Powered By 画RSS


【ひまさく】向日葵「櫻子、ちょっとお話がありますの」【エロなし】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:00:34.39 ID:DZou1MoV0
向日葵「櫻子、ちょっとお話がありますの」

櫻子「なに?」

向日葵「じ、実は、櫻子に…その…わたくしを抱きしめてほしいんですの///」

櫻子「はぁ?何言ってんだおっぱい星人!あてつけか?私へのあてつけか?あてつけてあてつけてやろうってことか?!」

向日葵「な、何言ってるんですの…?」

櫻子「で、どうしたんだよいきなり」

向日葵「だ、だからぁ…一度だけでいいから、だ、抱きしめていただきたいんですの///」

櫻子「なんで?」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:05:22.31 ID:DZou1MoV0
向日葵「この間、楓が泣いていたとき、ギュッとしてあげたら気持ちいいっていうから…」

櫻子「ぎゅっとしてほしいと…」クフフ

向日葵「他にこんなこと頼める人がいませんの...///」

向日葵「ダメですの?だったら無理にとは言いませんわ。」

櫻子「向日葵ったら子供みたぁ~い」キャハハ

向日葵「も、もういいでs

櫻子「じゃあさ!向日葵!」

櫻子「交換条件でどうだ!」

向日葵「交換条件?」

櫻子「一つだけいう事を聞いてくれるって約束なら、抱きしめてあげるけど?」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:08:14.91 ID:DZou1MoV0
向日葵(なんでも...こ、怖いですわ…で、でも...)

向日葵「いいですわ。交渉成立ですわね。」

櫻子「やったー!(どうしよっかなー、映画代おごらせるか、パフェおごらせよっかなーそれともそれとm)」

向日葵「じゃ、じゃあ、さっそく…いいですの?」ドキドキドキドキ

櫻子「い、いよし、こい…//」ドキドキドキ

向日葵「…///」バクバクバク

ぎゅっ

櫻子(ひ、向日葵の鼓動…すごい…)

向日葵(櫻子の鼓動が伝わってきますわ…気持ちいい…)スンスン

向日葵「櫻子…シャンプー変えましたのね…」

櫻子「匂いかぐなぁ…ばかおっぱい星人め…///」

向日葵「肋骨がゴリゴリして痛いですわ!」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:10:44.53 ID:DZou1MoV0
櫻子「そっちこそ!余計な脂肪が暑苦しいぞっ!」

向日葵「なんですって?!」

櫻子「ぐぬぬぅー!!」キリキリ

向日葵「い、痛たた、痛いですわ櫻子っ」

櫻子「お前が悪いんだぞ!」

櫻子「ふぅ。まあこれぐらいにしてやろう。」

向日葵「さんざんですわ...」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:11:32.44 ID:DZou1MoV0
櫻子「よし、じゃあこっちのいう事を聞いてもらおうか!」

向日葵「い…いいですわ!」

櫻子「じゃあねえ...」

向日葵(やっぱやめとくんでしたわ...)

櫻子「そうだ...」

櫻子「で、では、命令を発表します!」

向日葵「うっ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:12:32.48 ID:DZou1MoV0
櫻子「これからもずっと、一緒にいて...くれる?」赤面

向日葵「はぁ?えっと...(これは一体...どういうことですの...)」

向日葵(てっきり、足を舐めさせられたりするのかと...ハッ)

向日葵(まさか...これは...罠っ!)

向日葵(櫻子は私に何をする気なの...?それがはっきりするまで、yesとは言えませんわ...)

櫻子(えっこの反応って...もしかしてダメなのかなぁ)涙目

向日葵(な、泣きそう?!そ、そんなにわたくしに何かをしたいんですの?!クッ櫻子め...)

向日葵「残念ながらそれはできませんわ!」キッパリ

櫻子「」フフ

櫻子「」フフフフ


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:14:12.48 ID:DZou1MoV0
向日葵「さ、櫻子?」

櫻子「うわぁぁぁんんっ」エグッエグッ

櫻子「...じゃあいい....じゃあいいよ馬鹿っっっ!!!!このサイテーおっぱい星人!!!!」ダッ

向日葵「な、なんだったのでしょう...櫻子が私にしたいこと...謎ですわ...」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:14:56.63 ID:DZou1MoV0
-櫻子の家-

櫻子「向日葵に嫌われてたぁぁあああ」ヒック,..ウック...

櫻子「私なにか悪いことしたのかなあ...」ウグッ

櫻子「向日葵ぃぃ...」


-向日葵の家-

向日葵「櫻子はたしかこう言いましたわ。」


これからもずっと、一緒にいて...くれる?


向日葵「素直に意味をとらえれば...こんなに恥ずかしいことを言うような子ではありませんわ。」

向日葵「ではどういう意味でこの発言を...」

向日葵「うー!わからないですの!」

楓「お姉ちゃんきっとそのままの意味じゃないかな」

向日葵「うー...」

楓(聞いてない...)


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:17:13.23 ID:DZou1MoV0
向日葵「あかりちゃんに相談してみますわ!」

prrrr prrrr

あかり「はい、ゆるゆり主役の赤座あかりです!どちら様でしょうか?」(しっかり電話にでれたよぉ)

向日葵「あ、あかりちゃんですの?古谷です。」

あかり「あぁ!ひまわりちゃんだぁ!どうしたのぉ?」

向日葵「じつは...」

あかり「えぇーっ!櫻子ちゃんが?」

あかり「でも、そのセリフに違う意味があるとは思えないけどなぁ」

向日葵「そうですの...相談に乗ってもらってどうもありがとうですわ。」

あかり「うん!あかり、いつでもオーケーだよぉ」ニコ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:18:55.95 ID:DZou1MoV0
prrrr prrrr

向日葵「もしもし、吉川さんのお宅ですか?わたくし古谷と申しますが、ちなつちゃんは御在宅でしょうか。」

ちなつ「私がちなつだけど、向日葵ちゃん、どうしたの?」

向日葵「実は櫻子と...」

ちなつ「うーん...私にはわからないわ、ごめんね。だけど、私が思うに、そのセリフはそのままの意味で受け取っていいんじゃないかなぁ...」

ちなつ「あっ、ちょっとお姉ちゃんに呼ばれちゃった、ごめんね。じゃあ切るねっ」ツーツー

向日葵「やっぱりそうでしたのね...」

向日葵「おそらくあの言葉に裏の意味はなかったのですわ!」

向日葵「そして、私は無情にもダメと言ってしまったんですわ...」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:21:05.96 ID:DZou1MoV0
-櫻子の家-

櫻子「何がいけなかったんだろ...」

櫻子「向日葵...」

櫻子「向日葵なんて...もう...もう...知らない...」ウッ

櫻子「うえぇぇーーーん!!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:23:04.19 ID:DZou1MoV0
-登校時-

櫻子「...」ショボーン

向日葵「さ、櫻子、あの...」

櫻子「あ。あかりちゃんおはよう。」プイッ

あかり「あっおはよう櫻子ちゃん!それに、向日葵ちゃんも...」

向日葵「...」ショボーン

あかり(二人とも元気ないよぉ...こんな雰囲気耐えられないよぉ...)

あかり「あ、あかり先に行くねー」

櫻子「あかりちゃん!待って、一緒にいこう」チラッ

向日葵(うぅ...櫻子...)


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:24:37.29 ID:DZou1MoV0
-教室-

向日葵「あ、あの、櫻子?」

櫻子「」

向日葵(やっぱり、嫌われてしまいましたわ...)

櫻子「あかりちゃん、あとでちょっといい?」

あかり「い、いいよぉ...」

櫻子「ごめんね。」

-あとで-

あかり「向日葵ちゃんとのこと?あれはきっと誤解d」

櫻子「わたし向日葵になんか悪いことしたかなぁっ!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:26:01.72 ID:DZou1MoV0
あかり「いや、だからね、あれは多分ごk」

櫻子「嫌われちゃったみたいなんだよ!きっといつもみたいに私がわるいの!ねえあかりちゃん!!わたしどうしたら...」

あかり(相談してきておいて、こっちの話聞いてくれないよぉ...トホホ...)

櫻子「あかりちゃんにはわからないよね、ごめんね...」トボトボ

あかり「ま、まって櫻子ちゃん!」

あかり「きっと向日葵ちゃんは誤解してるんだよ!」(や、やっと言えたよぉ!)

櫻子「え?五階?向日葵んちは五階じゃないよ?」

あかり「その解釈も誤解だよぉ...」

櫻子「だから!五階じゃないってば!」スタスタ

あかり「誤解だよぉ.....」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:29:26.06 ID:DZou1MoV0
-放課後、娯楽部-

あかり「でね、櫻子ちゃんも向日葵ちゃんも誤解してるんだよぉ」

結衣「そうか...でも誤解ならそのうち分かり合えるでしょ。」

京子「そのうちっていつだよ」ケラケラ

―歳納京子ォォ!!!―

綾乃「ふふん」

千歳「お邪魔します」ニコニコ

京子「綾乃!どうしたの?」

綾乃「古谷さんと大室さんが来てないのよ。しらない?」

あかり「えっとぉ、じつはかくかくしかじかでぇ...」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:30:13.04 ID:DZou1MoV0
綾乃「そういう事なら、私から伝えておいてあげましょうかしら。」

千歳「あ、まったって、綾乃ちゃん。そういうことは当人同士で解決したほうがええんちゃう?」

綾乃「うーん、それもそうねぇ。」

あかり「あっ、でもお仕事があるんですよねぇ?」

千歳「せやねぇ。誰かに手伝ってほしいんやけど...」

京子「あ、どうせ暇だし、手伝ってやるよ!」ニヒー

千歳(×○□%$πÅρ●☆)ブフォォォー

綾乃「」///


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:32:08.88 ID:DZou1MoV0
-櫻子の家-

櫻子「あ、生徒会の仕事さぼっちゃった...」

櫻子「ハァ...」

櫻子「宿題わかんないし...向日葵ぃ...」涙目

ピンポーン

櫻子「はぁーい...」ガチャ

向日葵「さ、櫻子ぉ...」涙目

櫻子「...」

向日葵「櫻子..わたくし、わたくs」

櫻子「」ガチャッバンッ



向日葵「......」ウッ...ウッ...ウグ...

櫻子「......」ポロポロ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:36:31.88 ID:DZou1MoV0
-翌日-

向日葵「」

櫻子「」

―翌々日―

向日葵「」

櫻子「」

―翌々々日―

ちなつ「っもう見てらんない!」

ちなつ「向日葵ちゃん!櫻子ちゃん!あなたたちちょっと話し合いなさい!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:39:24.33 ID:DZou1MoV0
向日葵「...」櫻子「...」

向日葵「櫻子っあのね!私、私ねっ」

櫻子「向日葵」ギロッ

向日葵「」ビクッ

櫻子「向日葵はさ、えらいよね」

向日葵「ど、どうしたんですの?」

櫻子「あたしもうわかんない!!!なんでこんなにつらいの?なんでこんなに悲しいの?」

向日葵「ごめんなさいですわ。全部わたくしのせいですわね。...」

向日葵「最初の勘違いも、すぐに謝れなかったことも...全部...全部,,,」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:40:55.15 ID:DZou1MoV0
向日葵「でも、許してほしいですわ。私、櫻子がいないと...寂しくてっどうにかなりそうですの!」

櫻子「え?わたし、嫌われてたんじゃないの?」

向日葵「ううん。...大好きっ!大好きですわ!」

櫻子「許してほしいの?」

向日葵「うん!櫻子っ!お願いっ!これからも、わたくしとずっと、友達でいてほしいですわ!」

櫻子「...ズビッ」

櫻子「バカバカバカぁ!!!!向日葵のばか!」ウッウッ...

向日葵「櫻子ぉぉ...」

櫻子「...えへへ.....ひまわりぃ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:42:26.80 ID:DZou1MoV0
櫻子「許してあげるからさ、交換条件だぞ?」

向日葵「もちろん、なんでもいう事をききますわっ!」

―――櫻子「じゃあさ向日葵、今度こそ」―――










櫻子「映画見に行ってパフェおごれ」
向日葵「いやですわ。」


おわり


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:44:41.75 ID:2ImDixQ60
ここ最近豊作でよきかな
乙だし!





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ゆるゆり」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. うほ 2013/02/16(土) 18:41:04

    よかったよー
    やっぱひまさくは正義!


  2. 774 2013/02/17(日) 16:02:24

    ひまさくいいねえ


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ