Powered By 画RSS


エイスリン「どっこらせっと…」 白望「!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:18:28.35 ID:ryp912/O0
エイスリン「ミンナ オマタセ…?」

エイスリン「ダレモ イナイノ?」

エイスリン「…」


エイスリン「…はあ…どっこらせっと」ドサッ

エイスリン「何だ誰もいないのか…お菓子食べたいのに」

エイスリン「暇だな…エロ本でも読むか」


……
………
エイスリン「フムフム…このおもちは中々だね」



白望(隣の部屋で寝てたら大変なものを見てしまった)

白望(だるい…出ていけない)



みたいな




2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:18:56.78 ID:wTwMK8kci
そのまま続けろ


3 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(-1+0:15) 2013/01/17(木) 19:19:11.27 ID:OISMCVsBi
はよ


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:23:58.13 ID:ryp912/O0
エイスリン「はあ…皆遅いなあ」

エイスリン「なんだか眠くなってきた…zz」

エイスリン「zzzzzzzz…」


白望(エイスリン寝始めた…今なら…)

白望(でもエイスリン見てたら私もzzzz…)




「シロ起きなさいよ!」

「早く起きる!」

「シロの寝顔ちょーかわいいよー」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:28:36.43 ID:ryp912/O0
白望「んん…うるさい…だるい」

胡桃「何言ってるの!早く起きる」

豊音「シロの寝顔写メで取ったよ―」

塞「!豊音後で頂戴!!」

白望(?…夢)

白望「ふぁあ…おはよう…」

胡桃「そこ!まだ夕方」

豊音「おはようだよー」

塞「グーすか寝ちゃって」

白望「…エイスリンは?」

エイスリン「シロ! オハヨウ」

白望「ああ…おはよう」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:32:45.31 ID:ryp912/O0
白望(エイスリンやっぱりいつもと同じ…)

白望(夢だったのかな…)

塞「シロも目覚めたことだし部活始めるわよ」

豊音「相手は誰にするの―?」

胡桃「私、豊音、エイちゃん、塞でどう?」

白望「おっけ…」

胡桃「また寝たら駄目だからね!シロは皆を見てるように!!」

白望(だる…)


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:39:21.31 ID:ryp912/O0
塞「リーチ!!」

豊音「おっかけるよーリーチ!」

豊音「ツモ!1300,2600!!」

塞「うわ~また豊音にやられた…塞げばよかったなあ」



白望(7順目…エイスリンがテンパイしそう…)

白望(これなら満貫か飛満はいきそう…)


胡桃「ツモ!800、1600!!」

白望(あ…胡桃がダマで通してたのか…)

エイスリン「………糞」ボソッ

白望「!?」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:44:44.19 ID:ryp912/O0
白望(え…?今エイスリンから聞こえちゃいけない言葉が聞こえたような…)

エイスリン「クルミ ツヨイ!ワタシ モウスコシ ダッタノニ」

豊音「うわーエイスリンさんすごいよーおしかったよー」

胡桃「そこ!そんなに褒めない//」

塞「くう…豊音を塞いでたら胡桃に上がられるなんて」

白望(皆聞こえてない?やっぱり幻聴?)


エイスリン「……ボンバーマン」ボソッ


白望「!?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:51:24.23 ID:ryp912/O0
白望「エイスリン…今塞のことボンバーマンって…」

エイスリン「ワッツ? ボンバーマン ッテナニ?」

胡桃「シロ酷い!!いくら塞がボンバーマンに似てるからって酷い!!」

豊音「そうだーいくらボンバーマンに似ていても言ったらだめだよー」

白望「だって…確かにエイスリンがボンバーマンって…」

エイスリン「ボンバーマン!!サエ ボンバーマン!!」

豊音「あははーエイスリンさんちょーおもしろいよー」

塞「」プルプル

塞「誰がボンバーマンよ!!!!!!」ドッカーン

胡桃「うわ!サエボンが爆発した」

豊音「自爆だよー」

エイスリン「ドカーン! ドカーン! サエ ダイバクハツ」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 19:59:58.24 ID:ryp912/O0
塞「ハアハア…じゃあ今日はここまでね…」

胡桃「ハアハア…結局一試合しかできなかった」

豊音「…フウフウ…ちょーつかれたよー」

エイスリン「ツカレタ!」


……
………

塞「じゃあシロはエイちゃんをしっかり送っていくように」

シロ「だるい…」

胡桃「逆になりそう!そこ!しっかりする」

豊音「また明日ねー」


白望(エイスリン…いつもと同じ…やっぱり気のせい?)

エイスリン「…」カキカキ

白望(寝不足かな…だるい)

エイスリン「おい」

白望「!?」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:05:51.18 ID:ryp912/O0
エイスリン「シロ今日聞いたこと誰にも話すなよ」

白望「は…え…?え、エイスリン?」

エイスリン「何だよ」

白望「あ、あの…エイスリンって日本語上手だったんだなって…」

エイスリン「話せないまま日本に留学に来るかよ」

白望「はは…そうっすね…」

白望「じゃあなんで片言?」

エイスリン「おめぇボビー・オロゴンって知ってるよな?」

エイスリン「あいつもテレビじゃ片言だけど実は普通に話せるんだよ」

エイスリン「そういうこと」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:09:36.42 ID:ECvDPJfe0
いやその理論はおかしい


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:10:25.67 ID:ryp912/O0
白望「…イメージって奴ですか?」

エイスリン「よくわかってんじゃん」

エイスリン「日本語ぺらぺらより片言の留学生の方が可愛いだろ?」

エイスリン「だからわざわざあんな喋り方してるんだよ」

白望「あの…ホワイトボードは?」

エイスリン「はあ?おめぇあれはキャラ付けだよ」

エイスリン「そっちの方が可愛いだろ?」

エイスリン「まあ私はこっちの方が好きだけど」スパー

白望「パイプ!?」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:13:57.93 ID:cCsr/kCV0
こえええええええええええええええ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:15:13.09 ID:ryp912/O0
白望「高校生なのにパイプ…やばい」

エイスリン「ああ?」ギロッ

白望「ヒィ!」ガクガク

エイスリン「よく見ろこいつを」

白望「…シャボン玉が出てる」

エイスリン「ダッテ タバコ コワイ! ガンニ ナル」

白望「私はその変わり身の方が怖いよ…」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:18:36.33 ID:ryp912/O0
エイスリン「とまあこういうわけで…これからもこのキャラでいくから」

エイスリン「変なこと言ったら捻るから」

エイスリン「そこんとこ夜露死苦」


白望「…人生ってしょっぱいな…」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:22:29.36 ID:ryp912/O0
白望「…明日怖い…普通にしないとヤラれる」

白望「いっそ誰かに相談…」

プルル プルル

白望「ん?誰からd…ヒィイイイ!!!エイスリンから」


ダレカニ  
     シャベッタラ  
 シメル


白望「…ちょーこわいよー」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:23:11.43 ID:aF0Uwn1l0
どう勉強すればこんな口調になるんですかねぇ……


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:29:17.11 ID:ryp912/O0
白望「目が覚めたら全て夢だった…」

白望「そんなわけないよね…」


白望「…おはよう」

エイスリン「シロ オハヨウ!」ダキッ

モブ「きゃー朝から二人とも大胆!!」

白望「うう…苦しい」

エイスリン「シロ イイ ニオイ」

白望「…うう…だるい」

エイスリン「シロ パン タベル?」

白望「…食べる」


白望(いつもと同じ朝…いつもと同じクラス)

白望(いつもと同じエイスリン)

白望(やっぱり夢なの?でも…)

エイスリン「シロ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:32:49.50 ID:ryp912/O0
白望「!?しゃ、しゃべってない!!」

エイスリン「??シロ ツギ タイイク ソト イカナイト」

モブ「二人とも早く―」

エイスリン「イソグ!!」

白望「う、うん…」

……
………

エイスリン「ツカレタ…」

白望(やっぱり夢だったのかな…)


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:37:27.00 ID:ryp912/O0
エイスリン「オベントウ!!」

白望「部室で食べる?」

エイスリン「タベル!!」



エイスリン「オハヨー!!」

白望「誰もいない?」

エイスリン「フタリ キリ!」

白望「う、うん…」

エイスリン「シロ ジュンビ シテ」

白望「分った…」

エイスリン「…」テクテク

白望「?」

エイスリン「…」ガチャッ

白望「!?え、エイスリン…何で鍵を閉めるの…」

エイスリン「白望」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:45:00.15 ID:ryp912/O0
白望「!?」ビクッ

エイスリン「…おめぇ昨日あれほど言ったのに駄目だったなあ」

白望「な、何の事…私は喋ってない」

エイスリン「喋ってなくても不自然すぎるんだよぉおお!!!」

エイスリン「このウスラとんかち野郎がぁあ~~~!!!」

エイスリン「おめぇのせいで不自然がられたらどうすんだよ」

エイスリン「いつもいつもビクビクしやがってよぉ~~~」

エイスリン「おめぇは新道寺の大将かってんだよお~~~!!!」

白望「ご、ごめんなさい」

エイスリン「御免で済んだらポリスはいらねえんだよお~~!!」

エイスリン「こんの~~ビチグソ野郎が!!!」

白望「ヒッ!」

エイスリン「こいつはめちゃ許せんなあ~~~~!!!」

エイスリン「ヤルしかねえようだあ~~~!!!!」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:45:40.54 ID:ka7PXk7+0
こええ


41 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】(1+0:15) 2013/01/17(木) 20:48:38.42 ID:u8iCJIWZ0
エイスリンさんなんで関西弁なんですか


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 20:55:07.94 ID:ryp912/O0
白望「許してください!許してください!!」

エイスリン「そうだなあ~~~」

白望「お願いしますお願いします」

エイスリン「だが断る」

エイスリン「このエイスリン・ウィッシュアートが最も好きな事のひとつは
       命乞いする無様なビチグソ野郎に「NO」と断ってやる事だ… 」

白望「ひぃいいいいい!!!!」 

エイスリン「せめて苦しまずに送ってやる!!」 

白望「嫌だあああ!!!!うわーーーーん!!!!」

白望「死にたくないよ!!!!塞!!胡桃!!豊音!!!」

白望「たすけてぇええ~~~~~!!!!」


エイスリン「…プフッ」

エイスリン「アハハハハ!!!シロ オカシイ!!!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:03:13.58 ID:ryp912/O0
白望「へ…?」

エイスリン「ミンナ モウ デテキテモ イイ」

「あはははは~助けて~だって」

「シロ超可愛かったよー泣き顔が良いよー」

「しっかりBDに録画したわ」

白望「は…?え…?」

胡桃「いつもだるいだるい言ってるシロの泣き顔ゲット」

塞「ハアハア…泣いて目が真っ赤のシロ…ハアハア」

豊音「ドッキリ大成功だよー」

白望「ドッキリ…?」

豊音「そうだよー」

豊音「『いつもクールなシロを泣かせてみよう!ドッキリ大作戦』大成功!!」

胡桃「いや~でもまさかここまでとはプフフ」

塞「うまく行き過ぎ」

エイスリン「ワタシノ エンギ スゴイ!」


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:09:01.70 ID:ryp912/O0
豊音「そうだよーエイスリンさんのおかげだよー」

エイスリン「エッヘン!」

塞「エイちゃん迫真の演技だね」

胡桃「私も少し怖かった」


白望「ドッキリって…エイスリン日本語は…?」

エイスリン「レンシュウ シタ」

豊音「エイスリンさん部活が終わった後毎日日本語教室に通ったり」

豊音「休みの日は私たちの家で練習してたんだよー」

塞「あの努力には感服するよ」

胡桃「上手くなったらシロを驚かせるつもりだったんだって」

塞「そこで私たちがこういう計画を立てたってわけ」

エイスリン「シロ ナサケナイ!」

白望「だるい…」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:11:08.33 ID:bAY7QnPS0
口汚いエイちゃんはいなかったんですね
やったー!


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:15:02.26 ID:ryp912/O0
エイスリン「シロ ワタシノ ニホンゴ ドウ?」

白望「上手いよ…恐ろしいほど上手い…」

エイスリン「シロ!」ダキッ

豊音「あーエイスリンさんがシロに抱きついてるー」

塞「羨ましい」

胡桃「そこ!イチャつかない」

豊音「それじゃー成功を祝してパーティーに行くよー」

塞「私ケーキが食べたい」

胡桃「私も」
 
ワイワイカ ゙ヤガヤ

エイスリン「シロ ワタシタチモ イコウ!」

白望「うん…」

白望「ねえ…エイスリンは喋れるようになったのに何で今も片言なの?」

エイスリン「こっちの方が可愛いっからに決まってんだろお~~~!!」

白望「!?」
カン


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:18:09.86 ID:AJe+A9Z90
エイちゃんオッサンくさい・・・乙


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:18:26.56 ID:wTwMK8kci

最後ワロタ


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/01/17(木) 21:29:44.82 ID:SoFYbTLg0
面白い!乙!
それでもかわいいエイスリンはやっぱり天使だわ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ