Powered By 画RSS


紬「ゆっくりゆったりな週末」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 02:36:14.55 ID:1EgBTWTx0
梓「こんばんは」

紬「梓ちゃん。きてくれたんだ」

梓「はい。ムギ先輩のお誘いですから」

紬「うふふ」

梓「それで、何をはじめるんですか?」

紬「それはね、これを作るの」

梓「これは‥ ‥ペーパークラフトですか?」

紬「ええ、これはね、雛人形を作れるペーパークラフト。インターネットで探して印刷したの」

梓「この紙‥ ‥光沢紙ですね」

紬「ちょうどいい固さで、発色もいいから」




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 02:42:52.91 ID:1EgBTWTx0
梓「なんで今更雛人形なんですか? もうひな祭りは終わりましたが‥ ‥」

紬「この前みんなで話したじゃない。どのお家でも雛人形は出さなかったって」

梓「はい。さすがに私達の年齢だと‥ ‥」

紬「でも、一年に一度の女の子の日でしょ。お祝いしないのは勿体無いと思うから」

梓「それで雛人形ですか」

紬「えぇ、前々からペーパークラフトをやってみたいと思ってたのもあるから」

梓「なるほど」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 02:48:37.58 ID:1EgBTWTx0
紬「えっと‥ ‥あんまり乗り気じゃない?」

梓「そんなことないです。さっそく作りましょう」

紬「ええ、50枚くらいしかないから、すぐに終わると思うわ」

梓「はい」


―少女たち作業中―


梓「あれ、ちゃんとお内裏さまとお雛様なんですね」

紬「えっ?」

梓「ムギ先輩のことだからお雛様を二人にするのかと思いました」

紬「‥ ‥梓ちゃん。何か勘違いしてるみたいだけど、私は男女の恋愛もきらいじゃないのよ」

梓「‥‥えっ」

紬「女の子のことを好きになっちゃっただけで」

梓「‥ ‥そうでしたか」

紬「ええ、そうよ」


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 02:52:37.15 ID:1EgBTWTx0
梓「‥ ‥」

紬「‥ ‥」

梓「こうやって作業するのも結構楽しいです」

紬「そう?」

梓「はい。私不器用だからどうなるかと思いましたが」

紬「‥ ‥」

梓「‥ ‥む」

紬「どうしたの?」

梓「フォローしてくれないんですか?」

紬「えっと‥ ‥アズサチャンハブキヨウナンカジャアリマセン!」

梓「むむむ」

紬「なにがむむむよ」ダキッ

梓「ふん。どうせ私は不器用です」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 02:55:55.47 ID:1EgBTWTx0
紬「梓ちゃんは不器用でもいいのよ」

梓「‥ ‥どうしてですか?」

紬「私がいつも傍にいるから」

梓「‥ ‥またそういうことを面と向かって」

紬「梓ちゃん、顔が真っ赤」

梓「‥ ‥なんだか悔しいです」

紬「ふふふ。私のほうが一枚上手みたいね」

梓「でもいいです。ずっと傍にいてくれるなら」ギュ

紬「あ、あずさちゃん」

梓「くすっ、ムギ先輩も真っ赤です」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:00:12.81 ID:1EgBTWTx0
紬「さて、作業作業」

梓「はい。作業を再開しましょう」


―少女たち作業中―


紬「できた」

梓「あっさりでしたね」

紬「明日の昼、りっちゃんたちを呼んで簡単なひな祭りをやろうと思うのだけど」

梓「もう誘ってあるんですか?」

紬「ええ」

梓「そうですか。あの‥ ‥」

紬「どうしたの?」

梓「今日は泊まっていっていいですか」

紬「そのつもりで来たんでしょ?」

梓「‥ ‥はい」

紬「ふふ。帰るって言っても帰してあげないんだから」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:03:00.01 ID:1EgBTWTx0
―消灯後―

「おいで‥ ‥」

梓ちゃんは黙ったまま、私の腕に収まってくれました。
私は梓ちゃんのツインテールを解いてあげます。
自由になった髪ををそっと撫でてあげました。
梓ちゃんは目を細めてリラックスしてくれたみたいです。

私は抱きしめる力を弱めます。
すると梓ちゃんは一言。

「今夜は冷えますね」

私は梓ちゃんをもう一度強く抱きしめました。
すると梓ちゃんもぎゅっと抱きしめてくれました。


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:06:08.63 ID:1EgBTWTx0
肌が密接してる部分にじわっと汗が滲んでくるのがわかりました。
梓ちゃんはちょっと熱いぐらいが好きみたいです。
だから、この不快感にも既に慣れちゃいました。

梓ちゃんは私の首筋に顔を近づけて、匂いを嗅いでいます。
なんでも私の匂いを嗅ぐと安心して眠れるそうです。

ちょっと嫌だけど、梓ちゃんが望むなら断る理由なんてありません。
おかえしに、私は梓ちゃんの耳を優しく噛んであげます。

何かを抗議したそうな顔でこっちを睨みつける梓ちゃん。
それが可愛くて、私は何度も何度も甘噛します。


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:09:37.66 ID:1EgBTWTx0
梓ちゃんから甘い声が零れてくる頃、私は甘噛をやめます。
エッチなことはまだしません。

私達にはまだ早いから。
二人とも大学生になったら、そのときは‥ ‥。
‥ ‥と、まだまだ先のお話です。

しばらく私の匂いを嗅いだ後、梓ちゃんは私の胸に顔を埋めて丸くなりました。
丸くなった梓ちゃんは猫みたいで。
私は猫になった梓ちゃんを抱きしめたまま、眠りました。


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:11:54.81 ID:1EgBTWTx0
―次の日―

紬「あと3時間ぐらいでりっちゃんたちが来ちゃうね」

梓「ふたりきりの時間もあとちょっとですか」

紬「ふふ。今週末も楽しかったわ~。梓ちゃんは?」

梓「私は‥ ‥。私も楽しかったです」

紬「そう? それならよかった」

梓「だけどムギ先輩」

紬「うん?」

梓「‥ ‥なんの用事もなくても誘ってくれていいんですよ」

梓「いつだって駆けつけますから」

紬「梓ちゃん‥ ‥」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:14:10.15 ID:1EgBTWTx0
梓「特に寒い日は湯たんぽとして重宝しますから」

紬「むー」

梓「いいことじゃないですか」

紬「むむむ。夏は私なんていらないの?」

梓「夏は‥ ‥私が抱きついて冷やしてあげます」

紬「‥ ‥たぶん逆効果」

梓「いいんです。ふたりで抱きついていっぱい汗かきましょう」

紬「‥ ‥梓ちゃんってちょっと変わった性癖よね?」

梓「そうかもしれません。だから‥ ‥いつでも呼んでくださいね。ムギ先輩」

紬「うんっ!」



おしまいっ!


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:15:13.91 ID:gioAjwqs0

匂いと汗か悪くない


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:17:24.86 ID:urVD9Wc0P
乙!
紬湯たんぽいいなぁ


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:21:34.72 ID:muXAX3th0

いいイチャイチャっぷりだ


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 03:25:32.18 ID:8QgetnPK0
乙かれ
甘噛みは甘噛みでえろいです


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/08(金) 04:20:01.60 ID:dAo7DsZDO
乙乙!
和んだ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「けいおん!」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ