Powered By 画RSS


ムーミン「かかってこいよ」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 08:08:52.46 ID:jPLfxsQc0
―ムーミン谷―

今日もムーミン谷は平和です。
だけれど、ムーミンはちょっとご機嫌斜め。

ムーミン「はぁ」

スニフ「どうしたんだよムーミン、ため息なんかついて」

ムーミン「いや、なにかの息の根を止めたいなぁって思ってさ」

スニフ「どうしたんだよムーミン」

ムーミン「柔道でもはじめようかなぁ」

スニフ「どうしちゃったんだよムーミン」




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 08:17:30.78 ID:jPLfxsQc0
スニフ「退屈だから体動かしたいのかい?」

ムーミン「違うんだよ、もっとこう、センシティブな……わからないかな」

スニフ「わからないよ」

ムーミン「とにかく何かしたいんだよ」

スニフ「そっか……釣りでもいくかい?」

ムーミン「違うんだよこのカンガルーは本当に使えないな……釣りはもうやりあきたよ」

スニフ「じゃあ散歩にでも行こうか」

ムーミン「うーん、まぁ家に居るよりましかな」ガタッ

ムーミン「それじゃ母さん、ちょっと散歩に行ってくるよ」

ムーミンママ「あらそう。誰かと行くの?」

ムーミン「いや、一人だよ」

スニフ「僕を切り離すつもりか」

ムーミンママ「いってらっしゃい。晩ご飯までには戻るのよ」

ムーミン「はーい」

スニフ「させんよ、そうはさせんよ」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 08:23:47.86 ID:jPLfxsQc0
テクテク

ムーミン「しかし暇だなぁ」

スニフ「スナフキンの所に行ってみようよ」

ムーミン「スナフキンの所でもいってみようかなぁ」

―スナフキンのテント―

ムーミン「スナフキーン」

スナフキン「やぁ、ムーミンじゃないか」

スニフ「おはようスナフキン」

スナフキン「何か用かい?」

ムーミン「いや、暇だったからさ」

スナフキン「そうかい。まぁ座りなよ」

ムーミン「ありがとう」

スナフキン「ところでムーミンは……その、本当は、メスだったりしないのかい?」

ムーミン「違うよ」

スナフキン「そうかい……」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 08:32:36.33 ID:jPLfxsQc0
ムーミン「なにか暇を潰せるいい方法はないかなぁ」

スナフキン「時間を潰す方法なんて、お星様の数ほどあるものさ」

スニフ「そんなに?」

ムーミン「えー、そうかな?例えば?」

スナフキン「例えば、釣りをしたり、散歩したり……それだけじゃ持て余してしまいそうな事でも」

スナフキン「その最中に聞こえる虫の声や鳥のさえずり……木々の葉っぱが揺れる音を聞く」

スナフキン「それだけで時間は過ぎ去っていくものさ」

ムーミン「スナフキンは暇人だなぁ」

スニフ「ねぇスナフキン金貨とかちょうだいよ」

スナフキン「いつか君にも分かる時がくるさ……それはそうと、ムーミンは、あれか、メスだったりしないのかい」

ムーミン「違うよ」

スナフキン「そうかい」

スニフ「別に銀貨でもいいからおくれよ」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 08:42:34.82 ID:jPLfxsQc0
スタスタ

ムーミン「スナフキンのテント臭かったなぁ」

スニフ「次はどこにいくの」

ムーミン「うーん、しかし暇だなぁ」

スノークのお嬢さん「あ、ムーミンじゃない」

ムーミン「あ、スノークのお嬢さん」

スノークのお嬢さん「どうしたのこんな所で」

ムーミン「暇だったから散歩してるんだよ」

スノークのお嬢さん「そうだったの、じゃあアタシと遊ばない?」

スニフ「遊ぼう遊ぼう」

ムーミン「えー、でも何をするんだい?」

スノークのお嬢さん「そうね、それじゃぁ」

フローレン「ちょっとムーミン!誰よその女ァ」

ムーミン「あっ」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 08:45:48.26 ID:jPLfxsQc0
フローレン「一体何なのよその女ァ!!!!」

スノークのお嬢さん「なによ!!!!」

フローレン「何事よその女ァ!!!!」

スノークのお嬢さん「なによ!!!!」

ムーミン「いやはや、まいったねこれは」

スニフ「ムーミンはもてるなぁ」

ザッ

ノンノン「ムーミン!!!!誰よその女達はァ!!!!!」

ムーミン「あっちゃぁ」

フローレン「誰よアンタァ!!!」

スノークのお嬢さん「なによ!!!!」

ノンノン「泥棒猫!!!!!!!!」

ムーミン「ははっ、参ったねどうも」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 08:52:41.66 ID:jPLfxsQc0
ムーミン「あれだね。同一の異なる存在というパラドクスの集合体が集まった際に何がおこるんだろうね」

スニフ「何笑ってるんだよ、止めなよ」


エベェェン!!!!


ムーミン「わぁっ、驚いた」

スニフ「わわぁっ、アセンションが起こってしまった」

プスプス

ムーミン「これは見る影もないね。あの三人は」

スニフ「女の恨みって怖いんだね」

ジャコウネズミ「無駄じゃよ、何もかも無駄じゃ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:00:38.27 ID:jPLfxsQc0
ムーミン「あっ、あの三人が居た場所に」

スニフ「あっ」


パァァ


ムーミン「花が咲いてる……綺麗だなぁ」

スニフ「次元が上昇して僕たちの見た事ない花が咲いたんだね」

ムーミン「しっかし臭いなぁ、あの三人の肉が焦げた匂いかなぁ」

タッタッタ

ヘムレン「なんじゃ今の音は!」

ムーミン「あ、ヘムレンさん」

スニフ「なんか来た」

ヘムレン「どうしたんじゃ、今の音は!?」

ムーミン「核融合の音です」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:06:49.80 ID:jPLfxsQc0
ヘムレン「なんとまぁ……うっ、酷い匂いだ」

ムーミン「戦場で何を学んできたんですか」

スニフ「老害だなぁ」

ヘムレン「む?」

ヘムレン「こ、この花はっ」スタスタ

ムーミン「珍しいものなの」

スニフ「植物学者ってどうやって給料稼いでるんだろうね」

ヘムレン「凄い花じゃよ!新発見じゃ!」

ムーミン「それは稼げるものなの?」

ヘムレン「あぁ!金貨数百枚は下らんよ!」

スニフ「その花は俺のものだぁっ!!!!」ダッ

スカッ

スニフ「あ……」

スニフ「そうか……僕はあの日に死んでいたんだ……」

ムーミン「ヘムレンさん、その花は僕のものです」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:14:03.20 ID:jPLfxsQc0
ヘムレン「何ィ」

ムーミン「僕が先に見つけました。僕のです」

ヘムレン「子供は黙っていなさい!」

ムーミン「もう僕は子供じゃない」

ムーミン「アセンションも経験した」

ムーミン「愛しい人たちを三人も失った」

ムーミン「だけど、僕は歩みを止める事はない」

ムーミン「ヘムレンさん、もう一度言うよ」

ムーミン「その花は、僕のものだ」

ヘムレン「烏滸事を言うんじゃないよっ、学者の私に任せて子供は家に帰りなさいっ」

ムーミン「平行線か……よかろうね」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:21:30.55 ID:jPLfxsQc0
ダッ

ヘムレン「!!!!?」

ムーミン「パニエッ!!!!!」

ゴフォウ!

ムーミンが軽やかなステップで前へ踊り出たかと思えば
そ攻撃の第一鎚はすでにヘムレンの頭上を舞っていた

ヘムレン「ぐぬぅっ!!!」ヒュンッ

ムーミン「モラァッ!!!!」ガシィッ!!

ヘムレン「!!?」

ヘムレンのムーミンの喉元への必死のカウンターもあえなく防御される
その構えには見覚えがあった

ズザァッ

ヘムレン「ムーミン、君のそれは……」

ムーミン「ムエタイ」スッ


その構えは、体という筆で彼我の狭間の空間に「絶対力量差」という字を記していた


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:28:48.57 ID:jPLfxsQc0
ガクッ

ヘムレン「なんじゃよ、なんなんじゃよっ」ガクガク

ムーミン「贅沢しようとするからだよ」

ヘムレン「もう自称植物学者は嫌なんじゃ……お願いじゃよぉ」ガクガク

ムーミン「いやだよ」

ヘムレン「わしに、わしに一体何が足りないというんじゃよぉ」ガクガク

ガシッ

ムーミン「うわっ」

ヘムレン「お願いだムーミン、わしを、わしを鍛えてくれっ」

ムーミン「えぇっ、面倒くさいなこいつ」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:35:01.99 ID:jPLfxsQc0
ヘムレン「鍛えて、鍛えなおして他の学者達を見返してやるんじゃ」

ムーミン「そっか」

スニフ「研究で見返しなよ」

ヘムレン「お願いじゃ……強く、強くなりたいんじゃ……」フルフル

ムーミン「……」

スタスタ  ポン

ヘムレン「!!」

ムーミン「僕だって辛いトレーニングでここまで強くなったんだ」

ムーミン「死ぬ思いをすると思うけどいいんだね?ヘムレンさん」

ヘムレン「かまわんよ……!」

ムーミン「よーしまずは飛び降り自殺だ」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:36:53.63 ID:2qX60qgH0
これはwwww


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:38:14.24 ID:jPLfxsQc0
ザザーン

ムーミン「……」

スニフ「……」

ザザーン ザザーン

ムーミン「……」

スニフ「……」

ムーミン「意外とグロイな……」

スニフ「……」

ムーミン「戻るか」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:48:11.69 ID:jPLfxsQc0
スタスタ

スニフ「でもムーミン、その花売るのかい」

ムーミン「……」

スニフ「……幽霊に聞く口はないかい」

ザッ ピタ

ムーミン「……」

スニフ「……ムーミン?」

プチ

ムーミン「……スニフ」

ムーミン「あの日死んだ君に、この花を……」

スニフ「……ムーミン!」

おわり


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 09:52:53.09 ID:svW0TalD0
イイハナシダナー


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 10:14:32.18 ID:Mz2WX6Bs0
おもしろかった


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/03/21(木) 10:53:05.47 ID:9FrpPTo+0
おつ





このエントリーをはてなブックマークに追加

 「その他SS」カテゴリの記事


Powered By 画RSS
  1. 2015/07/19(日) 11:25:11

    まじで?


コメントする



全ランキングを表示

Template Designed by DW99

アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ