Powered By 画RSS


真鍋「琴浦の心が読めるようになった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:01:54.36 ID:7ZgB/X1A0
真鍋「琴浦にバレないように心を読むぞ」


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:03:04.05 ID:7ZgB/X1A0
~朝~

真鍋「おはよう琴浦」

琴浦「おはよう真鍋君」

真鍋(あー琴浦は今日も可愛いなあ)

琴浦(か、可愛いって……///)カアァ

真鍋(顔真っ赤な琴浦も可愛い)

琴浦(もうっ、真鍋君ったら……///)

真鍋(何これ面白いんだけど)

琴浦(か、からかわれてた!)

琴浦「もう、そうやってからかうの禁止!」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:04:42.46 ID:7ZgB/X1A0
~学校~

真鍋(なかなか難しいな……)

真鍋(琴浦も俺の心が読めるからバレないようにするのは難しい)

真鍋(今みたいに一人じゃないとおちおち考えられない)

真鍋(できる限りいつも通りを保つようにしないとな)

真鍋(おっとそろそろ時間だ、教室に戻らないと)

……



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:06:05.62 ID:7ZgB/X1A0
~授業中~

真鍋「……」

真鍋(飽きた……)

真鍋(琴浦は何してるかなー)

琴浦「……」カリカリ

真鍋(真面目に授業受けてる琴浦も可愛い)

琴浦「」ピクッ

真鍋(暇だから琴浦の妄想でもしよう)

琴浦「」ジロッ

琴浦(真鍋君ったら授業中にまで……)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:08:16.36 ID:7ZgB/X1A0
真鍋(琴浦『きゃっ!真鍋君、そんな無理やり……』)

真鍋(琴浦『でも、いいよ……私、真鍋君なら……』)

真鍋(琴浦『でも私、こういうの初めてだから……』)

真鍋(琴浦『優しくしてね……?』ウルウル)

琴浦「///」カアァ

琴浦(全くエロスばっかりなんだから……)

琴浦(……)

琴浦(真鍋君、こういうのが好きなんだ……)

真鍋(お、意外に好感触だ)

琴浦(!?)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:10:08.80 ID:7ZgB/X1A0
琴浦(読まれた……?)

琴浦(いや、まさかね……)

真鍋(あ)

真鍋(……)

真鍋(琴浦『ひゃぁっ、ダメ、耳は弱いのぉ……』)

真鍋(琴浦『そ、そんな胸ばっかり触らないで……』)

真鍋(琴浦『ま、真鍋君!そんなところ舐めないでぇ!』)

真鍋(琴浦「真鍋君のが私の中に入って……ぁん!」)

真鍋(琴浦『あ、ダメ、イッちゃうよぉ!』)

琴浦(///)カアァ


15 : 忍法帖【Lv=2,xxxP】(1+0:15) 2013/02/04(月) 15:11:01.90 ID:+1Oa9smR0
パンツ脱いだ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:11:32.58 ID:3TauSLQ50
パンツが爆発した


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:12:12.69 ID:OLrEpYA10
パンツなんてなかった


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:12:15.49 ID:Ix+9k1Rk0
パンツいつのまにかなかった


20 :パンツ履け 2013/02/04(月) 15:12:17.73 ID:7ZgB/X1A0
~昼休み~

真鍋(よし、ごまかしきったぞ)

真鍋(不用意に無駄なこと考えるのは駄目だな)

真鍋(気づかれそうになったから今後気をつけないと)

真鍋(……さて、琴浦も待ってることだし教室に戻るか)

……



琴浦「真鍋君、ご飯食べよ」

真鍋「そうだな」

琴浦(あぁ、真鍋君かっこいいなぁ……)

真鍋「!」ブフォオ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:14:25.34 ID:7ZgB/X1A0
琴浦「い、いきなりどうしたの?真鍋君」

真鍋「す、すまん琴浦。むせただけだ」

琴浦「そう?それならいいんだけど」

真鍋(平常心だ平常心)

琴浦「それでね、今日はお弁当作ってきたんだけど……」

真鍋「マジか!琴浦の手作り弁当だ!」

琴浦「も、もう!そんなに大声出さないで!」

琴浦(こんなに喜んじゃって……)

琴浦(まあ、そんなところも好きなんだけどね///)

真鍋「」ゴハァ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:16:19.79 ID:7ZgB/X1A0
琴浦「だ、大丈夫?真鍋君」

真鍋「あ、ああ。またむせただけだ。気にするな」

琴浦「そ、そう?」

真鍋「そんなことより飯食おうぜー!」

琴浦「うん、これが真鍋君のお弁当ね」ヒョイ

真鍋「サンキュー琴浦!」ハムッハフハフ

琴浦「もうっ、そんなに焦らないで大丈夫だよ」

琴浦(真鍋君、こういうところは可愛いなぁ)

真鍋「」ゴホッゲホッ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:18:52.70 ID:7ZgB/X1A0
~放課後~

真鍋(昼休みから琴浦の考えてることが大胆すぎる)

真鍋(これはもしかしてバレたか……?)

真鍋(何だか琴浦が今までこの能力で苦労してきたのもよく分かるなあ)

……



真鍋「ごめん琴浦、待たせちゃったな」

琴浦「ううん、大丈夫」

真鍋「それじゃ帰るか」

琴浦「そうだね」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:22:02.01 ID:7ZgB/X1A0
琴浦「ねぇ、真鍋君」テクテク

真鍋「どうした琴浦?」テクテク

琴浦「真鍋君はさ……」

真鍋「?」

琴浦(私の心読めてるよね?)クチパク

真鍋(!?)ビクッ

真鍋「な、何の話だ?」

琴浦「やっぱり」

琴浦「私、今声出してないよ」ニコッ

真鍋(は、ハメられたー!)


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:25:07.05 ID:7ZgB/X1A0
琴浦「授業中に怪しかったから昼休みから探ってみたけど」

琴浦「やっぱりそうだったんだね」

真鍋「……」

真鍋「やっぱりバレてたか」

真鍋「琴浦やるなー」

琴浦「別に、心読めると鋭くなるだけだよ」

真鍋(ってことは昼休みに言ってたことは嘘なのか……)

真鍋(残念だなー)

琴浦「」ピクッ


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:28:09.66 ID:7ZgB/X1A0
真鍋「ん、どうした琴浦?」

琴浦「う、嘘じゃな……」

真鍋「ごめん琴浦、聞こえない」

琴浦「あ、いや……」

琴浦「何でも……ない」

真鍋「そうか」

琴浦「う、うん」

琴浦(これで……いいよね)


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:31:14.50 ID:7ZgB/X1A0
琴浦(……いや)

琴浦(このままじゃ駄目……)

琴浦(自分で自分を変えないと……!)

琴浦「あ、あの!真鍋君!」

真鍋「どうした?琴浦」

琴浦「……私ね、今の生活すごい楽しいんだ」

琴浦「真鍋君のおかげで」

真鍋「そ、そうなのか?」

琴浦「うん」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:34:13.57 ID:7ZgB/X1A0
琴浦「朝起きてお弁当作ってるときも、真鍋君が喜んでくれるかどうか楽しみだし」

琴浦「真鍋君と一緒に話しながら登校するのも楽しいし」

琴浦「クラスの人とも少し仲良くなれた」

琴浦「昼休みも2人でお弁当食べれて楽しいし」

琴浦「部活に入って先輩もできた」

琴浦「下校もこうやって真鍋君と一緒で」

琴浦「とっても楽しいの」

真鍋「そ、そうか」

真鍋(ここまでベタ褒めされると照れるぞ)


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:37:06.03 ID:7ZgB/X1A0
琴浦「全部真鍋君のおかげ」

琴浦「すごく感謝してる」

琴浦「でも私はあんまり素直になれないから」

琴浦「なかなかこうやって直接言えないの」

琴浦「それに何故か心読まれちゃってるからそれで伝えても良いけど」

琴浦「真鍋君は、いつも私に正面から向かってきてくれたから」

琴浦「私もちゃんと、面と向かって言います」


琴浦「私、琴浦春香は……」

琴浦「真鍋君のことが大好きです!!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:40:03.03 ID:7ZgB/X1A0
琴浦「……」ドキドキ

真鍋「俺も……」

真鍋「俺も大好きだぜ、琴浦」

琴浦「」パアァ

琴浦「う、嬉しい……」

琴浦「ありがとう、真鍋君」

真鍋「こちらこそ、ありがとな琴浦」チュッ

琴浦「あっ///」カアァ


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:42:51.20 ID:7ZgB/X1A0
琴浦「い、いきなり何するのこのエロスー!」ポカポカ

真鍋「い、いや頬にキスしただけじゃ」

琴浦「恥ずかしいからダメー!」ポカポカ

真鍋「まったく、可愛いなあ琴浦は」ヨシヨシ

琴浦「///」カアァ

真鍋「ずっと傍にいるからな」

琴浦「……うん」


琴浦「何があっても離れてなんてやらないんだから!」


おわり


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:43:21.96 ID:3TauSLQ50

もうちょっとイチャイチャしてもよかったけど


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/04(月) 15:44:09.56 ID:F3VktLSS0
おつー
面白かった





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 那覇市 2013/05/11(土) 12:45:20

    <<16~<<19
    こいつら……


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ