Powered By 画RSS


和「1日1回小さいおもちをペロペロしないと死ぬ病気…ですか?」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:30:41.12 ID:bnPav/Ua0
憩「7日間毎日欠かさずやれば治るから頑張ってな」

和「おもちとはその…胸のことですよね?」

憩「そやで~」

和「はぁ…」

和(そんな奇妙な病気、ニワカには信じ難いですが…調子が悪いのは事実ですし)

憩「頑張ってや~」

和「なんとかやってみます」ハァ




14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:34:36.29 ID:bnPav/Ua0
~1日目~

和(さて、真っ先に咲さんの胸を味わいたいところですが…)

優希「ん?のどちゃんどうしたんだじぇ?」

和(メインディッシュは最後にいただきましょう)

和「…実は、昨日テレビで観た胸を大きくする方法について考えていたんです」

優希「これ以上大きくしてどうするつもりだじぇ…」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:37:27.24 ID:bnPav/Ua0
和「私ではなく、優希にそれを試してあげようと思って」ニコッ

優希「おお、のどちゃん!貴女が神か!」

和「じゃあ優希、そこのベッドに寝てください」

優希「こ、こうか…?」

和「ふふ、いい子ですね。すぐに終わりますからじっとしててくださいね」ガシッ

優希「お、おぅ…」

優希(なんだかのどちゃんの眼が怖いじょ…)


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:41:42.95 ID:bnPav/Ua0
~~~

工口シーン早送り>>

優希「ふえぇっ!?ちょっとのどちゃん!どこ舐めてるんだじぇ!」

優希「あ、なんか…頭ボーッとして…」ビクッ

優希「のどちゃん、ストップ!止め…あああぁぁっ!」ビクビクンッ

~~~

優希「ああ…刻が見える…」ビビクン

和(優希には後でタコスを買って謝りましょう)

和「何はともあれ、1人クリアですね」ペロ


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:44:51.92 ID:bnPav/Ua0
~2日目~

透華(なんだか不安になって来てしまいましたわ)

透華(何と声をかけましょう…おめでとう?それともお疲れ様…?)ハッ

透華「…って、何故私がこんなに悩まなければなりませんの!あぁ、早く原村和の顔を見ないと落ち着きませんわ!」

和「私がどうかしましたか?」

透華「! 原村和!」

透華(もしかして、今の聞かれてましたの…?)

和(胸、小さいですね)


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:47:33.72 ID:bnPav/Ua0
和「龍門渕さん、ちょっとそこの公園のトイレに行きませんか?」クイッ

透華「べ、別に構いませんけど…」

和(お嬢様育ちをいただくのも久しぶりですね)

~~~

工口シーン早送り>>

透華「痛っ!なんですの!?いきなり壁に押し付けて…」

透華「…っ!貴女、なんて所を舐めて…んあぁっ!」

透華「くぅっ…!もう限界…です…の」ビクンッ

~~~

透華(このテクニック…想像以上ですわ…)ビビクン

和「いい調子ですね」フゥ

和(少し楽しくなってきました)


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:52:34.43 ID:bnPav/Ua0
~3日目~

和(トレーニングルームという場所を見つけて入ってみましたが、利用者も多くなさそうなのに無駄に広いですね…)

和「おや、あれは…」

誠子「…999…1000…」ギッギッ

和「白糸台の副将!」

誠子「お前は原村…。そうか、私のホームグラウンドに来てしまったか」スッ

和「!?」

誠子「麻雀では遅れを取ったが、肉弾戦なら負ける気はしない。…どうだ?ここで本当の決着をつけないか?」

和「なるほど、そういうことなら受けて立ちましょう」

和(とは言ったものの、まともに戦っては勝ち目がなさそうですね)


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 21:57:04.05 ID:bnPav/Ua0
誠子「では、このコインが床に落ちたら開始だ」ヒュッ


コイン「チャリーンww」


誠子「いくぞっ!」シュッ

和「…『そこに寝転がりなさい』!」

誠子「うっ!?」バタン

誠子(身体の自由がきかない!?これは…威光のギフト!)

和「『抵抗しないで』くださいね?」

誠子(何をする気なんだ!?)


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:00:45.73 ID:bnPav/Ua0
~~~

工口シーン早送り>>

誠子「おいっ、やめろ!服を返せ!」

誠子「く…あぁ…!快感になんて…負けてたまるか…!」

誠子(とは言ったものの…やっぱりダメだっ…!)ビクンッ

~~~

誠子(悔しいっ…!)ビビクン

和「ふぅ…」

和(オカルトの類は信じない私ですが、こればかりはどうも認めざるを得ない気がしますね)


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:05:29.60 ID:bnPav/Ua0
~4日目~

ドア「バンッ」

一「酷いよ、原村さん!」

和「貴女は龍門渕の国広さん。どうしました?」

一「どうもこうもないよ!聞いたよ。原村さんが透華を襲ったって!」

和「ああいうお嬢様は優しくよりも少し強引なほうが悦ぶかと思ったので…」

一「そうじゃなくて!ぼくが透華のこと好きなのを知っててそんなことをするのが酷いって言ってるの!」バンッ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:11:10.53 ID:bnPav/Ua0
和(激昂して冷静さを欠いてますね…。今が仕掛け時でしょうか?)

和「国広さん、貴女は龍門渕さんと胸を触れ合わせたことがありますか?」

一「ないよ!そんなこと、今は関係な…」

和「私の舌は龍門渕さんの胸を舐めました。この舌で貴女の胸を舐めれば、間接的に胸を触れ合わせたことになると思いませんか?」

一「!」

和「龍門渕さんと同じ快感を"共有"できるってことですよ」トサッ

一「透華と…共有…」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:15:06.59 ID:bnPav/Ua0
~~~

工口シーン早送り>>

一「んっ…!透華ぁ…」

一(透華!今ぼく…透華と1つになってるよ…!)

一「透華っ!透華あああぁぁっ!」ビクビクンッ

~~~

一「透華ぁ…もっとぉ…」ビビクン

和「続きは龍門渕さんにシてもらってくださいね」ニコッ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:19:29.35 ID:bnPav/Ua0
~5日目~

穏乃「あっ、和!おーい!」

和「あぁ…穏乃ですか…」ドンヨリ

穏乃「うわっ!どうしたの。なんか元気なさそうだけど」

和「実は…いえ、これは穏乃に話しても…」チラッチラッ

穏乃「そんなこと言わないで!私、和の力になりたいんだ!」

和(計画通り…!)


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:26:30.20 ID:bnPav/Ua0
和「…どんなエッチなことでもですか?」

穏乃「もちろん!どんなエッチな……って、えっ?今なんて…」

和「『もちろん』って言いましたね?」ニヤ

穏乃「違っ!今のは…」

和「えいっ!」ガバァッ

穏乃「ダメだよ和…そんな事、友達同士で…」ナミダメ

和「そんな怯えた子犬みたいな眼をしないでください。…止まらなくなりますよ?」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:32:17.18 ID:bnPav/Ua0
~~~

工口シーン早送り>>

穏乃「和ぁ…そんなとこ舐めても美味しくな…あぅっ!」

穏乃「やだって!ねえ、聞いて…あぁ…!」

穏乃「あ…頭…真っ白に…なるっ…!」ビクンッ

~~~

穏乃「和ぁ…どうして…」ビビクン

和「ごめんなさい。穏乃」

和(前から思っていましたが、穏乃は虐め甲斐がありますね)フンフム


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:39:27.04 ID:bnPav/Ua0
~6日目~

マホ「和せんぱーい!」

和「マホちゃん。どうしたんですか?」

マホ「えへへ、先輩に団体戦の話聞きたくなって、来ちゃいました」

和(胸、小さい…ですね)

和「いいですけど…少し疲れているので、仮眠をとってからで構いませんか?」

マホ「あ、大丈夫です!じゃあマホは片岡先輩のところにでも…」

和「何言ってるんですか?マホちゃんも一緒に寝るんですよ」

マホ「……えぇっ!?」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:47:08.39 ID:bnPav/Ua0
~~~

マホ「お、お邪魔します」モゾモゾ

マホ(和先輩と一緒の布団に…)ドキドキ

和「どうかしましたか?」

マホ「い、いえ…」

マホ(それに、和先輩の胸が目の前に!みんなこれが強さの秘密だと言ってましたが…)

和「…そんなに気になるのなら、触ってみますか?」

マホ「えっ、いいんですか!?」キラキラ


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:52:34.70 ID:bnPav/Ua0
和「ええ、好きにして構いませんよ。ただし、私もマホちゃんのを好きにさせてもらいますけど」ガバァッ

マホ「の、和先輩!?」

~~~

工口シーン早送り>>

マホ「和先輩…ふぁっ…!いきなりどうしたんで…あぁっ!」ビクッ

マホ「なんか和先輩怖いですよ…ひゃっ!ごめんなさい!ごめんなさい!強くしないでくださいぃ…」

マホ「おねがっ…いつもの先輩に戻って…あっ、いやぁぁぁっ!?」ビクビクンッ

~~~

マホ「あうぅ…和先輩がぁ…」ビビクン

和「マホちゃん。これくらい耐えられなくては立派な打ち手になれませんよ?」ペロ

和(さァ…、明日が運命の最終日ですね)ゴゴゴ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 22:58:29.82 ID:bnPav/Ua0
~7日目~

ガチャ「ドア」

咲「ただいま、和ちゃん」

和「お帰りなさい咲さん」

咲「ふぅ…、今日は外暑くて大変だったよ」

和「ふふ、また優希に連れ回されたんですか?」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:01:31.40 ID:bnPav/Ua0
咲「あはは…まあね。でも、とっても楽しかったよ!…その分喉も渇いちゃったけど」

和「そうだと思って水を用意しておきましたよ」スッ

咲「わぁ!ありがとう和ちゃん!」ゴクッ

咲「!?」ブフォッ

和「どうしたんですか!咲さん!」

咲「和ちゃん…この水…変だよ…」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:05:49.60 ID:bnPav/Ua0
和「あっ!私としたことが、水と間違えてスピリタスを入れてしまいました!」

咲「うぅ…クラクラするよ」

和「これは大変です!すぐに服を脱がせますね!」

咲「うん…わかったよ…」

咲(あれ…?)

和「それから、胸も舐めなくてはいけませんね!」

咲(うーん、何かおかしいような…ま、いっか)


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:09:01.01 ID:fJF43T3O0
スピリタスは絶対わざとだろwww


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:11:54.78 ID:bnPav/Ua0
~~~

工口シーン早送り>>

咲「えへへ~。なんだか胸の辺りがピリピリするよ~」

咲「はふぅ…身体が熱くて…んっ!」ビクッ

咲「和ちゃ…もう限界らよぉ…ふぁあ…」ビクンッ

~~~

咲「………」スースー

和「寝てしまいましたか…」

和(少々強引になってしまいましたが…咲さんの胸の味はしっかりとこの舌に刻み込みました!)グッ


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:18:30.18 ID:bnPav/Ua0
憩「おめでとさん。無事、病気は治ったで」

和「お世話様でした」

和(今考えたらこの人を最初に襲っておけば1人分楽できましたね)

憩「気をつけて帰ってな~」

和「はい、では」


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:22:00.25 ID:bnPav/Ua0
ドア「パタン」

玄「あれ、和ちゃん?」

和「玄さん!どうしたんですか?」

玄「いやぁ、ちょっと変な病気にかかっちゃったみたいで」アハハ

和「偶然ですね。私もなんです」フフッ

和(玄さん…準決勝での貴女、とてもそそる表情をしていましたよ。それはもう…襲いたいと思うくらいに)

玄(和ちゃんのおもち…昔よりもっと大きくなってる!揉みたい!そしてペロペロしたいよ!)

和(その身体…)

玄(そのおもち…)

和玄(必ず味わってみせる!)ゴゴゴゴゴ


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:28:29.79 ID:bnPav/Ua0
受付「松実さーん、松実玄さーん!診察室へどうぞー」

玄「それじゃあね、和ちゃん」クルッ

和「ええ、それでは…」クルッ


和「!」ゾクッ


和(今、物凄い殺気を感じたような気が!)バッ

3人の患者(?)「………」

和(患者さんが3人いるだけみたいですし、気のせいですね!)

和「面倒事も片付いたことですし、今夜は憧でも呼んで楽しむとしましょうか」


ー完ー


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:29:05.51 ID:Z+4dj9bx0
久ちゃんは……


75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:36:13.29 ID:RjQw+KSk0

逆襲は無かったか


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:36:21.15 ID:bnPav/Ua0
支援レスありがとうございました!

>>72
久さんは次書くときに検討させていただきます


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/13(水) 23:39:33.65 ID:qF6a5QBO0
乙でー





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「咲-Saki-」カテゴリの記事


Powered By 画RSS

コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ