40.15 ID:NnG2Z4OHI
AM9:00

怜「ここが私んちやでー。あがってー」

憧「へぇ、大きいのね。お邪魔します」

穏乃「お邪魔しまーす」

怜「邪魔するんやったら帰ってー」

憧・穏乃「はいよー」

憧・穏乃「ってなんでやねーん!」

竜華「ノリツッコミが出来るやと!?」

穏乃「昨日ちょうど新喜劇やってたんで見たんですよね」

怜「ああ、なるほどな。そういや土曜にやってたな新喜劇」

憧「まさか本当に言われるとは思わなかったけどね」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:08:30.30 ID:NnG2Z4OHI
怜「玄関でこんなんしてんとはよ中入らな寒いで」

憧「それもそうね」クツヌギ

穏乃「うわー!中も広いなぁー!怜さんここで一人暮らしっ?」

怜「ちゃうよ、いつもやったら両親おるけど今旅行いってるねん」

憧「あ、これお土産のお菓子」

怜「なんや悪いなぁ気ぃ使ってもらって」

憧「いいのよ、こっちが無理行って来ちゃったようなもんだし」

怜「いま、お茶入れるわ。適当に座っといて」

竜華「うちも手伝うでー」

台所ー

怜「何作ろーか」

竜華「なんでもええんちゃう?あの子らやったら文句言わんやろ」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:09:27.25 ID:NnG2Z4OHI
怜「そんならお好み焼きでも作ろかな。朝からちょっと重いかもしれへんけど」

竜華「ええんちゃうかな」

怜「憧ちゃん、穏乃ちゃん。ごはんできたでー」

穏乃「まってましたー!」

憧「結構お腹ペコペコだわ」

竜華「怜とうちの合作お好み焼きや!」

穏乃「わぁ美味しそう!戴きます!」モキュモキュ

憧「まさか朝からお好み焼き出てくるなんて。戴きます」

怜「そない珍しいことか?大阪やったらよくあるよな?」

竜華「せやなーうちも昨日食べたわ」

穏乃「うーん!美味しかった!ご馳走様です!」

怜・竜華「はや!?」

穏乃「すんごいお腹減ってて…それに食べたら今度は眠く…」

怜「それなら寝たらどーや?私ら起こしたるで」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:10:14.70 ID:NnG2Z4OHI
竜華「憧ちゃんはどうする?…ってもう寝てるやん」

憧「…」zzz

怜「よっぽど朝しんどかってんなぁ」モウフカケ

竜華「あーあー、穏乃ちゃんも寝ちゃってるやん」

怜「とりあえず穏乃ちゃんも横にしょーか」

竜華「せやなー」ダキカカエ

竜華「うわ軽!怜並にかるっ!」

怜「りゅーか声でかいでー…」ウツラウツラ

竜華「怜も眠いんかー?うち起きとくからちょっと横なりぃや」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:10:53.54 ID:NnG2Z4OHI
怜「そーさせてもらうわ…うー、病弱に早起きは辛いわ」ポテ

竜華「こう、三人ならんで寝てると姉妹みたいやなぁ。ふぁ~、うちも眠くなってきた」

竜華「30分だけ寝よかな…」

竜華「よっこらせ」ヨコニナリ

PM6:00

竜華「うーうーん、今何時やぁー?」メコスリ

竜華「はぁ!?18時ぃ!?何時間寝てたんやうちら!?」

竜華「怜ィ!憧ちゃんゥ!穏乃ちゃんゥ!起きぃ!はよぉ!」

怜「りゅーか…おっきい声ださんとってーな…頭に響くわ」

憧「なにぃー?」ウツラウツラ

穏乃「バナナはもうたべれないよ…」ムニャムニャ


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:11:46.86 ID:NnG2Z4OHI
竜華「もう夜の6時やでぇ!」

怜「嘘やん!?私らそんな寝とったん!?」

憧「えっええええ!?五時間は優に越してるわよ!?」

竜華「あわわわわ、今からはよ準備せな」

怜「昨日のうちに下準備済ませてるからなんとかなるやろ…」

竜華「せやな、急ピッチでやらな。てか穏乃ちゃん起きへんやん」

憧「しずはたこ焼きの匂いがしてきたら勝手に起きると思うから大丈夫よ」

怜「それやったら先始めとこか。憧ちゃんも手伝ってやー」

憧「りょーかい!」

アアソコソージャナクテ

ハヨクルクルセナコゲルデ

ナニコレムズカシイ


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:12:49.59 ID:NnG2Z4OHI
怜「なんとか…第一弾は完成したな」

竜華「途中で憧ちゃんが具をブチまけた時は焦ったけどな」

憧「う…それは言わないでよ。始めてだったんだから」

穏乃「うううん!?この匂いはたこ焼き!?」バッ

怜「お、穏乃ちゃんやっとお目覚めかー」

竜華「たこ焼きできてるでー」

穏乃「あれっ?私そんなに寝てたっ?」

憧「もう七時よ」

穏乃「うそ!?もしかして憧もたこ焼き作ったの?」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:14:22.04 ID:NnG2Z4OHI
憧「人手と時間が足りなかったからね。ほらしず、あーん」アーン

穏乃「ん!」パク

怜「お味はどーや?」

穏乃「うーん!美味しい!外はカリカリ!中はトロトロ!」

竜華「そっかそっか、それは良かったわ」

怜「こんために鉄板まで持ってた甲斐があったわ」

竜華「市販のたこ焼き器やとこう上手くは焼き揚がらんもんな」

憧「へぇーそうなんだ。あたしもたーべよ」モグモグ


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:14:55.31 ID:NnG2Z4OHI
憧「!?なにこれ!?」

怜「あっ憧ちゃんは当たり引いたようやな」ニヤニヤ

穏乃「なに入ってたの?」

憧「白くて…粘っこい…餅だわこれ」

竜華「なかなか合うもんやでーお餅も」

怜「じゃんじゃん焼くからたくさん食べぇ」

穏乃「でもそれだと二人が」

竜華「うちらはえーよ。後から食べるし」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:15:35.14 ID:NnG2Z4OHI
憧「それだったら…」ヒョイ

憧「こうすればっ」

竜華「おー!憧ちゃんありがとー!美味しいわー」モグモグ

怜「えーなぁ竜華だけー」

穏乃「怜さんには私が!」

怜「穏乃ちゃんありがとなぁー」モグモグ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:16:15.53 ID:NnG2Z4OHI
PM8:00

憧「かれこれ一時間食べ続けてたわね…」

竜華「せやな…終盤には誰が辛子入りを当てるかのロシアンたこ焼きなってたけど」

怜「一巡先見れる私に負けはなかったわ」フフン

穏乃「あーまだ口の中辛いよー」

憧「てか、しず。あたしたちそろそろ帰らないと」

穏乃「む?そういえばそうだね…時間的にもね」

怜「え?今日泊まっていくんちゃうん?」

竜華「てっきり泊まってくると思ってお泊りセット持ってきたんやけどうち」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:16:46.81 ID:NnG2Z4OHI
憧「え?いいの?泊まらせてもらって?」

怜「別にかまへんでー、そちらさんの都合さえよければ」

穏乃「ちょっと電話してみる!」ケータイトリダシ

穏乃「あ?もしもしお母さん?今日ちょっと大阪の友達の家泊まっていくね?うん、うん、うん?大丈夫だよ。じゃーね」

穏乃「こっちは大丈夫だよ!」

憧「あたしはもうお姉ちゃんにメール入れたから大丈夫だわ」

怜「そか、せやったら泊まってきぃ」

憧・穏乃「お世話になります」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:17:28.05 ID:NnG2Z4OHI
竜華「せやったらまずお風呂入らんとなー。うち入れて来るわ」

怜「あー、ごめんな竜華。私の家やのに」

竜華「ええよええよ気にせんとって」トテトテ

穏乃「竜華さんってよく怜さんの家に泊まるんですか?」

怜「うーん、週変わりでお互いん家泊まりに行ってるからそこそこやなぁ」

憧「そんなに仲良いんだ二人って」

怜「えへへ、そんな褒めんとってぇな」

竜華「怜ぃーお風呂沸いたでー」

怜「んー、わかったー。いくわー」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:18:03.72 ID:NnG2Z4OHI
怜「あ、穏乃ちゃんも一緒にはいろか」

穏乃「えっ!いいんですか!?」

怜「ええよええよー」

穏乃「わーい!行きましょー!」

憧「…(白目」

竜華「ううん?憧ちゃんどうしたん?白目剥いてるで?」

憧「トキトーシズガーオフロー」

竜華「あぁ今そういえば一緒やったな」

憧「竜華は気にならないの!?」

竜華「うちは怜のこと信用してるしなー」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:18:35.32 ID:NnG2Z4OHI
憧「あたしもしずのこと…」

竜華「ほんならええやん、多分あの二人のことやからなんもないって」

憧「竜華はなんであの二人が仲良いか知ってるの?」

竜華「うーん、なんやったかな確か…」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:19:10.54 ID:NnG2Z4OHI
二回戦終了後ー

穏乃「あーうー、お腹空いたー、動けないー」

怜「お?あんたは確か阿知賀の」

穏乃「なんだか良い匂いがする!?」

怜「ええ匂い?あぁこのたこ焼きか。一個いるかー?」

穏乃「はい!」

怜「あーん」

穏乃「もぐもぐもぐもぐ!うぁー美味しいー」

怜「はは、そうか。良かったわ」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:19:40.27 ID:NnG2Z4OHI
竜華「見たいな感じで仲良くなったって聞いたけどな」

憧「あー」

竜華「納得した?」

憧「うん、すごく。すごく納得したわ。しずならありそう」

竜華「あんときは確か怜も病院からうちを迎えにくる為に抜けた言うてたわ。なぜかたこ焼き持って」

シズノチャンエエカラダシテルナー

トキサンコソー

サワッテエエカー

ヒャックスグッタイ

憧・竜華「!?」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:20:27.88 ID:NnG2Z4OHI
憧「ねぇ、竜華さっき何もないって言ったわよね」

竜華「これはあれや…なんかの聞き間違いや…」

怜「ふー、ええお湯やった」ポカポカ

穏乃「お先でしたー!」ポカポカ

怜「次はお二人さんどーぞ」

憧「二人で!?」

竜華「まぁええやんか。裸の付き合いといこーや」

憧「竜華がそういうなら…」

穏乃「いってら!」

憧・竜華「はーい」トテトテ


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:20:58.19 ID:NnG2Z4OHI
穏乃「なんか二人の雰囲気良くなってませんでした?」

怜「うん?そーかぁ?そんなことないと思うけどな」

ウワ、リュウカヤッパリオオキイ

アコチャンモエエカラダシテルヤン

怜「!?」

穏乃「牛乳おいしー」チュー

怜「多分ただのスキンシップや…そうやただの…」

穏乃「二本目のもーっと」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:21:32.87 ID:NnG2Z4OHI
憧「お風呂頂いたわー」ポカポカ

竜華「あったまったわー」ポカポカ

怜「おかえりー」

穏乃「おかえりー!」

竜華「もう10時かいな。布団敷くかー?」

怜「せやな。でも四人で寝るとなるとここで雑魚寝しかないで」

憧「別に構わないわよ」

穏乃「私もー」

怜「そんならさっさと敷いてお菓子食べながらお喋りしょーか」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:22:10.98 ID:NnG2Z4OHI
憧「手伝うわ」

竜華「そんなら憧ちゃんそっちに布団二枚敷いてー」

穏乃「私もやります!」

怜「じゃあそっちに二枚お願いするわー」

穏乃「こんなことするのって合宿以来かも」

憧「そういえばそうね」

怜「阿知賀は合宿なんてあったんか?」

穏乃「はいっ!赤土先生が能力の底上げだっー!って言って」

憧「しんどかったけど楽しかったわよね」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:22:45.57 ID:NnG2Z4OHI
竜華「そういうのええなー、うちらもしたかったわー」

怜「布団完成!お菓子食べよか。憧ちゃんらが持って来てくれたやつとか」

竜華「うちも持ってきたでー」

穏乃「私もバナナなら…」

怜「いやいや穏乃ちゃんは憧ちゃんらの中に含まれてるから」

ワイワイガヤガヤ

こうして麻雀少女たちの夜は遅くまで続いた


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:23:38.54 ID:NnG2Z4OHI
次の日ー

穏乃「昨日と今日はお世話になりました!」

憧「楽しかったわ!」

怜「私もやでぇまた来てやぁー」

竜華「いつでも歓迎やで!」

穏乃「はい!いつかまた!きっと!」

憧「それじゃああたし達は行くわね」

怜・竜華「またなー」フリフリ

穏乃「さよーならー!」フリフリ

憧「またねっ」フリフリ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:25:28.22 ID:NnG2Z4OHI
電車ー

ガタゴトガタゴト

憧「いきなりだったけどなんだかんだで楽しい二日間だったわね」

穏乃「そうだねっ。また会いたいなぁ」

憧「今度は二人を呼べばいいじゃない」

穏乃「あっそれいいな!さっすが憧っ天才っ!」

憧「やだ~そんな褒めないでよ~」

穏乃「…たい!」

憧「え?」

穏乃「ラーメン食べたい!」

憧「また食べ物ぉ!?」

カン


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:26:50.98 ID:NnG2Z4OHI
短いかもしれないっすけどこれで終わりっす。

見てくれた方感謝っす。

続編も考えてるのでまた分量調節して投稿するっす


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:26:58.58 ID:AxHdaoRz0


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:28:45.49 ID:pvCOiGqL0
お疲れさんだね


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/12/18(火) 16:35:08.47 ID:haVqMWIfO
おつ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/02/10(日) 06:30:52

    近鉄に大阪駅はないのよね・・・JRならあるけど


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ