Powered By 画RSS


亀山「右京さん!生っすかですよ、生っすか!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 22:42:41.35 ID:5xPvghkC0
亀山「おはようございます!」

右京「おはようございます」

亀山「あれ?右京さん、何持ってるんすか?」

右京「アイドルマスターの生っすかSPECIALです。今日は、これを流してみようと思いまして」

亀山「おっ、いいっすねえ。ここんとこ、ずっと暇ですもんね」

右京「ええ、特別に命令があればなんでもするのが、僕たち特命係ですから」

亀山「命令がなきゃ、なーんもやることないですもんね」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 22:45:45.29 ID:5xPvghkC0
右京「では、SPECIAL 01からいきましょう」

亀山「こりゃ、ジャケットがもう反則ですよ。ねえ右京さん」

右京「ええ、これはプロデューサーたちの心を掴んだと思いますよ」

亀山「これ聴いたら、次も買いたくなっちゃいますよねえ」

右京「同感です」


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 22:49:13.19 ID:5xPvghkC0
伊丹「おい、特命係の亀山ぁ~」

亀山「あん?何だよお前ら、何か用か?」

芹沢「金子警部から、この書類を特命に届けるように言われてきたんですよ」

右京「以前摘発した、銃器のリストですか」

伊丹「ええ、確認の程、どうぞよろしく……ところで、なんですか? この……BGM?」

三浦「こりゃあ、生っすかSPECIALの01だな」

伊丹「はぁ?」


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 22:53:50.08 ID:5xPvghkC0
『我那覇 響のかわいいチャレンジ、いってみるのー!』

亀山「このトークが、生っすかSPECIALの魅力っすよね!」

右京「ええ、アニメを見ていれば、より楽しめます」

伊丹「なんだ、ラジオかよ」

亀山「ラジオじゃねえよ、生っすかだ」

三浦「警部殿。こちら、後でお借りしても?」

右京「かまいませんよ」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 22:58:57.60 ID:5xPvghkC0
右京「四条貴音には、儚げな歌が似合いますねえ」

亀山「貴音ちゃんの歌を聴いてると、なぜかラーメンが食いたくなるんすよね」

芹沢「ラーメンかあ……どうっすか、先輩。今日の昼、ラーメン食いに行きません?」

伊丹「……俺ぁ当分ラーメンは食いたくねえ」

亀山「なんだ、腹でも壊したのかよ?軟弱な胃袋だな」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:02:17.57 ID:5xPvghkC0
伊丹「それどころの話じゃねえよ!死ぬとこだったんだぞ!」

亀山「またまた大げさなヤツだなお前」

芹沢「あれ、知りません?こないだ、先輩ったらラーメンに毒を……」

伊丹「黙ってろ!いいか、お前にだけは絶対、死んでも言わねえからな!」

亀山「あーハイハイ、別に知りたくもねえよ! ほら、用が済んだら、帰った帰った!」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:07:15.01 ID:5xPvghkC0
右京「SPECIAL 02ですか。君は水瀬伊織がお気に入りでしたねえ」

亀山「そうなんすよ。ここの伊織ちゃんのトークがね、もうね、可愛いったらないの」

右京「君も、今度から語尾に『だぴょん』をつけてみてはどうですか?」

亀山「あ、いいっすか? じゃ、お言葉に甘えて……んん゛っ……」

亀山「『警視庁特命係の、亀山薫だぴょん!運転免許試験場が、俺を待ってるんだぴょん!』」

右京「……」

亀山「……何か、言ってくださいよ」

右京「まさか、本当にやるとは思いませんでした」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:09:50.40 ID:6jzl+49c0
亀山……


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:11:24.09 ID:5xPvghkC0
角田「よっ、暇か?」

亀山「ええ、暇ですよぉ」

角田「なんだ暇かよ。じゃあもう、あれだ。『特に暇な係』ってことで『特暇係』に改名しちゃえよ、なっ?」

亀山「そういう課長こそ、ここんとこ毎日来てるじゃないすか。『角田』から『暇田』に改名しちゃいますよ?」

角田「俺ぁお前らほどの暇人じゃねえよ。で、何コレ? 何聴いてんの?」

右京「生っすかSPECIALです」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:13:46.22 ID:5xPvghkC0
亀山「次はSPECIAL03っすね」

右京「しかし、プロデューサーさんまで歌を歌うとは思いませんでしたねえ」

亀山「ええ、まさに『働く俺たちの歌!』って感じですよね」

角田「よく言うよ、毎日暇してるクセに」

亀山「あっ、そんなこと言うんだ。もうコーヒー入れてあげない」

角田「おっ、おいおい、そりゃーねえだろ?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:17:40.98 ID:5xPvghkC0
亀山「SPECIAL04っすね。右京さんの好きな、春香ちゃんが出てますよ?」

右京「知ってます」

亀山「お、右京さん!春香チャレンジですよ、春香チャレンジ」

右京「亀山くん、『閣下』と呼んでください」

亀山「ま、まさか、右京さんも支配されちゃったんじゃ……?」

右京「どうでしょうねえ……」

角田「何言ってんだ、お前ら」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:18:14.95 ID:p1nzIBGX0
楽しそうだな


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:21:31.21 ID:5xPvghkC0
右京「次のSPECIAL05で最後です」

亀山「トークもいいんすけど、やっぱりアイドルは歌ですよ! ねえ右京さん」

右京「ええ。既存曲のカバーも、アイドルマスターの魅力のひとつですから」

亀山「いやー、やっぱり千早ちゃんは歌が上手っすね」

右京「僕は、音無小鳥の歌も評価していますよ」

角田「ふーん、なんか忙しそうだな。俺もう行くわ。コーヒーごっそさん」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:25:24.00 ID:5xPvghkC0
亀山「ふー、終わった終わった……あり?何だこりゃ……」ピラッ

右京「それはシークレットイベント参加の応募券です。01から05までの応募券を集めて送ると、抽選で招待されるようですよ」

亀山「へえー……あれ?じゃあ俺、応募できますよ、右京さん!」

右京「僕は、もうとっくに応募してあります」

亀山「えーと、なになに……って、コレ、締切明日?!ち、ちょっと俺、今から行ってきます!」ガタッ


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:28:59.48 ID:5xPvghkC0
花の里
右京「……」

亀山「はぁ……」

たまき「お二人とも、元気ないですね。どうされたんですか?」

右京「……いえ、大したことではありません」

亀山「いやね、結局当たんなかったんすよ、シークレットイベント」

美和子「ああ、それなら当てたわよ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:32:54.15 ID:5xPvghkC0
亀山「なっ、何ぃ?!そりゃホントかよ?」

美和子「うん。なんか知らないけど当たっちゃった、二人分」

亀山「ふ、二人分って、なんでまた?」

美和子「いやねぇ、たまきさんを誘おうと思ってたんだけどさ、急にお店の予約が入ってこれないって言うんだもん」

たまき「ごめんなさいね。常連さんだったから、どーしても断れなくて」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:37:11.54 ID:5xPvghkC0
亀山「……なあ美和子、それ……」

美和子「やだ」

亀山「まだ何も言ってねえだろ!」

美和子「わかるわよ。どーせ『チケットくれぇ!』とかって言うんでしょ?」

亀山「う……だってよ、たまきさんも来れないんだろ? ひとりで二人分、どうすんだぴょん?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:37:49.32 ID:TCmbBq9Y0
ぴょんやめろww


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:40:27.46 ID:5xPvghkC0
美和子「そうなのよー……ひとりで行くのも何だかなーって思ってたの……」

亀山「だろ?! だから、ホラ! 俺と右京さんで、行ってきてやるから!」

美和子「うーん、でもなぁ……」

右京「以前、エレベーターで足を踏んづけられた時は、痛かったですねえ……」ボソッ

美和子「わっ、ちょっと右京さん! シーッ、シーッ!」

右京「……それで、どうでしょう?」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:46:27.45 ID:5xPvghkC0
亀山「いやー、よかったっすね。無事に来れて」

右京「ええ、会場はあちらのようですね」

亀山「いやー、なんかワクワクしますね! こう、浮き足だっちゃうっていうか」

ワイワイガヤガヤ

亀山「うっわ、すごい人だかりっすね」

右京「開始まであと30分ほどです。そろそろ会場に入りましょうか」

亀山「うっす!」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:49:17.36 ID:5xPvghkC0
亀山「ここかあ……あっ、右京さん! あっちに何か売ってますよ!」

右京「亀山くん、あまりキョロキョロしないでください」

亀山「うわっ、なんだありゃ! 俺、ちょっと見てきます!」

右京「……仕方がありませんねえ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:52:48.96 ID:5xPvghkC0
紳士「この会場、暑いなあ……」フキフキ

右京「おや、良いハンカチをお使いですね」

紳士「は?」

右京「今のは、アイドルマスターのハンカチではないですか?それも、イベントでしか手に入らない物だったと記憶しています」

紳士「え、ええ……なかなか詳しいですね」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/14(木) 23:56:21.38 ID:5xPvghkC0
右京「実は僕、マニアなんですよ。ああ、ここではプロデューサーと言う方が正しいでしょうか」

紳士「ここにいるんですから、そうですよね。ちなみに、あなたはどの子が……?」

右京「僕はやはり、天海春香ですねぇ」

紳士「いやぁ、なかなか気が合いますね。実はこのハンカチも……」ピラッ

右京「ああ、天海春香が、愛らしく描かれていますね」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:00:15.57 ID:kBXt6u/60
亀山「あっ、いた! 右京さん!」

紳士「……それでは、私はこれで」ペコリ

右京「どうも」

亀山「もう、だめですよはぐれちゃ」

右京「おや、はぐれたのは君じゃありませんか」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:03:39.41 ID:kBXt6u/60
ガヤガヤ ガヤガヤ

亀山「いよいよですね、右京さん!」

右京「ええ、そうですねえ」

10分後

亀山「……なかなか始まらないっすね」

右京「トラブルにしても、何も説明がないのは、いささか妙ですね」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:08:05.54 ID:kBXt6u/60
ピンポンパンポーン

「お客様にお伝えします。申し訳ありませんが、しばらくその場を動かないようにお願いいたします。繰り返します……」


亀山「な、何かあったんすかね……?」

右京「亀山くん、静かに」

ウーウー ウーウー……

亀山「右京さん、これ……パトカーのサイレンじゃ……」

右京「そのようですね、行きましょう」

亀山「え? いや、ちょっと! たった今、動かないでって……あーもう!」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:13:20.09 ID:kBXt6u/60
亀山「し、死体?! 死体が見つかったっていうんすか?」

警官「ええ、ここのトイレで発見されまして……見つけたのは、イベントのスタッフだそうです」

右京「現場の状況は?」

警官「現在、鑑識が捜査しています。一応、通報時に中にいた客は、帰らせないように指示してあります」

右京「どうもありがとう」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:16:14.55 ID:kBXt6u/60
伊丹「おい、特命係の亀山ぁ~」

亀山「てめえは……いちいち肩書きつけるんじゃねえよ!」

伊丹「うるせえ! 何で俺たちより早く現場にいるんだよ?!」

三浦「ひょっとして、警部殿は今日のイベントに参加する予定で?」

右京「ええ。こんな事態になって、非常に残念です」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:20:48.12 ID:kBXt6u/60
米沢「おや、杉下警部。いらしてたんですか」

右京「どうも。それで、どうでしたか?」

米沢「現場は、この会場の男子トイレです。死因は失血死、凶器は恐らく、ナイフや包丁のようなものかと」

右京「ようなもの、とは?」

米沢「傷口の形状から、そう判断しました。現場に凶器はありませんでしたから」

亀山「ってことは、他殺?」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:24:42.97 ID:kBXt6u/60
米沢「財布などの、金品の類も奪われているようですし、間違いないでしょう。まあ、わざわざこんな場所で自殺する人は、まずいないでしょうな」

右京「同感です。現場を見せていただいても?」

米沢「どうぞ、こちらです」

伊丹「ちょおっと待て! お前らはここにいろ!」

亀山「は、ケチケチしてんじゃねえよ!」

伊丹「うるせえ! 犯行時刻に現場にいたってこたぁ、お前らも一応、容・疑・者だからな!」

亀山「なにぃ?!」

右京「亀山くん、伊丹さんの言い分ももっともです。ここは、引き下がるとしましょう」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:28:54.47 ID:kBXt6u/60
亀山「それで、どうするんすか?」

右京「僕は、少し調べたいことがあります。ここからは、別々に行動しましょう」

亀山「べ、別行動ったって……」

右京「ああ、何かわかったことがあれば、携帯に連絡してください」

亀山「あっ、ちょっと! 右京さん?! ……どーすんの?」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:32:14.75 ID:kBXt6u/60
事件現場
三浦「アイマスのイベント会場でも事件の捜査たぁな……因果な商売だぜ」

亀山「どう? 捜査、進んでる?」

伊丹「くるぁ! イベント参加者の亀山ァ~、現場にゃ来るなって言ったろ!」

芹沢「先輩、ガイシャの身元が分かりました!」

三浦「で、誰だったんだ? このプロデュー……ホトケは」


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:37:07.05 ID:kBXt6u/60
芹沢「ええ、都内在住のサラリーマンでした。今回のイベントには、ネットで知り合った仲間と来てたそうです」

亀山「ん? なんだよその、ネットの仲間って」

芹沢「会場内の客に聞き込みをしたところ、その仲間だってヤツがいたんですよ。今、メンバー全員を集めさせてます」

三浦「じゃあ、そいつらの話を聞きに行くか」

伊丹「ああ……おっと、一応、容疑者の亀山、お前は来るんじゃねえぞ!」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:43:42.99 ID:kBXt6u/60
亀山「へっ、なんだってんだまったく」

アーマクミタラバー♪マッサカサマフライアウェー♪
亀山「おっ……もしもし、右京さん?」ピッ

右京『亀山くん、そっちはどうですか?』

亀山「ええ、実はですね……」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:47:32.90 ID:kBXt6u/60
右京「なるほど」

亀山「今、あいつらが話を聞きにいってます。右京さんは、何してたんすか?」

右京「凶器を探していました」

亀山「きょうき?」

右京「ええ、被害者の命を奪った凶器です」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:51:44.22 ID:kBXt6u/60
亀山「それで、どうだったんすか?」

右京「……」スッ

亀山「み、見つけたんすか?!」

右京「廊下のゴミ箱にありました。指紋はふき取られているようです」

亀山「こりゃあ、ナイフっすね……」

右京「それともうひとつ、気になるモノがありました」スッ

亀山「これ……財布?」

右京「ええ。早速、米沢さんに見てもらいましょう」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 00:56:10.20 ID:kBXt6u/60
米沢「お待たせしました。まず、この財布ですが、被害者の指紋が検出されました」

右京「恐らく、被害者の持ち物でしょう」

米沢「ああ、それと、現金やカードの類が入ったままでした」

亀山「えっ? 中身、盗られてないんすか?」

米沢「はい。それがいささか気になりますな」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:00:59.35 ID:kBXt6u/60
右京「それで、ナイフのほうは?」

米沢「杉下警部の言うとおり、指紋はふき取られていました。ただ、繊維のようなものが付着していました」

右京「繊維ですか」

米沢「ええ、何か、布のようなものでふき取ったんでしょうな」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:05:21.71 ID:kBXt6u/60
右京「どうも。では亀山くん、行きましょうか」

亀山「い、行くって、どこに?」

右京「君が言っていた、被害者の知り合いのところですよ」

亀山「ああ、ハイハイなるほど……」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:09:13.46 ID:kBXt6u/60
女性「あの、これでメンバーは全員です」

男性「おい、まだ○○さんがいないぞ」

芹沢「実はですね、その○○さんなんですけど、トイレで亡くなっていたのが発見されました」

男性「ええっ?!」

紳士「そんな……彼が殺されるなんて……」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:13:20.45 ID:kBXt6u/60
伊丹「……では、みなさんは日ごろから付き合いがあった?」

女性「はい。こうしていっしょにイベントに来たのも、今回が初めてじゃありませんし……」

紳士「プライベートでもよく会っていました」

三浦「何か、最近、被害者が悩んでいたとか、誰かに恨まれていたとか、そういう話を聞いたことはありませんか?」

女性「いえ……ただ……」

伊丹「ただ?」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:18:13.90 ID:kBXt6u/60
男性「彼……来月、結婚する予定だったんです」

芹沢「結婚、ですか……?」

女性「ええ、それで、プロデューサーからも足を洗うつもりだった、と……」

三浦「そりゃあまた、お気の毒に」

右京「失礼、ひとつよろしいですか?」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:22:46.28 ID:kBXt6u/60
伊丹「警部殿ぉ、困るんですがねえ」

紳士「けいぶ……?」

杉下「先ほどはどうも。私、警視庁特命係の杉下と申します」

紳士「刑事さんでしたか……」

亀山「知り合いなんすか?」

杉下「少し、お話をしただけです。ところで、皆さんは、会場内では○○さんといっしょに行動していなかったのですか?」

男性「ええ、現地集合だったもので。いつも、そうなんです」

右京「なるほど。では、今日はまだ、誰も○○さんに会っていないということですか」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:25:21.38 ID:kBXt6u/60
紳士「あの……すいませんがトイレに行ってもよろしいですか?」

右京「ええ、かまいませんよ」

伊丹「勝手に決めるな!」

右京「ああ、亀山くん。僕も、トイレに行ってきます。後は頼みますよ」

亀山「えっ?あっ、はい!」

亀山「……連れション?」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:29:26.15 ID:kBXt6u/60
紳士「はぁ……大変なことになりました」ジャバジャバ

右京「まったくですねえ」

紳士「楽しい集まりのはずだったんですけど……」ゴシゴシ

右京「……」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:34:08.25 ID:kBXt6u/60
伊丹「まずいな……客どもが、そろそろ我慢の限界みてえだ」

三浦「だが、犯人がいる可能性がある以上、今帰すわけにゃいかねえな……」

芹沢「でも、決定的な証拠もアリバイもないんじゃ、誰が犯人かわからないっすよ」

男性「あの、私たちはいつまでここにいれば……?」

伊丹「ああ、申し訳ありませんが、もうしばらく……」

右京「その必要はありません」


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:38:09.44 ID:kBXt6u/60
伊丹「あんたねぇ、いい加減にしてくれませんか?!」

亀山「まあまあ、犯人がわかったんだよ」

伊丹「なにぃ?!」

三浦「そりゃあホントですか、警部殿」

右京「○○さんを殺した犯人は……あなたですね?」

紳士「え……?」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:43:14.24 ID:kBXt6u/60
右京「あなたは、○○さんが亡くなったと聞かされた時に、『殺されるなんて』とおっしゃっていました」

右京「あの時点では、なぜ亡くなったのか、何も説明はされていなかったはずです」

紳士「それは……誰かが言っていたのを聴いたんです。人が、殺されたって……」

亀山「会場の客には、その場から動かないように指示が出てるんですよ。つまり、それを知ってるのは、一部の人と警察関係者だけ……」


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:47:55.99 ID:kBXt6u/60
紳士「た、ただ、そう思って、つい口から出ただけです! 何も、殺されたことを知っていたわけじゃ……」

右京「失礼ですが、ハンカチはどうしました?」

紳士「は……?」

右京「ハンカチですよ。あなたは先ほど、トイレで手を洗った際に、ペーパータオルを使っていましたね?」

紳士「え、ええ……それが何か?」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:51:50.87 ID:kBXt6u/60
右京「なぜ、持っていたハンカチをお使いにならなかったのですか?」

亀山「あっ、あんまり使いたくなかったんじゃないですかね?なんたって、めずらしい物だし」

紳士「……ええ、そうなんですよ、汚れちゃ困りますから」

右京「おや、しかしあなたは会場で、汗を拭くのにハンカチを使っていましたよ」

亀山「あれ?だったら、手を拭くのにも使いますよねえ?」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 01:57:53.51 ID:kBXt6u/60
紳士「……」

亀山「……ちょっと失敬」ゴソゴソ

紳士「……」

亀山「ん……あ、右京さん。コレ……」スッ

右京「間違いありません。僕が見せていただいた物と同じです」

亀山「ここについてるの、これって、血ですよね?」

右京「恐らく、凶器から指紋をふき取る際に、とっさに使ってしまったのでしょう」


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:03:38.75 ID:kBXt6u/60
紳士「……」

右京「……紳士さんっ!」

紳士「……殺すつもりなんて、なかったんです」


紳士「彼とは、ずっといっしょにプロデューサーをやってきました。楽しかった……あの頃は、本当に楽しかった」

右京「しかし、彼は結婚を機に、プロデューサーを引退することになった」

紳士「ええ。もちろん、祝福するつもりでした。 ……でも、今日、トイレで、彼は私に、こう言ったんです」

○○『ああ、あれだな。お前も、そろそろこんなことやめて、どっかでいい人見つけろよ、なっ?』

紳士「急に、頭が真っ白になって……今まで、私たちがいっしょに過ごしてきた時間を、アイドルを、全て否定された、そんな気がして……気がついたら、目の前に彼が倒れていました」

右京「金品を奪ったのは、物取りの犯行だと思わせるため……」

紳士「ナイフは、カバンの中に護身用として持っていたものです。あとは……刑事さんが言った通り」


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:08:07.18 ID:kBXt6u/60
右京「……こちらは、証拠品としてお預かりします」

伊丹「さあ、後は署の方で……」

紳士「……」ペコリ

亀山「行きましょうか、右京さん」

右京「このハンカチ……」

亀山「え?」

右京「血が滲んで、天海春香が泣いているようですねえ……」


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:14:46.58 ID:kBXt6u/60
リメンバランス
三好「お待たせしました。『スタ→トスタ→』でございます」スッ

右京「どうも」

小野田「こういう所はあまり来ないけど、いいお店だね。通っちゃおうかな」

三好「ありがとうございます」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:20:22.14 ID:kBXt6u/60
小野田「しかし、お前も災難だったね。せっかくのイベントが台無しだ」

右京「……なぜでしょうねえ」

小野田「何が?」

右京「同じアイドルを愛する者どうしなのに、なぜか相容れない時がある……」

小野田「僕は、その人の気持ち、なんとなくわかるな」

右京「はい?」

小野田「いつでもどこでも誰とでも、自分を貫くなんて、そうそうできることじゃない。その人も、苦しんでたんじゃないの? 表の自分と、プロデューサーの自分との間で」

右京「……それでも、アイドルを、人を殺す理由に使ってはいけません」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:26:48.25 ID:kBXt6u/60
特命係
亀山「悲しい、事件でしたね」

右京「そうですねえ……その美貌と歌唱力で人々を引きつけ、虜にする……アイドルも、罪な存在なのかもしれません」

亀山「俺たち、いつまでプロデューサーでいられるんですかね……」

右京「……おや、もうお昼ですねえ」

亀山「そっすね……ラーメンでも食いに行きますか?」

右京「おや、ラーメンは昨日食べたじゃありませんか」

亀山「そっか、じゃあ……もやし!」

右京「もやしですか……そうしましょう」

この物語はフィクションです

終わり


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/15(金) 02:31:03.84 ID:hNZpUCqj0
いい話だった、きれいにまとまったな。
乙。





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ