Powered By 画RSS


宥「この気持ちはなんだろう……」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 18:28:25.81 ID:pUdIge2g0
晴絵「弘世の右手に注意して」

宥「はい」

宥(綺麗な人だなあ……でも、ちょっと冷たそうで怖い……)

晴絵「この動きの直後弘世の視線がわずかに泳ぐ」

菫『……』キッ

宥「っ!……」ゾクッ

晴絵「高校生にしちゃすごい眼力よねー。さすが白糸台を束ねてるだけあるというか」

宥「あわわ……」ブルブル




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 18:33:29.54 ID:pUdIge2g0
晴絵「宥、大丈夫?」

宥「は、はい」

宥(なんだろう、今の……)

晴絵「まあ、大体癖についてはわかったと思うけど、それを試合中に見るのは大変だと思うからさ」

晴絵「はいこれ、DVD」

宥「え?これは……」

晴絵「弘世の試合動画。これで指の動きや視線の動きを見つけて、実戦でも対応できるようにしておいて」

宥「いいんですか、これ」

晴絵「いいも何も白糸台への勝率を上げるためにはこれくらいしないと。あとは宥の頑張り次第だから」

宥「わかりました……ありがとうございます」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 18:39:30.51 ID:pUdIge2g0
宥「……」ジーッ

宥「あ、動いた」

宥(このあと視線が……)

菫『……』キッ

宥「ひっ……」ゾク

宥(また……)

宥(なんでだろう、すごく鋭い視線で、怖いと思うのに……)

宥(でも胸がドキドキする。体があったかい……)

宥(なんでだろう……)


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 18:47:46.39 ID:pUdIge2g0
玄「お姉ちゃーん、お風呂空いたよー」ガラッ

宥「わわっ」ピッ

玄「あれ?お姉ちゃん何か観てたの」

宥「う、うん。ちょっと赤土さんから借りたDVDを……」

玄「は!まさか噂のおもちビデオ!?」

宥「えっ、なにそれ……」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 18:52:13.49 ID:pUdIge2g0
玄「女性のおもちを堪能する映像ですのだ!」フンス

宥「違うよ、白糸台の弘世さんの試合映像だよ」ピッ

玄「むう、微妙なおもち……美人さんだけどちょっと冷たくて怖そうな人だね」

宥「駄目だよ玄ちゃん。そんなこと言っちゃ……」

玄「それよりお姉ちゃん、早くお風呂入らないと冷めちゃうよ!」

宥「そ、そうだったね」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 18:56:05.54 ID:pUdIge2g0
宥「ふわぁ……」

宥(昨日は遅くまでDVD観てたから、眠いなあ……)

宥(それにドキドキして、今からインハイのことが楽しみ。まだ白糸台と当たるかどうかもわからないけど)

宥(本当になんだろう……この気持ち)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:00:23.98 ID:pUdIge2g0
穏乃「それでさ、昨日見たそのシーンが本当に燃えたんだよ!」

憧「またあ?シズってば朝からその話ばっかじゃん」

灼「何の話……?」

玄「昨日やってたドラマの話だって。麻雀部を一から始めて、全国目指す話らしいよ」

灼「青春ものか……」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:04:26.75 ID:pUdIge2g0
穏乃「キョータローが負け越してさ、もうチームの足を引っ張りたくないからって辞めようとするんだけど」

穏乃「それをハギヨシさんが止めるんだよ!チームに必要ない人間はいないって!」

穏乃「それで言い争いになっちゃって、さすがにあの時はどうなるかと思ったけど……」

穏乃「無理にでも出て行こうとするキョータローにさ、ハギヨシさんとうとう殴ってでも止めようとして」

灼「暑苦し……本当に熱血青春ものって感じだね」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:08:01.67 ID:pUdIge2g0
穏乃「あの展開は燃えたなあ、キョータローもぶたれて目を覚ましたし」

憧「いやいや、殴るのはさすがにやりすぎでしょ。ドラマだから問題ないけどさ」

穏乃「私も落ち込んだときはあんな風に殴られてみたいなー」

憧「殴られたいって、Mじゃないそれ」

宥「えむ?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:12:30.60 ID:pUdIge2g0
玄「憧ちゃん、Mってなあに?」

憧「へ?玄、Mって知らないの?」

灼「Sの反対……」

玄「?」

憧「あー……まあ、Mっていうのはね。酷いこと言われて喜んだり、酷いことされて気持ちいいって人のことよ」

玄「そんな人いるのかなあ……」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:16:02.35 ID:pUdIge2g0
憧「私は知らないけど、いるんじゃないの?」

憧「叩いたりとかじゃなくて、例えば冷たくされたり、睨まれたり蔑まれたり、あと踏まれたりして興奮するらしいわよ」

玄「へえー……変わった人もいるんだね」

穏乃「私はそんなことされても嬉しくないなあ……」

憧「わかってるって。シズが好きなのは熱血展開だもんね」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:21:29.06 ID:pUdIge2g0
宥「……ねえ、憧ちゃん」

憧「ん?どうしたの宥姉」

宥「Mって、痛い目にあったり怖い目にあったりするのが好きなの?」

憧「うーん、そういう感じかしらね」

宥「じゃあ例えば、怖そうな人に睨まれてドキドキしたり」

宥「ちょっと冷たそうで、苦手な感じの人が映ってるDVDを繰り返し何回も観るのもMなの?」

憧「ゆ、宥姉やけに具体的ね……そういうのじゃないの?」

宥「そっかぁ……」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:28:37.46 ID:pUdIge2g0
宥(……私って、Mだったんだ)

宥(最初観たとき、弘世さんのことあんなに怖がってたのに……)

宥(綺麗だけど冷たそうな人で苦手だと思ってたのに……)

宥(それでもあんなに弘世さんを見てドキドキしてた)

宥(それも全部私がMだったんだからだね……)


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:30:36.27 ID:SiOR7+Y30
なんだか変な方向に
支援


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:33:40.70 ID:pUdIge2g0
灼「そろそろ下校時間だよ。帰ろうか」

穏乃「そうですね。あ、窓閉めますよ」

玄「ありがとー」

憧「はあ、最後は変な話で盛り上がったわね……」

玄「お姉ちゃん、帰るよー」

宥「うん」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:36:28.51 ID:pUdIge2g0
玄「今日の夕ご飯は何にしようかなあ」

宥「……」

宥(……痛いのが好き)

宥「ねえ、玄ちゃん」

玄「どうしたのお姉ちゃん」

宥「私のこと……ぶってくれるかな」

玄「ふえ?い、いきなり何言い出すのかな?」

宥「お願い」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:39:30.68 ID:pUdIge2g0
玄「いきなり言われてもそんなことできないよ……」

宥「ごめんね、ちょっと痛くしてくれればいいから」

玄「む、無理だよ。お姉ちゃんをぶつなんて、そんなのできないよ!」

宥「じゃあぶたなくていいから、頬をつねってくれるだけでいいの」

玄「つねるのも、お姉ちゃんに酷いことしたくないよ……」

宥「駄目かな……」ウルウル


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:42:57.51 ID:pUdIge2g0
玄「あうぅ……じゃあ、ちょっとだけだよ?」

宥「ありがとう玄ちゃん」パアァ

宥(私がMなら気持ちいはずだよね)ドキドキ

玄「えいっ」ムニッ

宥「……くろひゃん?それっひぇぜんぜんいひゃくないよ?」

玄「だって、これ以上つねったら痛いよ……」

宥「もっと強くしていいから!痛くなくちゃ駄目なの」

玄「うう……」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:45:29.48 ID:pUdIge2g0
玄「えーい!!!」ギュウウ

宥「いひゃいいひゃい!」

玄「お姉ちゃん大丈夫!?」

宥「ううぅ……痛いよぉ」ジンジン

玄「だから言ったのに……」

宥「うう、なんでだろ……」ジンジン


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:45:57.01 ID:6njMF+5eO
宥姉・・・


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:51:05.83 ID:pUdIge2g0
宥(私がMだったら気持ちいはずなのに、痛いだけだった……)

宥(Mじゃないのかな……でも)

菫『……』キッ

宥「あっ……」ゾクゾクッ

宥(これ、癖になっちゃいそう……)

宥(射抜くような眼差し……冷たくて鋭いのに、私の奥まで届いて)

宥(胸が苦しいくらい高鳴って、体中がぽかぽかあったかいの……)

宥(……もしかして、弘世さんじゃなきゃ駄目なの?)

宥(弘世さんに酷いことされたり、痛いことされれば気持ちいいのかなあ……)


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:55:06.36 ID:pUdIge2g0
インターハイ準決勝

宥「じゃあ……行ってきます」

玄「お姉ちゃんファイト!」

憧「宥姉ガンバ!」

灼「頑張って……」

穏乃「いっけぇー宥さん!」

宥「うんっ」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 19:58:14.01 ID:pUdIge2g0
宥(ついにこの時が……)

宥(弘世さんと実際に会って、弘世さんの生睨みが体験できるんだ……)

宥(どうしよう、考えただけで体があったかくなってきちゃった)

宥(あれから毎日DVDは欠かさず観てきたし、そのたびにドキドキしてたけど)

宥(今はもう比べ物にならないくらい……すごく緊張してる)

宥(でも楽しみだなあ……)


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:01:53.56 ID:pUdIge2g0
菫「よろしく」

宥「よ、よろしくお願いします」

泉「よろしくお願いします」

美子「……よろしくお願いします」

宥(弘世さん、やっぱりちょっと怖そうな感じの人……)

宥(でも違う……ただ怖い人なら見てるのも怖いけど、弘世さんはずっと見てたくなる)

宥(おまけに対面だなんて……)


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:06:03.19 ID:pUdIge2g0
菫(なんだ?対面の阿知賀から視線を感じる)

菫(まあ、打倒白糸台を掲げる高校は少なくないから意識されるのも無理はないが……)

菫(だが私にとっては関係ないこと)

菫(例え相手が誰であろうと、どんな敵意を向けられようと私は私の打ち方をするのみ!)

菫「ロン」

泉「は!?」ザシュ

美子「……」


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:11:24.31 ID:pUdIge2g0
宥(二条さん、いいなあ……弘世さんに射抜かれるなんて……)

菫「……」キッ

宥(あ、つぎ私だ)ビクッ

宥(やっぱり実際に見ると違うなあ……私を狙い撃つ視線)

宥(DVDで観たときよりもずっと鋭くてどこまでもまっすぐで、とっても怖い……)

宥(だけど嬉しい。怖いのに嬉しくて、体が熱くなる。もっと狙って欲しいと思う)

宥(……やっぱり私ってMなんだ)


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:16:11.34 ID:pUdIge2g0
宥(このまま弘世さんに射抜かれてみたい気持ちもあるけど……)

宥(残念だけど仕方ないよね……玄ちゃんの分の点棒も取り返さないといけないし)ヒラリ

菫(なっ!?)

菫(かわされた……偶然か?)キッ

宥(ああ、また睨んでくれた……)ゾクゾクッ

菫(また避けられた!?)

美子(……阿知賀の人、部長と同じ感じがするとよ)


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:20:55.79 ID:pUdIge2g0
宥(三回も狙ってくれた……嬉しい)ホクホク

宥(決勝にいけれればもっとたくさん……)

憧「あ、宥姉ー」

宥「憧ちゃん」

憧「宥姉すごいド安定!私も負けてられないね」

宥「うん、頑張ってね」

憧「ありがと。じゃ、いってくる」

宥「……」

宥(頑張ってね、憧ちゃん)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:23:55.63 ID:pUdIge2g0
菫(くっ……思ったより手こずったな)

菫(特に阿知賀。私の射抜きがかわされるとは思わなかった)

菫(松実宥とかいったな……あんな真夏でもマフラーを巻いた変人に遅れをとるとは)

菫(照が言うには私にある癖が見抜かれてるという話だが……)

菫(くそっ、何とかして決勝までにこの不安要素は潰す必要がある)


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:26:55.56 ID:pUdIge2g0
菫(だが……私が苛立っているのはそれじゃない)

菫(……どうして私は、射抜きを避けられ直撃を受けたことを屈辱だと思わないんだ?)

菫(どうして私はその相手、松実宥の顔が頭から離れないんだ?)

菫(どうして私は……決勝でもう一度彼女と打てるかも知れないということを望んでいるんだ?)

菫「この気持ちはなんだ……?」





哩「Mは恋の真理ぞ」フフッ

美子(また部長がおかしなことば言いよる……)

カン


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:27:45.59 ID:3ZRLOZfY0


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:28:23.80 ID:pUdIge2g0
うむ、ギャグを書きたかっただけなんだ
(菫さん限定の)Mな宥姉が菫さんに迫る話を誰か書いてください


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:32:21.82 ID:iewItmIO0
乙でー


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/08(金) 20:34:15.04 ID:ILHJCqpw0

Mな宥姉とか珍しいな





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ