Powered By 画RSS


律子「焼き鳥食べたいですね」P「じゃあ行こう」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:29:51.04 ID:4RF5Altk0
律子「駄目です。今日の仕事がまだ、たくさん残ってるんですよ」

P「明日なら予定、空いてるか」

律子「それも無理です。明日は日曜日だから、竜宮小町の収録があります」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:30:51.76 ID:4RF5Altk0
P「早朝でいいんだ。朝のほんの数時間で」

律子「早朝? ……それなら、まあ、いいですけど」

P「じゃあ事務所に3時集合で」

律子「3時!?」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:31:54.82 ID:4RF5Altk0
~翌朝~

P「おはよう、律子」

律子「……おはようございます」

P「眠たそうだな」

律子「当り前ですよ。ほとんど寝てません」

P「じゃあ車で寝てればいい」

律子「そうします」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:33:03.70 ID:4RF5Altk0
~2時間後~

律子「で、ここどこですか」

P「朝市」

律子「朝市? 市場に焼き鳥なんかあるんですか」

P「まあ来いよ」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:34:25.37 ID:4RF5Altk0
律子「わあ……色んな屋台がありますね。それに人も多い」

P「律子、焼き鳥の屋台あったぞ」

律子「どれどれ――な、なんですかこれ!?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:36:07.39 ID:4RF5Altk0
P「焼き鳥。スズメの」

律子「ス、スズメ!?」

P「美味しそうだろ」

律子「焼き鳥っていうか、姿焼きじゃないですか!!」

P「あ、2本ください」

律子「た、食べませんよ!!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:38:05.92 ID:4RF5Altk0
P「見た目はグロいけど、香ばしくて美味しいんだぞ?」

律子「うそ」

P「――うめえ!! ほら、律子も食えよ」

律子「う……」

はむっ

律子「あ……お、美味しい!?」

P「だろ?」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:40:05.91 ID:4RF5Altk0
律子「プロデューサー、カツオのお刺身が売ってます」

P「朝市は採れたての新鮮な食材がたくさんあるんだ」

律子「すいません、2つください」

P「お、悪いな律子」

律子「何言ってるんですか、全部私が食べるんですよ」

P「えー…」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:41:42.55 ID:4RF5Altk0
律子「わ。これもすっごく美味しい」

P「……すいません、俺も1――」

律子「分かりましたよ。ほら」

P「いいの?」

律子「意地悪しただけですよ。さっきの焼き鳥のお礼です」

P「お……すっげえうまい」

律子「でしょ?」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:43:11.76 ID:4RF5Altk0
律子「プロデューサー、あれも食べてみましょう!」

P「り、律子。もうお腹いっぱい……」

律子「大の男が何言ってるんですか。行きますよ!」

P「朝からよく食べるなあ……」


19 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/02/17(日) 01:44:48.09 ID:eCsycKig0
腹減るな


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:44:53.22 ID:ynwNb6YY0
お腹すいてきたよりっちゃん


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:45:28.82 ID:4RF5Altk0
律子「いやー、美味しかったですね」

P「楽しかったか?」

律子「ええ、とっても」

P「仕事も大事だが、こういった息抜きも必要だぞ」

律子「そうですね」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:47:09.76 ID:4RF5Altk0
P「ただでさえ、律子は無理しがちなんだから」

律子「……ねえ、プロデューサー」

P「ん?」

律子「また、息抜きに付き合ってくれますか?」

P「もちろん」

律子「ありがとうございます……!!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:49:19.13 ID:4RF5Altk0
P「その包み、焼き鳥か?」

律子「はい。伊織達に持っていこうと思って」

P「よっぽど気にいったんだな」

律子「何事も、見た目で判断しちゃいけませんね」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:50:43.09 ID:4RF5Altk0
P「ならちょっとは俺のことも」

律子「プロデューサーは例外です」

P「そんなあ」

律子「ふふふ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:52:04.11 ID:4RF5Altk0
伊織「律子、あんた今日、なんか上機嫌ね」

律子「え、そう?」

亜美「ねえねえ律っちゃん、これなあに」

律子「あ、それは差し入れよ」

あずさ「あら、ありがとうございます~」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:53:58.18 ID:4RF5Altk0
亜美「開けていい?」

律子「いいわよ」

亜美「やったー!!」

伊織「差し入れって、何持ってきたの?」

律子「焼き鳥よ」

伊織「何でまた焼き鳥なんか……」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:55:35.69 ID:4RF5Altk0
亜美「うわあああああ!?」

伊織「な、何!?」

あずさ「まあ!」

律子「見た目はグロいけど、香ばしくて美味しいのよ?」


おわり


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 01:56:41.81 ID:s2HIwTZtP
深夜な感じの話で良かった、乙


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 02:00:31.03 ID:4RF5Altk0
読んでくれてありがとうございます。

話が平坦すぎた。

律子好きの人はすまない。


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 02:04:04.63 ID:8ChMUKu90
悪くない


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/17(日) 02:04:41.70 ID:mHNvOQ2D0
ええんやないの?





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無しさん 2013/02/18(月) 00:20:55

    雀の串焼きかぁ。昔、初詣で伏見稲荷に行った帰りに毎年食ってたけど、
    そこまで美味くもないぞ。ほとんど骨だし。山椒とタレの味しか覚えてねえわ。


  2. 2013/02/18(月) 02:07:55

    初めて食べたものがまずいと心理的に他の場所でわざわざ食べたくなくなるよね、わかる


  3. ああああ 2013/02/18(月) 12:35:59

    何か展開がうどんのに似てるけど?


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ