Powered By 画RSS


照「テルパン三世」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:50:31.18 ID:IDVi4CTL0
代行 ID:EDVJAv0x0


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:52:51.34 ID:EDVJAv0x0
代行ありがとうございます


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:53:29.85 ID:EDVJAv0x0
 某日 とある美術館


警官A「亦野警部! こちら全員配備終わりました!」

誠子「ム、ご苦労であった」

警官A「お達しの通り、ロビーから非常口、屋根裏に至るまで
   ありとあらゆる場所に警官を配備いたしました!」

警官A「さらに、ホールに存在する絵の周辺には赤外線センサーと音波センサーを配置!
    少しの振動や音で警報が鳴る仕組みとなっております!」

誠子「そうか… それなら問題無い」

警官A「では、引き続き警備に戻らせていただきます!」

誠子「うむ 頼んだ」

警官A「」タッタッタッ…




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:53:50.00 ID:EDVJAv0x0
警官B「あの… 亦野警部」

誠子「何だ?」

警官B「本当にテルパンの奴… 来ますかね?」

誠子「馬鹿者! こうして予告状を受け取っているんだ… ヤツは絶対来る」

誠子「見てみろ、この予告状を」


                予告状

  来たる○月の××日 午前0時きっかりに △△美術館が所有する名画「プリンを食べる少女」
  こちらを頂きに参上する次第でございます

  どうぞ万全の警備でご歓迎下さるよう宜しくお願いします
   
  では

                           テルパン三世


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:54:15.28 ID:EDVJAv0x0
警官B「は… はあ…」

誠子「ヤツは予告状を出した上で必ず獲物を盗みに来る」

誠子「それも必ず、予告状の時間きっかりに」

誠子「お前もしっかり警備に就くように! 油断はするな!」

警官B「ハ… ハッ!」



誠子「」チラッ

誠子(予定の時刻まであと30分… そろそろか)

誠子(ヤツの事だ、どんな手段を講じてくるか分からん)

誠子(気を引き締めねば)


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:55:24.73 ID:EDVJAv0x0
???「警部さん…」

誠子「ん? ああ… 何でしょうか、館長」

館長「あの絵はこの美術館の宝でして… 当美術館の誇りでもあります」

館長「何としても、あの絵を守って下され…」

誠子「勿論です」

誠子「我々も今回は万全の警備で臨んでいる次第です、絶対にヤツには盗ませません」

誠子「館長さんも、どうぞ大船に乗ったつもりでいて下さい」

館長「そうですか… どうぞ宜しくお願いします」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:55:58.18 ID:EDVJAv0x0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





警官B「そろそろ予定の午前0時ですね」

誠子「ああ」



誠子「警官隊全員に次ぐ!」

誠子「先ほども言ったが 奴は予定時刻ちょうどに現れる!」

誠子「予定時刻まであと1分! 全員気を抜くな!」

警官隊「はい!」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:56:30.61 ID:EDVJAv0x0
誠子「あと30秒!」





誠子「あと20秒!」





誠子「あと10秒!」


警官隊「…………!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:56:46.03 ID:EDVJAv0x0
誠子「あと9… 8… 7… 6… 5…」


誠子「4!」




誠子「3!」




誠子「2!」




誠子「1!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:57:03.24 ID:EDVJAv0x0
誠子「0!」


     パチッ


誠子「!」

誠子「こ… これは… 部屋が真っ暗で何も見えん!」

誠子「け… 警官隊! これはどういう事だ!」

警官B「どうやら停電のようです! すぐに非常用電源に切り替わると思われます!」

誠子「お… 落ち着け! 全員持ち場を離れるな!」

誠子「テルパンの仕業かもしれん! 全員注意しろ!」




警官B「電気 点きます!」

  
     パチッ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:57:27.41 ID:EDVJAv0x0
誠子「ふう… やっと電気が戻ったか」

警官B「ええ 30秒ほどでしたが大混乱でしたね」

館長「全く… 困ったものですな」



誠子「……………」

誠子「……………!」

誠子「そうだ! 絵は無事か!?」

誠子「今の停電の間に盗まれているかもしれん! 確認に行くぞ!」

警官B「ハッ!」

館長「私もご一緒致します」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:57:50.71 ID:EDVJAv0x0
   とある美術館   ホール前の廊下


誠子「」プルルルルル… ガチャッ

警官C「こちら警備室! 何か御用でしょうか!」

誠子「私だ! 亦野警部だ! 大至急、ホールの警備システムを切ってくれ!」


   プツッ 


誠子(はたして絵は無事だろうか…)



誠子「あっ!」

警官B「これは!」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:58:11.62 ID:EDVJAv0x0
誠子「何だ… ちゃんと絵はここにあるじゃないか」

誠子「流石にテルパンもあの僅かな停電の間には盗めないか」

警官B「そのようですね…」



館長「いや…」

誠子「どうしました? 館長」

館長「いや この絵は…! 偽物ですぞ!」

誠子「何ですって!?」

館長「間違いありません… 長年見てきた絵です、これは真っ赤な偽物だ…」

館長「やられました… まんまと盗まれてしまった」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:58:40.25 ID:EDVJAv0x0
誠子「クソ…! またヤツにやられたのか…!」

警官B「警部殿…」

誠子「ええい! ヤツはまだこの近くにいるハズだ!」

誠子「この辺り一帯に封鎖線を敷いて、ヤツを捕まえろ!」

警官B「ハッ!」

誠子「私もすぐ捜査に向かう! すぐに向かうぞ!」

警官B「分かりました!」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:59:01.18 ID:EDVJAv0x0
誠子「申し訳ありません… 館長」

館長「いえいえ… 警部さん」

館長「警備してくれただけでも、有り難い物ですよ」

誠子「我々警察一同、全力で絵の奪還、及びテルパンの逮捕に努めます」

誠子「申し訳ありませんが、館長はここで待機願います」

館長「分かりました… 警部さん、よろしくお願いします」

誠子「では、失礼します」

誠子「」タッタッタッ…

警官B「」タッタッタッ…









館長「」ニヤリ

館長「全く… 亦野のとっつぁんは相変わらずのザル警備だなぁ…」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:59:21.50 ID:EDVJAv0x0
館長「こんな変装にも平気で騙されるんだから…」

館長「このマスクももう要らないかな」グイッ 

照「さて、と 改めて絵を拝見…」

 

照「う~ん いつ見てもこの絵は美しいなぁ」

照「これでまた、私のコレクションが潤う潤う」



照「さて… あとはここから脱出するだけかな」

照「まずは… この簡易式の気球を広げて、っと」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/23(水) 23:59:56.15 ID:EDVJAv0x0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    美術館  入口前


誠子「A班は北に防衛線を貼れ! B班は南だ! C班は本部に戻って指示を待て!」

誠子「私はC班と共に陣頭指揮を行う! 何か動きがあり次第すぐに連絡する事!」


    パリーン


誠子「何だ!? 今のガラスが割れる音は?」

警官B「け… 警部殿! あ… アレを!」

誠子「あ… アレは!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:00:15.82 ID:lBkpkA3M0
照「確かに「プリンを食べる少女」貰い受けました」

照「亦野のとっつぁん~ わざわざ警備ご苦労様」


誠子「お… おのれ テルパンめ…」


照「本物の館長なら用具室でグッスリおねんねしているから」

照「後で助けてあげてねー」

照「ではまたどこかで 亦野のとっつぁん~」


誠子「ま… 待て! テルパーン!」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:00:53.03 ID:lBkpkA3M0
   テルパン一味のアジト


???「少し銃口が汚れているな… 掃除するか」カチャカチャ

照「ただいまー」ガチャッ

???「ん? 照か… また一人で仕事行ってたのか」

照「そう 見て見てこの絵、とても綺麗でしょ 菫?」ドヤア

菫「…お前の美的センスは良く分からん、まあ、綺麗な絵ではあるが…」

菫「盗むにしても、もっと美術的価値の高い物をだな…」

照「菫にはこの絵の良さが分からないのか、ちょっと残念だなー」

菫「まあ、何にせよお疲れさん ゆっくり休むといい」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:02:06.32 ID:lBkpkA3M0
菫「」ゴシゴシ

照「そういえば、菫はさっきからずっと拳銃の手入れ?」

菫「ああ… 銃は少しの汚れが精度に関わるからな…」

照「そんな事しなくても、新しい銃を買えばいいのに…」

菫「馬鹿者! この銃は私の大切な相棒だ! それを易々と買い替えるなどと…」

照「あー そういえばそうだったっけ…」

照「ゴメンね、テルパン一家のシャープシューターさん」

菫「その名で呼ぶのは止めろ! メディアが勝手に命名しただけだろ!」

菫「はぁ… 今は手入れで忙しいんだ、少し向こうに行っててくれ…」

照「はーい」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:03:27.95 ID:lBkpkA3M0
照(あー 暇だなぁー 誰かいないかなー)キョロキョロ

照(……ん? あの和服姿は…)




照「おーい!」

???(ん? 今の声は…)

照「タカミー 今何してるの?」

尭深「今? 今は日本刀の手入れが終わって、ゆっくりしている所だけど… 何か用?」

照「実はさっき盗んできたこの絵なんだけr」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:05:20.40 ID:lBkpkA3M0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 5分後

照「そっかー タカミにも良く分からないか…」

尭深「そうね… 日本画とか掛け軸とかなら良さは分かるんだけれど…」



尭深「そうだ、 丁度今からお茶でも淹れようかと思っていたの」

尭深「テルパンもいかが?」

照「う~ん… 貰おうかな」

尭深「じゃあ ちょっと待っててね」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:06:43.52 ID:lBkpkA3M0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 5分後

尭深「はい どうぞ」コトッ

照「ありがとう」

照「良い香り~ どれどれ…」ゴクッ

照「う~ん やっぱりタカミのお茶はいつ飲んでも美味しいな~」

尭深「そう? どうもありがとう」

照「タカミは本当にお茶が好きなんだね~」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:09:27.24 ID:lBkpkA3M0
尭深「」ズズズ…

照「…そうだ! タカミ」

尭深「何?テルパン」

照「伊右衛門ってあだ名で呼んでも良い?」

尭深「!!」ブーッ

尭深「えっ!? な… 何で?」

照「だってお茶が好きだし… 日本刀持ってて無口だと某怪盗アニメのある人とイメージ被るし…」

照「咲が初見の人に覚えてもらうのにも丁度いいかな と思って」

尭深「な… 無い無い! それはちょっと勘弁して欲しいよ…」

照「そう? 面白いと思ったんだけどなー」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:11:19.63 ID:lBkpkA3M0
照「でもほら 一度だけでいいからさー」ウキウキ

尭深「い… いや… その…」


  タダイマー 

  
照「あっ あの子がようやく帰って来たみたい」

照「玄関まで迎えに行ってあげないと… じゃあね、タカミ」タッタッタッ…

尭深「う… うん じゃあね…」

尭深(た… 助かった…)


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:13:20.60 ID:lBkpkA3M0
???「あっ! ただいまテルパン!」

照「おかえり あ~わいちゃ~ん」

淡「仕事お疲れ様ー テルパン、大変だったでしょ?」

照「いやー 私の手にかかればそんな事は無いかな~」

照「あっ そうだ…」ガサゴソ…



照「ジャーン これが今回私が盗んだ絵! 綺麗でしょ」

淡「わぁ! 凄い凄い! 流石天才テルパンのセンスは違うなぁ~(棒)」

照「でしょー」

照「今の私ならどんな物でも盗みだす自信があるよ」エッヘン

淡「へぇ~」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:14:34.45 ID:lBkpkA3M0
淡「…それじゃあ そんな天才テルパンに一つお願いがあるんだけど…」

照「どうぞどうぞ 淡ちゃんのお願い事だったら何でも聞いちゃうよ!」

淡(アハハ 計画通り~)



淡「この写真なんだけどね…」チラッ

照「どれどれ… これはまた大粒の宝石だね」

淡「世間では「風越の眼」って言われてるサファイアなの」

淡「中東の王族に代々伝わるものだったんだけど、つい最近とある大富豪が買収したみたい」

照「へぇ~ それはそれは」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:15:25.15 ID:lBkpkA3M0
淡「でね、私もこの宝石を一度身に着けてみたくなっちゃって…」

淡「でも… 「貸して下さい」なんて言える物じゃないし…」



淡「テルパンお願い! この宝石を盗むのに手伝ってくれない?」

照「えっ?」

淡「私も一度盗み出そうとしたんだけど… 警備が厳しくてとても一人じゃ無理そうなの…」

淡「テルパン お願い~」

照「う~ん」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:16:24.16 ID:lBkpkA3M0
淡「…………」

淡「このお仕事が終わったら… 一日だけ、私を好きにしてもいいから…」

淡「ダメ… かな…?」

照「喜んで手伝わさせていただきます」

淡「ホント!? 流石テルパン! 愛してる~!」ギュッ

照「淡ちゃ~ん その言葉は反則だよ~」

淡「エヘヘ~」





菫 尭深「………………」


菫「…また 面倒臭い事に巻き込まれそうだな」

尭深「…そうね」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:17:31.85 ID:lBkpkA3M0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    3日後  警視庁


???「亦野君! またテルパンを取り逃がしたのか!」

亦野「も… 申し訳ありません 大沼警視」

大沼「今年に入って24件目だぞ! 何故ヤツを捕まえられんのだ!」

亦野「それが… 毎回良い所まで追い詰めはするのですが… あと一歩が…」

大沼「そのセリフは聞き飽きた! 全く…」

大沼「マスコミもこの通りだ… 見てみろ」

亦野「これは…」


    「またもテルパン出現! 名画盗まれる!」

    「亦野警部 またもテルパン取り逃がす 無能警察との声も」


亦野「…………」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:19:11.80 ID:lBkpkA3M0
大沼「まあ、これは仕方が無い…」

大沼「だが亦野君、こちらを見てくれ」バサッ

亦野「これは… テルパンの新しい予告状ですか!」

大沼「ああ、奴め… 今度はあの「風越の眼」を盗み出すらしい」

亦野「予告状によると明後日ですか… 何としても阻止しなくては」

大沼「今回はこちらの人員がなかなか割けん、亦野君! 絶対に守り抜くのだ!」

亦野「ハッ! この亦野、全力で宝石をお守りします!」

大沼「ウム、期待しているぞ」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:20:38.28 ID:lBkpkA3M0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         
   2日後   長野県内のとある豪邸 


亦野(予告状によると今日の午後9時丁度か)

亦野(テルパンめ… 今度こそ逮捕してやるからな…)



???「まぁ、例えテルパンといえど… この警備を潜り抜けるのは無理ですわね!」

亦野「これはこれは… 龍門渕家の… え~と」

透華「龍門渕透華と言います 透華で構いませんわ」

亦野「では透華さん、油断は禁物という言葉がございまして…」

透華「ええ、分かっていますわ… ですから、今回は特別に警備を増強いたしました」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:22:39.62 ID:lBkpkA3M0
透華「まずは… 金庫のある部屋に張り巡らせた赤外線センサー」

透華「これは、触れた瞬間に警報が屋敷中に響きますわ」

透華「これを切る術は私が肌身離さず持っているスイッチ、もしくは金庫の扉に備え付けられたスイッチ」

透華「この二つしかありません」

透華「さらに宝石の入った金庫は、縦横10m扉の厚さ2mの鋼鉄製… ミサイルでも穴は空きませんわ」

亦野「はぁ… また随分と大仰な」

亦野「ですが、それだけだとやや不安な気も…」

透華「ええ、ですから次の警備システムをご紹介いたします」

透華「窓の外を見て下さいな」

亦野「?」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:23:26.75 ID:lBkpkA3M0
透華「それで… これを持って頭の上に掲げて頂けますかしら」

亦野「? これは… リンゴですか」スッ

透華「」プルルル… ガチャッ

透華「もしもし? ハギヨシ、ええ… 頼みますわ」

亦野「あの… 何をお話になっt…」


      パシュッ!


亦野「!?」

透華「流石ハギヨシ、素晴らしい腕前ですわね」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:24:44.65 ID:wgNBezAvi
ハギヨシはやばい


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:24:53.93 ID:lBkpkA3M0
亦野「リ… リンゴが一瞬で粉々に… い… 今のは一体?」

透華「窓の外から見える向こうの山、ご覧になって下さる?」

亦野「あ…あの山ですか?」チラッ

透華「実はあの山に腕利きのスナイパーを一人、待機させております」

透華「テルパンが仮に宝石を盗む事に成功しても、逃亡しようとこの廊下を通った瞬間に…」

亦野「……!」

透華「まぁ… 彼の仕事は無いと思いますが、念の為ですわ」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:26:14.58 ID:lBkpkA3M0
透華「この他にも、正門には屈強なガードマンが一人」

透華「室内にも警備員を多数配置、外壁には高圧電流も流してあります」

透華「これなら流石のテルパンも手も足も出ませんわ! オーホッホッホッ!」

亦野「むぅ…」

透華「警部さんも、お茶でも飲みながらゆっくりして行って下さいな」

亦野「私は… その、警備がありますので」

透華「そう? 残念ですわね」

亦野「すいませんが、失礼します」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:27:31.79 ID:lBkpkA3M0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   同日 午後8時00分

淡「うわぁ~ 凄い警備員の数だね~ え~と… 1、2、3…」

菫「見回りだけで外には10人、室内には少なく見積もっても50人はいるな…」

尭深「見て、あの壁、多分高圧電流が流れてるわ」

照「でも、予告した以上、盗まない訳にはいかないよね」

淡「だね!」

尭深「勿論」

菫「そうだな」

照「じゃあ始めよう まずは、計画通りに淡ちゃん」

淡「は~い! それじゃあ、行ってくるね!」タッタッタッ…


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:29:09.32 ID:lBkpkA3M0
  同日  正門前

守衛「」キョロキョロ

守衛(うむ… 今の所、不審者無しか…)

 
        ガサッ


守衛「何者だ!?」

淡「すいません、キノコを狩っていたら道に迷ってしまいまして…」

守衛(怪しい者では無さそうだな)


守衛「ここは私有地ですよ、下山するならあちらへお進み下さい」

淡「ありがとうございます… と言いたいんですが」

守衛「?」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:30:22.29 ID:lBkpkA3M0
淡「山道で足を挫いてしまいまして」

淡「申し訳ありませんが、こちらの屋敷で手当てを受けさせてもらえませんか…」

守衛「ダメダメ! 今は取り込み中でね、一般人を通す訳にはいかないんだよ」

淡「そんな… お願いします… 手当てが終わったらすぐに帰りますから…」

守衛「だから何度言っても…」


淡「お願いします…」ウルッ



守衛(!?)

守衛(か… 可愛い)


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:31:25.22 ID:lBkpkA3M0
守衛「………」

淡「」ウルウル



守衛「………分かった」

守衛「中で手当てを受けてもらうといい」

淡「本当ですか!?」

守衛「ああ、ただし手当てが終わったら、すぐに屋敷から去る事、いいね?」

淡「分かりました! 本当にありがとうございます!」

守衛「ハハハ…」



守衛(まぁ… たかが小娘、一人案内した所で大丈夫だろう)

守衛(それに、美人にお礼を言われるのも悪くは無い)


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:32:53.73 ID:lBkpkA3M0
守衛「今、門の鍵を開けるから」


   ガチャッ


守衛「さぁ、中にお入り下さい 中の者には後で私から伝えておきますから」

淡「本当にありがとうございます!」

守衛「いやぁ、何のこれしき、ハッハッハ…」ニヤニヤ



淡「私… 嬉しい…」ズイッ

守衛「む… 娘さん、顔が… 近いですよ…」

淡「…………」

守衛「て… 照れるなぁ…  ウッ!?」バタッ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:34:29.55 ID:lBkpkA3M0
淡「安心して、ちょっと麻酔を打っただけだから」

淡「少し眠っていてもらうわ… ゴメンなさいね」









菫「淡、相変わらず色仕掛けの腕は一人前だな」

尭深「彼女、また一段と腕を上げたわね」

照「とにかく正門が開いた、私たちも行こう」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:34:38.85 ID:wgNBezAvi
いいぞ淡ちゃん


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:36:05.90 ID:lBkpkA3M0
   同日  午後8時20分 龍門渕邸 廊下


4人「」タッタッタッ…


菫「次の角を右だな」

照「了解」


4人「」タッタッタッ…


尭深「……待って!」

照「何? タカミ」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:37:41.06 ID:lBkpkA3M0
尭深「見て、あそこ」

菫「ム、これは」

照「警備がウロウロしてる… あそこは下調べの時にはいなかったはずなのに…」

菫「どうやら… 直前になって警備の数を増やされたな」

淡「え~ あれだけの人数は流石の私でも落とせないよ~」

照「うーん、ここは強行突破しかないか 二人とも、お願い」

菫「仕方がないな… 行くぞ、タカミ」

尭深「了解」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:39:18.90 ID:lBkpkA3M0






警備員A「ふわ~ぁ 眠い眠い」

警備員B「だな… この時間帯は疲れるわ…」

警備員C「気を抜くな、いつテルパンが現れるかも分からん」

警備員A「そうだけども… こっちは暇で暇で…」


警備員B「……誰だお前は! ウッ!!」バタッ


警備員C「!? おい! どうした? うわっ!!」バタッ


警備員A「た… 助けてくれ~! うわぁ~!!」バタッ


警備員A、B、C「…………………」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:40:39.89 ID:lBkpkA3M0
照「コークスクリュー腹パン」

菫「安心しろ、麻酔弾だ 少し眠っててもらおうか」

尭深「……峰打ち御免」

淡「すごーい! 一瞬で警備員三人を倒しちゃった!」

照「……流石に腹パンはやり過ぎたかも」

菫「さ、時間も押してる 急ごう」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:42:54.37 ID:2P/lmesf0
腹パンww


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:41:21.78 ID:lBkpkA3M0
  同日 午後8時50分 金庫室前の廊下


照「さて、と」

菫「やっと金庫室まで来たな」

尭深「ええ、そうね」

淡「ここからはテルパンの出番だね! 頑張って!」

照「おまかせあれ」

照「センサーをくぐり抜ける位、このテルパンには朝飯前」


      スッ…    サッ…


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:42:27.67 ID:lBkpkA3M0
淡「流石テルパーン! あれだけの赤外線センサーを全てくぐり抜けてる!」

尭深「テルパンは元々体が柔らかかったしね… それに」

淡「それに?」

菫「カラダに余計な「もの」が付いてないしな」

菫「こういう時だけは「ない」方が本当に役立つ、テルパン本人に言ったら泣き出しそうだが」

淡「アハハ…」



淡(後で揉んで大きくしてあげよっと)


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:45:44.58 ID:lBkpkA3M0
      スッ…     サッ…


照「…………」

照「……よしっ」

照「」ポチッ

          
          ピーッ


菫「よし、センサーは解除したな」

淡「みたいだね~」

尭深「さて… と、センサーも解除したし、次は私の出番かな」


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:47:44.71 ID:lBkpkA3M0
尭深「………」

尭深「…2~3mといった所かな」

菫「行けそうか?尭深」

尭深「任せて」


尭深「…………!」


      スパッ


尭深「……………」


      ガシャーン


一同「おお~」パチパチパチ


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:49:48.67 ID:lBkpkA3M0
淡「見て見て! あの大きな鋼鉄の金庫が真っ二つ!」

菫「流石、居合いの名手だな」

尭深「お粗末様でした」

照「伊右衛門、流石」

尭深「それはやめて」



照「…・・・さて、と 金庫も破った事だし」

淡「それでは、「風越の涙」とご対面~」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:52:59.84 ID:lBkpkA3M0
照 菫 尭深 淡「………!!」



菫「これが「風越の涙」か… すごい大きさだな…」

尭深「綺麗…」

照「さ、淡ちゃん 宝石を」

淡「うん! では早速…」


       ビーッ! ビーッ! ビーッ!


照 菫 尭深 淡「!?」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:54:30.99 ID:lBkpkA3M0
    同時刻 龍門渕家 居間

     
  ビーッ! ビーッ! ビーッ!

亦野「!」

透華「何事ですの!?」

亦野「テルパンか!?」

警備員「金庫室にて非常ベル発生!」

警備員「どうやら、「風越の涙」が盗まれたものと思われます!」

亦野「出たなテルパン! うおおおおお!」タッタッタッ…


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:56:29.86 ID:lBkpkA3M0
透華「何ですって!? あれだけの警備を敷いておきながら…」

透華「ええい! こうなったらあの男の出番ですわ!」

  プルルルル… ガチャッ

透華「ハギヨシ? 発砲許可を出します! すぐに射撃の用意を! 例の廊下をテルパンが通るはずですわ」

ハギヨシ「かしこまりました、透華お嬢様」

透華「貴方達もすぐに金庫室へ! 何としても「風越の涙」を取り返しなさい!」

警備員「ハッ!」タッタッタッ…


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 00:58:42.19 ID:lBkpkA3M0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

警備員「いたぞ! 追え!」 タッタッタッ…


照「追っ手が増えてきた」

菫「さっきの警報で警備員が一斉に集まってきたな」

尭深「流石にこれだけの人数は 私達でも無理そう…」

淡「にしてもまさか、 金庫の中にもセンサーがあるとはね~ 凄いビックリしちゃった!」

照「仕方がないさ… それより、この先の中庭から脱出できる 急ごう」

菫「テルパン、何があるか分からん 気を付けろ!」







ハギヨシ(来ましたね… テルパン)


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:00:19.39 ID:lBkpkA3M0
菫「……………」




菫「」ピキーン

菫「危ない! テルパン!」

     
     サッ   パーン!  キーン!


ハギヨシ(………何!?)



ハギヨシ(私の…)



ハギヨシ(私のライフルの弾丸に… 拳銃の弾丸を当てて軌道を変えた… だと!?)


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:01:26.83 ID:lBkpkA3M0
照「菫!」

淡「テルパン!? 大丈夫!?」

尭深「今の狙撃… 外から?」



菫「全く… だから気を付けろと言っていただろう…」

照「すまない、菫」

菫「一つ、貸しだからな」

照「はいはい、菫は厳しいなぁ」

菫「さて、追っ手もすぐそこまで来ている、急ぐぞ」


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:02:11.75 ID:lBkpkA3M0
      同日 龍門渕家 中庭


照「ふぅ… ここなら大丈夫かな」


   ガヤガヤ  ガヤガヤ


警備員「奴はどこだ! 見失ったのか!」

警備員「申し訳ありません! 何分逃げ足が早い物でして…」

警備員「ええい! 各自、手分けしてすべての出口を封鎖せよ!」

警備員「ヤツをこの屋敷から外に出すな!いいな!」

警備員「了解しました!」

警備員「」タッタッタッ…


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:03:47.75 ID:lBkpkA3M0






照「まさか私たちが、中庭から脱出するなんて誰も思ってもいないだろうね」

淡「だね~ さて、早く脱出しちゃおう!」



???「それはどうかな?」

照「お、その声は」

亦野「お前を長年追っていると、どうもカンが冴えてな!」

亦野「他の警備員は騙せても、この亦野は騙されんぞ!」

亦野「ここで会ったが百年目! テルパン、逮捕だ~!」

照「あらー 亦野のとっつぁん、こんな所までご苦労様な事で」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:05:00.04 ID:2P/lmesf0
流石とっつぁんだ


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:07:09.17 ID:lBkpkA3M0
亦野「逮捕だああああ!! うおおおおおお!!」

照「だけど、今はとっつぁんの相手をしている暇は無いんだ ゴメンねー」ポイッ


   シュウウウウウウウ…


亦野「な… 何! 煙幕か! 煙で何も見えん!」

亦野「ウッ! ゴホッ! ゴホッ!」

亦野「クソッ! どこだ、テルパン!」


亦野「………ム! あれは!」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:08:04.18 ID:lBkpkA3M0
      プカー


亦野「ま… また気球か!!」


照「予告通り「風越の涙」 確かに頂戴しました~」

亦野「おのれ…! ま、またしても…!」


淡「無駄な張り込みお疲れ様~」

照「亦野のとっつぁん~ お達者で~」


亦野「ま… 待て~! テルパ~ン!!」

亦野「せめて… せめてマトモな出番をくれ~!」


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:09:04.31 ID:lBkpkA3M0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   同日    午後11時50分 テルパンのアジト


淡「あ~ 楽しかった!」

照「みんな見た? 亦野のとっつぁんの慌てる顔!」

淡「見た見た! 面白かったよね~!」

菫「アイツは、お前を取り逃がす事に関しては一流だからな」

尭深「ホント、詰めが甘いというか何というか」

照「まぁ何にせよ、今回の祝勝を祝って… 乾杯!」

菫 尭深 淡「乾杯!」


95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:09:45.32 ID:lBkpkA3M0
淡「テルパ~ン 今回は本当に助かったよ! ありがとう~」

照「いや~ それほどでも… あるかな~」

菫「鼻の下が伸びてるぞ テルパン」

尭深「全く… 可愛い子には目が無いんだから…」

照「え? いやぁ、アハハ…」




照「…それでね、 淡ちゃん」

淡「何? テルパン」


97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:10:48.62 ID:lBkpkA3M0
照「その…」

照「今回の仕事の報酬なんだけど…」

淡「報酬?」

照「ほら、仕事をお願いした時の…」

淡「ああ、一日だけ私を好きにしていいよ… ってアレ?」

照「そうそう! ほら、私も今回は頑張ったし… ね?いいでしょ?」



淡「う~ん…」

照「頼むよ~ あ~わいちゃ~ん」


98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:11:53.97 ID:lBkpkA3M0
淡「……分かったわ ただし、約束通り今日一日だけだよ」

照「ホント!? やったぁ!」

照「淡ちゃ~ん」ギュッ

淡「ちょっとテルパ~ン いきなり抱き着かないでよ~」

照「ゴメ~ン 淡ちゃ~ん」





菫「何なんだ、このバカップルは…」

尭深「見てるこっちが恥ずかしいね…」


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:12:40.80 ID:lBkpkA3M0
尭深「じゃあ、私達は退散するから 後は二人で楽しんでね」

菫「じゃあな、二人とも」

菫「お前達、程々にしておけよ 全く…」

照「は~い」


   ガチャッ バタン








照「…さて あの二人もいなくなった事だし…」



照「あ~わいちゃ~ん!」テルパンダーイブ


100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:13:48.36 ID:lBkpkA3M0
      ゴーン ゴーン ゴーン


淡「あっ! もう12時だ!」ヒョイッ

照「え゛っ」
 
    
       ビターン


淡「じゃあ… 約束通り12時も回ったし 私、帰るね!」

照「えっ! そ… そんな~」

淡「テルパン! 今日は楽しかったよ! じゃあね~」


    ガチャッ  バタン


照「待って~ 淡ちゃ~ん!」


 カン


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:15:14.02 ID:NzVDLh9F0
乙乙


104 :名無し 2013/01/24(木) 01:16:48.93 ID:wOKmR+/T0
お疲れ様々です


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/24(木) 01:17:38.32 ID:2P/lmesf0
みんな可愛い
乙乙





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ