Powered By 画RSS


モバP「個性倍返し!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:54:31.92 ID:9CbVPAWA0
ちひろ「はい?」

P「アイドルの子達って皆すごい個性的じゃないですか」

ちひろ「武器になりますからね」

P「もう圧倒されっぱなしなんですよ」

ちひろ「はあ……」

P「というわけでですね、その子の個性を俺が演じるんです。 倍返しで」

ちひろ「それで、自分を知ってもらうというわけですか?」

P「あとささやかなストレス解消です」

ちひろ「言い切った、言い切りましたね」

P「はい、衣装とヅラは用意してあります」

ちひろ「うわぁ……入り口の監視カメラで誰が来たかを教えればいいですか?」

P「はい!」

ちひろ「早速>>3が来ましたよ!」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 23:56:13.67 ID:QuXCcxuc0
ウサミン


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:02:38.05 ID:YzjGKtX+0
ちひろ「菜々さんです!」

P「わかりました、ポニテヅラとメイド服で……骨格調整!」

ベキバキボキ!

ちひろ「ひいいい!?」

がちゃ

菜々「おはようございますー」

P「おはようございますご主人様! Pは今日もウサミン星から愛と電波を貴方のハートにズッキュン☆しちゃいますよ(はぁと)」

菜々「……へ?」

P「もー☆ 何ぼーっとしてるんですかご主人様!」

菜々「あ、あの?」

P「そんな低いテンションじゃメッですよ?」

菜々「あの……これは一体……」

P「今日もるんるうぐっ!?」

菜々「ひいい!? どうしたんですかプロデューサー!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:07:16.41 ID:YzjGKtX+0
P「あ、あれー? Pは17歳のはずなのにどうして昨日のお酒が肝臓に……」

菜々「ナ、ナナの真似ですかあ!?」

P「二日酔いかな……頭がガンガンする……」

菜々「ナナはお酒なんて飲めませんよ! 未成年ですよ!」

P「そうだよね……エステにも最近行ってないし……」

菜々「やめてくださーい!」

P「はい、もういいですね」

ちひろ「もう、見てられませんでしたよ」

菜々「え? ちひろさん?」

P「まあ一種のドッキリですよ」

菜々「え、え?」

ちひろ「つまりこういうことでして……」

菜々「えっと、どうして敬語なんですか?」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:11:31.25 ID:YzjGKtX+0
P「いやそれは菜々さんですし」

ちひろ「ね?」

菜々「ね? じゃないですっ! ナナは17歳ですよ!」

P「はいはいじゅうななさいななさんじゅうなさい」

菜々「37なんて、そんなに歳いってませんよ!」

P「じゃあ何歳なんです?」

菜々「にじ……17歳です!」

P「ナナは自分を曲げないよ!」

ちひろ「気持ち悪いですって!」

菜々「それみくちゃんじゃないですか!」


P「こんな感じですかね」

ちひろ「えっと次は……>>13です!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:13:40.57 ID:kkZm3+EO0
支援
まゆ


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:13:44.61 ID:C0SPAHLU0


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:18:27.18 ID:YzjGKtX+0
ちひろ「杏ちゃんです!」

P「え、杏自分から来たんですか?」

ちひろ「なにげにひどいですね、はいカツラです」

P「ありがとうございます、骨格調整!」

ちひろ「それエグいですよ……」

P「見ないほうがいいですよ、はっはっは!」

がちゃ

杏「おはよ」

P「……Zzzzz」

杏「……杏と同じ髪型のカツラと服で何してるの?」

P「……んがっ……」

杏「……起きろ」

べしっ

P「……何すんだよ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:23:50.13 ID:YzjGKtX+0
杏「何してんの?」

P「だるいから寝てるんだけど」

杏「今日何も無いの?」

P「何があったか確認するのもめんどくさい……」

杏「じゃあだらけてようよ」

P「だらけるのもめんどくさい……飴くれ」

杏「それは杏の専売特許だよ」

P「今日は仕事休んじゃおうかな」

杏「いいね、一緒にだらけてようよ」

P「寝るか……」

杏「おやすみー……」

P「Zzzz……」

杏「ぐー……」

ちひろ「……何やってんですか!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:29:49.35 ID:YzjGKtX+0
P「いやいや、つい」

ちひろ「ついじゃないですよ! どうするつもりだったんですか!」

杏「いいじゃん一緒に寝てようよ」

P「で、杏より杏らしい人がいる気分はどうだった?」

杏「別にー、一緒にだらければいいし」

P「あのな……」

ちひろ「さあ杏ちゃん、レッスンですよ」

杏「嫌だ! 杏は寝るんだ!」

P「1名様ご案内ー」

杏「やめろおおおおぉぉぉぉ……」


ちひろ「杏ちゃんが二人に増えただけでしたよ?」

P「もうちょっと廃人っぽくしたほうが良かったですかね」

ちひろ「それはまた違う気が……>>22が来ました!」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:31:31.71 ID:LTVQyuaT0
にょわー☆


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:31:55.09 ID:6g7h+thJ0
のあさん


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:31:56.99 ID:L1wUivPw0
のあさん


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:38:25.16 ID:YzjGKtX+0
ちひろ「のあちゃんです!」

P「のあさんにちゃん付け!? アナタ何歳ですか」

ちひろ「……うふ」

P「銀髪ロングのヅラとメイド服だな、ネコミミで……胸元が心許ないが仕方ない、骨格調整!」

ちひろ「うわ……頑張ってくださいね」

がちゃ

のあ「…………」

P「……おはよう……のあ……」

のあ「…………何?」

P「……挨拶は……大事でしょう……?」

のあ「……そうね……おはよう……」

P「……ふっ……」

のあ「……何の真似かしら」

P「…………別に、意味など無いわ」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:41:30.30 ID:aDX0I9UR0
喧嘩売ってるようにしか見えんぞww


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:42:39.54 ID:v2QVoqfXO
何でオカマになってんだよwwwww


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:43:31.40 ID:YzjGKtX+0
のあ「……気に食わないわ」

P「……何が?」

のあ「…………どういうつもり?」

P「……服と髪型を真似することにより、あなたの位置付けと印象を探査中……」

のあ「…………そう」

P「ええ…………」

のあ「…………」

P「…………」

のあ「…………」

P「…………にゃん」

のあ「…………気色悪い」

P「ひどい、心折れた」

ちひろ「……お疲れ様です」

のあ「…………ちひろ……?」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:48:45.68 ID:YzjGKtX+0
P「実はアイドルになりきってみようと」

ちひろ「客観的に見るのも大事ですが主観で見てみようという話です」

のあ「……それで、私の真似を?」

P「はい、いや本当すいません」

ちひろ「似てませんでしたものね……」

P「仕方ないでしょう? あんな雰囲気出せませんよ」

のあ「……P、ちょっと」

P「はい?」

のあ「……あの服は、好みだったのかしら?」

P「それなりには」

のあ「……今度二人きりの時……貴方のメイドになってあげる…………にゃん」

P「」


ちひろ「大丈夫ですか?」

P「な、なんとか……」

ちひろ「次は>>38ですよ>>38!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:49:27.26 ID:SNzIRlmI0
服部瞳子さん!


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:49:34.12 ID:tdjDiB+y0
島村さん


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:50:27.55 ID:FdwxC8aH0
これは難問


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:51:00.80 ID:L1wUivPw0
簡単そうに見えて一番難しいな


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 00:55:38.90 ID:YzjGKtX+0
ちひろ「卯月ちゃんです!」

P「何ィ!? 最難関が!」

ちひろ「どういう意味ですか!」

P「あの普通力(ふつうぢから)を倍に……とにかく変装と骨格調整!」

ちひろ「そのボキボキって音何とかなりません?」

P「それは無理ですねー」

がちゃ

卯月「おはようございます!」

P「おはようございます!! 島村卯月さん!!」

卯月「え、どうしちゃったんですか?」

P「どうもこうもありませんよ? 島村卯月です!」

卯月「へ? ……私の真似ですか?」

P「どうしてそう思ったんですか? 島村卯月です!」

卯月「名前言ってるじゃないですか!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:03:03.55 ID:YzjGKtX+0
P「もう覚えてもらえました? 島村卯月です!」

卯月「卯月は私ですよ! プロデューサーさんの本名は[検閲により削除]じゃないですか」

P「そうですね、島村卯月ですよ!」

卯月「もうっ! プロデューサーさんなんて嫌いですっ!」

P「やめて、お願いだから嫌わないで!」

ちひろ「そうですよ卯月ちゃん」

卯月「へ、ちひろさん?」

ちひろ「じつはかくかくしかじかで……」

卯月「なるほど……でもひどいですっ」

P「お前の普通力を表現するのは無理だった、だって普通なんだもん」

卯月「もう……あんまりアイドルの子をいじめちゃだめですよ?」

P「うん、大丈夫」

卯月「それでは島村卯月、頑張ってレッスンしてきます!」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:09:14.45 ID:YzjGKtX+0
P「そうか、頑張るを忘れてた」

ちひろ「そういうことじゃないと思うんですけど……」

P「最初の頃は名前覚えてもらうまで不安そうだったので、そのイメージでした」

ちひろ「何か選挙みたいでしたよ?」

P「ですよね……」

ちひろ「さ、仕切りなおして次いきましょう」

P「ノってきましたね」

ちひろ「いいじゃないですか、息抜きですよ息抜き」

P(のあさんの破壊力が尋常じゃなかったのは黙ってよう……)

ちひろ「来ましたね、>>54です」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:09:48.92 ID:j1VCDY9R0
きらり!


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:09:53.68 ID:LTVQyuaT0
きらりん


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:09:55.48 ID:O5A3pbzv0
姫川友紀


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:15:33.47 ID:YzjGKtX+0
ちひろ「友紀ちゃんですよ」

P「友紀はどうするかはもう決めてある、戦争になるかもしれません」

ちひろ「ええ……何をするつもりですか」

P「B☆ズのユニとビールで完璧! 骨格調整!」

ちひろ「ベキボキ鳴るのはいいんですが、どう調整してるんですか?」

P「知らない方がいいですよ?」

がちゃ

友紀「おっはよー!」

P「おはよ!」

友紀「あれ? Bのユニなんか着てどうしたの?」

P「出たな成金球団!」

友紀「ふぁっ!?」

P「金にあかせて色々強奪しやがって! これがビール飲まずにいられるか!」

友紀「ちょっとどうしちゃったの!?」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:22:02.16 ID:J6YwAoqP0
やきうのお兄ちゃんVSやきうのお姉ちゃん
戦争になるで……


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:22:25.87 ID:YzjGKtX+0
P「いいから高校野球見るよ!」

友紀「この時期何もやってないよ?」

P「やってるんだよこれが」

友紀「へー、私もビール飲んでいいの?」

P「ノンアルなら」

友紀「ぷはー☆ いいねー!」

P「……オラァ! 今の捕れるやろがい!」

友紀「そうだそうだー!」

P「ちゃんと腰落として捕らんかい! そんなだから緒戦負けばかりなんや!」

友紀「春が終わっちゃうぞー! 夏までなんて悠長な事は言ったらだめだー!」

P「ピッチャーアカンな」

友紀「そだね、これは今年もきついかな?」

P「ビールうめぇ」

ちひろ「何普通に野球観戦してるんですか!」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:23:51.06 ID:v2QVoqfXO
ただのおっさん同士じゃねえかwwwww


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:26:34.61 ID:YzjGKtX+0
P「へ?」

友紀「ちひろさんおはよ!」

ちひろ「おはよじゃありませんよ、趣旨忘れてますね?」

P「そうでした、かくかくしかじかで」

友紀「これこれうまうま、と」

P「そういうわけ、俺は何処のファンでもないよ」

友紀「そうなんだ! じゃあキャッツの応援しに行こうよ!」

P「今日はまずレッスンを頑張ってくれ」

友紀「はーい!」

ばたん


P「あやうく夕食後の野球観戦モードになるところでした」

ちひろ「どうして関西弁だったんですか?」

P「いやこう……Jを意識しまして……」

ちひろ「……? あ、>>75が来ました」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:27:08.09 ID:tEeW9ybsO
橘さん


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:27:20.62 ID:IlkStV+C0
日菜子


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:27:21.49 ID:j1VCDY9R0
きらりん


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:35:28.67 ID:YzjGKtX+0
ちひろ「きらりちゃんです!」

P「きらりですか、よし……ヅラと厚底ブーツとあいつの私服モドキで……骨格調整!」

かぽかぽ

ちひろ「かぽかぽ?」

P「ええ、全身の関節を多少浮かせてます、そうすれば身長少し伸びますから」

ちひろ「ひいいい!?」

ばたーん!

きらり「にょっわー! Pちゃんおっすおっす!」

P「にょわわわー!! きらりちゃんおっすおっすおっす!!」

ちひろ(え、何これ)

きらり「Pちゃんきらりのカッコしてゆのー?」

P「そうだにぃ☆ いっしょにはぴはぴすううううう?」

きらり「すうぅぅぅぅ!」


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:40:16.67 ID:YzjGKtX+0
P「うっきゃー!! Pきらりといっしょでお胸がドキドキすゆー!」

きらり「て、照れちゃうにぃ……」

P「もっと元気にはぴはぴするにぃ☆☆」

きらり「にょわー!」

P「せーのっ」

「「きらりん☆☆☆」」

P「……もう無理……」

ゴキ ガリ ガポン

きらり「うきゃ? Pちゃん大丈夫かにぃ?」

P「大丈夫だよ、流石に全身の関節という関節を浮かせるのは無理があったか」

ちひろ「おはようきらりちゃん、もう一人きらりちゃんがいるのはどうだった?」

きらり「不思議だったにぃ……でも仲良くなりたーい☆」

P「きらりはいい子だなぁ」

ちひろ「ですねー……」


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:47:04.31 ID:YzjGKtX+0
きらり「でもでもぉ……」

P「ん?」

きらり「もう一人のきらりとPちゃんの取り合いっこしちゃいそうだからきらりは一人でいいの☆」

P「あはは……ありがとう」

きらり「むぎゅー!」

P「うわわ、離せ!」

きらり「どきどきしてゆのわかるー?」

P「……ああ、わかるよ」

きらり「照れゆー! レッスン行ってくるにぃ♪」

ばたん


P「きらりは本当にいい子だと思います」

ちひろ「そうですね、今日来る予定の有る子は>>90で最後ですよね?」

P「はい」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:47:27.40 ID:V6i6ZJ9zO
吉岡沙紀


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:47:35.66 ID:J6YwAoqP0
幸子


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:47:37.56 ID:C0SPAHLU0
あつみ


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:51:04.70 ID:KPxsnvNi0
アカン・・・


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:51:37.24 ID:YzjGKtX+0
ちひろ「愛海ちゃんですよ」

P「あー……ヅラ用意、骨格調整してから服装着」

ちひろ「小柄になるにはどうすればいいんですか?」

P「こう、縮めるように」

ちひろ「聞いてるだけで痛いです……」

P「えーと、ちひろさん」

ちひろ「なんでしょう?」

P「軽蔑しないで下さいね」

ちひろ「は?」

ばたーん

愛海「おはようございますっ!」

P「フヒュー……カヒュー……」

わきわき

愛海「……え?」


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 01:55:32.38 ID:YzjGKtX+0
P「フヒヒ……揉むんだ……揉んじゃうんだ……」

わきわき

愛海「ひぃっ……」

P「ふひゅひゅひゅひゅ……おっぱい……おっぱいはどこじゃあ……」

わきわきわき

愛海「う……えぅ……」

P「あったああああああ! おっぱあああああああ!」

がばぁ

愛海「いやああああああああ!!」

ちひろ「はいそこまで!」

バゴン

P「」

愛海「ひっ……ひっ……」

ちひろ「ごめんね……愛海ちゃん……」


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:01:10.89 ID:YzjGKtX+0
愛海「うわああああああん! 怖かったよおおおおお!」

ちひろ「よしよし」


ちひろ「実はアイドルの個性を真似してみようっていう企画でね?」

愛海「あたしあんなのですか……?」

P「いや、あくまで倍にして男が演じてるからああなるだけだよ」

愛海「ひぃっ!?」

P「済まない、どうしてもああなっちゃってな」

愛海「プロデューサーは、揉みたいの?」

P「へぇ!? 俺も男だから一応欲求はあるけど」

愛海「そっか♪ あと4年待っててね?」

P「は?」

愛海「なーいしょ♪」


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:02:20.99 ID:J6YwAoqP0
恐ろしい娘だ


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:06:36.80 ID:YzjGKtX+0
P「全く……」

ちひろ「あれは最低だと思いますけどね」

P「俺もそう思います……今回の企画どうでした?」

ちひろ「個性ってその子だから合うんだと改めて認識しました」

P「ですね、またやってみたいですけど」

ちひろ「懲りませんね」

P「ええ、あいつらの事はもっと知りたいですから」

ちひろ「いいこと言ってる風ですけど行動が行動ですからね……」

P「またいつか暇なときにやります?」

ちひろ「そうですね、それじゃあお仕事しましょう!」

P「はい、今日も頑張りましょう」

ちひろ(私のモノマネとかどうなるんでしょう?)

P「ククク……課金者は私の指でも舐めてればいいのよ……」

ちひろ「ちょっと!?」


おわり


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:06:59.89 ID:KPxsnvNi0
おっつおっつ!面白かった!


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/16(土) 02:08:23.27 ID:FdwxC8aH0
終わりかよw
面白かったしもう少し見たかったけど乙


115 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/02/16(土) 02:11:13.91 ID:J6YwAoqP0


やはりプロデューサーは化け物じゃないと勤まらないのか





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「モバマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ