Powered By 画RSS


P「Zzzzz」千早「……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:22:32.41 ID:9cz5RG4J0
P「Zzzzz」

千早「プロデューサー」

P「Zzzzz」

千早「プロデューサー?」




4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:23:34.35 ID:9cz5RG4J0
P「Zzzzz」

千早「寝てますかー?」

P「Zzzzz」

千早「寝てますねー?」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:24:30.00 ID:9cz5RG4J0
千早「事務所のソファで、無防備な」

千早「誰も、いないわよね……」

千早「――うん、大丈夫」

P「Zzzzz」

千早「……隣、失礼しますよ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:25:47.13 ID:9cz5RG4J0
千早「手、大きいですね」

千早「……あったかい」

P「Zzzzz」

千早「この前」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:27:14.64 ID:9cz5RG4J0
千早「プロデューサー、春香からクッキー貰ってましたね」

千早「あんなに嬉しそうな顔して……スケベ」

千早「私だって……頑張りますから」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:28:47.11 ID:9cz5RG4J0
P「Zzzzz」

千早「今日の朝、伊織に叱られたのに、なにか嬉しそうでしたね」

千早「そういう性癖なんですか。なら、私も、伊織みたいになりますよ?」

千早「この、ば、ば~か……」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:29:12.17 ID:WqYJJtqg0
ちーちゃんかわいい


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:30:23.67 ID:9cz5RG4J0
千早「あずささんにも、デレデレしてますよね」

千早「胸ですか。それとも、あんなおっとりしたお姉さんが好みですか」

千早「……私が迷子になったら、必死で探してくれますか?」

千早「あらあらー」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:31:50.89 ID:9cz5RG4J0
千早「高槻さんにも、甘々ですね。気持ちは、分かりますけど」

千早「私も、頭撫でてほしいです……」

千早「うっうー、プロデューサー、頭撫でてくださいー」

千早「……私には、無理だわ」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:34:20.61 ID:9cz5RG4J0
千早「この前、真がかっこいいって、クラスの女子が言っているのを聞きました」

千早「でも、真は一番、女の子らしいと私は思います」

千早「この前、プロデューサーに可愛いって言われた時の顔、すごかったですよ」

千早「きゃぴきゃぴー」

千早「……可愛いく、ないですね」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:36:12.27 ID:9cz5RG4J0
千早「でも、亜美真美には、しょっちゅう可愛いって言ってますよね」

千早「兄(C)」

千早「んっふっふー、眠ってる兄(C)に、いたずらしちゃいますよー」

千早「ほっぺた、つんつんしちゃうぞー」

千早「……意外と、柔らかい」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:37:48.20 ID:9cz5RG4J0
千早「意外と言えば、プロデューサー」

千早「数日前、街中で、萩原さんと何してたんですか」

千早「二人で、アイスなんか食べて」

千早「デートですか」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:39:43.33 ID:9cz5RG4J0
千早「嫉妬なんて、してませんよ」

千早「……してませんよ」

千早「あくまで、プロデューサーの仕事ですよね」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:41:37.87 ID:9cz5RG4J0
千早「プロデューサーといえば、律子だってズルいです」

千早「同じプロデューサーだから、一緒にいる機会がただでさえ多いのに」

千早「二人で会議って、あんなに必要ないはずです」

千早「だ、だーりん……」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:43:12.61 ID:9cz5RG4J0
千早「……そう言ってるの、前に一度、聞いちゃったんですからね」

千早「それとも、こっちのほうがいいですか」

千早「あなた様」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:45:15.10 ID:9cz5RG4J0
千早「正直、四条さんのことは良く分からないけど」

千早「それでも、プロデューサーに好意を持っているのは、分かります」

千早「お尻が、大きいほうがいいんですか」

千早「…………変態」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:46:27.96 ID:YGg3N+ki0
千早はかわいいなあ


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:46:55.73 ID:c0Jc6bG/0
なんだこの天使は


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:47:25.81 ID:9cz5RG4J0
千早「変態……そう言えば、我那覇さんが良く言ってたわね……」

千早「……我那覇さんに何してたんですか。変態プロデューサー」

千早「アイドル達に、迷惑です」

千早「その……私で、我慢しませんか」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:49:48.71 ID:9cz5RG4J0
千早「そんな、美希みたいに自分の欲に一直線だと、いざという時に苦労しますよ」

千早「それとも、デレデレな女の子のほうがいいんですか」

千早「……は、はにー」

千早「はにー、だーい好きなの」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:52:41.64 ID:9cz5RG4J0
千早「……抱きついても、いいですか?」

千早「……抱きつき、ますよ?」

P「Zzzzz」

千早「いいんですね……?」

千早「本当に、抱きつきますよ……?」

千早「失礼、します……」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:56:41.82 ID:9cz5RG4J0
千早「千早は、プロデューサーのことがだーい好きなの」

P「Zzzzz」

千早「……」

千早「……プロデューサー」

千早「……まだ、寝てますか?」

千早「……本当は起きている、とかじゃないんですか?」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 01:58:42.55 ID:9cz5RG4J0
千早「ねえ、プロデ――」

P「Zzzzz」

千早「……」

P「Zzzzz」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:00:15.56 ID:9cz5RG4J0
千早「……プロデューサー、私……」

千早「……――です」

千早「――たい、です」

千早「飛んで、みたいんです」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:00:52.14 ID:9cz5RG4J0
千早「あなたの、空を」

千早「誰よりも、誰よりも高く……」

P「Zzzzz」

千早「起きて、私を抱きしめてください……!!」

………………
…………
……


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:02:33.07 ID:9cz5RG4J0
千早「プロデューサー、起きてください」

P「――……あ、千早……?」

千早「こんなとこで寝ると、風邪ひきますよ」

P「あー、すまん……」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:04:33.97 ID:9cz5RG4J0
千早「すごい寝汗」

P「……本当だな。シャツがびっしょり」

千早「それじゃあ私、もう帰りますね」

P「あ、ああ。お疲れ」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:06:31.01 ID:9cz5RG4J0
千早「……いつのまにか、外は真っ暗」

千早「でも、街の灯りがとっても綺麗ね……」

千早「こんなつらい気持ち初めて感じちゃった――」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:10:17.77 ID:9cz5RG4J0
――映画やドラマみたいなキレイゴトと違う

ホントにバカな私 後悔先に立たず

時間が戻せるなら少しはマシになれる?


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:12:54.74 ID:9cz5RG4J0
広い世界で一人あなたが好きでよかった
そ・れ・だ・け

少女「ほら、赤信号だから、ちゃんと手を握って」

千早「あ……」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:14:37.31 ID:9cz5RG4J0
思い出をありがとう 勇気までもらえた

悲しみや切なさ 今日ですべてサヨウナラ

街を行く人たち 生き方もイロイロ

クヨクヨするのはカッコ悪い見本かもね


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:16:29.75 ID:9cz5RG4J0
少女「あ、青になった! でもちゃんと、右見て、左見て……よし、行こう!!」

少年「うん、お姉ちゃん!!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:19:53.00 ID:9cz5RG4J0
いつも自分のことしか見えてなくてごめんなさい。

こんな私に優しくしてくれてとても感謝しています。

この気持ちを今あえて言葉にするなら……

「ありがとう」……かな?


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:22:31.46 ID:9cz5RG4J0
千早「…………」

千早「…………」

千早「――あ、お母さん……?」

千早「……ううん、ただ、かけてみただけ……」

千早「その……」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:23:49.65 ID:9cz5RG4J0
千早「いつも、ありがとう」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:24:57.05 ID:9cz5RG4J0
思い出をありがとう 勇気までもらえた

悲しみや切なさ 今日ですべてサヨウナラ

吹き抜ける秋風 涙腺も枯れたし

行き慣れた通りを胸を張って歩いてみる



おわり


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:26:12.13 ID:YGg3N+ki0
おつ。気持ちよく寝れそうだわ


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:28:30.46 ID:c0Jc6bG/0

やっぱり天使だった


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:30:31.79 ID:9cz5RG4J0
読んでいただき、ありがとうございます。

ほのぼのしたものを書こうと思っていたのに、なんかちょっと違ちゃったね。


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/18(月) 02:32:19.94 ID:9cz5RG4J0
小鳥さん、亜美真美、律子、やよいと書いて、今回千早SSを書いてみました。

お気に召されたでしょうか。

目指せ全員執筆コンプリート


76 : 忍法帖【Lv=7,xxxP】(1+0:15) 2013/02/18(月) 02:32:36.42 ID:yIvFHZpq0





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アイマス」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ