Powered By 画RSS


雪歩「プロデューサーへ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:54:38.19 ID:pwR1Ja4n0
First Stepを聞いてたら色々と頭に浮かんだので書いていきます。
歌詞に沿った話ですので、そういうのが苦手な方は見ないことをオススメします。

あと、文章力もないのでそこの所もよろしくお願いします。


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 00:55:47.59 ID:pwR1Ja4n0
プロデューサーへ

プロデューサーが私をトップアイドルにしてくれたこと、本当に感謝しています。
どうしてもこの気持ちを伝えたくて、手紙を書かせてもらいますね。

あの…直接言うのは……恥ずかしいので。




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:00:10.14 ID:pwR1Ja4n0
私たちが初めて会った日のこと、プロデューサーは覚えていますか?

私、男の人が苦手だったからすごい驚いちゃって…
でも、そんなときに「驚かないで。俺は君のプロデューサーだよ」って声をかけてくれました。

私が男の人を苦手だって知っていたんですよね。
私から少しだけ離れた位置から声をかけてくれたので、私も気絶まではしませんでした。

あの時のプロデューサーの目がとっても優しくて、少しだけ安心したんですよ?
だから、まだ後ろを歩くことしかできなかったけど…頑張って付いていくことができたんです。

前を歩くプロデューサーの背中を見つめながら、私は決心しました。
これから「私は変わる」んだって…

……結局その時点では何も変わりませんでしたね、ごめんなさいですぅ。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:05:55.35 ID:pwR1Ja4n0
こうやって私たちの活動は始まりました。

プロデューサーから見て、私は上手くできていましたか?
…きっとダメダメでしたよね。

プロデューサーが持ってきた仕事が嫌だって我が儘も言いましたし、
「雪歩ならできるよ」って言ってくれたプロデューサーに大きな声で言い返したこともありましたね。
最後には泣き出しちゃって、プロデューサーが慌てて慰めてくれたことも…

でも、プロデューサーが頑張って励ましてくれたおかげで、私も最後には仕事をこなしていくことができました。
泣いてもいいんだって…その分強くなればいいんだって…言ってくれた言葉を私、忘れませんから。

書いてる途中なのに涙が出てきちゃいましたぁ…
やっぱりダメダメかも…


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:12:18.22 ID:pwR1Ja4n0
私が新しい一歩を踏み出した日もちゃんと覚えてます。
私がやった初めてのライブでしたから。

朝から緊張して震えていた私を、事務所で一番最初に出迎えてくれたのがプロデューサーでした。
真剣な顔で書類を見つめていたのに私の顔を見て、「おはよう」っていつも通りに声をかけてくれましたね。
それがすごく嬉しくて…えへへ。
プロデューサーの目を見てると落ち着くなぁ、ってあの頃から思っていたのかもしれません。

ライブ会場でまた泣きそうになっていた私にかけてくれた言葉だって覚えてます。
「ほら、笑って」って。
「雪歩は笑顔の方が可愛いんだから…」とも言ってくれましたね。
聞こえないように言ったのかもしれないけど、しっかり聞こえましたよ。

そっちの方が恥ずかしくて、緊張なんてどこか行っちゃって…
何だかんだで、ライブは大成功に終わりました。


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:22:03.72 ID:pwR1Ja4n0
ライブの帰り道。
私が隣に並んで歩いたことにあなたはすごく驚いてましたね。
隣に並んだ…ただそれだけのことなのにとても楽しそうに笑ってくれました。

「よく頑張ったな」
その言葉がライブのことだったのか、隣に並んだことなのかはまだわかっていません。
あの時の私はライブの前と同じくらい緊張してて、考える余裕なんてなかったです…
あなたは私が辛い時はすぐに気付いて助けてくれますけど、こういうのは全然気付かないんですから不思議ですよね。

でも、いつか教えてくださいね。


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:31:44.81 ID:pwR1Ja4n0
こうやって思い返して見るとわかるんですけど、
今までの思い出を…ひとつとして忘れたことはありません。
そのひとつひとつを大切に胸にしまって、私はあなたと一緒に歩いていきたいって思っていました。

それほどまでにあなたに依存していたことに気付いたのは、IA大賞のノミネート発表会のあと…
全てが終わったら、もう会えなくなるかもしれない。
私にはその現実を受け止めることは出来ませんでした…

「頑張れ、雪歩はもうひとりでも大丈夫だ」
それでも、あなたにそう言われただけで、頑張れちゃう子に私は変わってしまったようでした。

今でも、あなたに頼る回数を減らそうと努力はしてます…本当ですよ?
穴掘って埋まる回数も減ってきた…と思いますし。

きっとこれを読みながら難しい顔をしてるのが目に浮かびますぅ…


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:38:55.40 ID:pwR1Ja4n0
それからの私はすごい頑張れたと思います。
「負けるな」って自分に言い聞かせながら、あなたが信じてくれた私を信じてみようって。

なるべく笑っているようにして、涙は他の人には見せないようにしたんです。
ひとりの時は思いきり泣いてばかりでしたけど…それも私なんだって思えるようになりました。

何か辛いことがあった時にはあなたの顔と言葉を思い出して、元気をもらっていました。
あなたと別れることになるその時まで、私は涙を見せないように頑張りましたぁ。

でも、本当にひとりになるための最初の一歩はあなたが後押ししてくれたことが嬉しかったです。

ありがとうございました。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:47:26.10 ID:pwR1Ja4n0
あなたがいなくなってから一年の間に私も成長したんですよ?

もうひとりでもしっかりとお仕事ができるようになりました。
レッスンでもミスもなくなったし、男の人でも普通におしゃべりはできるようになりました!

犬は…まだちょっと苦手ですけど…

本当に何度お礼を言っても足りないくらいですぅ。
誰よりも私を見ていてくれて、私の心を見透かしたように助けてくれて…
本当に、本当に暖かく見守ってくれたあなたに、ありがとうって言います。

それでも、私の一番大事な気持ちには気付いてくれないあなただけど…

ありがとうございます!

多分何回言っても伝えきれないと思いますけど、これだけはどうしても伝えておきたいんです。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 01:55:44.13 ID:pwR1Ja4n0
あと、あなたが帰ってきた時に、また私と一緒にいてくれるって聞いたときは本当に驚きました。
これからも一緒にいられる…それが何より嬉しかったです。

また並んで歩いたり、背中を押してもらったりできるなんて夢みたいでした。
もし泣いちゃった時は、しっかりと慰めてもらうまで泣き止む自信がありません…

しばらくは良いですよね?
私だってずっと我慢してたんですから…


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:07:55.90 ID:pwR1Ja4n0
こうやって思いを素直に伝えられるようになったのもあなたのおかげです。

あ…これじゃ同じことの繰り返しになっちゃいますね。

つ、次こそは直接言えるように頑張りますぅ。

あなたにもう一度、ありがとうございます。
これからもずうっと、よろしくお願いしますね。


あなたのアイドル 萩原雪歩より




PS:さ、最後のは変な意味じゃないですから!


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:09:31.51 ID:pwR1Ja4n0
これで終わりです。
こんな駄文にお付き合いしてくださった方、ありがとうございました


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:11:39.94 ID:pwR1Ja4n0
冬フェスのあずみんが可愛くて見てたこっちまで泣けたからやった。
後悔はしてない。

本当はP目線で同じことやりたかったんだけど、結局雪歩目線になってしまった…


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/12(火) 02:23:22.54 ID:6EjaWGzq0
おつ
たまにはこういうのもいいね





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ