Powered By 画RSS


ウィッチ「次の材料は……ドラコケンタウロスの愛液?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:15:41.99 ID:1BqS76pU0
ウィッチ「愛液……初めて聞く言葉ですわね」

ウィッチ「ちょっと辞書で調べてみましょう」

ウィッチ「愛液、愛液っと……」パラパラ

ウィッチ「ありましたわ!」

ウィッチ「えーっと……」

ウィッチ「……」

ウィッチ「……////」カァァ

ウィッチ「こ、こんなの無理に決まってるじゃありませんの……////」

ウィッチ「でも、せっかくここまで調合したのに……ここであきらめるのは」

ウィッチ「……ドラコさんに、聞いてみるだけ聞いてみましょうか」




3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:16:43.82 ID:1BqS76pU0
~ドラコの家~

ウィッチ「おいっす!ドラコさんいます?」

ドラコ「あ、ウィッチ?開いてるから入ってよ」

ウィッチ「おじゃましますわ」ガチャ

ウィッチ「あら、いい匂い」

ドラコ「へへ、今ちょっとクッキー焼いてたんだ」

ウィッチ「へぇ、それじゃ、ちょっとお邪魔でした?」

ドラコ「そんなことないよ!もう出来上がりだし、一緒に食べようよ」

ウィッチ「いいんですの?」

ドラコ「もっちろん!味見もして欲しいからね」

ウィッチ「それじゃ、遠慮なく」パクッ

ドラコ「どう、かな?」

ウィッチ「……おいしいですわ!なんだかすごくいい香りがして、幸せな気分になりますわね」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:17:37.69 ID:1BqS76pU0
ドラコ「えへへ、よかったぁ……ところで、ウィッチ、今日はどうしたの?」

ウィッチ「え、えぇ……そのことなんですが、その……」

ドラコ「?」

ウィッチ(うぅ……いざ、話を切り出すとなると、ものすごく恥ずかしいですわね……)

ドラコ「も、もしかして、あたしの尻尾が欲しいとか……?それはやめてね……?」

ウィッチ「ち、違いますわよ……私が欲しい材料は、ドラコさんの体に傷付けることなく採れますわ……多分」

ドラコ「な、なんか最後の方に多分って言わなかった?」

ウィッチ「気のせいですわ」

ドラコ「そう、ならいいんだけど……やっぱり薬の材料なんだ?」

ウィッチ「えぇ、今度の薬は魔導力を高める効果なので……どうしても完成させたいのですわ」

ドラコ「なるほどねえ。それで、あたしの何が欲しいのさ?」

ウィッチ「そ、それなんですが……あ、あの、引かないで聞いてもらえます?」

ドラコ「? いいけど」

ウィッチ「欲しいのは、ずばり、ドラコさんの……愛液、ですわ////」

ドラコ「」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:18:40.94 ID:1BqS76pU0
ドラコ「……え?」

ウィッチ「あぁもうっ!これだから言いたくなかったんですの!」

ドラコ「あ、あの……もう一度言ってくれる?」

ウィッチ「う……な、何度も言わせないでくださる?……あ、愛液ですわ////」

ドラコ「あ、い、胃液?ちょっとそれは……」

ウィッチ「違いますわ!からかってるんですの!?」

ドラコ「わわっ、ごめんごめん!でも、あたし、愛液はちょっと!」

ウィッチ「ふぅ……やっぱりそうですわよね、私だってドラコさんの立場でしたら嫌ですもの」シュン

ドラコ「うぅ、ほんとごめんね、さすがに愛液は……」

ウィッチ「いいんですのよ、ドラコさん……」ショボン


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:19:53.58 ID:1BqS76pU0
ドラコ(どうしよう、ウィッチ見るからに落ち込んじゃってる……)

ドラコ(……愛液かぁ……)

ウィッチ「……」ショボン

ドラコ(うぅ……かわいそうになってきた……す、少しくらいなら)

ドラコ「う、ウィッチ?」

ウィッチ「ん、なんですの?」

ドラコ「あの、さ、その……少しくらいだったら、あげてもいいかなって」

ウィッチ「え、ほ、本当ですの!?」

ドラコ「うん、落ち込んでるウィッチの姿見てたら、なんだかいたたまれなくなっちゃって」

ウィッチ「感謝いたしますわぁ、ドラコさん!」だきっ

ドラコ「わぁっ」

ウィッチ「うふふ、ドラコさん大好きですわ!」

ドラコ「もう!まったく、現金な……」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:20:54.85 ID:1BqS76pU0
ウィッチ「それじゃ、これが容器ですわ」

ドラコ「う、うん……あの、ウィッチ?」

ウィッチ「なんですの?」

ドラコ「そ、その、ウィッチ、できれば外に行っててほしいんだけど……」

ウィッチ「そ、それはダメですの!」

ドラコ「なんで!?」

ウィッチ「だって、本物かどうか、見ないことにはわかりませんし……」

ドラコ「や、やだよ!そんなの恥ずかしいし!」

ウィッチ「お、お願いしますわ、ドラコさん……厚かましいとは承知の上ですけれど……」

ドラコ「じゃ、じゃあ、せめてこっちの方を見ないで欲しいんだけど」

ウィッチ「わ、わかりましたわ。それで妥協します……それじゃ、始めてくださいませ」

ドラコ「うぅ……なんでこんなことに」ヌギヌギ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:22:15.41 ID:1BqS76pU0
ドラコ「ウィッチ、絶対にこっち向かないでよ!」

ウィッチ「わ、わかりましたわ!」

ドラコ「……んっ」クチュ

ウィッチ「」ピクッ

ドラコ「……はぁっ、んぅっ」クチュクチュ

ウィッチ「」ピクピクッ

ドラコ(な、なにこれぇ……ウィッチが近くにいるのに……いつもより気持ちいい////)

ドラコ「ひぁっ、うぅん……ふわぁ……」クチュクチュ

ウィッチ(い、いけませんわ、なんで私、ドラコさんの声に反応して)

ウィッチ(こ、こっちまで淫らな気分になってどうするんですの////)


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:23:44.70 ID:1BqS76pU0
ドラコ「あぁっ、んっ……」クチュクチュ

ウィッチ(ど、ドラコさん……////)ムズムズ

ドラコ「ふわぁっ、も、もうダメっ……!」ビクンッビクンッ

ウィッチ「あ、と、採れましたの?」

ドラコ「はぁっ……はぁっ……と、採れたよ、ウィッチ……」

ウィッチ「ほ、ほんとですの!?」クルッ

ドラコ「わ、わぁっ、こっち見るなぁ////」

ウィッチ「あ……」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:24:40.93 ID:1BqS76pU0
ドラコ「うぅ、見ないでって言ったのにぃ……////」サッ

ウィッチ「ど、ドラコさん、ごめんなさい……そんなつもりじゃ」

ドラコ「は、恥ずかしすぎて死にそう……」

ウィッチ「で、でも、ドラコさんの、綺麗でしたわよ!」

ドラコ「しっかり見てんじゃんか!この馬鹿ぁっ!」ドサッ

ウィッチ「きゃっ!?」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:25:55.90 ID:1BqS76pU0
ウィッチ「ど、ドラコさん、いきなり押し倒してなにを」

ドラコ「こうなったら、ウィッチのも見てやるぅ!」

ウィッチ「え、ちょ、ちょっと、それだけは!」

ドラコ「うるさいうるさい!あたしだけあんな恥ずかしい思いさせて……!」ゴソゴソ

ウィッチ「ぬ、脱がさないでください、ほ、ほんとにやめっ!」

ドラコ「やだもん、ウィッチのも見てやる……あれ」

ウィッチ「あ、あぁ……」

ドラコ「ウィッチ……パンツ、なんか湿ってるよ?」

ウィッチ「い、言わないでください!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:27:33.59 ID:1BqS76pU0
ドラコ「……ウィッチ、あたしがシてるの聴いて……濡らしちゃった?」

ウィッチ「ちっ、違いますわ、そのこれは……」

ドラコ「これは?」

ウィッチ「う、その、これは……ちょ、ちょっとお茶をこぼしてしまいまして」

ドラコ「ふーん……じゃあ、着替えさせないといけないねー?」スルリ

ウィッチ「あっ////」

ドラコ「ふふ、ウィッチのここ、綺麗……」

ウィッチ「やっ、み、見ないで……////」カァァ

ドラコ「こんなに濡らしちゃって……ほんとは見て欲しかったんじゃ?」

ウィッチ「だ、だからそれはお茶で////」

ドラコ「ふふ、そうだったよね。お茶こぼしちゃったんだよね?……じゃあ、あたしが綺麗にしてあげるから」

ウィッチ「え、な、なにを!」

ドラコ「ん……」ペロ

ウィッチ「ひゃんっ!?」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:28:54.63 ID:1BqS76pU0
ドラコ「ん、ウィッチの味がする……」チュ

ウィッチ「ど、ドラコさんっ、やめっ、んぁっ!?」

ドラコ「ちゅ……んっ……」チュゥ

ウィッチ「ほんとうにっ、やめっ……ぁっ!!」

ドラコ「んはっ、ウィッチ……おいしいよ……」ペロ

ウィッチ「ふわ、わ、私、おかしくなっちゃ……!」

ドラコ「んちゅ、いいよ、おかしくなっちゃえ……」チュ

ウィッチ「あぁ、も、もうっ……やっ……んっ──!」ビクンビクンッ

ドラコ「あっ……ふふ、イっちゃったみたいだね?」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:30:04.29 ID:1BqS76pU0
ウィッチ「……はぁっ……はぁっ、ど、ドラコさん、酷い、ですわ……!」

ドラコ「ごめんごめん……ウィッチが可愛くて、つい……」

ウィッチ「つい、で済ませられませんわよっ、はぁ……はぁ……」

ドラコ「で、でもこれでおあいこだからね!」

ウィッチ「おあいこですって……!私の方が数倍恥ずかしい思いしてますわよ!馬鹿!」

ドラコ「あ、あはは……ご、ごめん……ちょっとやりすぎちゃった」

ウィッチ「ちょっとじゃありませんわよ!この馬鹿!ケダモノ!万年まな板!」

ドラコ「ま、まな板はウィッチも同じでしょ!」

ウィッチ「うるさいっ……はぁ、もう知らないですわ!ドラコさん!」

ドラコ「な、なに?」

ウィッチ「クッキーおいしかったですわ!材料もありがとう!では、また来週!」バタンッ

ドラコ「え、えぇ……?」ポカーン


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:31:06.62 ID:1BqS76pU0
~帰り道~

ウィッチ「はぁ……恥ずかしくて思わず逃げてきてしまいましたわ」

ウィッチ「まさかあんなことされちゃうなんて、想定してませんでしたし////」

ウィッチ「ど、ドラコさんにあんな姿晒しちゃうなんて////」

ウィッチ「はぁ……ひとまず、目的の材料は手に入ったわけですし、帰って調合の続きでもやりましょうか……」



~ドラコの家~

ドラコ「ウィッチ、怒っちゃったのかな……?」

ドラコ「あたしが強引にあんなことしたから……?」

ドラコ「でもウィッチ……可愛かったなぁ」

ドラコ「……そうじゃなくて、今から謝りに行こうっと」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:32:23.14 ID:1BqS76pU0
~ウィッチの家~

ウィッチ「うぅ、腰のあたりにまだ力が入りませんわ……ドラコさんの馬鹿」

ウィッチ「……まぁでも、ドラコさんのおかげで、この薬も完成できたことですし、よしとしましょうか」

ウィッチ「さ、ひとおもいにぐいっと」グビッ

ウィッチ「ぷはぁ、なんだか変な味ですわ……?」

ウィッチ「……あまり魔導力が上がったようには感じられないのですが」

ウィッチ「この調合レシピ本、本当に正しいんですの?」

ウィッチ「あ……あれ?ページ数がおかし」

『媚薬の調合方法』

ウィッチ「」

ウィッチ「そ、それじゃ、私が飲んだこの薬って……!」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:33:30.23 ID:1BqS76pU0
ドラコ「おーい、ウィッチ、いるー?」

ウィッチ「……ドラコさん、開いてますわよ」

ドラコ「おじゃましまーす……ウィッチ、さっきはごめ」

ウィッチ「はぁっ、ドラコさぁん////」モジモジ

ドラコ「!? なんで裸なの!?」

ウィッチ「ドラコさん、来てくれると信じてましたわぁ……////」ダキッ

ドラコ「わ、わ!どうしちゃったの!?」

ウィッチ「ドラコさん……これから朝まで、私といいコトしません?」

ドラコ「いいコトって……」ゴクリ


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:34:47.26 ID:1BqS76pU0
ウィッチ「そう、いいコトですわよ……もちろん、ドラコさんに拒否権はありませんけど////」

ドラコ「きょ、拒否なんてしないよ!むしろあたしも嬉しいけど……でもウィッチ、なんか様子おかしくない?」

ウィッチ「うっふふー、おかしいことなんてありませんわ////」

ドラコ「ぜ、絶対おかしいって!あたし、嫌な予感が……」

ウィッチ「早く始めますわよ、ドラコさん!私、体が火照ってどうしようもないんですの////」

ドラコ「あ、あたし、今日のところは遠慮」

ウィッチ「だめっ……一緒に気持ち良くなりましょ、ドラコさん?」

ドラコ「う、うわああぁぁ、な、なんかやだあああっ!」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:36:00.25 ID:1BqS76pU0
チュンチュン チチチチッ…… ケキョケキョッ

ウィッチ「んあ、もう朝……?あれ?朝どころか昼ですわ」

ウィッチ「ふわぁ、寝過ごしましたわ……あれ、ドラコさん、どうして一緒のベッドに」

ドラコ「うーん、うーん、ウィッチぃ、もうやめてよぉ……」グスッ

ウィッチ「うなされ……って、ドラコさんなんで裸なんですの!?」

ウィッチ「あ、あれ……私も裸……?」

ウィッチ「……ああぁっ、思い出しましたわ!?」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:38:10.18 ID:1BqS76pU0
ウィッチ「わ、私、なんてことを////」カァ

ドラコ「ふわぁ……あれ?ここどこ?」

ウィッチ「あっ、ドラコさん、おはようございます」

ドラコ「う、ウィッチ!?ひぃっ!も、もうあたしイかされるのやだよ!」ビクビク

ウィッチ「ど、ドラコさん……その、昨日は申し訳ありませんでしたわ」

ドラコ「あ、え……?も、もしかしていつものウィッチ?」

ウィッチ「多分、そうだと思いますわ」

ドラコ「ほっ、よかったぁ……いつものウィッチだぁ……」

ウィッチ「わ、私……昨日そんなにひどかったんですの?」

ドラコ「酷いも何も……あたし、やめてって何回も言ったのに全然やめてくれなくて……」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:40:08.79 ID:1BqS76pU0
ウィッチ「あ、う……ごめんなさい」

ドラコ「も、もう何回イかされちゃったか、覚えてない……////」

ウィッチ「そ、そうなんですか……」

ドラコ「……でもさ、なんであんな変になっちゃってたの?」

ウィッチ「それなんですけど……どうも私、魔導薬と間違えて媚薬作ってたみたいで……」

ドラコ「は、はぁ!?」

ウィッチ「その、ドラコさんの愛液も、魔導薬の方には必要なかったみたいで……」

ドラコ「な、なんだ……んじゃ、あたし、意味のないことを……」

ウィッチ「……いえ、意味は十分ありましたわ」

ドラコ「え?」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/15(金) 23:42:14.32 ID:1BqS76pU0
ウィッチ「ドラコさんとの仲が一層深まりましたし」

ドラコ「深まっちゃいけないところまで深まっちゃったよね……////」

ウィッチ「そ、そこは気にしちゃいけませんわ////」

ドラコ「ねぇ、ウィッチ……?」

ウィッチ「なんですの?ドラコさん」

ドラコ「あたしたちの関係ってさ……恋人でいいのかな?」

ウィッチ「……お互いこんなことしたら、それ以外ないじゃありませんの……////」

ドラコ「ふふ、そうだよね……これからもよろしくね、ウィッチ?」

ウィッチ「こちらこそよろしくお願いしますわ////」

~おしまい~





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「魔導物語・ぷよぷよ」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 名無しさん 2013/03/20(水) 21:48:32

    元ネタがわからんかった
    ドラコ…マルフォイ?


  2. 2013/07/25(木) 07:42:03

    何でハリポッター何だよwww
    ぷよぷよだろjk


  3. 2014/01/31(金) 15:36:32

    マルフォイwwwwww


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ