Powered By 画RSS


ナミ「海賊デ○ルドセット……?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 02:58:37.32 ID:GaHPH05+0
ナミ「なによこれ……たくさん入ってるのね……」ゴソゴソ


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:08:43.37 ID:GaHPH05+0
ナミ「まずはこれね……」スッ

ナミ「エロワード・ニューゲート……か」

ナミ「ものすごくでっかいわね。それに、ボタンが付いてるのね」

ナミ「とりあえず入れてみましょ」ヌプッ

ナミ「んっ……! な、なんて……ダイナミックな質感……ハァハァ」ヌプヌプッ

ナミ「もうこれだけで充分……イキそうだけど……ハァハァ」

ナミ「これで、ボタンを押すとどうなるのかしら……ハァハァ」ポチッ


ブ――――ン


ナミ「!」




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:09:47.06 ID:GaHPH05+0
ナミ「し、振動が……! いえ、震動ね……!」

ナミ「これは……なんていう強大な力なの……」ガクガク


「俺の愛する息子は、でかいだろう? まんこグラグラしてるか?」ブーン


ナミ「!」

ナミ「なるほどね……エロワードでも攻めてくるってわけね」ハァハァ


「アヘ顔ダブルピースは……興奮する!」ブーン


ナミ「んっ……」ハァハァ ヌプヌプッ ヌプヌプッ

ナミ「んあぁっ……!」ヌプヌプヌプヌプッ

ナミ「あん! 新世界への扉が開きそう!」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:10:49.04 ID:ySDrRq9x0
エロワードとかふざくんな


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:12:07.93 ID:Iq1Bvben0
くだらなすぎてワロタ


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:18:29.41 ID:GaHPH05+0
ナミ「んっ……」スポンッ

ナミ「ハァ……ハァ……一時代を見てきたようだわ……」ハァハァ

ナミ「ふぅ」

ナミ「次の行きましょう」ガサゴソ

ナミ「これで良いわね」スッ

ナミ「痴漢のエース……か」

ナミ「なによこれ……?」

ナミ「細めね。これもボタンついてる」

ナミ「とりあえず入れてみましょう」ヌプッ

ナミ「んっ……」ヌプヌプッ

ナミ「すっと入って来たわ」ハァハァ


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:25:54.14 ID:GaHPH05+0
ナミ「ここまでは普通の細めのディルドだけど……」

ナミ「ボタン押してみましょ」ポチッ


ピュンッ ピュンッ ピュンッ ピュンッ


ナミ「!」

ナミ「なに? 熱っ……!」

ナミ「ディルドの側面から……熱いなにかが銃弾のように出てるようね……」ハァハァ


ピュンッ ピュンッ ピュンッ ピュンッ


ナミ「熱いけど……」ハァハァ

ナミ「なんて命中率なの! Gスポットを的確についてくる! この熱さがたまらない!」ハァハァ

ナミ「雑踏の中でも的確に気持ち良い所をついてくる……百戦錬磨の痴漢のようね……!」ハァハァ

ナミ「まさにエースよ! Gスポ攻めの隊長に任命するわ!」ハァハァ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:32:18.24 ID:GaHPH05+0
ピュンッ ピュンッ ピュンッ ピュンッ


ナミ「っ……本当気持ち良いわ……」ハァハァ

ナミ「これなら、いずれディルド界のトップになるんじゃ……」ハァハァ


ピュンッ ピュンッ ピュンッ……


ナミ「あ、あれ? 勢いが……」


ピュンッ……


ナミ「あ……完全に止まっちゃった……」

ナミ「……」

ナミ「そりゃあ、そうよね。こんな小さい筐体なんだから、ずっと出続けるはずはないわよね」

ナミ「すごかったのに……もう使えないのかぁ……」スポンッ

ナミ「……」ジーッ

ナミ「心なしか……まるで死んじゃってるみたいね」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:33:13.47 ID:ySDrRq9x0
おいwww


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:46:33.73 ID:GaHPH05+0
ナミ「じゃあ次は……これね」スッ

ナミ「ドンキホーテ・オフロマンコ……か」

ナミ「なによこれ……? これもボタン付いてるけど……なんか怪しい雰囲気ねぇ……」

ナミ「見た目は結構大きいけど……とりあえず入れてみましょ」ヌプッ

ナミ「……あれ?」ヌプヌプッ

ナミ「思ってたより小物ね。スルスル入っていくわ」

ナミ「んじゃあ、ボタン押してみましょ」ポチッ


ジュワー


ナミ「!?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:55:47.18 ID:GaHPH05+0
ナミ「なに……? お、お湯……?」ジュワー

ナミ「どんどん出てきて……溢れてくる……!」ジュワー

ナミ「まんこが……お風呂に入ってるみたい!」

ナミ「!」

ナミ「まさか……このふやけた状態でやると、いつもとちょっと違う快感が味わえるって事かしら……?」

ナミ「……よし」ギュッ

ナミ「っ……」ヌプヌプッ

ナミ「んあぁっ!!」ヌプヌプッ

ナミ「確かにちょっといつもと違う……! なんていうか……風変わりな快感ね……!」ヌプヌプ

ナミ「なんか面白い! お風呂で遊んでるようで笑えてくるわ! スマイリーなディルドね!」ヌプヌプッ


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:56:58.80 ID:Gp8y49GI0
無理やりすぎんぞwww


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 03:59:02.15 ID:GaHPH05+0
ナミ「……ふぅ」

ナミ「ちょっと新時代を見ちゃった気がするけど……」

ナミ「でもこれって抜いたら……」スポンッ

ナミ「……」ドロドロ ヌチョーン

ナミ「やっぱり……」

ナミ「お湯と愛液が良い具合に混ざり合って……もう糸引きまくり……」ヌチョーン ヌチョーン

ナミ「後始末が大変過ぎるわ……」フキフキ

ナミ「これは多分、クレームが入って、上から締められるパターンね。問題児ディルドよ」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 04:08:36.22 ID:GaHPH05+0
ナミ「んじゃあ次は……これね」スッ

ナミ「ゲイ王レイリー……?」

ナミ「なんかこれ違うような……」

ナミ「銀一色で、ものすごいオーラがあるディルドだけど……」

ナミ「うーん……」

ナミ「あ……やっぱアナル用だって。これは男の人用みたいね」

ナミ「んじゃあこっち……」スッ

ナミ「トラファルガー・棒……か」

ナミ「なにやらスタイリッシュね。これもボタンがついてるのね」

ナミ「とりあえず入れてみましょ」ヌプッ

ナミ「んっ……」ヌプヌプッ


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 04:17:03.15 ID:GaHPH05+0
ナミ「んっ……とりあえず挿入感は……なんていうかスタイリッシュね」ハァハァ

ナミ「こういうのも大好きよ」ハァハァ

ナミ「んで、ボタンを押してっと……」ポチッ


ナミ「?」


ナミ「特に……なにも……」キョロキョロ


ナミ「!!」


ナミ「あれ……? 私、乳首が無くなってる……?」

ナミ「!」

ナミ「く、クリトリスもない……」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 04:21:00.78 ID:GaHPH05+0
ナミ「ど、どういう事……? 一体どこに行っちゃったの……?」アセアセ

ナミ「まさかこのディルドが消し……」グッ


ナミ「んあぁぁっ!!」ビクンッ


ナミ「な、なによ……ちょっと触っただけで……この全身を駆け抜ける快感は!」ハァハァ

ナミ「!」ハッ

ナミ「まさか……今は、乳首もクリも……膣の中あるっていうの!?」

ナミ「性感体大集合って事!?」

ナミ「っ……」ヌプッ ヌプッ

ナミ「んあぁぁっ! んあぁぁっ!! これやばい!!」ヌプヌプ

ナミ「まさかこんな快感の得方もあるなんて……新し過ぎる……」ハァハァ

ナミ「新時代を担う恐るべきディルドだわ……」ハァハァ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 04:38:56.82 ID:GaHPH05+0
ナミ「次で……最後ね」スッ

ナミ「!」

ナミ「ゴール・D・プシャー……」

ナミ「なんか……わかるわ。持っただけで……」

ナミ「金一色の外見もさる事ながら……」

ナミ「オーラが……半端無い……!」

ナミ「ボタンは無いようね。下手な小細工はしないって事かしら」

ナミ「……よし」ゴクッ

ナミ「とりあえず……入れてみましょ」

ナミ「んっ……」ヌプッ

ナミ「!」

ナミ「んあぁっっ!!」ビクンッ

ナミ「さ、先っぽを入れただけで……この快感……」ビクンッビクンッ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 04:42:46.12 ID:GaHPH05+0
ナミ「んっ…………」ヌルヌル

ナミ「ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……」

ナミ「んんっ…………」ヌルヌル

ナミ「ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……」

ナミ「なんなのよ……これ」

ナミ「さして大きいわけでもないのに……少し入れ進めるだけで……」

ナミ「とんでもない快感が全身を包み込む……」

ナミ「圧倒的ね……!」

ナミ「んっ…………」ヌルヌル

ナミ「ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……」

ナミ「んんっ…………」ヌルヌル

ナミ「ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……」

ナミ「ふぅ」

ナミ「奥まで入った……やっとゴールなようね」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 04:47:08.44 ID:GaHPH05+0
ナミ「こ、これで……」

ナミ「これで動かすっていうの……?」

ナミ「……」

ナミ「入れるだけであれだけの快感だったのに……一体どうなっちゃうのよ……」

ナミ「ちょっと……恐いくらいだわ」ガクガク

ナミ「……」

ナミ「でもせっかくここまで来たのよ」

ナミ「……」

ナミ「……よし!」カシッ

ナミ「ちょっと大荒れが予想されるけど……船を進めましょう!」


ナミ「っ……」ヌプヌプッ


ナミ「!」


ナミ「あぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」プシャー!!!


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 04:55:22.42 ID:GaHPH05+0
ナミ「ハァ……ハァ……ハァ……ハァ……」 プシャーッ

ナミ「愛液が止まらない……」プシャーッ

ナミ「なんなの……この快感……」プシャーッ

ナミ「なんの変化球もなく、直球も直球にとにかく「まんこが超気持ち良い」って感じ……」プシャーッ

ナミ「この世の全てを……手に入れたような……そんな感覚……」プシャーッ

ナミ「快感のゴールに辿り着いた……そんな感覚……」プシャーッ

ナミ「単純にとにかく気持ち良くて、愛液があふれ出てくる。原点にして頂点ね」プシャーッ

ナミ「色々すごいディルドがあったけど……」プシャーッ

ナミ「このディルドこそが……キングよ」プシャーッ

ナミ「ディルド王よ……!」プシャーッ


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:01:06.29 ID:GaHPH05+0
ナミ「ふぅー……」ドサッ

ナミ「最高のオナニーだったわ」

ナミ「これでもう思い残す事もない」

ナミ「海軍に自首しに行っても良いぐらいよ」

ナミ「海賊ディルドセット……」

ナミ「これさえあれば、監獄の中でもいくらでも大海原に航海出来…」


ナミ「……?」


ナミ「パッケージのここ、なんかちょっと変ね」

ナミ「ちょっとハサミで切ってみましょ」チョキチョキ

ナミ「!」

ナミ「隠し……ディルド……!?」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:04:20.44 ID:GaHPH05+0
ナミ「最後の一個は……」スッ


ナミ「モンキー・D・ルフィ……!?」


ナミ「あれ? ちょっとそれ、そのまんまじゃない……!」

ナミ「ずばりうちの船長の名前よ……?」

ナミ「どういう事……?」


ナミ「!」


ナミ「よ、よく見たらこれ……」

ナミ「隣の部屋から伸びてきてる、本物のルフィのチンコじゃない!」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:07:25.67 ID:K4VnDeXG0
最後で変な声出たわwwww


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:08:52.73 ID:GaHPH05+0
ナミ「ちょっとルフィ!」壁コンコン

ルフィ「なんだ!」

ナミ「なによこれ! まさかこれでやれって事? 冗談じゃないわよ!」


ルフィ「うるせぇ入れろ!」ドンッ!


ナミ「ふざけないでよ! せっかくオナニーを楽しんでたのに、これじゃあ遠距離セックスじゃない!」


ルフィ「うるせぇ!」ドンッ!


ナミ「……全く」

ナミ「しかもセックスと違って、ピストン運動はしてくれないわけだから……単なる疲れるオナニーじゃない」

ナミ「船長命令だから……仕方ないわね」ヌプッ


ルフィ「うっ……」ドンッ!


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:15:07.31 ID:GaHPH05+0
ナミ「大きさも大した事無いし……固さもダメダメだし……」ヌプヌプ

ナミ「単なる出来の悪いディルドじゃない。商品だったら返品よ」ヌプヌプ

ルフィ「うぉ! うぉぉ!」ドンッ!

ナミ「うるさいわね!」ヌプヌプ

ルフィ「うぉぉぉぉ!」ドンッ!

ナミ「だからうるさいってば!」ヌプヌプ


ルフィ「……ふぅ」ドドンッ!!


ナミ「!」

ナミ「温か……」

ナミ「ちょ、ちょっとルフィ、あんたまさか……」


ルフィ「うるせぇ!」ドンッ!


ナミ「またチョッパーに事後ピル処方して貰わなきゃ……」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:21:33.93 ID:GaHPH05+0
ガチャッ

ルフィ「ナミ、すまん!」ドンッ!

ナミ「謝られても困るわよ……どうしようもないんだから」

ルフィ「俺も、中で出すつもりは無かったんだ!」ドンッ!

ナミ「まぁ……入れたのも動かしてたのも全部私だからね……私の不注意もあるわ」

ルフィ「んじゃあ、カメラ持ってきたから仲直りの印に写真撮ろうぜ~」ドンッ!

ナミ「どういう発想よ……」

ルフィ「んじゃあカメラに向かってピース!」ドンッ!

ナミ「全く……二人共まだ股間丸出しなのに……」


ルフィ・ナミ「「!」」


ルフィ「まんこ丸出しで……ピース……」

ナミ「まさかこれが……」


ルフィ・ナミ「「マンピース!?」」ドンッ!



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:26:35.51 ID:5tVqvbKl0
バカじゃないのか


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:35:16.76 ID:csG+WFBD0
馬鹿馬鹿しくてよかったよw


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/13(水) 05:36:59.60 ID:5DSViaLq0
面白かった





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ワンピース」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2013/02/15(金) 01:29:20

    すっと入って来たわ、とか
    スルスルと入っていくわ、とか
    あかん面白い。


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ